子供が嘘をつく原因と対処法に関する記事

子供が嘘をつく心理は親が原因かも?心を成長させる対処法

子供が嘘をつく心理は親が原因かも?心を成長させる対処法

子供が嘘をつく心理や嘘をついたときの対処法を紹介します。子供の気持ちを理解して嘘をつかずに済む環境を作りましょう!

マーミーTOP  >  子育て  >  子供が嘘をつく心理は親が原因かも?心を成長させる対処法

子供が嘘をつく原因は?親はどう対処するのがベスト?

我が子の成長はとても嬉しいもの。ときには、親が思いもしないような発想や創造力で驚かされることもありますよね。
しかし、子供の成長と共に、親の目が届かないところでのトラブルも増えてくるようになります。子供の困った行動のひとつとして「嘘をつく」という行動がありますが、子供の嘘と大人の嘘では、その心理に少々違いがあるようです。

子供が嘘をつくことは親にとってはショックなことですが、そもそもなぜ、子供は嘘をつくのでしょうか?
子供の心理を知ることで、嘘をつく本当の原因がわかるかもしれません。
今回は子供が嘘をつく理由、子供が嘘をついてしまったときの親はどう教育/対応すべきなのか、子供に嘘をつかせないための工夫やポイントについてご紹介していきます。

幼児期に見られる嘘

子供がついてしまう嘘には、大きく2つに分けられます。それは、それほど問題視しなくてもいい嘘と、今後も注意しなければいけない嘘です。特に、幼児期に見られるのは、問題のない嘘であることが多いようです。

空想世界の嘘

絵本に夢中な子供

小さい子供は、童話や映画などの世界を現実のように話してしまうことがあります。お話の中の登場人物やキャラクターへの憧れが強いほど、思い込みの傾向は強くなりますが、これは幼児期特有に見られる、とてもかわいい嘘ですね。

成長と共に空想と現実の差がわかってくると、このような嘘のお話をする回数は徐々に減ってきます。空想世界の嘘は想像力を高めることにもつながるので、長い目で見守ってあげましょう。

願望からついてしまう嘘

子供には「こうだったらいいなぁ」という願望から嘘をつくことがあります。子供自身に嘘をついているつもりはないのですが、「現実にそうなるだろう」「そうだったらいいなぁ」という思いから、真実ではない話をしてしまうケースです。

例えば、お友達から「この前、遊園地に行った」という話を聞かされて、「自分も行きたい」という思いから「うちも今度、遊園地に行くよ」と、つい話してしまったりします。このような嘘も成長過程によく見られるもので、誰かを騙そうというものではありません。

子供が嘘をつく心理

なぜ子供が嘘をつくのかというと、その原因は様々ですが、まずは親が子供の心理を理解してあげることが重要です。子供の嘘で見過ごしてはならない要注意な嘘について、その行動に隠された心理を解説していきましょう。

自分を守るための嘘

子供同士で話す

子供によく見られる嘘のひとつに、自分の保身のための嘘があります。本当のことを親に言うことで、怒られたり、問い詰められたりするのを恐れて、自分を守るための嘘をつくようです。しかし、子供の嘘は大抵すぐにバレてしまうことが多く、それを取り繕うために更に嘘をついてしまうことがあります。

自分を守るための嘘も子供の心の成長のひとつであり、「自分を良くみせたい」「怒られたくない」「親を悲しませたくない」という感情が芽生えたという証拠なのですが、悪いことや失敗を正直に言えずに嘘を重ねてしまうことは良いことではありません。

パパやママの興味を引くための嘘

子供は「パパやママの関心を引きたい」「周囲の人やお友達の気持ちをこっちに向かせたい」という思いから、嘘をついてしまうことがあります。
真実ではないのに「今日、学校で先生に褒められた」と親に話したり、「僕の家では犬をいっぱい飼っている」と友達にアピールしたり、実際にはない話をしてしまうなどの嘘ですね。

この場合、子供自身に悪気はないので、頭ごなしに嘘を叱咤することはやめましょう。子供の心理として「自分に関心を持ってほしい」「相手になってほしい」という寂しさの裏返しであったり、何か嘘をついてしまう原因が隠れていたりするのかもしれません。まずは、子供の話をしっかり聞いてあげましょう。

親の真似をして嘘をつく場合もある

親が嘘をつけば、子供も真似をします。相手が子供だからといって、「嘘に決まってるじゃん」といつもふざけてみたり、子供との約束を軽んじてしまったりすると、子供も平気で嘘をつくようになってしまうかもしれません。

「次の休みは○○へ連れて行ってあげる」と約束したのに、「やっぱりまた今度にしよう」と、特に理由もなく予定を変更したり、パパとママの嘘が原因で夫婦喧嘩をしたりと、小さい頃から親が嘘をつく姿を見ていれば、子供は「嘘をつくのは悪いことだ」という意識が持てなくなります。

親の真似をして軽い気持ちで嘘をつくようになると、子供自身にとっても不利なことが多くなります。子は親の鑑、親は子供の鑑というように、子供は何でも親をお手本にして育つものです。適当で曖昧な返事をしないように気をつけましょう。

子供が嘘をついたときの対処法

幼児期特有のかわいらしい嘘であればそれほど問題ではないのですが、中には気を付けなければならない子供の嘘もあります。その場合、親や周りの大人が対処してあげる必要があります。

嘘をつかれたときの接し方を変えてみる

子供と話す母親

子供の嘘は、大人からすればすぐに嘘だとわかってしまう内容であることが多いですが、子供が嘘をついたとわかった途端、頭ごなしに怒るのは控えましょう。
むしろ「あなたが嘘をつくことがとても悲しい」という気持ちを、子供に見せるほうが効果的かもしれません。

子供は誰だって親の悲しい顔は見たくないものです。子供が嘘をつく心の内を察して、「怒られるのが嫌なのはわかるけど、嘘をつくと誰もあなたを信用してくれなくなるよ」「嘘はすぐにわかってしまうし、みんなが悲しくなる」と、嘘をつくことがなぜいけないことなのかを説明しながら、子供の心に響くような接し方をしてみましょう。

素直になれる雰囲気を作る

嘘をつくということは、悪いことと良いことの区別がついているからであって、子供も嘘をつくことに対しドキドキしている状態です。

嘘をついて緊張感でいっぱいなのに、親と目を見て話していると、子供の心理として嘘をつくことができなくなります。または目を反らしたり、話が曖昧になったり、様子がおかしくなることもあるかもしれませんので、子供の話を聞くときは、きちんと目を見て穏やかな環境で話すようにしましょう。

嘘をつくことを責めるだけでなく、子供がなぜ嘘をつこうとしたのかを考えて、子供が正直に話せる環境を作ることも大切です。「怒らないから正直に言ってほしい」と、穏やかに話しかけてみてくださいね。

子供の話はメモを取り順序立てて聞く

子供に問いかける母親

子供が正直に出来事を話してくれた場合でも、その話をそのまま鵜呑みにしないで、もっと詳しく聞いてみたほうがいいでしょう。

友達同士のトラブルが起こった場合、「相手から危害を加えられた」という内容を話してくることがありますが、「そもそもどうして?」「誰と誰が?」「何をしていたの?」など順序立てて聞いていくと、実はトラブルの原因が相手ではなく、自分の子供にあったということが判明するケースもあります。

しかし、そこで「そもそも、あなたが悪いんじゃないの!」と責めることはせず、「そうだったのね。でも、これはあなたも良くなかったかもしれないよ」と、自分の行動に対し、子供自身がよく考えさせるよう声掛けをした方がよいでしょう。
また、トラブルの成り行きを正直に話したことは、きちんと認めてあげましょう。

自分が感情的になっても自己嫌悪しない

子供が嘘をつくと、悲しみやショックでつい怒ってしまいたくなりますよね。怒ったら逆効果だと思っても、感情が抑えきれず子供を責めてしまって後悔することも多々あるかもしれません。

子供が悪いことをすれば叱るのは当然のことなのですが、現代は児童虐待などが大きく取り上げられているせいか、子供を怒ることや叩くことは良くない、という風潮があります。そのせいか、パパやママは子供を怒ったあとにひどく自己嫌悪に陥ることも少なくないようです。

子供の嘘は実に様々で、ちょっとした軽い嘘から人に迷惑をかける重大な嘘までありますし、内容によっては親の叱咤が必要な場合もあります。
親が怒ることで嘘をつかなくなるかというと、それは子供次第と言えますが、もし、子供が嘘をつくことに感情的になったとしても、自己嫌悪に陥ることのないよう、子供にフォローを入れるなどして行き場を作ってあげるようにしましょう。

子供が嘘を認めたらそのことを褒める

笑顔の子供と向かい合う母親

子供の嘘を見抜くと、親は指摘していきますよね。子供にとっても、嘘がバレてしまうのはとても辛い状況となります。

子供がしどろもどろになりながらも嘘を認め、正直に話してくれたときは、「正直に話してくれてママは嬉しいよ」と、その行動に対して褒めることを忘れないようにしましょう。
褒めてあげることで、子供自身が「嘘をつくよりも、正直に話した方が親は喜ぶ。自分を褒めてくれる」という意識を持つようになります。

幼少期の「パパやママの関心を引きたい、褒められたい」という欲求を満たしてあげるような対応を心がけてくださいね。

子供が嘘をつかずに済む環境作りを

子供が嘘をつく理由のひとつとして、「親が厳しすぎるから」という見解もあります。親が厳しいと、怒られたり、責められたりすることを避けるため、本当のことを打ち明けられずに嘘をつくことがあるそうです。

子供はいつも親の顔色を伺っているもの。子供をちょっとしたことでいつも怒っていたり、声には出さなくても子供がやることに対して怪訝な顔をしたりしていないかどうか、子供の嘘で悩んでいる方は、一度子育てについて振り返ってみましょう。

嘘を重ねていくと、嘘が悪いことだという認識が薄れてきて、今後の子供の友達関係やコミュニケーションの障害となる恐れもあります。普段から子供の話を聞くときは目を見て話し、嘘を見抜いても「本当なの?」と穏やかに尋ね、本当のことを話したら褒めてあげるように心がけましょう。

子供が嘘をつく場合には、なぜ嘘をついてしまったのかを問いただすのではなく、親のほうが「怒られたくなかったから?」と本心を打ち明けやすい方向へと導いてあげることも大切だと心得てくださいね。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪