魚アレルギーとは?に関する記事

魚アレルギーの怖い症状!白身?赤身?魚卵は?離乳食も注意

魚アレルギーの怖い症状!白身?赤身?魚卵は?離乳食も注意

魚アレルギーの症状のあらわれ方や、注意が必要なアナフィラキシーについて、また原因となる白身魚・赤身魚などの種類や「魚卵は?」と言った疑問点、検査の方法や病院・家庭での治療・対処の方法を確認しておきましょう。

マーミーTOP  >  子育て  >  魚アレルギーの怖い症状!白身?赤身?魚卵は?離乳食も注意

魚アレルギーとは?

魚は、日本人が大好きな食材で、お肉よりもヘルシーなイメージもあり、健康志向の方に好まれる食材でもあります。ですが、魚には抗アレルギー成分が含まれており、食べる魚の種類によっては、アレルギー反応を起こしてしまう恐れがあります。
卵や小麦などはアレルギーとしてよく知られていますが、魚アレルギーもあることをご存知でしたか?小さなお子さんのアレルギーも増えてきているので、どんな症状が表れてしまうのか、その治療方法もご紹介します。

魚アレルギー症状

魚市場

アレルギーといえば、卵や、小麦、牛乳といった食品をイメージする人が多いと思いますが、実は魚もアレルギーの原因の一つです。魚は良質なタンパク源であり、離乳食の材料として魚を使うことも多く、そのため幼児の魚アレルギーも報告されています。
日本に住んでいると、魚を食べる機会が多くありますよね。万が一、アレルギーになった場合には、どんな症状が現れるのか知っておきましょう。また、対処方法や、治療方法なども合わせて確認しておいてください。

魚アレルギーの症状

健康食品として、魚や、和食は注目を集めています。日本人は地形的に海に囲まれている島国なので、世界的に見ても魚を食べる文化が古くから根付いておりますよね。そんな魚のアレルギーの症状はどんなものなのでしょうか?

魚アレルギーの症状は、食物アレルギーと似ています。主な特徴としては

  • 体に痒みを伴う赤いぶつぶつができる蕁麻疹や湿疹ができる
  • 喉の痒みや痛み
  • お腹が痛くなる
  • 吐き気がする
  • 下痢になる場合も
  • 目の充血やまぶたが腫れる
  • 息が荒くなり「ヒューヒュー」といった喘鳴になる
腹痛と吐き気の女の子

食物アレルギーの特徴として、口周りに赤いぶつぶつができる場合もあり、湿疹や蕁麻疹は体の柔らかい部分(首や関節の内側)などに出やすくなります

アレルギーには、即時型と遅延型のタイプがあります。魚アレルギーは、即時型という反応がすぐに出てしまうアレルギーです。即時型アレルギーで症状が表れるのは、アレルゲンを摂取してから2時間以内とされていますので、アレルギー症状が出た場合には、直前に何を食べたかをシッカリと確認するようにしましょう。

離乳食の場合、初めて魚を食べさせる時には注意してあげて、食後の様子を見てあげるようにしましょう。

アナフラキシーショックとは?

アナフィラキシーショックとは、通常のアレルギー症状が重篤化し、呼吸困難や、急激な血圧猊下などがおこり、最悪の場合は命に関わるアレルギーによるショック症状のことです。
アレルギー症状と共に、急激な呼吸の変化や、意識の混濁などが見られた場合は、安静にさせて、すぐに救急車を呼びましょう。以前よりアナフィラキシーの兆候があり、病院から「エピペン」を処方されている場合は、エピペンにより一時的に症状を抑えることができますので、冷静にエピペンを使用するようにしましょう。
エピペンによる症状緩和は、あくまでも一時的なものですから、どんなに症状が落ち着いたとしても、必ず病院を受診しましょう。

アレルギーじゃなくて、ヒスタミン食中毒!?

お寿司を食べている女の子

魚を食べた時に発生してしまう悪影響は、アレルギー症状だけとは限りません。ヒスタミン食中毒というのをご存知でしょうか?
このヒスタミン食中毒は、アレルギー反応ではないので、誰にでも起こり得ることです。症状もアレルギー反応と似ています。

魚にはアミノ酸であるヒスチジンという成分が含まれています。ヒスチジンは、細菌の一種であるヒスタミン産生菌の働きにより、ヒスタミンに変化します。ヒスタミンが多く生成された魚を食べることにより、アレルギーに似た食中毒を起こしてしまい、ヒスタミン食中毒と言われます。これは赤身魚の方が多いとされます。

ヒスタミンは時間が経つと増えるため、新鮮な魚を食べる分にはヒスタミン食中毒は少ないとされます。実際、現在では魚の低音流通による鮮度管理が徹底されているため、ヒスタミン食中毒が頻繁に起こることは少なくなっています。
しかし、家で魚を料理する際に、常温で長時間置いておくことにより、ヒスタミン食中毒の危険性が上がるので注意が必要です。

また、一度できたヒスタミンは、調理による熱などで減ることはないので、できるだけ新鮮なものを食べるようにしましょう。冷凍状態では、ヒスタミンは増加しませんが、元々ある場合があるので、気をつけてください。

魚アレルギーとヒスタミン食中毒の症状は似ているため、自分で判断するのは危険ですから、病院で診察を受けるようにしましょう。

魚アレルギーの原因

魚を洗うお母さんの手

魚アレルギーの原因は、パルブアルブミンというタンパク質が原因と言われています。このタンパク質はすべての魚に含まれていますので、どの魚でアレルギー反応を起こしたのか判断が難しいのが現実です。パルブアルブミンは、水溶性なので、煮魚として調理して煮汁を一度捨てれば、アレルギーを発症するリスクは低くなります。

その他の原因として、魚の内蔵にいる寄生虫であるアニキサスによるアレルギーがあります。普段は内臓に寄生しているアニサキスですが、鮮度が落ちることにより内蔵以外の身に移動します。そのため、内臓をちゃんと処理して身だけを食べたとしても、アニサキス症やアニサキスアレルギーの危険性があります。

アニサキス症は、生きたアニサキスが胃や腸に寄生することにより、激しい腹痛と嘔吐を繰り返します。
アニサキスアレルギーは、死んだアニサキスでも、体内に入ることにより起こるアレルギー症状のことを言います。

アニサキスの生体により、鮮度の良くない魚を食べてしまうと、アニサキスを体内に取り込む危険性が増すことから、アニサキスアレルギー反応を起こしてしま可能性があります。アニサキスは熱には弱いため、鮮度が気になる魚を料理する場合は、加熱処理して美味しく食べるようにしましょう。

魚アレルギーと魚卵アレルギー

魚卵付きの赤カレイの煮付け

魚アレルギーだったら、「イクラやタラコなどの魚卵はどうなのかな?」と思いますよね。何らかのアレルギーをお持ちの人は、複数のアレルゲンで反応が出てしまう可能性があります。
卵アレルギーの場合は、魚卵アレルギーの症状が出てしまうことがあります。しかし、魚アレルギーだからと言って、魚卵アレルギーとは限りません。アレルギーは個人差が大きく、「卵アレルギーなら魚卵アレルギー」と断言することはできません。アレルギー検査で確認することができますから、一度検査してみることをお勧めします。

魚アレルギーでも食べれる魚の種類は?

魚は種類がたくさんあります。青魚はアレルギーが出やすいから青魚だけ控えたらいいのかな?とお思いお方もいるかもしれませんが、魚アレルギーの原因の多くは、魚のたんぱく質なので、赤身魚や白身魚にも含まれています。そのため、魚アレルギーと診断されると、すべての魚に反応してしまう可能性があります。
決して自己判断で「白身魚は食べられる」「刺身は大丈夫」など、決めつけないで病院で検査するようにしましょう。

魚アレルギーの検査・治療~魚アレルギーは治る?

検査方法

病院で診察を受けている女の子

魚アレルギーの検査方法は、一般的なアレルギーの検査方法と同じ、血液検査で判明します。ただ、どの魚がアレルギー反応の原因になるかまでは、この血液検査だけでは分かりません。
血液検査の他に、皮膚に原因物質を塗って反応を見るパッチテストもあります。最も正確にアレルゲンを突き止めることができるのは、食物負荷試験といって、実際に魚を食べて反応を見るというものです。これは、自分でするのはとても危険なので、医師の指導の下行うようにしてください。アレルギーの原因や、どの程度なら食べることができるのかも分かるようになります。

治療方法

治療方法は、基本的にはアレルギー症状を起こさないための、食事からアレルゲン物質を除去することで対処します。また、アレルギー反応を抑える間接的な治療法として、抗ヒスタミン剤や、抗アレルギー剤などを使用します。
アナフィラキシーの可能性がある場合は、先に紹介したエピペンにより、緊急的に対処する必要があるので、アレルギーを持つ本人を含む、家族でエピペンの使用方法を把握しておくようにしましょう。

赤ちゃんに魚アレルギーが発症した場合、卵や小麦などと同じように、成長することで食べられるようになる可能性があります。しかし、大人になってからアレルギーを発症した場合は、治りにくいという報告もあります。

魚アレルギーの子の食生活~魚=すべてダメ!?

魚アレルギーの度合いや、その子の体質にもよりますが、すり身は大丈夫だったり、ツナ缶は大丈夫だったりする場合もあります。魚が原料となる、かつお節や煮干し、粉末ダシなどの調味料も注意が必要です。レトルト食品などは、高温で加熱調理されるので、アレルギーを気にする心配の少ない加工食品ともいえます。しかし、いずれもお子さんの口の中に入れる時には、専門医の指導のもと検査をし、危険性を確認してから食べさせるようにしましょう。

赤ちゃんの離乳食に魚を取りいれる時の注意点

離乳食を食べている赤ちゃん

離乳食のタンパク源では、お豆腐の次に、魚が進められております。魚は、まず白身魚から食べさせてみましょう。「魚アレルギーなら、どれも心配じゃない?」と思いますが、ここで注目するのが、ヒスタミンの量です。白身魚は、ヒスタミンに変わるヒスチジン量が、ほかの魚と比べると少ないのです。

ポイントとしては、まず新鮮な魚を使うことです。そして、よく洗い、よく過熱することです。茹でたりすることで
パルブアルブミンが溶け出すからです。赤ちゃんは、まだ消化器官が発達していないので、アレルギー反応を出しやすいので、気をつけてあげるようにしましょう。

魚アレルギーとの上手な付き合い方

魚は、日本人にとっては、とてもなじみ深い食材です。魚アレルギーの程度にもよりますが、よく加熱したものや、新鮮なものなら、食べることができるかもしれません。小さいお子さんの場合だと、食べることができるようになる日も来るかもしれません。
魚には種類が沢山ありますので、魚アレルギーだとしても「食べられる魚」があるかもしれません。食品の完全除去は、ママさんは料理が大変かもしれませんが、子供が成長して体が強くなることで、アレルギーが治る可能性はありますから、期待して頑張りましょう。
治療や、対策方法を知っておくと、気持ちも楽になり、上手にアレルギーと付き合っていくことができますよ。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木下みずき

木下みずき

ウォーキング始めました!運動と食事で5kg減を目指すダイエッターです!