大人向けおすすめ絵本まとめに関する記事

【大人向け絵本】育児疲れをリフレッシュ!泣ける感動作品おすすめ10選

【大人向け絵本】育児疲れをリフレッシュ!泣ける感動作品おすすめ10選

育児に追われて笑顔が無くなっているママさんへ、子育て中のイライラや落ち込みに利く!心の栄養ドリンクのような大人向けの絵本のご紹介です。溜まったストレスを発散して、「生まれてきてくれてありがとう!」と思えたあの頃を思い出しましょう。

マーミーTOP  >  子育て  >  【大人向け絵本】育児疲れをリフレッシュ!泣ける感動作品おすすめ10選

育児疲れが吹っ飛ぶ!育児中におすすめの大人の絵本厳選10作品

普段パパとママは子どものために、毎日何度も読んであげていることと思います。ここではそんなパパママが大人目線で楽しめる、大人の絵本をまとめています。

子育てや親子の関わりについて描かれている大人の絵本を中心にそろえたので、どれも共感、感動できる内容になっています。思わずホロリと泣けてきちゃう絵本も…。
育児でイライラする時、辛くて心が一杯になってしまった時、気持ちをリセットでるおススメの厳選10作品です。

 男の子のママ必読!!息子が100倍愛しくなる絵本

「ぼく、おかあさんのこと…」

「ぼく、おかあさんのこと…」

作・絵 酒井 駒子

こぐま社

価格:1,500 円 + 税

うさぎのおかあさんとうさぎの男の子。
男の子はおかあさんのことをきらいって言います。だってぼくと結婚できないって言うから!

子どもの、おかあさんが大好きな気持ちがストレートに響いて、キュンとしたりホロリとしたり。
共感できる一冊です。

 全米1500万部のベストセラー!感動がとまりません!

「ラヴ・ユー・フォーエバー」

「ラヴ・ユー・フォーエバー」

作 ロバート・マンチ  絵 梅田 俊作

岩崎書店

価格:1,143 円 + 税

おかあさんの愛があふれている一冊です。
「アイラヴユーいつまでも…」おかあさんはやがて年を取り、白髪になっていきますが、子供への愛は不変です。

妊婦さんにもおすすめできる、感動の内容です。共感できる一冊です。

 赤ちゃんがうまれた日は、おかあさんもうまれた日!

「おかあさんがおかあさんになった日」

「おかあさんがおかあさんになった日」

作 長野 ヒデ子

童心社

価格:1,300 円 + 税

出産のかたちも人それぞれ。この絵本を読むと、不安と期待の妊婦生活や出産直前の気持ちなどを思い出せます。

そして、我が子との感動の出会いから、どんなに待ち望んでいたかを再確認できます。子どもへの愛おしさが増す、そんな内容です。

 おじいちゃんに学ぶ!生きるという強さ

「だいじょうぶだいじょうぶ」

「だいじょうぶだいじょうぶ」

文・絵:いとうひろし

講談社

価格:1,000 円 + 税

主人公のぼくとおじいちゃんは毎日のように散歩に行きます。そこでぼくの世界は広がっていくのです。しかし、困ったことや怖いことにも遭遇してしまいます。そんなとき、おじいちゃんの優しい「だいじょうぶだいじょうぶ」で不安な気持ちはなくなるのです。

ぼくを暖かく見守り勇気づけてきたおじいちゃんと、ぼくの成長に胸を打たれる一冊です。

 母になってやっと分かる、命のつながり

「ちいさなあなたへ」

「ちいさなあなたへ」

作 アリスン・マギー 絵 ピーター・レイノルズ

主婦の友社

価格:1,000 円 + 税

母という存在のすべてがぎゅっとつまっている作品です。母である不安や葛藤、それ以上の子どもへの大きな愛…
子どもを持つすべての女性に読んで欲しい一冊です。妊婦さんや、自分の母親へのプレゼントにも最適です。

 出産の日を思い出すと、不思議と明日も頑張れる

「おかあさんだもの」

「おかあさんだもの」

作 サトシン 絵 松成 真理子

アリス館

価格:1,300 円 + 税

赤ちゃんを産んだ日、新米ママとしてのスタート…リアルな母親の姿がそこにはあります。

うまくいかない子育てに疲れたとき、これを読んで出産の日を思い出してみませんか。
あの日の感動を思い出すことは、きっとママの活力になるはずです。

 新米ママに読んで欲しい!あなたは十分いいママです!

「ママ」

「ママ」

作 むろぞのくみ 作 まなべなほ

主婦の友社

価格:1,000 円 + 税

赤ちゃんがうまれてからの一年間は、ママにとっては怒涛の日々。育児がこんなに大変なことだったとは驚きですよね。

そんな中、私はちゃんといいママになっているのかな?と疑問と不安がよぎります。でも大丈夫。この絵本は、赤ちゃんの成長と一緒にママも成長しているんだと気付かせてくれる一冊です。

 親子の愛情の原点がここに!

「わたしがあなたを選びました」

「わたしがあなたを選びました」

作 鮫島 浩二 絵 植野 ゆかり

主婦の友社

価格:880 円 + 税

胎児の代弁かのようなモノローグでつづられたこの絵本、ママなら必ず感動するでしょう。

この子は私を選んで来てくれたんだと思えるこの絵本を読むと、我が子の奇跡の誕生に感謝したくなります。

 二度と来ない、子ども時代の「いま」をみつめる一冊

「きみがいま」

「きみがいま」

作 アリスン・マギー 絵 ピーター・レイノルズ

主婦の友社

価格:1,300 円 + 税

子どもは今を生きています。明日や、未来のことを心配したりせず、今を全力で生きるのです。それは特別でかけがえのない時間。

親は子どもの「今」を目に焼き付けて、応援していくことが大切だと教えてくれる一冊です。

10 何度読んでも泣ける!定番の一冊

「100万回生きたねこ」

「100万回生きたねこ」

作 佐野洋子

講談社

価格:1,400 円 + 税

100万回死んで、100万回生きたねこ。今まで泣くことも自分を好きになることもなかったねこが、のらねこになって初めて愛した白いねこ。白いねこと家族をつくり、やがて白いねこはいなくなる。

生きること、愛すること、失うこと…たくさんのことがこの絵本から学べます。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪

この記事に関連した特集ページ