子供の口臭の原因と対策に関する記事

子供なのに口臭がキツくなる5つの原因と早急に取るべき効果的対策

子供なのに口臭がキツくなる5つの原因と早急に取るべき効果的対策

口臭の原因はどんなものがあるのか。その正しい対処法とは!?ここでは子供の口臭について詳しくご紹介します。

マーミーTOP  >  子育て  >  子供なのに口臭がキツくなる5つの原因と早急に取るべき効果的対策

子供の口臭の原因と子どもの口が臭いと思ったら取るべき対策

子供の口臭の原因は様々あり、原因によって対策は違います。
病気が原因で口が臭い場合もあり、原因の違いによって受診する診療科も呼吸器科・耳鼻科・小児科・小児歯科などと違ってきます。

まずは口臭の原因を突き止めて、適切な対策を取ることが大切でしょう。対策しても改善されない場合には、病院を受診して相談することをお勧めします。口臭をお友達に指摘されたらかわいそう…と思っているママも少なくないと思います。早めに適切に対応してあげましょう。

子供の口臭の主な5つの原因と適切な対策

歯磨き不足・うまく磨けていない

歯が生えてきたらハミガキを習慣化しましょう。ハミガキを十分に行えていないと、汚れ(歯垢)が溜まって口臭の原因となってしまうのです。
もちろん、歯垢は虫歯や歯周病の原因となりますので、早めに溜まった汚れを除去してあげることが大切でしょう。

歯磨き不足が原因の口臭は歯医者さんに相談しよう!
歯磨きする子供と見守る母親

口の中の汚れが原因かな…と思ったら、小児歯科へ相談してみましょう。歯磨きで出血ているかどうかも、小児歯科へ受診するポイントです。

歯磨きをした時に、歯茎から出血するのは、歯周病の一歩手前(歯肉炎)です。歯周病は口臭の原因になります。
「歯周病は大人がなるもの」と思っている人も少なくありませんが、近年は子供にも歯周病の初期段階である歯肉炎がみられるようです。口臭だけでなく、口の中の健康のために、早めに歯医者さんで相談しましょう。

また、歯科衛生士さんが正しい歯磨きのやり方を教えてくれますので、親子で習ってみると良いでしょう。

口臭の最大原因!口呼吸

口呼吸をしていると、口の中が乾燥します。口の中が乾燥すると、口の臭いの原因になります。

「唾液が十分に出ているかどうか」「口の中が乾燥していないか」ということを、普段気にすることはないかもしれません。でも、唾液にはさまざまな役割があるため、唾液の分泌が少なかったり、口の中が乾燥したりしていることは、とても良くないことなのです。

口の中が乾燥するとばい菌が繁殖しやすくなります
鼻で息を吸って深呼吸

唾液には殺菌作用や口の中の汚れを洗い流す働きなどがあり、口の中で細菌が繁殖するのを防ぐ働きがあります。そのため、口の中に細菌が増えて、口臭の原因になってしまうのです。

また、唾液には再石灰化を促進したり、虫歯になりにくい口腔環境を作ったりする働きもあるため、口の中が乾燥していると、虫歯になりやすくなってしまいます

口呼吸になる原因

次に紹介しますが、鼻づまりが原因で口呼吸になる場合もありますが、その他に舌や口の周りの筋肉がきちんと発達していないことが原因で、口を開けやすく口呼吸になっている場合もあります。

この場合、一時的に口呼吸になっているのではなく、口呼吸が癖になっている可能性が高いでしょう。
鼻呼吸へ転換させるためには、口の周りの筋肉を鍛えるトレーニングなどが必要です。口を大きくはっきり開けながら一つずつゆっくり発音して口周りの筋肉を鍛えましょう。鼻呼吸になれば唾液も増えて口臭・虫歯の予防につながります。

鼻づまりなど鼻の病気

鼻をかむ子供

「口臭の原因が鼻!?」と思うママも多いと思います。鼻づまりなど鼻の病気は、先にも紹介した口呼吸の原因となるため、口臭の原因となってしまうのです。
口呼吸の原因はさまざまですが、特に多いのが鼻の病気とされています。

風邪で鼻水が大量に出たり鼻がつまったりしていると、昼夜問わず口呼吸になりがちです。早めに耳鼻科を受診して治療してください。
ちなみに、小さい子供は自分で鼻をかめないため、自宅で親がこまめに吸ってあげて口呼吸を防ぐことも大切でしょう。

鼻づまりや鼻水の場合の病院受診

鼻づまりや鼻水は、耳鼻科でも小児科でも診てもらうことができます。風邪で鼻以外にも症状がある場合には、小児科を受診することがおすすめです。

鼻水や鼻づまりがあると、耳にも影響する場合がありますが、耳にも症状がある場合や鼻水・鼻づまりのみの場合は耳鼻科を受診すると良いでしょう。

食べ物が原因の口臭

大人もそうですが、ニオイのキツイ食材を食べた後など、口臭になることがあります。納豆やニンニク、ネギなどが原因かもしれません。ハミガキをしっかりさせて、様子をみてください。

食べ物が原因の口臭は、一時的なものです。長く続くものではありません。口の臭いが長く続く場合には、食べ物以外の原因があるかもしれません。違う原因を疑って、適切な対処をしてあげる必要があるでしょう。

胃炎などの胃腸の病気

歯磨きの不足や口呼吸など、口臭の原因が他にない場合、胃腸など内臓のどこかが弱っているのかもしれません。
どこが悪いのか、小児科を受診して調べてもらいましょう。

胃に病気があったり胃が弱ったりしていると、胃の中の食べ物が十分に消化されずに、胃の中で発酵して口臭の原因となる物質を生成してしまいます。

子供の口臭は親が一番に気付いてあげることが肝心です。
原因がわかったら、適切な医療機関を受診して早めの治療を心がけましょう!

口臭のことを子供に指摘する時の注意点

子供とはいっても、やはり口臭のことを指摘されたら傷ついてしまう場合があります。そのため、早めに口臭の原因を付きとめて正しく対処してあげることが必要でしょう。

また、ママから指摘しなければならない場合には、子供の心を傷つけることのないように、伝えることも必要でしょう。「子供だから気にしないだろう」と、子供が気にするような言い方をしてしまうのは良くありません。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪