地図状舌の原因・治療法に関する記事

地図状舌の原因は?治療法がない幼児に多い舌炎の対処法

地図状舌の原因は?治療法がない幼児に多い舌炎の対処法

地図状舌は、舌に地図のようなまだら模様が現れる病気です。舌の病気は見逃しがちのため、特に幼児に多い地図状舌は注意が必要です。ここでは、地図状舌の原因や対処法についてご紹介。さらに、注意が必要なイチゴ舌などの舌トラブルについてまとめています。

マーミーTOP  >  子育て  >  地図状舌の原因は?治療法がない幼児に多い舌炎の対処法

地図状舌とは?幼児に多い自覚症状のない舌の異常

寝ている赤ちゃん

毎日、子供の顔を見ていても、舌の状態まで見ているというお母さんはどれくらいいるでしょうか?

舌は色や表面の状態などを見るだけで、その人の体調が分かることから、健康のバロメーターといわれるほど大切な器官なのです。

その舌に異常が現れる病気に、地図状舌(ちずじょうぜつ)と呼ばれるものがあります。

聞き覚えがないという人が多いかもしれませんが、地図状舌は若い女性や子供に起こりやすく、特に、幼児は患者全体の15%と発症率が高いことから、決して珍しい病気ではありません。

また、早い子では、生後2~3ヶ月くらいで発症する場合もあるのです。地図状舌は、見た目のインパクトが強いことから、初めて見た時にびっくりしてしまうかもしれません。

そこで今回は、地図状舌の正しい知識を身につけるために、ママに知っておいてほしい症状や対処方法などについてご紹介します。

地図状舌(ちずじょうぜつ)の症状

通常、健康な舌の表面は薄いピンク色で、舌乳頭(ぜつにゅうとう)という細かい突起がきれいに並んでいます。ところが、舌の色や形、表面の状態に異常が見られる場合は、体からSOSのサインが出ていることがあるのです。

特に、舌に次のような症状が現れている場合は、地図状舌が疑われます。

1地図のようなまだら模様

地図のイラスト

地図状舌の一番の特徴は、舌の表面に現れる白や黄白色のふちどりのある地図状の赤い斑紋(はんもん)です。その地図のような模様が、一つだけではなく複数個、先端部分やふちなどの広い範囲に現れます。

通常、舌の上は全体的に薄く白い舌苔(ぜったい)で覆われているのですが、赤みを帯びた、舌苔のないツルツルした部分がところどころに見られることも。

舌にできるまだら模様は「遊走疹(ゆうそうしん)」や「良性移動性舌炎」と呼ばれ、日によって地図模様の位置や形が変化するという特徴があります。

2表面がピリピリする

地図状舌はまだら模様が現れるだけで、ほとんどの場合は痛みなどの自覚症状がありません。ところが、中には舌の表面がピリピリするような感覚や、舌が熱を持っているような感覚があるというある子供もいます。

どうしても我慢ができないほどではありませんが、舌の違和感が続くことがストレスにつながる場合もあるため、注意が必要な症状だといえます。

3食事の際にしみる

食事をしている子供

舌にできたまだら模様の部分で炎症が起こっていると、食事の際にしみる場合があります。特に、ミカンのような柑橘類の酸味は、しみるために食べにくいと感じるかもしれません。

また、熱々の食べ物や刺激のある食べ物、塩分が濃い食べ物などは舌に刺激を与えるため、避けた方がいいでしょう。

4溝状舌(こうじょうぜつ)

地図状舌を発症している場合、溝状舌を併発している子供が多いことが分かっています。

溝状舌とは、舌の表面に溝ができる状態で、溝のでき方や数、深さには個人差があります。別名「ひだ舌」とも呼ばれ、生まれつき溝がある先天性溝状舌の場合と、後天的に溝ができる場合があります。

地図状舌と同様に、溝状舌にも自覚症状はありません。溝状舌の場合、溝のある部分に汚れがたまりやすいため、細菌が繁殖する原因になります。

地図状舌が起こる原因は?

鼻炎の男の子のイラスト

今のところ、地図状舌が起こるはっきりとした原因は分かっていないのが現状です。

遺伝や体質のほか、鼻炎や気管支炎、喘息などのアレルギー症状や、慢性の皮膚角化疾患の乾癬との関連があると考えられていますが、はっきりとはしていません。

ただし、地図状舌は感染性ではないため、人からうつされたり、人にうつしたりしないことが分かっています。

地図状舌は何科を受診すればいいの?

小児科で診察を受けている子供

子供の舌に気になる症状がみられる場合は、まずはかかりつけの小児科医に相談するとよいでしょう。

地図状舌は原因がはっきりしないため、有効な治療法がないことから、経過を見守るしかないのが現状ですが、痛みなどの症状を軽減するができるので、症状がなかなか治まらない時や程度が深刻な場合は、受診をおすすめします。

また、地図状舌は小児科医のほかに、口腔外科の専門医や地域の歯科医院、耳鼻咽喉科でも治療は可能です。

地図状舌にかかってしまったら…

有効な治療方法がないからといって、あまり悲観的になる必要ありません。通常は、地図状舌の症状が出て数日から数週間で自然治癒します。

しかし、子供は抵抗力が弱いため、症状が続いたり、治ってもぶり返したりすることも…。そんな時は、次のような処置によって改善がみられることがあります。

対処療法

漢方薬の薬草

舌の表面の炎症による痛みが気になる場合は、ステロイド剤や鎮痛薬が効果的なほか、殺菌効果のあるうがい薬を使用することもあります。

また、ビタミン不足が疑われる場合は、ビタミンB6やビタミンB2の内服薬が処方されることもあります。ビタミンB6は、粘膜の健康を維持する働き、ビタミンB2は、粘膜を守る働きがあるので、舌の改善、健康維持に良い効果をもたらす可能性もあるようです。

さらに、地図状舌の改善のために、漢方薬が使用されることもあります。漢方薬には、体のバランスを整えて、抵抗力を改善する効果があることから、体質改善を目的に使用している病院もあります。

漢方薬は子供には苦くて飲みにくいですが、体に優しく副作用の心配も少ないので、ある程度、理解できる年齢になれば処方されるようになります。

舌の周囲を清潔に保つ

舌の表面を不潔にしていると、細菌の繁殖によって炎症がおこりやすくなります。特に、溝状舌を合併している場合は、溝の中に汚れがたまりやすいため、ガーゼや柔らかめの歯ブラシできれいにするとよいでしょう。

舌はデリケートなので、無理にこすることに抵抗を感じるという場合は、ブラシの使用を最小限にし、うがいを頻回にして汚れが付着しないようにするといいでしょう。

ただし、殺菌効果のあるうがい薬は、炎症反応がある時に効果的ですが、使用を続けると口腔内の細菌のバランスが崩れてしまうため、普段、お口を清潔に保つためにうがいをする場合は、水やお湯でも十分です。

睡眠をしっかりと取る

寝ている男の子

疲労やストレスによる抵抗力の低下が、地図状舌を引き起こしている可能性もあります。そのため、栄養バランスの取れた食事を食べさせて、ゆっくりと体を休めることが大切です。

食事面ではビタミンの摂取を心がけるといいでしょう。特に、ビタミンB6やB2が豊富な乳製品、卵、バナナなどは、子供でも食べやすいのはないでしょうか。

また、乳製品に含まれる乳酸菌には、腸でビタミンが作る働きがあることから、粘膜を守って免疫機能を正常に保ってくれるのです。

子供は、疲れていても夢中になって遊んだり、疲れていることにすら気づかないこともあります。そのため、ママが少し気を付けて、無理をしない生活のリズムを整えてあげることが大切です。

知っておきたいその他の舌の異常

子供の舌に現れる異常は、地図状舌以外にもさまざまなものがあります。普段からの、色や表面のでこぼこ、大きさ、形などのチェックは、子供の体に異常が起きたときの早期発見に役立ちます。

子供の舌の異常には、次のようなケースがあります。

イチゴ舌

熱が出て寝ている子供のイラスト

イチゴ舌とは、舌がイチゴのように赤くなってブツブツができる状態のことをいいます。イチゴ舌の場合、川崎病溶連菌感染症が疑われます。

川崎病は、イチゴ舌以外に発熱、全身の発疹、白目の充血、手足が腫れる、首のリンパ節が腫れるなどの症状が出る病気です。重症化すると、心臓につながる冠動脈にコブができる、冠動脈瘤ができる恐れがあるため注意が必要です、

また、溶連菌感染症の場合、イチゴ舌以外にのどの傷み、のどちんこの周りの点状の出血、全身の発疹、発熱、指先の皮がめくれるなどの症状が見られます。

溶連菌感染症は、厚生労働省の「保育所における感染症対策ガイドライン」では、医師の診断を受け、保護者が記入する登園届が望ましい感染症に分類されることから、症状が治まるまでは登園・登校を避ける必要があります。

鵞口瘡(がこうそう)

カンジダ・アルビカンスというカビの一種が舌に生える鵞口瘡を発症すると、舌の表面が白くなることがあります。

特に、赤ちゃんの場合は、出産時に産道を通り抜けた際や、ママの乳首や哺乳瓶のニップルが不衛生な状態で授乳をした際、カンジタに感染する可能性があります。

軽症の場合は自然に治癒しますが、症状が頬の内側の粘膜まで広がっている場合は、かかりつけ医を受診し抗菌薬を処方してもらうといいでしょう。お口の中を清潔に保つことで、徐々に症状が改善します。

ミルクかすや舌苔の付着

ミルクを飲んでいる女の子

鵞口瘡のほかに、舌に汚れや舌苔が付いている場合も、舌の表面が白くなります。

赤ちゃんの場合は、舌の白いとカンジタのカビなのか、ミルクカスかどうか迷うことも…。ミルクカスの場合には、濡れたガーゼで少しずつ拭き取ってあげるときれいになるので、試してみるとよいでしょう。

舌の表面に舌苔(ぜったい)が付着して白くなっている場合は、放っておくと舌苔がどんどん増えてしまうため、歯ブラシなどできれいにしてあげる必要があります。

舌苔は、食べかすや細菌、舌のはがれおちた細胞などから出来るものです。そのまま放置しておくと、細菌がどんどん増殖をしてしまいます。また、疲れなどによって免疫力が低下していると、細菌が増殖して増えやすくなります。

子供の舌はこまめにチェックしましょう

地図状舌のような舌の異常は、一緒に過ごす時間が多い親でも、なかなか気づきにくいものです。とはいえ、もし気がつかなければ、深刻な病気を見逃してしまう恐れがあります。

そのため、朝の歯磨きタイムや寝る前のスキンシップの時間など、毎日子供の舌をチェックして異常がないか確認する習慣をつけるとよいでしょう。

健康のバロメーターでもある舌を毎日観察することで、子供の体の異常にいち早く気づくことができます。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪