感覚過敏・感覚鈍麻の症状に関する記事

感覚過敏の症状は?知っておきたい感覚鈍麻の子供の注意点

感覚過敏の症状は?知っておきたい感覚鈍麻の子供の注意点

感覚過敏の場合、五感や前庭感覚が敏感なため、外からの刺激にストレスを感じることも…。反対に、感覚鈍麻の場合、感覚が鈍感なことからさまざまなトラブルに注意が必要です。ここでは、感覚過敏や感覚鈍麻の症状と発達障害との関係について解説しています。

マーミーTOP  >  子育て  >  感覚過敏の症状は?知っておきたい感覚鈍麻の子供の注意点

感覚過敏の症状~感覚が敏感・鈍感な子供と発達障害の関係

子供がちょっとした環境の変化にも敏感に反応する場合、「うちの子は神経質なだけ」と片付けてしまうお母さんは多いのでは?刺激の感じ方には個人差がありますが、中には日常生活にまで影響を与えてしまう場合があります。

また、感覚が鋭い「感覚過敏」の子供や、感覚が鈍い「感覚鈍麻」の子供の中には、発達障害が関係している場合があるため注意が必要なのです。

感覚過敏や感覚鈍麻とはどのような症状で、改善する方法はあるのでしょう?「子供が敏感(鈍感)すぎる」「他の子とちょっと違うかも…」と感じているお母さんは、ぜひ参考にしてください。

感覚過敏とは?

感覚過敏とは、外からの刺激に過剰に反応してしまって、正しく情報を処理できないことをいいます。感覚の刺激をもとに脳が行動する「感覚統合」が働かないことから、感覚統合障害とも呼ばれています。

特に、自閉症などの発達障害を持つ場合、感覚から得た情報をもとに脳が働く「認知機能」の偏りが起こりやすいため、感覚の認知が上手くできないことから、感覚過敏や感覚鈍麻がみられる傾向にあります。

種類別の感覚過敏の症状

脳のイラスト

認知機能が関係している感覚には、視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚の「五感」のほかに、重力に関係する「前庭感覚」、筋肉や関節に関係する「固有感覚」があります。

その中でも、過敏になりやすいのは、主に五感や前庭感覚です。固有感覚はうまく動かせるかどうかが問題のため、過敏や鈍麻という捉え方はありません。

五感や前庭感覚が過敏になると、次のような症状がみられます。

聴覚過敏

聴覚過敏の場合、耳から入ってくる情報に過剰に反応することで、次のような症状が現れます。

  • 異常なほど音に敏感になる
  • 音が大きく聞こえる
  • 特定の音に注意を絞ることができない
  • 音が乱れて聞こえる

日常生活を送る上で、私たちの耳にはさまざまな音が入ってきますが、感覚が過敏でない場合は、脳の働きにより聞きたい音だけに注意を向けて聞くことができます。

しかし、聴覚過敏の人は、聞きたい音だけに集中することが苦手なことから、人の声や車の音など、さまざまな音の情報が脳に届いてしまうため、聞きたい音に集中することが難しい場合があります。

視覚過敏


ビルの窓に反射する太陽

視覚過敏の場合、目から入ってくる情報に過剰に反応することで、次のような症状が現れることが多いです。

  • 太陽光や照明の光がまぶしく感じる
  • 白いものがまぶしい
  • 一度に大量の情報が目から入ってくる
  • 全体像よりも細部にばかり目がいく

視覚過敏の人にとって、照明の強い場所や色の多い場所は刺激が強く、その場にいるだけでかなりの負担となります。

照明が明るく、さまざまな商品が並ぶスーパーにいるだけで疲れてしまったり、教室の壁に飾られている掲示物が気になって授業に集中できなくなったりすることがあります。

触覚過敏

触覚過敏の場合、皮膚から入ってくる情報に過剰に反応することで次のような症状が現れます。

  • 人に触られるのを極端に嫌がる
  • 苦手な感触のものに触ることができない
  • 長袖や長ズボンを嫌がる
  • 髪や爪を切りたがらない

感覚過敏の人は触れるものすべてに敏感なため、タートルのセーターのような体を覆うデザインの服や、帽子・手袋・靴下などを身につけることができない場合もよく見られます。

また、触られるのも苦手で、小さいころから抱っこや手をつなぐのを嫌がって、お母さんをハラハラさせたという子も多いようです。

嗅覚過敏

人込みのイラスト

嗅覚過敏の場合、鼻から入ってくる情報に過剰に反応することで、次のような症状が現れます。

  • においに過剰に反応してしまう
  • 人が多い場所にいられない
  • 何でもにおいを嗅ぐ癖がある
  • においによって頭痛や吐き気が起こる

人の多い場所やレストランなど、さまざまなにおいが混じる場所が苦手なケースが多い反面、においが気になるあまりに、自分から嗅いで気持ち悪くなってしまうケースもあります。

言葉でうまく気持ちを表せない小さな子供の場合は、においに耐えられずその場から逃げ出すなど、大人にとっては不可解な行動をとる場合があります。

味覚過敏

味覚過敏の場合、舌から入ってくる情報に過剰に反応することで次のような症状が現れます。

  • 好き嫌いが激しく偏食ぎみ
  • 特定の味や食感を嫌がる
  • 色や味が混じったものが食べられない
  • ちょっとした味の違いに敏感

味覚過敏の子供は偏食傾向が見られ、特定のものしか口にしないことから、食べられるものが限られてしまう子供がいれば、離乳食の時期は食べられたのに、成長に従って食べられるものが減っていく子供もいます。

また、食感にも敏感で、ネットリしたものやドロッとしたものが食べられないケースや、口の中の刺激に敏感なため、歯医者で口を開けられず、むし歯治療に苦労するケースもあります。

前庭感覚過敏

公園のブランコ

前庭感覚過敏の場合、バランス感覚などに過剰に反応することで次のような症状が現れます。

  • 公園のブランコや回転する遊具を乗れない
  • 動かないorじっとしていられない
  • 車酔いが激しい
  • バランスを取りながら自転車に乗れない

動きの激しさと、動かないのは正反対に特徴のようですが、どちらも前庭感覚過敏に見られる症状で、体の動きを止められない子はじっとしているのが苦手なのに対して、体を動かすのが難しい子はじっとしている方が楽だと感じます

前庭感覚過敏の子供は、バランスが取るのが苦手なことから、普通なら楽しいはずのブランコなどの遊具も、楽しさよりも恐怖の方が先に立ってしまうため、一度怖いと感じた場合、それ以降は乗るのを嫌がるようになります。

注意が必要な感覚鈍麻の症状

通常よりも感覚が鈍い感覚鈍麻の子供は、日常生活が困難なだけではなく、大きな事故やケガにつながるケースもあります。主に次のような症状が見られるので、周りの大人が気を配ってあげることが大切です。

痛みや熱を感じにくい

触覚が鈍麻な場合は痛みや熱に鈍感なため、気がつかないうちにケガをしていたり、ヤケドをしていたりすることがあります。また、周囲が心配になるほど、自分の頭や胸などを強く叩いてしまうことも。

親が言い聞かせて理解できるような年齢になったら、痛みや熱に対する感覚が鈍いことを伝え、自分で気を付けるように教えていくとよいでしょう。

音が聞き取りにくい

聴覚が鈍麻で音に対する感覚が鈍いと、雑音が多い中で音を聞き取るのが苦手な場合があります。聞かなければならない音にも、注意を向けることができないので、学校で先生の大切な話を聞き逃してしまうことがあります。

また、周囲の音が聞こえないと、車が来ていることに気づかずに飛び出すなどして、事故に合うことも珍しくありません。特に、子供は何かに夢中になると周囲が見えなくなるので、交通量の多い場所では十分な注意が必要です。

バランスを崩しやすい

壁を触りながら歩く女の子

前庭感覚が鈍麻でバランス感覚が鈍いと、何もない場所で転んでしまうことがあります。人との距離感をつかみにくい場合、自分の体の大きさから歩くスペースを推測できずに、しばしば人や物にぶつかってしまうことも。

中には、真っ直ぐ歩くのが苦手な子や、「またぶつかるかも…」という不安から、常に壁を触りながら歩くという子もいます。

刺激の不足にストレスを感じる

前庭感覚が鈍麻な場合、何もしていないと物足りなさを感じる傾向があることから、刺激の不足を補うために次のような行動がみられる場合があります。

  • くるくる回る
  • 頭や体を叩く
  • ぴょんぴょん飛び跳ねる
  • 体を揺らす

感覚鈍麻が原因でこのような行動をとる子供は、これらの行動により気持ちを落ち着かせているため、危険でなければ無理に止めさせない方がよいでしょう。

ただし、硬いものに頭をぶつけるなどの行為はけがにつながる恐れがあるため、体を使った遊びなどに誘うなどして、ほかの刺激で満足させることでさりげなく止めさせましょう。

回転やジャンプなどの行動は、必ずしも発達障害の症状とは限りません。発達段階で一時的に見られる場合は、成長するにつれて行わなくなる可能性があるため、子供の様子を観察し、気になる場合はかかりつけ医や専門医に相談しましょう。

感覚過敏は改善するの?

感覚過敏は先天的な特性なため、治療して治るというものではありませんが、経験を積むことによって刺激に慣れて気にしなくなる場合もありますので、環境を整えた上で焦らずに見守りましょう。

無理に刺激に慣れさせようとするのは、本人にとって苦痛となり、かえって逆効果になることになりかねません。

もしも、外からの刺激が原因で登園や登校が難しいという場合は、刺激を和らげるアイテムを使うことで子供が楽に過ごせるようになります。

例えば、光が苦手な視覚過敏の場合は、医療用の遮光メガネやサングラスで目に入る光を和らげたり、聴覚過敏がひどい場合にはイヤーマフで耳に入る音を抑えたりすることで、気持ちを落ち着かせることができます。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ