子供の虫刺されがひどい腫れに関する記事

【子供の虫刺され】こんなに腫れて大丈夫?原因/ケアを徹底解説

【子供の虫刺され】こんなに腫れて大丈夫?原因/ケアを徹底解説

子供が虫に刺されたとき、「何でこんなに腫れるの?」と不思議に思いますよね。同じ虫に刺されても大人とは違う症状の理由とは?

マーミーTOP  >  子育て  >  【子供の虫刺され】こんなに腫れて大丈夫?原因/ケアを徹底解説

子供が虫刺されで腫れても慌てない!その原因と適切なケアとは?

子供のきれいなお肌にプツプツと赤い斑点。気温が26度を超えると虫が活発に活動するようになるため、虫刺されに悩まされます。なぜか1週間経っても腫れが治らなかったり、水ぶくれができてしまったり。

その原因は、実は、大人とは違う子供の特質によるものなのです。悪化させないためにも、正しい知識で原因やケア方法を知っておくと安心ですね。

子供の虫刺され、腫れやすいのはなぜ?

子供と大人で違うのはなぜ?

並んで立つ大人と子供

虫刺されの症状で一般的なのはかゆみと腫れですが、子供の場合は、大人よりも腫れがひどいことがあるのです。そもそもこの腫れの原因は、虫が刺したときに人間の体内に注入する唾液に対するアレルギー反応であり、もともと体内にあるアレルギーの抗体によって反応の時間や程度も変わってくるのです。

大人は生まれてから何度も虫に刺されているので、アレルギーに対する抗体を持っている人がほとんどです。ですから、虫に刺されてすぐにかゆくなり、そんなに腫れることはなく数時間後には自然に治まります。

しかし、子供の場合は、虫に刺された経験があまりないため、アレルギーに対する反応が遅く、刺されてから数時間以上経ってから腫れてくるので、びっくりしてしまうパパ・ママも多いようです。同じ時間、同じ虫に刺されても、大人と子供とでは腫れの程度が違うことを覚えておきましょう。

まぶたが腫れあがった!

あるとき子供のまぶたが腫れあがって「お岩さん」のようになっていたら・・・変な虫に刺されたのかと心配してしまいますよね。でも大丈夫!それだけ腫れても、ごく普通の虫刺されの場合が多いのです。

というのも、子供はもともと虫に刺されると腫れやすいうえ、まぶたは皮膚が薄い箇所であるため特に腫れやすいのです。他に痛みや発熱などの症状がなければ、しばらく様子を見てみましょう。

虫刺されによる水ぶくれや発熱の原因/対処法について

蚊アレルギーが重症化したことが原因

皮膚の上の蚊

前述したとおり、虫刺されによる腫れの原因は、一種のアレルギー反応です。ただ、このアレルギー反応が過剰に表れたときに、腫れがひどくなったり水ぶくれになったり、ときには発熱したりすることがあります。アレルギーとは、コップの水が溢れるみたいに許容範囲を超えてしまったときに、過剰反応を示すものなので、一度にたくさん蚊に刺されたときは要注意です。

代表的なのは「蚊アレルギー」で、重症化する原因の一つとして、慢性活動性EBウイルス感染症が挙げられます。

慢性活動性EBウイルス感染症と

は!?
EBウイルスは、ほとんどの人が大人になるまでに抗体を得るウイルスで、唾液を媒介として感染しますが、不顕性感染であるので、気づかないうちに感染している人が多いです!このEBウイルスが、リンパ球の一つであるT細胞に持続感染したときに、肺炎や脳炎などのさまざまな症状を引き起こすことがあり、「慢性活動性EBウイルス感染症」と呼ばれます

蚊アレルギーと慢性活動性EBウイルス感染症との関係については明確にされていませんが、慢性活動性EBウイルス感染症にかかっている状態で蚊に刺されると、アレルギー反応が重症化するのではないかとも言われています。

水ぶくれや発熱の対処法とは?

腕に赤い虫刺されがある子供

「子供は虫に刺されると腫れやすい」ということはわかりましたね。また、虫に刺されて熱が出るということも、体内に侵入した菌をやっつけようとする自然な防御反応であるので、珍しいことではありません。慌てないで、まずはしっかり様子を観察しましょう。

発熱の他に嘔吐がある、呼吸困難、腫れが大きく広がるなどの症状が出たら、医療機関を受診しましょう。また、あまりに症状がひどいときは、前述した慢性活動性EBウイルス感染症の可能性もあるので、一度病院で検査をしてみると良いでしょう。

気をつけたいアレルギー症状

  • 発熱、嘔吐
  • 意識が朦朧としている
  • 腫れが大きく広がっている

適切なケア/薬について

かゆみを抑える

保冷剤で虫刺されを冷やす

子供は虫に刺されて時間が経ってからかゆみを訴えますが、かゆくて我慢できないときは、患部を冷やしてみると良いです。保冷剤などでしばらく冷やしていると、自然にかゆみも治まっていきます。

引っ掻かないようにする

子供は、かゆい部位を引っ掻いて傷をつくり、そこから菌に感染しとびひ」になることがあります。患部を清潔にすること、爪を切っておくことを心がけましょう。化膿する前に薬を使用することもおすすめします。

かゆみや炎症を止める薬の使用

かゆみや腫れがひどいときには、薬の使用も必要です。大人のように刺されてすぐにかゆくなるようなら、かゆみ止め成分のヒスタミン剤が効果的です。

化膿してしまったら抗菌剤、アレルギー症状がひどいようならステロイド剤が効果的ですが、この二種類は自己判断で使用せず、医療機関の指示を受けましょう

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
れんプー

れんプー

趣味は野球観戦!カープ女子がライバルのアラフォー腐女子です。