3歳児の夜泣きの原因と対策に関する記事

3歳の夜泣きの原因は?見逃してはいけない睡眠障害の症状

3歳の夜泣きの原因は?見逃してはいけない睡眠障害の症状

3歳になっても夜泣きを続ける原因と対策について解説します。1歳半から遅くても2歳には終わるはずなのに、3歳になっても夜泣きを治まらないのは「何かの病気なの?」と不安に感じているママには、子供に起こりやすい代表的な睡眠障害を5つご紹介。

マーミーTOP  >  子育て  >  3歳の夜泣きの原因は?見逃してはいけない睡眠障害の症状

3歳の夜泣きの原因は?知っておきたい幼児の睡眠障害

夜泣きといえば、生後半年前後からはじまり、1歳半から2歳くらいまでには終わるといわれているため、そのうち治まるだろうと考えているママがほとんどなのではないでしょうか。

悩むママのイラスト

ところが、中には3歳を過ぎても夜泣きをする子がいるほか、1歳を過ぎて夜泣きが治まったのに、再び3歳から夜泣きが始まってしまう子もいるのです。

ママは、眠れない日が続いて辛いうえ、赤ちゃん時代とは違った夜泣きにとまどいながら、「もう3歳なのに…」「何かの病気なの?」と頭を抱えてしまうこともあるでしょう。

そこで、今回は3歳児の夜泣きについて、原因や対策、夜泣きにつながる病気についてみていきましょう。

3歳の夜泣きには、ほかの年代とは違った原因や理由があります。なぜ夜泣きをしてしまうのか、ママが正しく理解することで、改善の方向に導いていきましょう。

3歳児の夜泣きの原因とは

赤ちゃんの頃の夜泣きは、睡眠サイクルが確立していないことが主な原因なのですが、3歳児の夜泣きはそれとは少し違ってきます。

3歳児の夜泣きは、主に成長の過程で起こる次のようなことが原因となっています。

昼間の過度の興奮

元気で興奮している赤ちゃん

昼間に普段とは違う刺激を受けることによって、過度に興奮してしまうと夜泣きをしやすくなります。昼間起こった出来事を頭の中で整理しきれずに、軽くパニックを起こしている状態です。

昼間に思いっきりはしゃいだ日や、何か初めての経験をした日などは、特に夜泣きが起きやすくなります。脳が正しく働くことで起こる夜泣きなので、過度に心配する必要はありません。

赤ちゃん返り

弟や妹が生まれた場合、赤ちゃん返りによって夜泣きが始まる子供がいます。これまで、自分だけを見ていたママの関心が、他のことに向けてしまったことで、赤ちゃんに戻ってママの愛情を取り戻したいと感じているのです。

ママにもっと甘えたいという気持ちが強いことから、下の子が昼寝をしている時間帯などにスキンシップを取ったりして、十分に甘えさせてあげると漠然と抱えている不安がなくなるはずです。

怖い夢を見た

泣いている三歳の女の子

一般的に浅い眠りのレム睡眠の際、夢を見ることは知られていますが、子供はレム睡眠が多いことから、大人に比べて夢を見やすい傾向にあります。さらに、子供はちょっとしたことでも恐怖を感じるため、怖い夢を見やすいのです。

昼間に「怖いおばけが出てくる絵本を読んだ」「犬にほえられた」「真っ暗な場所に行った」などの体験をしたことが、怖い夢をみることにつながって夜泣きをしてしまうことがあります。

3歳児の夜泣き対策

大人になって夜泣きをしている人はいないように、夜泣きはいつか終わるもの…と、頭では分かっていても、毎日夜泣きによって起こされていては、ママだって体力が持ちませんよね。

そこで、ここからは夜泣きを軽減させるための具体的な対策をご紹介します。あれこれ試してみて、少しでも効果があれば夜泣きの卒業につながるかもしれません。

1規則正しい生活を送りましょう

オフロに入っている幼児

幼児期の夜泣きの対策として必要なのが、夜にしっかりと眠るための規則正しい生活です。

毎日同じ時間に起床・就寝させることで、生活リズムを整えましょう。そのためには、夕食や入浴は、寝る時間から逆算して時間を決めるといいでしょう。また、寝る1時間前には入浴を済ませておくと寝つきがよくなります。

2日中はお日様の光を浴びましょう

公園でお日様の光を浴び子供達

日光を浴びることによって、「幸せホルモン」で知られるセロトニンの分泌が促進されます。それによって、睡眠のリズムを整える働きがあるメロトニンの分泌量も増えるのです。

セロトニンはお日様が照っていない時にも作られることから、曇りの日や雨の日でも部屋の中に自然光が入るようにしておくといいですよ。

3昼間に体を動かして遊びをしましょう

走っている男の子

子供は元気いっぱいでパワーが有り余っているので、昼間あまり体を動かさずにいると、寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなることも…。

子供の遊びは、ストレス発散にもつながることから、思いっきり遊ばせるようにするといいでしょう。家遊びだけにならないよう、積極的に公園などに出かけるようにしましょうね。

4就寝前はリラックして過ごしましょう

入浴を済ませたら、部屋の照明を落として寝る準備に入るようにしましょう。

テレビを観たり、体を動かす遊びをしたりするのは控えるほか、スキンシップや絵本の読み聞かせなどを行って、子供をリラックスさせるようにします。また、子供が眠りにつきやすいよう、静かな環境作りが大切です。

5家族のライフスタイルを見直しましょう

子供の睡眠時間は、親のライフスタイルの影響を受けやすいことから注意が必要です。

特に、親が週末に遅くまで起きていたり、休みの日に遅くまで寝ていたりすると、子供の睡眠リズムが崩れる原因になるのです。子供が規則正しい睡眠リズムが身に付けるためには、まずは親が普段から意識をすることが大切です。

見逃してはいけない子供の睡眠障害

可愛い三歳の女の子

「寝る子は育つ」というように、毎日の睡眠は子供が健やかに成長するために、とても大切なことです。

3歳児の夜泣きが成長の過程で起こるものなら、そのうち治まりますが、睡眠障害が夜泣きにつながっている場合は注意が必要です。

子供はどんな睡眠障害を起こしやすいのか、ここからは5つの睡眠紹介についてご紹介します。

睡眠障害とは

睡眠障害とは、何らかの原因によって睡眠に問題が起こることを言います。睡眠障害の症状は、単に眠れないことだけに限らず、夜中に目覚める・昼間の眠気・睡眠リズムの乱れなどの症状があります。

睡眠障害の症状が続くと日常生活に支障をきたすほか、子供の場合は肥満や糖尿病などの生活習慣病につながることから、早めの対処が必要となります。

幼児に起きやすい睡眠障害

数ある睡眠障害の中から、ここでは幼児に起こりやすい5つをピックアップしました。具体的な症状や原因などについて、詳しく見ていきましょう。

1夜驚症(睡眠時驚愕障害)
泣いている子供のイラスト

夜驚症(やきょうしょう)とは、夜中に突然パニックを起こし、泣き出したり大声で叫んだりする病気です。

眠りに入ってから1~3時間の、睡眠中に眠りが深くなるノンレム睡眠の時に起こり、脳が部分的に覚醒している状態のため、本人は憶えていないのが夜驚症の特徴です。

さらに、怖いことだけに限らず、楽しいことでも強い刺激を昼間に受けた場合に起こりやすいといわれています。症状が10分以上続いたり、外に出ていこうとしたりする場合は治療が必要となります。

一般的に、夜驚症の症状は成長するにつれて治まっていきますが、なかなか泣き止まない時は、優しく声をかけて様子をみるようにしましょう。

2睡眠時無呼吸症候群

寝ている間の子供のいびきや無呼吸などの症状は、睡眠時無呼吸症候群が疑われます。

無呼吸になる原因としては、アデノイド肥大やアレルギー性鼻炎によって鼻がつまっていることで、呼吸によって十分な酸素が脳に行き渡らないため、十分な睡眠をとることができないのです。

眠りが浅い状態が続くと、成長ホルモンの分泌が妨げられ、成長が遅れることもあるので注意が必要です。

3むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)
幼児の足

むずむず脚症候群とは、その病名から想像できるように、足がむずむずするなどの不快感が特徴の病気です。

動いている時よりも安静にしている時ほど症状が出やすく、その不快感から寝つけなかったり、夜中に何度も目が覚めたりして睡眠を妨げられることが、夜泣きにつながることもあります。

むずむず脚症候群の原因は明らかになっていませんが、神経伝達物質の1つであるドーパミンが影響していて、神経の伝達が上手くいかないことが原因であると考えられています。

4睡眠不足症候群(BISS)

一般的に3歳の子であれば、11~12時間の睡眠時間が必要なのに対して、この睡眠時間が不足することで起こる睡眠障害を睡眠不足症候群といいます。

ひどい眠気が一日中続くという症状以外に、睡眠リズムが乱れて夜中何度も目を覚ますという症状も現れることから、夜泣きにつながるケースもあります。

アトピーや喘息持ちの子は、かゆみや発作によって夜中起きてしまうことが睡眠不足の原因となりますが、病気以外にも、生活習慣やゲームのしすぎなどが睡眠不足の原因となることから、ママも注意しなければなりません。

5悪夢障害
怖い夢を見た子供のイラスト

悪夢障害とは、文字通り悪夢を見て夜中に何度も起きたり寝つきが悪くなったりすることで起こる病気です。

夜驚症と似ていますが、本人はまったく覚えていない夜驚症に対して、悪夢障害の場合は、見た夢の内容もしっかり覚えているのが特徴です。

成長とともに悪夢を見ることもなくなってくるので、悪夢を見て子供がおびえている時は、しっかりと抱きしめてリラックスさせてあげるいいでしょう。

子供の夜泣きには気長につき合いましょう

大抵の夜泣きは心配ないことだと分かりましたが、夜泣きが毎日続くと、ママもイライラしたり逃げ出したくなったりしますよね。

でも、子供はそんなママの気持ちを敏感に察知してしまい、それがますます夜泣きを助長させるという悪循環に陥ることもあるのです。

今は夜泣きの終わりが見えなくて辛いだけかもしれませんが、3歳児の夜泣きは、成長とともに治まる場合があるため、ママも今は腹をくくって、焦らずゆっくり様子を見守っていきましょうね。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
れんプー

れんプー

趣味は野球観戦!カープ女子がライバルのアラフォー腐女子です。