子供の耳掃除の方法に関する記事

子供の耳掃除は耳垢タイプで違う!?血が出て痛がる時の対処

子供の耳掃除は耳垢タイプで違う!?血が出て痛がる時の対処

子供の耳掃除はどうしていますか?「やらなくていい」という話を聞きますが、大きな耳垢が見えたり子供が耳を痒がったりすると、取りたくてウズウズ。正しい耳掃除の方法や嫌がる時や出血し痛がる時の対処、耳の病気、便利グッズなどをご紹介します。

マーミーTOP  >  子育て  >  子供の耳掃除は耳垢タイプで違う!?血が出て痛がる時の対処

子供の耳掃除は必要ない?痛がる血が出るは要注意!正しいやり方

子供の耳掃除、あなたはやっていますか?自宅での耳掃除は無理にする必要がないという話も聞きますが、子供の耳に大きな耳垢があるのを発見したり、耳を痒がっていたりすると「本当に掃除しなくていいの?」と心配になりますよね。また、耳掃除をしているご家庭でも「綿棒を出した途端に子供が嫌がって逃げる」なんてことも…。

こちらでは、子供の耳掃除の必要性、ママ達の体験談、耳掃除による事故正しいやり方血が出た時や痛がる時の対処病院での耳掃除耳掃除による病気便利グッズなど、耳掃除に関する様々な情報をまとめてご紹介します。

子供の耳掃除は必要?耳鼻科医の意見

お風呂上がりの子供の体を拭くママイラスト

耳掃除について耳鼻科医に意見を聞くと、基本的に見える範囲を綿棒や耳かきで取る、もしくはお風呂上りに耳の入り口をぬれたタオルなどで拭くだけという医師が多いです。中には家庭での耳掃除は必要ないという意見も…。その理由として、ヒトの身体に備わる便利な仕組みや耳垢の働きが関係しています。

人間の耳の形は、自分で耳垢を出せる仕組みになっています。ですから、食事をしたり話したりして顎を動かすと、自然に耳垢が外に出てくるのです。ところが、基本的には必要のない耳掃除をすることで、逆に耳の病気を引き起こしてしまうことがあります。そのため、耳鼻科医には耳掃除の必要はないという意見が多いのですよ。

また、耳垢には耳を保護する大切な役割あります。ホコリや汚れから鼓膜を守るだけではなく、抗菌性もあり、外から入ってくるウイルスから、外耳と呼ばれる耳の穴を保護しているのです。垢(アカ)と呼ばれていますが、単なる汚れではなく、きちんとした役割を担った物なのですね。

ただし!耳垢のタイプによっては…

耳垢には湿ったタイプと乾燥したタイプがあり、日本人には乾燥したタイプが多いのですが、湿ったタイプの子供は耳鼻科で定期的に掃除するように指導する耳鼻科医もいます。

怖くて自宅で耳掃除できない!病院での耳掃除

病院で耳掃除される子供のイラスト

自宅での子供の耳掃除、怖くてできないママもいますよね。また、湿った耳垢の場合は自宅で耳の中を掃除するのは基本的におすすめできません。子どもは代謝がよく耳垢が溜まりやすいので、湿った耳垢の場合は2~3ヶ月に一度耳鼻科で耳掃除をしてもらいましょう。

子供の耳垢が乾燥している場合は、基本的にそのままでも大丈夫ですが、気になる場合は定期的に耳鼻科を受診して耳掃除をしてもらいましょう。初めての場合でも、遠慮なく受診しましょうね。

耳垢が湿っていると病気になることも…

耳垢が湿っている子供はワキガ体質」という話を耳にすることがあると思いますが、湿った耳垢の子供に多い病気に、耳垢栓塞(じこうせんそく)があります。耳垢塞栓とは、耳の入口から鼓膜までの外耳道に耳垢がドンドンたまり、外耳道を狭くして詰まらせてしまう病気です。

「耳垢が詰まると病気になるの!?」と思うかもしれませんが、耳垢栓塞は繰り返すことが多い病気で、自然治癒しませんので、耳鼻科で定期的に掃除をしてもらうことが大切です。

受診の判断目安としては、耳垢が穴をふさいでいるように見えるかどうかです。放置しておくと耳穴を塞いで、耳鳴りや難聴といった症状が出ることもありますので早めに受診しましょうね。

子供の耳掃除をしている?ママ達の体験談

「耳掃除あるあるなの?」と思うような、耳掃除にまつわるママ達の体験談を3つご紹介します。子供の耳掃除を自宅でしているママもいれば、自宅では全くしていないというママも。中には耳掃除をしていてけがをさせてしまったというママもいますので、参考にして下さいね。

KTちゃん
33歳

耳掃除は耳鼻科で

耳鼻科の医師のイラスト

今は6歳の娘に、以前は耳掃除を私がしていました。ところが、娘がなかなか耳掃除をさせてくれなくなり、しかも耳垢が塊で見えているにもかかわらず、上手に取れず…。見えているのに取れないもどかしさもあってママ友に相談したところ、「うちは耳鼻科で耳掃除をしてもらっているよ」と聞き、驚きました。

聞けば保険の範囲内で気軽に掃除をしてもらえ、むしろ「耳掃除は定期的に耳鼻科に来てください」と先生に言われているとのことでした。耳掃除だけで耳鼻科に行くのは気が引けましたが、それを聞いてからは定期的に耳鼻科に耳掃除に行くように。中耳炎などの病気の兆候もわかりますし、何より耳掃除の手間がありません。

グミグミ
28歳

耳掃除はしない派

私が耳掃除をするのが苦手なので全くしていません。以前テレビで、「耳垢は勝手に出てくる」と言っているのを観て以降、綿棒などを使った掃除はしないようになりました。

ただし、幼稚園でたくさん外遊びをした日には、耳の周りに砂汚れがこびりついている時があるので、お風呂上りに濡れたタオルなどで拭き取ったりしますが、その程度です。

フラポン
30歳

寝ている間に耳掃除

寝ている女の子

3歳の娘が耳掃除を嫌がることもあって、寝ている間に耳掃除をしています。以前耳掃除をした時に子供が動いて耳を傷つけて出血してしまい、子供は痛がって大泣き。それ以降耳掃除をさせてくれなくなりました。

しかし、隣に来ると耳垢が見えることがあり、気になってしまいます。起きている時に耳掃除をしようとすると子供が嫌がって暴れるので、寝ている間に気付かれないようにソーっと耳掃除しています。

子供の耳掃除による事故発生!

耳掃除中の不意な事故によるケガの報告が、国民生活センターなどに寄せられています。「綿棒の先が軸から取れて耳の穴に残ってしまい、耳鼻科で取ってもらった」「耳かきが折れてけがをした」といったケースも。綿棒を奥に入れすぎたために出血し、救急搬送されるケースもありますので、耳掃除の際は十分に注意しましょうね。

子供自身が起こす耳掃除事故

自分で耳掃除する男の子のイラスト

子供は大人の真似をしたがりますよね。大人の耳掃除を見て「ママがしていたように耳掃除してみよう♪」と、子供が気軽に耳掃除をし、思わぬケガをしてしまったというケースも…。子供が自分で耳掃除をしていて、鼓膜を破ってしまったという報告は多数あります。特に、6歳未満の子供が自分で耳掃除をして事故を起こした報告も、数多く寄せられていますのよ。

子供自身による耳掃除での事故やケガを防ぐために、耳かきや綿棒は子供の手の届かないところに保管しましょう

親による子供の耳掃除事故

ワンちゃんと女の子

ママやパパが子供の耳掃除をしていて、子供に怪我をさせてしまうことも…。
例えば、子供が不意に動いたためにケガをしてしまった、あるいは耳掃除をしている時に兄弟やペットがぶつかってケガをしてしまったなど、子供の耳掃除をしている親にとっては想定外のケースです。

自宅での耳掃除を行う場合は、事故防止のポイントとして以下の点に注意しましょうね。

親が子供の耳掃除をするときの注意点

  • 綿棒や耳かき棒を奥まで入れない(入口1cm付近を目安)
  • 入り口付近の大きな耳垢は、ピンセットを使ってそっと取る
  • 耳掃除をしている時に人やペットを近づけない
  • 綿棒や耳かき棒の保管場所に気を付ける
  • 奥に大きな塊を見つけたら、耳鼻科へ

子供に耳掃除を嫌いにさせない!正しいやり方

自宅での子供の耳掃除は、一歩間違えると怪我や病気の原因になることもあるので、最善の注意を払って行うようにしましょう。こちらでは子供が嫌がらない、正しい耳掃除の方法をご紹介します。

耳掃除の正しいやり方

懐中電灯
  • 子供を座らせたまま横から耳掃除
  • 暗くて見えない時は、ペンライトや懐中電灯を使用
  • ベビー綿棒など細めの綿棒に、ベビーオイルを少量つけると〇
  • 綿棒の1cmあたりに印をつけ、それ以上は奥に入れない
  • 見える範囲を綿棒で優しく拭く
  • 頻度は月に1~2回程度

膝枕で耳掃除を行うことが多いかと思いますが、これでは耳の奥に耳垢が入り込んでしまうこともありますので。座ったままで行うと奥に入らずに取れやすくなりますよ。また、子供が嫌がって暴れるような時は、耳掃除はしない方が賢明。けがの防止にもつながりますよ。

あか太郎
38歳

耳垢を見せると喜びます

我が家の子供達は耳掃除が大好き!というのも、私が耳掃除を楽しんでいるからです。以前耳掃除は良くないとTVで観て、長女が2歳まで一切耳掃除をしなかったのですが、巨大な耳垢が耳の入り口付近を塞いでいたため小児科医に相談したところ、ピンセットでスッととってしまったんです。

それがショックというか、自分がやりたかったというか…。だって、見事な耳垢の塊だったのです。うちの子供の耳垢が乾燥タイプであることもあり、放置してもとりあえず問題なさそうなので、私は3ヶ月~6ヶ月に1度しか耳掃除をしてあげていません。

でも、やるときは子供の手のひらに取れた耳垢をのせて、「大物だね~。ありがとう。ママ楽しい!」と言っています。子供達も自分の耳垢が小さいとガックリし、大きいとなんとなく誇らしくしていますよ。耳掃除が嫌いなお子さんには、耳垢を見せて褒めてあげるのが一番だと思いますよ。

子供の耳掃除は綿棒でもOK?

綿棒

子供の耳の穴は大人よりも小さいので、「耳かき棒の方が細いしよく取れるんじゃない?」と思っているママもいるようですが、実際には子供の耳の皮膚は柔らかいため傷つけてしまいやすいです。そのため、綿棒を使って優しく拭き取ってあげるのが一番安全。

ただし、綿棒は使い方を誤ると、耳垢を奥に押し込んでしまうケースが非常に多いです。「綿棒は耳の奥に入れず、耳の入り口付近を綺麗に拭う」とい点に注意して使用しましょうね。

子供の耳掃除で血が出た!痛がる時の対処

耳掃除をしている時に耳の皮膚を傷つけて出血すると、子供が血に驚くこともあります。出血して痛がることもあるので、慌てず、冷静に対処しましょう。小さな傷の場合は、次のような対処で様子を見ましょう。

<子供の耳掃除中に血が出て痛がる時の対処>

  • 綿棒を当てて出血を止める
  • 綿棒で傷口に消毒液をつける
  • 血が止まるとかさぶたができるので、自然に剥がれるまで耳掃除は控える

かさぶたを無理にはがすと耳垂を起こすこともあるので、触らないようにしましょうね。

傷口が深い、大きくて血が止まらない、奥をひどく痛がる場合などは、すぐに耳鼻科を受診しましょう

子供が耳掃除後に痛がるのは中耳炎?

子供が耳掃除後に耳を痛がると、「もしかして中耳炎?」と思うママが多いのですが、中耳とは、鼓膜のさらに奥のこと。中耳炎とは風邪を引いたのをきっかけに、ウイルスが鼻から鼓膜の奥の中耳に侵入する病気です。

子供が耳掃除の後に痛がっているならば、外耳炎や外耳道湿疹など外耳道の病気の可能性を疑いましょう。外耳道とは、耳の入口から鼓膜までの耳垢が溜まる場所のことです。

外耳炎や外耳道湿疹などの耳の病気は、耳掃除のし過ぎや、耳かきなどで強くこすることが原因で起こりやすくなります。耳の粘膜への刺激により外耳道が傷つくため、傷口から菌が入り込んで炎症を起こしてしまうのです。

子供の耳掃除に多い耳の病気の症状

  • 耳を痛がる
  • 口を動かしたり、耳を引っ張ったりすると痛みが増す
  • かゆみがある
  • 白や黄色の水っぽい耳垂れが出てくる
  • 血が出る
  • 耳がふさがった感じがする
  • 耳の聞こえが悪くなる

症状がひどくなると、顔が腫れて激しい痛みが出ることも…。軽傷であれば、2~3日するとそのままでも自然と治りますが、腫れがひどくなると、耳鳴りや難聴になる可能性もありますので、早めに耳鼻科を受診しましょうね。早期治療が大切ですよ。

子供の耳掃除に便利なグッズ

子供に耳掃除をしているママ

「耳掃除ならば綿棒や耳かきだけでいいんじゃない?」と思われるかもしれませんが、耳掃除は親子のスキンシップの一環でもあるんですよ。耳掃除をされて心地よかった経験はありませんか?こちらではそうしたケアも含めて、あると便利な身近なグッズやおすすめ耳掃除グッズをご紹介します。

<あると便利な身近なグッズ>

  • 綿棒
  • ベビー用綿棒
  • ベビーオイル
  • ガーゼ
  • ピンセット
  • ペンライトや懐中電灯

耳を明るく照らすペンライトや懐中電灯は便利ですが、ママ一人で耳を照らして掃除するのは難しいですよね。そこでおすすめしたいのがこちらの耳掃除グッズ。

白い光のあかりちゃん耳かき 拡大レンズ付き

白い光のあかりちゃん耳かき拡大レンズ付き

旭電機化成

1,345 円 + 税

耳の中が明るく大きくよく見えるようになる耳かきです。白色LEDライトでくっきりと照らされ、レンズで3倍に見えます。耳を傷つけにくい柔らか素材のシリコンキャップがついていますので、優しくお掃除できますよ。

http://www.smile-asahi.co.jp/

便利グッズで耳の中までよく見えると、ついつい掃除したくなってしまいますが、奥まで掃除する必要はありません。耳掃除を子供の耳の健康状態をチェックだけと考えず親子の触れ合いの時間として捉えると、子供もママ自身ももっと耳掃除を楽しめますよ。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪