子供の下痢8大原因と対処に関する記事

子供の下痢に多い8つの原因!受診は?保育園やホームケア

子供の下痢に多い8つの原因!受診は?保育園やホームケア

子供の下痢は原因によって対処方法が変わります。様子をしっかりと観察し、原因に合う対処をしてあげましょう。病院を受診する目安やホームケア、保育園や幼稚園への通園についても詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

マーミーTOP  >  子育て  >  子供の下痢に多い8つの原因!受診は?保育園やホームケア

【子供の下痢8大原因】病院は受診させるべき?通園OK?ホームケア

子供の病気の中でも、ひっきりなしの看病に食事の支度、洗濯や掃除の手間と大慌てになってしまうのが下痢ですね。何より子供が何度もトイレに駆け込んだり、ぐったりとお布団に横になったりする顔を見ているのはつらく、「いったい何が原因なの?」と不安になってしまいますよね。

今回は、子供に多い下痢8つの原因、それぞれの病気の見分け方、病院受診の目安、ホームケアについて詳しくご紹介していきます。子供の下痢は決して珍しいものではありませんが、原因をよく理解しておくことで、予防したり、適切な対処をしたりすることが可能でので、ぜひ参考にしてくださいね。

子供の下痢に多い8つの原因&見分け方

子供は大人よりも消化機能が未熟。そのため、さまざまなことが原因で下痢をしやすい傾向があります。一言に下痢といっても、原因によって対処方法が違いますので、子供の様子や便の様子をしっかり観察して見分け、適切な対処をしましょうね。

感染症

寝ている子供

子供は、病原菌やウイルスなどに対する免疫力や抵抗力が弱いため、疲れや睡眠不足などちょっとした体調の崩れによって感染症にかかりやすくなり、ひどい下痢を起こすことがあります。特に多い原因が、次の3つの感染症です。

大流行しやすいウイルス性の胃腸炎は、幼稚園や保育園、小学校などでも一人がかかるとあっという間に感染が拡大してしまうので、流行時期には特に注意が必要です。

一般的に感染症による下痢の場合は、身体の中から下痢と一緒にウイルスを排出した方が、回復が早いと言われています。そのため、自己判断で市販の下痢止めを使うのはお勧めできません。また、小児科医で処方される抗生物質などの抗菌薬は、胃腸に負担をかけやすく、子供が服用することで下痢を起こしてしまうこともあります

医師から薬により下痢が悪化した場合の処置の説明があるはずですが、自宅に帰ってからも処方箋の注意事項をよく読んで、子供の様子を確認しながら治療をすすめていきましょうね。
また、感染症による下痢では、次のような特徴が見られることがあります。

感染症による下痢の見分け方

  • 下痢だけでなく、ひどい嘔吐を伴うことが多い
  • 熱やのどの痛み、倦怠感などの全身症状が伴う
  • 便が白っぽく、酸っぱい臭いがすることがある

食物アレルギー

アレルギーを起こす牛乳

特定の食べ物を食べると、免疫系統が過敏に反応する食べ物アレルギーのある子供は、呼吸器や皮膚の症状などだけでなく、下痢などの症状が起きることもあります。食べ物アレルギーは全身に及ぶアナフィラキシーショックを起こす可能性があるので、特に注意が必要ですよ。

乳幼児にアレルギーを引き起こす食べ物としては次の食品が多いのですが、これ以外の意外な食べ物でアレルギーを起こす子供も多いので、子供が特定の食材を食べたときに下痢を繰り返す場合には、食べ物アレルギーを疑って一度小児科を受診して調べてもらいましょう。

  • 小麦粉
  • 大豆
  • 蕎麦粉
  • 牛乳
  • ナッツ類

食物アレルギーの下痢の見分け方

  • 下痢だけでなく、嘔吐を伴うことが多い
  • 蕁麻疹などの皮膚症状がみられることがある
  • 息苦しさや鼻づまりなどを訴えることがある
  • 特定の食べ物を食べた時にだけ下痢症状が起きる
  • 特定の食べ物を食べるとすぐに下痢が起きる

食物不耐症

食パンを食べる男の子

特定の食べ物を消化することができない食物不耐症の子供は、特定の食べ物を消化・分解・吸収することができずに下痢を頻繁に起こします。食物不耐症は食物アレルギーとよく似ていますが、食品の鮮度などとも関係していて、食物アレルギーか不耐症かは、検査をしないと分かりません。

食物不耐症を引き起こす食べ物としては、次の物が代表的で、必要に応じて代替の食品を使うことも必要です。

  • 粉ミルクや牛乳
  • 小麦粉食品
  • 里芋や山芋
  • 赤身魚

食物不耐症と食物アレルギーは見分けがつきにくいので、自己判断で食物の除去はせず、病院で検査をしてもらってから医師の指示に従って対処しましょう。

食物不耐症の下痢の見分け方

  • 嘔吐や皮膚症状、発熱などの全身症状は伴わない
  • 特定の食べ物を食べて、しばらく時間がたってから下痢が起きる
  • 膨満感や便秘などを伴う
  • むくみや関節の痛みがある
  • 体重が増えない

ストレス

ストレスを抱えている子供

子供はメンタル面も繊細で、強いストレスを受けたことで下痢を起こす子供もいます。ストレス性の下痢は、正式には過敏性腸症候群と診断されますが、消化機能や免疫機能には何の問題はないものの、身体の機能を司る自律神経系が上手く働かないことで引き起こされます。

ストレスが軽減されれば下痢などの症状も改善しますが、症状が強い場合には無理をせず、かかりつけの小児科で相談をするか、子供の対応に慣れた精神科医を受診しましょう。

ストレスによる下痢の見分け方

  • 登校前など、朝に起きることが多い
  • 皮膚症状や発熱などの全身症状は伴わない
  • 腹部不快感や嘔吐を伴う
  • 膨満感や便秘などを伴う
  • 下痢が2ヵ月以上、継続して長く続いている

冷え

プールで遊んでいる親子

子供は本来体温が高いのですが、次のような原因で身体やお腹を冷やしてしまうと、大人以上に下痢を起こしやすい傾向があります。

  • 寝相が悪く、夜中に布団がはがれてお腹が冷えた
  • プールに長時間入っていて、身体が冷えてしまった
  • 熱くてアイスやジュースを食べすぎてしまった

私たちの身体はお腹が冷えると、腸を活発に動かして熱を生産しようとします。そのため、水分を吸収する前に便が体外に出て下痢をしてしまうのです。また、腸の活動を活発にすることで、体の中から水分を排出し体温が保持しやすい状態にもなるという、身を守るための一石二鳥の反応なのです。

子供は体温調節機能が未熟であっという間に体が冷えます。寝冷えや冷たい食べ物の摂り過ぎには、十分注意をしてあげましょうね。

冷えによる下痢の見分け方

  • 手足が冷たい
  • 便は水っぽい
  • 腹痛がある
  • 嘔吐や発熱などの全身症状を伴わない

暴飲暴食

暴飲暴食をしている子供

子供は大人よりも胃の容量が小さく、消化機能も未熟なので、料理や飲み物を食べすぎてしまったときにも下痢を起こすことがよくあります。暴飲暴食による下痢は、食事の量に気をつければ繰り返すことはなく、消化に良い物を食べさせていけば自然に回復しますので、病院へ行く必要はありません。

子供は自分の食欲を抑えることが難しいので、食事の量はパパやママが年齢に応じてコントロールをしてあげるといいでしょう。

暴飲暴力よる下痢の見分け方

  • 食事をしてしばらくたってから、突然に下痢が始まる
  • 腹痛がある
  • 便に未消化の食べ物が含まれている
  • 皮膚症状や発熱などの全身症状は伴わない

食べ物

柿を食べる男の子

食品の中に含まれる栄養素には、下剤として医療機関で使用されている成分もあるため、食物アレルギーなどでなくても、食べ過ぎることにより子供が下痢をすることがあります。

  • モモ
  • プルーン
  • イチゴ
  • レタス
  • 柿 など

梨やモモ、プルーンにはソルビトール、イチゴやレタスにはキシリトールと呼ばれる腸の蠕動運動を刺激する成分が含まれています。また、柿などのビタミンCを多く含む食品も、過剰摂取すると下痢をすることがありますよ。

ソルビトールはソルビットと表記されることもありますが、ソルビトール(ソルビット)もキシリトールも甘味料として、子供の好きなジャムやジュース、飴やガムなどによく使われています。子供がよく下痢をする場合は、お菓子を買う時に成分表示をチェックしてから購入しましょうね。

食べ物による下痢の見分け方

  • 食事をしてしばらくたってから、急に下痢が始まる
  • 腹痛がある
  • 皮膚症状や発熱などの全身症状は伴わない

食中毒

食中毒をした子供のイラスト

子供は体の抵抗力が低いために食中毒を起こしやすいので、食中毒には充分な注意が必要ですよ!食中毒というと「消費期限切れの食品を食べさせなければ大丈夫!」と思っているママも少なくありませんが、食べ過ぎることで起こる食中毒もありますので、食材によっては鮮度や衛生管理以外に、子供の食事の量にも注意しなければなりません。

食中毒と感染症の下痢は、残念ながら基本的に区別がつきません。便のツンとした臭いは腸内環境が悪い時になるものですし、血便は下痢の時に怒りやすい切れ痔をはじめ、様々な疾患で見られる症状です。また、食中毒で下痢症状を発症し、その後感染症を併発するケースもあります。食中毒の下痢は症状が強く、小さい子供ほど脱水症状を起こしやすいので、早めに病院を受診して対処しましょうね。

子供の下痢で病院を受診する目安

子供が突然下痢をすると、パパやママは慌てて「病院へ」と考えてしまいがちですが、原因や症状によってはホームケアで自然治癒をした方が良いケースも多いです。下痢をして体力・気力ともに落ちている子供を無理に病院に連れていくことは、子供の身体に大きな負担をかけます。また、免疫力が落ちているため、何かの感染症をもらってきてしまうことも…。まずは冷静に子供の様子を確認しましょうね。

そして、次のような様子が見られる場合には、早めにかかりつけの小児科医を受診し、原因に応じた治療を受けましょう。

下痢で病院を受診する目安

  • 繰り返し下痢があり、回数が増えている
  • 強い痛みが急にきたり、ずっと続いたりしている
  • お腹を触ると痛がる
  • 機嫌や顔色が悪く、元気がない
  • 下痢や嘔吐が続いて水分が摂れていない
  • おしっこの回数が少ない
  • 38.5℃以上の高熱を伴っている
  • 下痢が1週間以上続き、長引いている
  • 便の色や臭いが普段と違い、異常を感じる

一度問題はないと判断した場合でも、しばらくして子供の具合が悪くなった場合には、迷わず病院を受診することが大切です。子供の症状は進行が速いので、次に該当する緊急性のある場合は、迷わず緊急外来を受診しましょう。

下痢で救急外来を受診する目安

  • 下痢や強い腹痛、嘔吐が止まらない
  • 便や吐しゃ物に血(赤や黒)やイチゴジャム上の物が混じっている
  • 顔色が悪くぐったり、または意識がない
  • けいれんがある
  • 機嫌が悪く、泣き止まない
  • 泣きわめいても、涙や汗がほとんどでない
  • 尿が半日以上出ていない
  • 尿が少なく、色が濃い
  • 唇や口の中、皮膚がカラカラに乾燥している
  • 目が落ちくぼんでいる

子供が下痢の時のホームケア

家で休んでいる女の子

子供の下痢の様子には個人差がありますが、下痢が続いていても水分が自発的に摂れていて、時間の経過と共に下痢が治まっていくようであれば、基本的には問題ありません。食事などのホームケアをしっかりと行い、身体が回復するお手伝いをしてあげましょうね。

下痢の時のホームケア4点

  • 水分補給
    常温または温かい子供用イオン飲料や経口補水液、リンゴジュースなどを与える
  • お尻のケア
    下痢のたびにシャワーで洗うなど清潔に保つ
  • 睡眠
    ゲーム機などの遊び道具から遠ざけ、しっかりと睡眠をとらせる
  • 食事
    油ものや繊維の多い食材、冷たい食事を避け、消化がよく暖かい食べ物を与える

子供の下痢がひどく食欲がない場合、無理に食事を摂らせる必要はありません。体内のウイルスや毒と戦うためにムダなエネルギーを使わないようにと、体が食欲を落とすのが原因です。小児科で聞くと「日頃から栄養を体に溜め込んでいるので、1週間くらい何も食べなくても生きていけますよ」などと言われることが多いですよ。ただし、水分は別。少量ずつこまめに水分補給をし、脱水症状を予防しましょう。

また、下痢と一緒に体内のミネラルが排出されるためミネラル不足を起こし、水や番茶を飲んで吐き気や手足のしびれがでる、低血糖を起こすなど、水分補給をしても体調が悪化することもあります。ですから、子供用イオン飲料や経口補水液を与え、水分と一緒に糖やミネラルも補給してあげましょう。

また、イオン飲料などを飲めない子の場合には、りんごジュースがおすすめですよ。りんごジュースには、整腸作用のあるペクチンや糖がふくまれていますので、下痢の時によく医者からおすすめされます。ただし、冷たいと下痢を悪化させますので、白湯で割って飲ませたり、常温の物をあたえたりするとよいでしょう。

感染症などの子供の下痢は、他の兄弟やパパやママにもうつるリスクが高いので、子供の看病をしたらパパやママもしっかり手洗い・消毒を心掛けて、家庭内の二次感染を防ぎましょう

子供が下痢の時の保育園や幼稚園への通園

バスで通園する子供達のイラスト

子供の下痢にはさまざまな原因、さまざまな症状がありますが、発熱などの他の症状の有無にかかわらず、基本的に子供が下痢をしている時は、幼稚園や保育園、小学校などは休ませましょう。自宅以外でトイレに何度も行くことは、子供の心身の負担になりますし、身体も弱っているので不特定多数とお友達と接触することで、他の病原菌をもらって重症化するリスクも高いです。

ロタウイルスなど感染症に夜感染拡大の可能性のある下痢の場合は、保育園などで登園を許可する基準が設けられていますので、早めに園に相談して、園の基準に従って対処しましょう。また、食物アレルギーにより医師の指示で給食を除去食に変えてもらう必要がある場合にも、早めに園や学校に相談しましょう。

登園・登校再開の目安

  • 発熱や嘔吐などはない
  • お腹の痛みはない
  • 便はゆるめでも、回数は普段と変わらない
  • 食欲がある
  • 元気で機嫌が良い

仕事を持っているママの場合は、自分の仕事との兼ね合いで子供を休ませることが難しいケースも多いのですが、焦って登園させても再発し、かえって休ませる期間が長くなってしまったという話はよくあります。職場や同僚にできるだけ理解を求めて、ママも子供と一緒に少しゆっくりと休むことを心掛けて下さいね。

ありすん
34歳

厳しいけど仕方がない

うちの保育園は未満児の子供は体調管理が厳しく、登園後、お昼の後、午睡明けと一日3回熱やウンチの様子をみて、問題があるとお迎えの電話がきます…。他の園に通うママで、「下痢っぽかったけど、保育園連れてった」なんて話をよく聞きますが、うちの保育園は見逃しがききません。

子供が下痢をしているとお迎えに呼ばれて、家に帰って様子を見てもそれ以上下痢はしなかったなんてことが何回もありますが、集団で生活している子供を感染から守るにはそれしかないのかなと思っています。

まちゃみ
31歳

病院行かなきゃダメ?

私は年長、年中と年子の2人の子供を幼稚園に通わせています。子供が通っている幼稚園は、ロタやノロの場合は病院の診断書は必要なくて、下痢が治まって3日したことを保護者が書面で届け出れば登園できます。他の下痢は保護者の書面も必要ないので、「下痢は治りました」って先生に報告すればいいだけです。でも、「病院へいきましたか?」って必ず下痢の原因が感染症じゃないかどうか確認されます。

私は自宅療養派で、子供の下痢がそれほどひどくなければ病院へつれて行きません。わざわざ病原菌がウヨウヨしている病院へ連れて行くのは抵抗があります。ですから、周囲で感染症が流行っていたり、下痢が長引いたりする場合だけ病院に連れて行きます。

みっちー
41歳

小学校だって楽じゃない!

保健室の先生のイラスト

娘が小学校に入学したので、私は今年から働き始めました。今は派遣でいずれ今の派遣先の正職員に紹介してもらう予定なのですが、娘はもともとお腹が弱く、しょっちゅう下痢して保健室から呼び出しが来ます。

本人は「給食食べすぎちゃったー」なんてケロッとして帰ってくるのですが、今の小学校で親の迎えがないと早退させないんですよね。私が小さな頃は、自分で家まで帰っていたように思うんですが。

娘はちょっとお腹が痛くて保健室に行っただけなのに、「具合悪いでしょ、ママに連絡するからね」って保健の先生が先走ってしまうみたいなのですが、正直このままじゃ仕事ができなくて、困っています。

子供の下痢の時は子供の様子をしっかり確認!

下痢にかかわらず子供が病気になると、パパもママも心配で気が気ではなくなりますが、多少下痢を繰り返していても、元気にお返事ができて、自分から遊びたがったり、テレビを見たがったりしているのであれば、あまり心配する必要はありませんよ。ただし、急変することもあるので、子供の様子だけはしっかりと観察しましょう。

下痢は身体の自衛反応。ウイルスや毒を体外に排出し、自らを守ろうとする働きですので、子供の身体の強さを信じつつ、下痢による不快感ができるだけ減るような対処をしてあげましょうね。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪