座薬の入れ方のコツって?に関する記事

座薬の入れ方のコツは?熱の高い赤ちゃんや幼児を守る看護術

座薬の入れ方のコツは?熱の高い赤ちゃんや幼児を守る看護術

座薬って使うのが怖い!そんな初めてママの不安をなくして、高熱で苦しむお子さんの熱を下げる座薬の使い方のポイントを紹介します。

マーミーTOP  >  子育て  >  座薬の入れ方のコツは?熱の高い赤ちゃんや幼児を守る看護術

座薬の入れ方ってどうすれば…正しいやり方や注意点はあるの?

赤ちゃんが風邪をひいてしまい、病院に連れていったら、お医者さんからはよく「座薬」をもらいますよね。座薬ってどうやって使うのかな?と、子育て初体験のママだったら「座薬」を処方された時に思ってしまいますよね。でも、聞くタイミングを逃してしまった…。初めてだから、使い方が分からない!というママもいると思います。

そんな、あせる気持ちが強まっているママに向けて、座薬をお子さんに入れる前の準備段階から、座薬の入れ方のコツや、注意点などを紹介します。

座薬の入れ方を知っていると、もしも、わが子が高熱を出した時にも対処することができますよね。
座薬は、高熱が出た時の対処法として、赤ちゃんから、幼児期くらいまでは使用しますので、子育ての早い時期からコツをつかんでいた方が、いざという時には自分でも座薬も利用した看護も出来て、より安心ですよね。

どうして飲み薬ではなくて、座薬を処方されたの!

風邪を引いて寝ているいる赤ちゃん

風邪などで高熱が出たとき、大人は飲み薬なのに、赤ちゃんは座薬ですよね。なにか違いがあるのでしょうか?

座薬は、飲み薬よりも即効性があります。座薬だと、飲み薬と異なり肝臓を通過しないため、薬の成分が分解されないため、飲み薬に比べると、治療効果が高くなります。

因みに、座薬の治療目的や種類は、次のような感じです。

  • 痛み止め
  • 熱さまし
  • 吐き気止め
  • 痔の治療

月齢をそれほど重ねていない赤ちゃんは、飲み薬を口から飲ませても、むせてしまって吐き出してしまったりします。解熱剤を使い過ぎてしまうと、体温調整機能が整っていない時期なので、リズムを乱してしまって、薬の副作用によって、低体温の心配もあったりするため、解熱剤の服用にはより慎重になる必要があります。

そういった懸念などもあって、即効性があり副作用の少ない「座薬」が、熱を下げるため処方されることが多くあります。

座薬を入れる前にはきちんと準備しよう

高熱で苦しんでいる我が子の姿を見ると、心配で焦る気持ちも高まっていくと思います。ですが、焦る気持ちのまま座薬を赤ちゃんに入れてしまうと、痛がったり、嫌がったりして、あかちゃんのお尻に傷をつけてしまうかもしれません。上手く入らなかったら、ママは余計に焦ってしまいますよね。

まずは落ち着いて、準備をしてから、赤ちゃんに座薬を入れてあげて、熱を下げてあげましょう。

お子さんの体温を測って、座薬を入れるべきかを確認しよう

体温計を持つ女性

お薬をもらう時に、説明があったり、お薬の袋に書いてあったりしますが、座薬を入れてある袋にも、赤ちゃんの体温が「38.5度」よりも高くて、ぐったりしていたら、座薬を使用しましょう!などの説明があったりします。

お子さんが風邪を引いていて、鼻水や咳こむ事が多い症状があって、これから熱が高くなるかもしれないという自己判断で座薬を使うのは危険です!赤ちゃんの体温が急に1度下がるということは、とても危険なことでもあるので、体温をきちんと測り、正しく座薬を使用しましょう。

赤ちゃんの体温が38.5度以上も出ていても、赤ちゃんの機嫌がよくて、水分補給が十分にできている場合には、座薬を使用しなくても大丈夫な場合があります。赤ちゃんの平熱は大人と比べる高かったり、体が小さいため、きっかけさえあれば、すぐに体温が上がってしまいます。熱が高くても、機嫌がよくて、水分補給もしっかりしているのならば、とりあえずは様子を見ておきましょう。

機嫌が悪く、食欲も水分も摂れておらず、ぐったりしていたら、お薬の袋や医師の指示通りに、座薬を使ってあげましょう。赤ちゃんの体温は、座薬を入れるか入れないかのポイントですが、赤ちゃんの様子も一緒に見てから、焦る気持ちを抑えながら判断しましょうね。

お子さんの手足を触ってみよう

おでこを触ると熱くて、熱もあるのに、手や足は冷たい!そんなこともありますよね。

ウィルスなどの菌が体内に入った時、その菌をやっつけるため、また体の中心付近にある臓器などを守るために、手や足などの末端部分の熱も集めて、身体の中心部分の熱を上げようとします。手や足や熱があるのに、冷たい理由には、そういう体のメカニズムが関わっています。

体温が上がって、免疫機能が十分に機能すると、ウィルスなどがやっつけられます。すると、体の中心部に集められた熱は、戻されて手足の冷たさは解消されていきます。もしも、お子さんが体温を測ってみて高熱なのに、手や足が冷たい場合には、まだウィルスとの攻防戦が繰り広げられているため、体温がさらに上がってしまう事が考えられますから、座薬を入れる必要があったりします。

この時の注意点は、脱水症状に気を付けることです。水分補給をこまめにしてください。

手や指を清潔にしましよう

清潔な手

さあ、これから座薬を使って、赤ちゃんの熱を下げてあげるのですが、座薬を入れる前に、重要なポイントがあります。

まずは、手や指を清潔にすることです。もしも、ママの手に何かの菌がついていたら、よけい赤ちゃんを苦しめてしまいますよね。免疫力が下がっていますから、普段よりもママの手についている菌に感染しやすい状態と言えます。

また、付け爪や指輪など赤ちゃんの肌にあたると痛そうなものも外しておきましょう。

ベビーオイルやワセリンなどを座薬に塗って、より入れやすいようにしよう

いざ、赤ちゃんに座薬を入れるにしても、変にこすれてしまって、痛くて泣いてしまう事があったりします。そんな時には、ベビーオイルやワセリンなどを座薬に塗って入りやすいよう工夫してあげましょう。座薬は溶けやすいので、ママの体温でも柔らかくなります。とにかく、するっとスムーズに入るようしてあげましょう。

乾いている肛門に無理に座薬を入れると、なんとなく痛そうな感じがしますよね?そんな時には、滑りやすくて扱いにくくなってしまうかもしれませんが、ベビーオイルなどの滑り効果でサポートしてあげると、挿入する際の痛みも和らいでいくので、おススメです!

交換用のおむつも用意しておこう

交換用のおむつ

座薬を入れる時には、新しいおむつを準備しておくと便利です。
もしかすると、刺激を加えた事で、びっくりしておしっこやうんちをしてしまう赤ちゃんもいるかもしれません。念のためにおむつがあると安心ですね。

お尻の下に新しいおむつを広げて準備しておきましょう。

座薬の入れ方のコツや使用法

おむつの準備も心の準備もできた!座薬をお子さんにいれるのは、初めての経験だというママや、まだ慣れていないというママもいるかもしれませんね。

そんなママさん達に向けて、座薬の入れ方のコツを紹介します。

座薬を保管していた、冷蔵庫から取り出そう

座薬は、熱に弱く溶けやすいので、冷蔵庫で保管するようにしましょう。夏などの蒸し暑い季節にそのままの状態で置いておくと、「あれっ座薬が…」いざという時に溶けていて使えなくなります。

使用するときにだけ、冷蔵庫から出して、使うのがポイントです!

カッターなどを使って、お子さんの体のサイズに合わせよう

座薬を切る用のカッターとはさみ

座薬の使用の仕方は、お医者さんか薬剤師さんにも教えてもらえると思いますが、新生児などの産まれて間もない赤ちゃんの場合には、処方された座薬が1錠まるごとだと、量が多い場合があります。そんな時には、国立成育医療研究センターが推奨しているように、清潔なカッターなどを利用して、座薬を半分または、2/3くらいのサイズに切って使用するようにしましょう。

ハサミやカッターや包丁などを使い、座薬のサイズをお子さんに体にあった量にすることで、座薬の効き過ぎによる体温の低下を防ぐことができます。

ハサミやカッターや包丁はお湯に少しつけたり、温めたふきんでふいたりして、温めてから使用すると切りやすくもなり、衛生的です。また、袋の上からはさみで切ると、切りやすかったりしますよ!

足をしっかりと支えてあげよう

座薬の量も調節したので、いざ、座薬を使う時です。

お子さんのおむつやパンツを脱がせて、仰向けで寝かせ、両足をもって、入れてあげましょう。
もしも、赤ちゃんが嫌がって足をバタバタさせて、やりにくかったら、パパに足を持ってもらってもいいかもしれません。また、お気に入りの玩具やぬいぐるみを持たせて、気をそらすのもおススメですよ。

深呼吸をして、座薬をいれよう! アフターケアはママの手でおさえる

赤ちゃんはママの普段とは違う雰囲気に敏感です。嫌がっていても、大きな声など出さずに、優しく声掛けしてあげると、赤ちゃんも落ち着いてくれるかもしれません。

そして、座薬をソフトな感じて迷うことなく、ぐっと入れてあげましょう。あまり強すぎると、痛くなるので、ほどほどの力で、入れた後には座薬が後戻りしないように、手でおさえてあげましょう。

あおむけの状態なら、横向きに寝かせるよりも、座薬が逆流してくるのを防いでくれますよ。

座薬を使用する際の注意点

冷蔵庫のイラスト

座薬は即効性が早いぶん、その効果が和らぐのも早い事もあります。一時的に熱が下がっているだけで、まだまだ安静にしておかなければならない事もあります。とはいえ、動けるようになった子どもはじっとはしてくれませんよね。

風邪などの症状から完全に回復するまでには、ママも一緒にお家でゆっくりすごしましょう。

座薬は、最低8時間はあけてから使用しましょう。間隔を空けずに使用してしまうと、お子さんの体に負担がかかってしまい、回復が遅くなるかもしれません。正しく使って、早く治してあげましょうね。

座薬は、冷蔵庫に保管しますよね。上のお子さんがいる場合には、何かのおやつと間違えて食べてしまわないように、子どもの手の届かない場所に保管するのも大切なポイントです。

座薬を正しく使って、元気な生活をおくろう!

座薬を使う時のポイントをまとめてみましたが、慣れてしまえば簡単な事ばかりですね。焦らずに落ち着いて、対応することができると、安心ですよね。

飲み薬の時には、使用法などに注意が行き届きやすいですが、座薬の時には多少気が緩みがちですよね。けれど、座薬もお薬なので、正しい量と使い方には気を付けましょう。間違った使い方をしてしまうと、治るものも治りません。早く元気になって欲しいと願うのはみんな同じ気持ちですね。

お子さんに熱がある時には、ママは気持ちを落ち着かせることで、座薬をお子さんにうまく入れる事が出来ます。
座薬のおかげで、お子さんの体調の回復が早まり、ママの看護の疲れもたまっていきませんよね。

お子さんも、ママも元気だからこそ、またいっぱい遊べて、子育てを無理なく行なえて、一緒に楽しんでいく事が出来ます!一緒に楽しむ事が出来る日が1日でも早くくるように、座薬を正しく使っていきましょう!

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木下みずき

木下みずき

ウォーキング始めました!運動と食事で5kg減を目指すダイエッターです!