子供の鼻血の主な原因に関する記事

意外と知らない!子供がよく鼻血を出す理由3つと原因別効果的対処法

意外と知らない!子供がよく鼻血を出す理由3つと原因別効果的対処法

子供ってよく鼻血をだしますよね。鼻血が出やすいのには理由があります。原因をシッカリと把握することが、予防に繋がりますよ!突然の鼻血にビックリして焦らないように、正しい鼻血の止め方を知って、早く子供を楽にしてあげましょう。

マーミーTOP  >  子育て  >  意外と知らない!子供がよく鼻血を出す理由3つと原因別効果的対処法

上を向かせる・詰め物をするはNG!鼻血の原因と正しい対処法

子供はよく鼻血を出すもの。とはいっても、突然我が子が鼻血を出したら、不安に思うパパ・ママもいるでしょう。

でも、その原因と対処法をきちんと知っていれば不安は解消され、慌てずに対処できるはず。ここでは鼻血の原因と、正しい対処法について解説します。

鼻血の原因

子供は大人よりも鼻血を出しやすいのですが、何もしなくて出血するわけではなく、そこにはきちんと原因があるのです。
大きな病気にかかわる場合もあるので、その原因をしっかり見極めましょう。

鼻の粘膜を傷つけるため

鼻をかむ、鼻をほじる子供

子供は無意識に鼻をこすったり、ほじったりしてしまうので、それによって鼻粘膜を傷つけて鼻血を出します。
鼻の中キーゼルバッハ部位と呼ばれる血管が密集している部分は、鼻の開口部に近く粘膜も薄いため、少しの刺激で大量の血を出してしまうのです。

特にアレルギー性鼻炎や副鼻腔炎の子供の場合、鼻の粘膜は弱っていますので、鼻をかむだけでも鼻血が出ることがあります。
さらに鼻がムズムズするため、鼻をほじくったり、触ったりする機会が増え、鼻血を繰り返す悪循環におちいりやすいのです。

鼻の血液量の増加

額に手を当てる子供

気温、のぼせ、興奮などにより、鼻の中の血液量が一時的に増えることが原因で鼻血が出ることあります。子供の鼻の粘膜は薄いため、急激な血流増加により破れてしまうのです。

血液量が増えると顔が火照り、赤くなるので、このサインを見逃さないようにしましょう。

大きな病気が原因

鼻血を出すこと自体は問題がないのですが、それが頻繁に繰り返される場合や止血に時間がかかる場合は、大きな病気が原因と考えられます。通常の止血時間は15分~20分。止血に30分以上かかったら、耳鼻科を受診することをお勧めします

白血病や血友病にかかると止血しにくくなりますし、肝機能に障害があった場合には鼻血が出やすくなります。

鼻血が出たときの正しい対処法

子供が鼻血を出すと、まずは鼻にティッシュをつめて仰向けにさせて・・・とするのが一般的のような気がしますよね。

実はコレ!間違った対処法なのです。間違った対処法をしてしまえば、すぐ止まるはずの鼻血が悪化してしまう可能性もあります。正しく対処して、スピーディーに血を止めてあげたいですね。

STEP1 親が気持ちを落ち着かせる

まずは親が気持ちを落ち着かせましょう!意外と慌ててオロオロしてしまったり、大騒ぎをして子供を動揺させてしまうものですが、ママが焦ると子供も不安になります。

その後の処置や観察をスムーズに行うためにも、まずは「落ち着こう!」と意識し、直ちに下記の止血処置を行いましょう。

STEP2 座らせて下を向かせる

鼻に詰め物をして下を向く子供

できれば背もたれのあるイスに、なければ地面にでもいいので、座らせて下を向かせましょう。
イス座って、ひざに絵本を置いて読む体勢がベストです!

体を横にして寝かせるのは適切ではありません。鼻が心臓より低い位置にあると血流量が増え、止血しづらくなります。

よく見かける首の後ろをトントン叩く行為も、鼻血を止める効果はなく無意味です。

また上を向いて鼻血が垂れないようにさせる人がいますが、適切ではありません。
鼻血が鼻の奥からのどや胃に入り、咳や吐き気の原因になります。

STEP3 小鼻の上あたりを強くつまむ

小鼻を摘む女性

出血箇所であるキーゼルバッハ部位にあたる小鼻の上あたりを、鼻で息ができないくらい強くつまみましょう。15~20分間で、自然に血が止まります。

その間、子供は大人しくしていられないでしょう。
そこで「これから血を止めよう。時計の長い針が○のところに来たら止まるから、それまでコレで遊んでようね。」などと声をかけ、絵本やお気に入りのおもちゃを渡し、子供のひざに乗せて遊ばせてあげましょう。

ティッシュを鼻につめて止血しようとするのは、鼻の粘膜を傷つけ悪化させてしまうことになりますので適切ではありません。

STEP4 クールダウンする

鼻の血液量の増加が原因で出血した場合は、身体を冷やし元の血流量に戻すことが大切です。
上記の止血処置にプラスして、涼しい場所に移動したり、冷たいタオルを鼻にあてたりすると良いでしょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪