インフルエンザによる学級閉鎖に関する記事

インフルエンザ学級閉鎖基準&家の過ごし方/習い事や勉強

インフルエンザ学級閉鎖基準&家の過ごし方/習い事や勉強

インフルエンザで学級閉鎖になったけど、元気な子供と家の中でどう過ごせばいい⁉外出はだめ⁉そんなママの疑問を解決します。

マーミーTOP  >  子育て  >  インフルエンザ学級閉鎖基準&家の過ごし方/習い事や勉強

インフルエンザによる学級閉鎖の基準/外出OK?家での過ごし方

インフルエンザが流行する季節になると、新聞やテレビなどで学級閉鎖のニュースを目にします。でも、実際「我が子のクラスが明日から学級閉鎖」という突然の事態になってしまったら、働くママは子供の預け先にも困ってしまいますし、家での過ごし方、塾や習い事、学童はどのようにすればいいのか悩んでしまいますよね。

そこでこちらでは、インフルエンザで学級閉鎖になる基準、保育園の閉鎖、学級閉鎖中の塾や習い事、預け先、勉強、外出などの過ごし方をママ達の体験談を交えてご紹介します。

文部科学省によるインフルエンザ学級閉鎖の基準

教室内で

学校における児童や生徒、教職員の健康や安全を守るために、日本には「学校保健安全法」という法律があります。その学校保健安全法の第20条により、インフルエンザによる学級閉鎖の基準は、「学校の設置者は、感染症の予防上、必要のあるときは、臨時に学校の全部又は一部の休業を行うことができる」と定められています。これは感染症の拡大を防ぐための措置であり、インフルエンザだけでなく百日咳も同じ扱いとなります。

しかし、これではあまりに漠然としていて、学校によって基準があいまいですよね。そこで、自治体がインフルエンザによる学級閉鎖の基準を定めていることが多いのです。

文部科学省によれば、その判断は学校の設置者に委ねており、文部科学省の「学校医・学校保健ハンドブック」には、「欠席が20%に達した場合は、学級閉鎖、学年閉鎖、および学校閉鎖等の措置をとる場合が多い」と記されています。実際、欠席率20%を基準とする自治体もあるようです。

東京都/大阪府のインフルエンザ学級閉鎖基準

それでは東京都や大阪府の場合、インフルエンザの学級閉鎖基準をどのように定められているのでしょう。

東京都のインフルエンザ学級閉鎖基準

市役所の正面

インフルエンザによる学級閉鎖については、自治体によってさまざまな基準があるのですが、東京都の場合は欠席率が20~30%を基準としています。40人のクラスだと8人以上欠席したときに学級閉鎖の措置をとることになります。学級閉鎖が複数に及ぶ場合は、学年閉鎖になり、学年閉鎖が複数に及ぶ場合は学校閉鎖の措置をとることになっています。

また、新型インフルエンザの場合には、その感染力の強さから、欠席率を通常インフルエンザの20%でなく10%を基準とし、30人未満の学級では3人以上欠席者が出た場合に学級閉鎖の措置がとられることになっています。ウイルスの潜伏期間が3日程度なので、休業期間は4日を原則としています。

大阪府のインフルエンザ学級閉鎖基準

大阪府は新型インフルエンザも季節性インフルエンザも、クラスの15%がインフルエンザと診断された場合、学級閉鎖となります。また、学年の半分のクラスが学級閉鎖の場合は学年閉鎖、半分の学年が学年閉鎖の場合は学校閉鎖となります。さらに、市の教育委員会の指示により、学校閉鎖となることもあります。

さらに、学級閉鎖期間は、学級閉鎖が決まった翌日から4日間となります。ただし、月曜日に登校後、すぐに学級閉鎖であることを伝えられて、そのまま帰された場合は、その日を含めて4日間となることもあります。

保育園はインフルエンザで閉鎖しない?サーベイランス

子供の世話をする保育士

保育園ではインフルエンザでも閉鎖しないという噂がありますが、本当のところはどうなのでしょうか?確かに、働くママにとって、保育園の閉鎖は困ることです。しかし、幼稚園よりも保育園の方が、年齢が低い子がいるうえ、お昼寝や食事などで接触が多いことや長時間の保育などで、あっという間に感染拡大してしまう可能性があるのです。

自治体によっては、インフルエンザで閉鎖することがない保育園もあります。でも、学級閉鎖をする幼稚園や学校よりも、むしろ保育園の方が感染しやすい環境にあるため、閉鎖をしないで感染の拡大を防ぐ策として、「保育園サーベイランス」というシステムによって予防に努めている園も多くあります。

保育園サーベイランスとは

国立感染症研究所感染症情報センターが立ち上げた、「保育園欠席者・発症者情報収集システム」のことです!これによって地域や近隣における感染症の状況が把握できるので、その感染症が流行する兆しを捉えることができ、この情報を職員や保護者とも共有できるため、早期に対応することができるのです

インフルエンザで学級閉鎖になった時の過ごし方

学級閉鎖のそもそもの目的は、インフルエンザに感染しているが潜伏期のため症状がまだ出ていない子供と、感染していない子供の接触を避けることにより感染拡大を防ぐことです。潜伏期間は3日程度であるため、学級閉鎖の期間も原則として4日間なのです。

ですから、この4日間の家での過ごし方については、学校や園側からは、基本的に「外出は禁止」という指示があるようです。しかし、塾や習い事、働くママの預け先、通院などやむをえない事情もあり、これらについては保護者の判断に委ねられ、自己責任となります。正しい判断ができるように、他のママたちの体験談も合わせてみていきましょう。

塾や習い事には行かせてもOK?

水泳教室の子供達

「原則として外出は禁止だけど、塾や習い事なら遊びに行くわけでもないから…」と、あまり罪悪感もなく行かせるママも多いかもしれませんね。でも、地域的にインフルエンザが流行っている場合、その地域の塾や教室だと感染の可能性がないとは言い切れません。

もしも子供が学級閉鎖中に塾や習い事に行って感染してしまったとしたら、先生からの視線が痛すぎる事態になってしまいますし、その逆パターンで、潜伏期だと知らずに行った塾や習い事で、他の学級や学校の子に感染させてしまう可能性もあるのです。他のママたちは塾や習い事をどうしたのでしょうか?

あっこ
38歳

A個人レッスンなので行かせました。

娘の習い事はピアノの個人レッスン。コンクールも近いため、レッスンを休むことは避けたかったので、学級閉鎖中である旨をピアノの先生に伝えたうえで、教室に行かせてもらうことにしました。
個人レッスンとはいっても、娘のレッスンの前後には別の生徒さんがいるし、同じ時間帯にいくつかの部屋で数人が個人レッスンを受けている状態です。そこで、マスクを着用させ、私が車で送迎し、他の生徒と接触しないように待合室では過ごさず、レッスン開始時間ギリギリまで車の中で待っていました。
先生もマスクを着用し、娘がレッスンを受けた部屋は、その日はもう使わないようにしてもらうなど徹底した対応をしてくれたので、感染したり感染させたりすることもなく、安心してレッスンを受けられたようです。

スーさん
40歳

A塾で感染してしまいました!

うちの子は、生まれてこのかたインフルエンザにかかったことがありません。なので、学級閉鎖といえども、まったくの他人事でした。
学校から「外出は禁止」と言われていたけど、月謝ももったいないし、ただでさえ塾の授業に付いていけてない子だったので、休ませずに行かせることにしました。塾側も、学級閉鎖中の生徒でも受け入れてくれる方針だったし、何より息子が感染しているわけないと思っていたので、特に何も気にしていませんでした。
ところが、学級閉鎖明けでやっと学校に行けると思った日の朝、起きてきた息子が熱っぽい!熱を計ると38度5分!!インフルエンザに感染したのでした。
おそらく学級閉鎖3日目に塾に行ったときに感染したようで、結局この日から5日間学校を休むし、担任の先生には責められるしで、トホホでした。

仕事があるので、祖父母宅や友達宅へ預けてもOK?

学級閉鎖になってしまうと、働くママは子供の預け先に困ってしまいます。子供は元気ではあっても潜伏期である可能性もあるので「絶対に感染していない」とは言い切れない状態です。祖父母宅や友人宅に預けてもいいものか、迷ってしまうところですが、他のママはどうのように対処したのでしょうか?

みなみ
38歳

A母に来てもらいました

フルで働くママです。学級閉鎖中、普段利用している学童も使えず、かといって小学2年生の娘を一人家に残して仕事に行くわけにもいかず、本当に困りました。主人の実家も私の実家も、85歳を超えるひいバアちゃんが同居しているため、もしも子供が感染していたらと考えると、預けることはできませんでした。
結局、私が仕事に行っている間に母に来てもらい、自宅で娘の面倒をみてもらうことにしました。自宅では母も娘もマスク着用、加湿器をフル稼働させ、予防に努めました。
娘にとってはバアバと過ごす4日間はとても新鮮だったようで、楽しそうだったので結果オーライでした。でも、バアバはさすがに4日目にはクタクタでしたね。

ららら
29歳

A実家が県外なので…

小学一年生の息子の働くママです。実家が県外なので、学級閉鎖中の息子の預け先に困りました。仲良しのママ友が「うちで預かるよ~」と言ってくれ、そのママ友の子は、この2週間前にインフルエンザにかかっていたので、うつすこともないだろうとお言葉に甘えることにしました。
ママ友の子がインフルエンザの免疫がなければ、きっと預けていないと思います。やっぱり「うつった」「うつした」のトラブルは避けたいので。
学級閉鎖になることがもう少し早く予想できていたら、実家の母に来てもらうこともできたので、来年からはサーベイランスなどの地域情報もチェックして、学級閉鎖になりそうだったら、即、母に連絡しようと思います。

小学生は朝からずっと勉強させるべき?

鉛筆でノートに字を書く児童

学級閉鎖中には、家庭学習も義務付けられています。これは、本来しなければならない学習内容を、学級閉鎖になったため家庭学習でカバーする、というものではありません。インフルエンザ流行は毎年のことなので、学級閉鎖になることも想定内。授業を前倒しにして予備時間ももうけている学校が多いのです。

ですから、「家庭学習でしっかり勉強しなければ!」と気負う必要はなく、本来の目的としては、学校に行っているときと同じように規則正しい生活をするところにあるといえます。一方で、学級閉鎖中にインフルエンザを発症するようなことがあっては、学級閉鎖明けからも数日休まなければならないので、授業についていけないこともあります。

特に、学校によっては3学期に授業スピードがアップすることがあるので尚更です。この場合は、家庭学習が重要になってきますので、計画的におこないたいですね。それに、元気な子が家の中で長期間過ごすことは苦痛ですから、勉強だけでなく、家の中でも楽しく過ごせるようにしたいものです。ここでは、他のママのアイデアもみていきましょう。

みわこママ
34歳

A料理などのお手伝い

一日中家の中で過ごすと、本当に長い一日でした。小学3年生の娘は、普段から家のことを喜んで手伝ってくれるので、学級閉鎖中は昼食の準備をメインに、いろいろ手伝ってもらいました。
エプロンを着用させ、気分を盛り上げといて、メニュー決めから調理、後片付けまで、全部娘がやってくれました。特に、お好み焼きやパンケーキなどのホットプレートで作る料理が、テンション上がっていましたね。
料理だけでなく洗濯物を畳んだり窓ふきをしたりなど、本当に助かりました。また学級閉鎖にならないかなぁ(笑)

にゃんにゃ
39歳

A時間割をつくりました

「学級閉鎖中は、とにかくメリハリのある生活をしよう」と、まず時間割をつくることにしました。
国語の時間や算数の時間には家庭学習をして、休憩時間にはテレビを観たりゲームをしたり、体育の時間にはDVDを観ながらダンス、家庭科の時間に昼食をつくって、掃除の時間には家の掃除を手伝ってもらう…など。
普段なら手伝いなんでしてくれないけど、時間割が新鮮だったようで、楽しみながら何でもやってくれましたよ。

通院などやむを得ない外出は?

学校や園からは、「学級閉鎖中は、急を要しない外出は控えるように」と、指導されると思います。ご近所からの目も気になるところですから、外出しないことが望ましいのですが、通院などのやむを得ない外出は、常識の範囲内だといえます。この場合は、マスク着用や手洗い・うがいを徹底し、予防に努めるのはもちろん、子供がうつしてしまう可能性も考えて行動しましょう。

あきこ
35歳

A通院で外出しました

息子は慢性的な中耳炎で、週1回のペースで耳鼻科に通っていました。学級閉鎖中にちょうど耳鼻科に行く日が重なっており、日にちをずらそうかどうか迷いましたが、結局通院することにしました。
朝と夕方の耳鼻科が混む時間を避け、午前の診療時間が終わるギリギリの12時前に受付し、待ち時間は子供を車の中で待たせ、診察室以外ではマスクをはずさないようにするなど徹底していました。
ほとんど誰とも接触しないですみましたが、この「うつしたら、うつされたら」のドキドキ感にぐったりでした。

レイナ
32歳

A食糧調達のため

小学1年生の娘は一人でお留守番ができません。学級閉鎖初日、ほとんど冷蔵庫に食料が入っていないことに気づきました。パパが帰ってくるのはいつも夜10時頃なので、それまで買い物に行かないわけにもいかず、結局娘も連れて食料調達へ。
校区内のスーパーは、誰かに会うと面倒なので、少し遠くのスーパーまで車で行き、娘は車の中で待たせておきました。無事食糧調達を終えて帰ってきたら、ご近所のママにばったり。
「どこに行っていたの~?」と責めるように言われてしまいました。ある程度学級閉鎖になることがわかっていたら、食料は買いだめしておくべきですね。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
れんプー

れんプー

趣味は野球観戦!カープ女子がライバルのアラフォー腐女子です。

この記事と関連性の高い記事