子供の耳垢掃除どうしてる?に関する記事

子供の耳垢の役割って?耳掃除の頻度/先輩ママの体験談10

子供の耳垢の役割って?耳掃除の頻度/先輩ママの体験談10

子供の耳垢の掃除に関するママの体験談を紹介!どれくらいの頻度で耳掃除を行っているのか、ホームケアの方法にも触れています。

マーミーTOP  >  子育て  >  子供の耳垢の役割って?耳掃除の頻度/先輩ママの体験談10

子供の耳垢掃除の頻度は?自宅/耳鼻科で取る?ママの体験談10

子供の耳垢の掃除、皆さんどのくらいの頻度で行っていますか? 「汚れなんだしこまめに取ってあげた方が…」とこまめに耳掃除を行う方や、自宅か耳鼻科で行うかなど、そのご家庭によって回数や方法は様々ですね。

今回は子供の耳垢の掃除の必要性やベストな頻度について解説します。先輩ママが実践している子供の耳垢の掃除方法や使用しているグッズについても触れていきますので、ぜひ目を通してみてくださいね。

意外と知らない?耳垢の正体と役割

耳垢は、耳の穴(外耳道)にある皮脂腺と耳垢腺から出た分泌物、空気中のホコリや剥離した皮膚の残骸によってできたものです。
「耳あか=掃除するもの」といったイメージが強いのですが、耳垢は耳を保護する役割を持っていることが分かっています。

耳垢の役割

・抗菌作用による感染防止
・虫などの侵入防止
・皮膚の薄い鼓膜や外耳道の保護

耳垢の種類としては、カサカサタイプの乾性耳垢と湿り気のある湿性耳垢の2種類に分けられます。日本人の7~8割は乾性タイプで、アフリカ系やヨーロッパ系の人のほとんどは湿性耳垢タイプと言われています。

子供の耳垢掃除の頻度は?

綿棒

耳には外に向かって産毛が生えており、何もしなくても耳垢が外部に排出される構造となっているため、奥にある耳垢は無理に取る必要はないとされています。

こまめに子供の耳掃除を行っているママは多いのですが、耳垢の掃除をやり過ぎてしまうと外耳道を傷つけ、その傷から炎症や出血を引き起こす可能性や、耳垢を取り過ぎてしまうことにより菌が繁殖してしまうケースも考えられます。
そのため、子供の耳垢の掃除頻度としては多くて週に1度、月に1度行う程度で十分と言われています。

Q子供の耳垢掃除の頻度ややり方を教えて!【体験談】

先輩ママから子供の耳垢の取り方・頻度に関する情報をリサーチしました! 子供の耳垢も湿性や乾性かなど、タイプによって掃除方法が異なるようですよ。

アザミ
42歳

A頑張って自宅で取っています。

子供の耳垢取りは、赤ちゃんの頃は綿棒でくるくるしていただけでしたが、幼稚園に通うようになり、外遊びが増えると耳の中もすごく汚れるようになりました。
お風呂やプールで水に潜ることも多いので耳垢が固まっては困るので月に1回自宅で取るようにしています。
使っているのは普通の耳かき。子どもの頭を自分の膝に乗せ、耳の中に一番明かりが入る角度にしてから慎重に作業します。

幼稚園で子供を抱き上げている母親

最初のころは恐々とやっていたので入り口しか出来ていなかった様で、先日両方の耳から、耳の穴の形になった大きな耳垢がゴロっと取れてすっきりしました。
子どももすごく耳がよく聞こえるようになったと喜んでいました。
耳かきをするほどでもないかな?というときは、くっつく綿棒でさっと耳の中をなでるようにしていますが、カサカサタイプの耳垢なので結構きれいになります。

yosi
40代前半

A自宅で行っていますが、中途半端かも

2人の小学生がおりますが、子供の耳垢は自宅で週に1回程度掃除しています。中耳炎などで耳鼻科に用事がある時は耳垢も取ってもらいますが、行くのは年に1回あるかないかです。
耳垢のタイプはカサカサタイプで、耳垢掃除に使っているのは大人と同じ竹製の耳かきです。
以前は怖いのと痛いので奥の方の掃除を嫌がっていた子ども達ですが、最近は結構奥まで取らせてくれます。
とはいえ、掃除をする私の方もどこまで耳かきを入れて良いのか不安なので、あまり奥の方は耳垢が見えていても取れません。たまに、耳垢をもっと奥に押し込むようになってしまうことも…。
やはり素人では中途半端な処理になるので、耳鼻科で取ってもらうのが理想的かなと思いますが、病気でないので病院に行くというのが億劫なので行っていません。

ゆかりん
40代前半

A耳鼻科に行くたびに

年長の男の子ですが、風邪をひくたびに耳鼻科に行くので、お医者さんが耳の中を診てあれば取ってくれます。
中耳炎のくせがついてしまっているため、月2~3回通院で行くので家で取ることはあまりありません。
子どもがたまに綿棒を持ってきて、「耳掃除して~!」と来ることがありますが、カサカサなタイプの耳垢なので綿棒でこすってもちょっと粉がつくくらいであまり取れないんですよね。
私自身も子どもの耳をいじるのが怖いので、極力耳鼻科でやってもらった方が安心だし、確実だと思っています。
以前たまたま風邪もひかず、中耳炎にもならずで耳鼻科から足が遠のいていた時は久しぶりに行った際に「耳垢が固まっているから、薬でやわらかくして明日また取りにきてください。」と言われたことがありました。
耳垢を取りにいくだけで病院にはなかなか行かないので、間があくときには家でも取ったほうがいいんでしょうね。

さおり
30代後半

A自宅で1週間に1度のペースで耳掃除しています

我が子の耳掃除は耳鼻科ではなく自宅で私が行っています。週1回のペースでやっていますが、やり過ぎはよくないと聞いたことがあるので、特に耳垢が無い場合は耳の入り口を軽くウエットティッシュで拭く程度で終わりにしています。
我が家には子どもが2人いますが、2人ともカサカサしたタイプの耳垢です。耳掃除に使っている道具ですが、100円ショップで売っている「光る耳かき」を使用しています。
ライトが点灯して、耳の内部の様子が良く見えるのでとても便利です。
耳かきの先にシリコーンのキャップが付いているので、安心して使用できます。その他に「とれるんボー」という商品名の粘着式の耳掃除用綿棒も時々使います。色が黒色なので耳垢が見やすく便利ですよ。

にゃうみ
40代前半

A子供の耳垢取りは熟睡中を狙います!

今は子ども達が小学生になり、大きくなったので、たまにひどい風邪の時に耳鼻科に行った時についでに取ってもらったり、本人が痒がったり、耳垢取ってと言った時に取るだけですが、子供が小さい頃は、耳の聞こえが悪くなるといけないと、月に1、2度は自宅で私が耳掃除をしていました。

眠る子供

でもとても怖がったり、くすぐったがったり、嫌がってさせてくれないことがほとんどでした。
無理矢理しようとするとかえって危ないので、ぐっすり寝入った時を見計らって、こっそりやっていました。暗闇でするので、もちろん耳かきは今時のLEDで光って、耳の穴の中が良く見える物でないとできません。
あと、眠りが浅いと手で邪魔をしてきたり、動いてあぶないので、熟睡している時間帯にするのが良いです。
念のために邪魔してくる子供の手に耳かきが当たって怪我をしたりしないよう、子供の手などは肘などで押さえて、ガードしながらやっていました。あまり大っぴらにはおススメできない方法ではありますけどね。

ちか
30代後半

A1年に一度は耳鼻科で見てもらっています

幼稚園に通っている6歳の娘はカサカサタイプの耳垢です。ですので、乾燥しているときはもちろん、入浴後でも、綿棒ではなかなか耳垢を取ることができません。
奥の方に耳垢があるようだけど、綿棒ではうまく取り切れないということが良くありましたので、試しに昔からある竹製の耳かきでお掃除をしてみました。すると、耳垢がごっそりととれたのです。
ただ、本人がちょっと痛がるし、親の方も耳の中を傷つけないか心配になるので、最近は1年に一回は耳鼻科できれいにお掃除をしてもらっています。
耳鼻科の先生に任せると、家庭では取り切れない奥の方の耳垢まで取っていただけますし、何より作業が本当に早いのです。また、子どもの医療費が無料なので耳鼻科で取っていただいても費用が掛からず、このこともありがたいです。

ミカママ
36歳

A半年から一年、目立ってきたらその都度耳鼻科で取ってもらいます

小学3年長女(乾燥タイプ)、小学1年次女(しっとりタイプ)と、3歳9か月の長男(乾燥タイプ)の耳垢掃除についてです。
まず、長女のほうは、以前は耳垢の掃除が大好きで、ピンセットや綿棒、電動耳掃除器など使って自宅で頻繁に掃除していました。
自分でも気になるみたいで小指でほじったりしていたみたいですが、あるとき、耳掃除の後にプチッと音がするというので、心配して一晩過ごしたら耳垂れが出て耳鼻科に連れて行ったところ、中耳炎と診断されました。耳かきのし過ぎが原因だったようで、それからはほとんど自宅では耳掃除しなくなりました。半年に一回くらい耳の中を見ています。
次女は小学校の検診で耳垢が詰まっていると言われ耳鼻科で取ってもらいました。
耳掃除を嫌がるので年に1回くらいのペースで耳鼻科です。長男はよく耳垢がたまるらしく、半年に1回くらい耳鼻科で取ってもらっています。
この子は大暴れするので、押さえているのが本当に大変でいつも苦労しています。

さーさん
40代半ば

A道具を使い分けています。

3歳と7歳の子供がおり、二人とも半年に一度ほど耳鼻科でチェックしていただいていますが、普段は週一回自宅で耳掃除をしています。2人ともどちらかというとカサカサタイプの耳垢です。
下の子の耳掃除には「NEWとれるねんブラック」という、粘着式の綿棒を使って取っています。
これは普通の綿棒より取りやすいのいと、色が黒いので、きちんと耳垢が取れているのか確認しやすくて、ずっと愛用しています。

ポケットイヤークリーナーデオクロスi-ears

また、上の子は綿棒での耳掃除がなぜか急に苦手になってしまったので、耳の中をこすることなく掃除できる電動の吸引式の耳かきである「ポケットイヤークリーナーデオクロスi-ears」を利用しています。
こちらだと耳垢を吸い取ってくれるので娘も怖がらずに耳掃除できるようになりました。
どちらの道具も乾燥タイプの耳垢にはとても使いやすく、親子ともども気に入っています。

mina
30代後半

A家庭で綿棒を使って週1ペース

息子が幼稚園の頃(現在は小学三年生)耳掃除を痛がり、あまり掃除が出来ませんでした。子供の耳垢はカサカサタイプです。
それほど奥に入れていないのですが異常に痛がるため、無理してもよくないと思い、そのまま放置していたのです。
しかし、就学時検診の時に耳垢栓塞を指摘され、とても恥ずかしい思いをしました。近所の耳鼻科にかかったのですが、耳垢がすっかり固まってしまいすぐには取れないとのことでした。
ふやかして柔らかくして取りやすくする液体のお薬を処方され、1週間使いました。特に痛みもなく地道に1週間使い続け、再び耳鼻科に行って今度こそ除去してもらいました。
とれたものを見せてくれたのですが、本当に耳栓のように固まった耳垢で1cmくらいの大きさで、円柱型をしていました。
固まってしまうと家庭では取れなくなりますので、そうなる前に頻繁に除去する必要があります。痛がる時は耳鼻科にお願いすると、痛みなしで取れますよ。

かいわれ
38歳

A自宅で3日に一回ぐらいのペースで掃除します。

小学一年生の子供の耳垢は自宅で掃除しています。湿っているタイプなので、綿棒を使ってお風呂上がりに掃除しています。
3日に一回ぐらいのペースで掃除します。足しかにかかりつけの耳鼻科の先生からは、「自宅では耳掃除しないで連れてきて」と言われますが、耳鼻科には風邪の患者さんも多いので元気な時には行きたくないので自宅で掃除しています。
うちの子供は、度々中耳炎や鼻炎になって耳鼻科に行くことが多いので、その診察のときに奥の方の取れない耳垢をとってもらっています。
子供が自分でやると、耳の奥まで綿棒を入れてやってしまうので、耳掃除を自分ではしないように言ってはいるのですが、耳が痒くなると自分でゴリゴリやってしまっているようです…。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ