子供の便秘による腹痛の対処法に関する記事

子供の便秘による腹痛の対処法と受診目安!嘔吐は要注意

子供の便秘による腹痛の対処法と受診目安!嘔吐は要注意

子供が便秘で腹痛を訴えたら、即受診?便秘時の腹痛の対処法や、受診目安について解説します。

マーミーTOP  >  子育て  >  子供の便秘による腹痛の対処法と受診目安!嘔吐は要注意

【子供の便秘】腹痛を訴えた時の対処法と受診目安

子供が腹痛を訴えると、なにか大きな病気ではないか?ストレスがあるのではないか?と心配になりますよね。体調をうまく説明できない乳幼児を持つママは、特に心配になるかもしれません。

乳幼児の体調不良では、普段からお子さんの様子をよく知っているママの判断が重要になることがあります。お子さんが腹痛を訴えた時とっさに慌てないために、腹痛の原因や対処法、受診の目安について知っておきましょう。

原因の大半は便秘?子供の腹痛

具合悪そうな子供をなでる母親

子供の腹痛の30~40%は便秘が原因であると言われています。腸の中に便やガスが溜まると、強い腹痛や吐き気をおこすことがあります。便秘の場合は腹痛や吐き気があっても便が出ていない、出ていてもごく少量なことが特徴で、浣腸などで便やガスが出ると症状がおさまります。

お子さんが腹痛を訴えたら、まずはいつ排便があったか確認しましょう。お腹が張っている、主に左側が痛いと訴えている場合は、便秘の可能性が高いでしょう。

腹痛を伴う便秘の対処法

下痢や嘔吐がない腹痛の場合、まずは自宅で浣腸をして様子を見てみるのがよいでしょう。市販薬など、月齢にあった適量の浣腸を使ってみて、排便があり腹痛が治まるようなら一安心です。

乳児の場合、浣腸に抵抗があるママも少なくありません。そのような場合は、綿棒浣腸を試してみるとよいでしょう。ベビーオイルをつけた綿棒を、1センチくらい肛門の中に入れて「の」の字を書くようにゆっくり回してみると、浣腸の代わりになります。

浣腸や綿棒で排便があった場合は、便の状態を忘れずに確認しましょう。便に血が混じっていたり、いつもの便と違う場合は小児科を受診しましょうね

イチジク浣腸10

イチジク浣腸10

イチジク製薬

赤ちゃんから5歳まで使える浣腸です。直腸内に直接注入します。無理に挿入せず、ベビーオイルをつけて優しく挿入しましょう。ただし、乳児の場合には医師に相談してから使用しましょう。

発熱や嘔吐がある場合は迷わず受診しよう

受診を促すパネルを持つ看護師

発熱や嘔吐など、腹痛以外にも風邪のような症状がある時は小児科を受診しましょう。幼児の場合は「お腹が痛い」と言ってもお腹ではなくどこか別の場所の痛みを訴えている場合もあるので、いつもと様子が違う場合は小児科を受診することが大切です。

こんな場合は緊急受診

●排便があるのに腹痛が治まらない(泣き止まない)
●我慢できないほど腹痛が激しい
●便に血が混じっている
●ゼイゼイと息をしていたり、呼吸が速い
●腹痛が徐々に強くなっている

便秘と間違えやすい、腹痛を伴う病気

胃腸炎

ウイルスなどによる感染で胃腸炎になることがあります。便秘の次に多い子供の腹痛の原因です。腹痛に、嘔吐や下痢をともなうことが多く、月齢が低い子供は脱水症状になりやすいので注意が必要です。
また、風邪で発熱する前や中耳炎になったときにお腹が痛くなる子もいます。

虫垂炎(盲腸)

腸の中の虫垂が炎症を起こした状態です。嘔吐や発熱の症状もみられます。お腹全体の痛みが、数時間後には右下腹部に移動することが特徴です。

言葉でうまく説明できない幼児は発見が遅れることがあります。放置しておくと腹膜炎を起こし命の危険もあるので、腹痛が徐々に激しくなるような場合は注意しましょう。

腸重積

腸の一部が腸の中にもぐりこんで腸閉塞をおこす、乳幼児におこりやすい病気です。激しく泣いたかと思ったら治まり、しばらくしたらまた激しく泣く、を繰り返します。嘔吐する場合もあります。
いちごジャムのような血便がみられるのも特徴です。早急な治療が必要な病気です。

かんとんヘルニア

本来あるべき場所からはみだした腸が締め付けられ、戻らなくなる病気です。鼠径ヘルニアの中でも緊急性が高く、乳幼児におこりやすい病気です。腫れて硬くなっていることが特徴で、激しい腹痛や嘔吐がみられます。

心因性の腹痛

病気の症状がなくても、ストレスや不安などが原因で子供が腹痛を訴えることがあります。お子さんが何か悩みを抱えていないか、原因を考えてみましょう。心因性の腹痛は「怠けている」のではなく、「心のSOS」だと考え、お子さんに寄り添ってあげることが大切です。

<心因性の腹痛にみられる症状>
●登園・登校前によく起こる
●1~2時間程休むと自然に治る
●長期間、たびたび腹痛を訴える
●頭痛や倦怠感をともなうことがある
●休日などリラックスしている時には起こらない

安易な多用はNG!子供の便秘薬

幼児が便秘になると、自分の便秘薬を飲ませるママも少なくありませんが、これはお勧めできません!
市販の便秘薬は刺激が強いため、幼児には病院で処方されたものを使うようにしましょう。便秘薬を乱用すると、子供自身の排便機能が衰え、便秘薬を使わなければ排便できなくなってしまう恐れがあります

便秘の改善は生活環境を整えることから

食事する幼児

便秘の改善には、腸内環境を整えることが重要です。腸内環境はビフィズス菌や大腸菌といった、善玉菌と悪玉菌のバランスによって変わります。善玉菌と悪玉菌のバランスは、生活環境や精神面が大きく影響します。

お子さんの便秘が続く場合は、生活環境が乱れていないか、心身ともに疲れが溜まっていないか、一度毎日の生活を見直してみましょう。

<便秘に効果的な生活習慣>
●食物繊維を多く摂る
●日光を浴びて体内時計を整える
●過不足なく睡眠をとる
●適度に体を動かす

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
りんりん

りんりん

40代、趣味は付箋集め、晩酌が欠かせないのんべえですw