乳歯の生え変わり時期は?に関する記事

乳歯の生え変わりの順番とは?乳歯が生える時期/抜ける時期

乳歯の生え変わりの順番とは?乳歯が生える時期/抜ける時期

乳歯の生え変わり時期を知って子供の歯をキレイに保とう!生え変わり時期のよくあるトラブルや注意点についてもご紹介します。

マーミーTOP  >  子育て  >  乳歯の生え変わりの順番とは?乳歯が生える時期/抜ける時期

乳歯の生え変わり時期と注意点~きれいな永久歯の歯並びのために

子供は、乳歯から永久歯に生え変わるので、「乳歯で虫歯があっても大丈夫」と軽く考えられる時代もありました。現代では、乳歯の頃から虫歯予防に気を付けるようになったため、子供の虫歯率もだいぶ減ってきています。特に歯並びがいいと見た目もきれいですし、虫歯になりにくくなるので、永久歯が生えそろってから、歯の矯正を行う子供も増加傾向にあります。

でも、矯正治療には時間と費用がかかるため、永久歯の歯並びを良くするために自宅でできることがあれば、やってみたいと思うママも多いのではないでしょうか。今回は、乳歯の生え変わりの時期や、きれいな永久歯にするためのコツなど、子供の歯並びが気になるママさんに役立つ情報をお伝えします。

乳歯は妊娠中に作られています

ソファの上にいる妊婦さん

子供の乳歯が生えるのは、生後6ヵ月頃が平均的なのですが、乳歯が体の中で作られるのは、もっと早い時期なのをご存じですか。実は、妊娠7週~10週頃には、すでに将来乳歯になる歯胚(しはい)が作られているのです。

ちょうど赤ちゃんの心拍を確認し、母子手帳をもらう頃に当たりますが、ママが妊娠に気づいた時には、すでに赤ちゃんの乳歯ができ始めるなんて少し驚きですよね。

妊娠初期に作られた歯胚は、妊娠4ヵ月頃から固くなり、生えてくる乳歯の形に近くなってきます。そのため、丈夫な乳歯を作るには、赤ちゃんを妊娠する前や、妊娠に気づいてからの対策がポイントなのです。

赤ちゃんの歯を丈夫にするには、何と言ってもママの食生活が重要となります。歯と言えばカルシウムですが、それだけを摂っていても歯の形成はうまくいきません。カルシウムが効率的に吸収されるためには、リンやタンパク質、ビタミンやミネラルといった栄養素を、バランス良く摂ることが大切です。

ファストフードなどよりは、和食の方がヘルシーで栄養バランスの整ったものが多いです。妊娠を期に妊娠中の食べ物を考え直し、赤ちゃんの体と歯の成長に良いものを積極的に取り入れていきましょう。

丈夫な乳歯を作るための栄養素とおすすめ食材

  • カルシウム…小魚 牛乳 乳製品
  • リン…………豚肉や牛肉 米 卵
  • タンパク質…肉類 魚 豆腐などの大豆製品
  • ビタミンD…さけ さば うなぎ 卵黄
  • ビタミンA…にんじん ホウレンソウ
  • ビタミンC…ミカンなどのかんきつ類

乳歯の生え変わりの順番と時期

乳歯が入っている笑顔の子供

子供の歯は、全部生えると上が10本、下が10本の計20本です。乳歯が生えそろった後、小学校に入るあたりから歯が抜けて大人の歯、いわゆる永久歯が生えてきます。親知らずを除いた永久歯の数は28本と乳歯よりも数が多く、すべての歯が永久歯に生え変わるまでには6年ほどかかります。

生え変わる順番や時期を知り、適切なケアを行うことで健康な歯を保ちましょう。ここでは乳歯が生える時期や永久歯への生え変わり時期についてご紹介します。

乳歯が生える時期

歯が生えたばかりの赤ちゃんがにっこり笑うのって、とてもかわいらしいですよね。赤ちゃんの歯がいつ生えるのか、待ち遠しいママさんも多いのではないでしょうか。

子供の乳歯は、下の前歯から生え始め、上下左右同じ時期に奥の方へと生えそろっていくのが一般的です。大体いつごろ生えてくるのか、ここでは、乳歯が生える時期と順番の目安をまとめました。

乳歯の説明表
歯が生える月齢や年齢乳歯の名称
6~7ヵ月乳中切歯
7~8か月乳側切歯
1歳~1歳半第一乳臼歯
1歳半~1歳8か月乳犬歯
1歳8か月~2歳半第二乳臼歯

子供の歯の生える時期と順番は、個人差が大きいため、ここでご紹介した目安の通りに生えなくても、問題はありません。大体1歳ごろまでには初めての歯が生えるので、それまでは様子を見ても大丈夫です。もし、1歳を過ぎても歯が生えてこない場合には、歯科で相談しましょう。

乳歯が抜ける時期

6歳から8歳頃、ちょうど幼稚園年長から小学校低学年の時期に、上下の前歯の乳歯が抜けます。乳歯の時にも下の歯から生えますが、抜ける時も下の前歯から抜けていくのが一般的です。乳歯が抜ける時期や順番について、おおよその目安は以下の通りです。

歯が抜ける年齢乳歯の名称
6~8歳乳中切歯
7~9歳乳側切歯
9~12歳乳犬歯
10~12歳第一・第二乳臼歯

永久歯が生えたばかりの頃は、すき間が開いたり向きがおかしかったりすることがありますが、すべての永久歯が生えそろう12歳頃までには落ち着いてくることが多いといえます。

ただし、ひどく曲がって生えている場合は、歯科での処置が必要な場合もありますので、気になる時は相談してみるとよいでしょう。

こんな時はどうする?乳歯の生え変わりQ&A

乳歯の生え変わりが順調に進めばよいのですが、他の子と比べて抜けるのが遅かったりすると、「うちの子大丈夫かな」と心配になりますよね。ここでは、生え変わり時期の悩みについて、どう対処したらよいのかをまとめました。

Q1.乳歯が抜けないのですが、どうしたらよいでしょうか?

歯科のレントゲン

乳歯が抜ける時期には個人差があるので、平均的な時期に抜けなくても心配することはありません。永久歯が生える準備ができると、乳歯の根が自然と溶けてグラグラしてくるので、乳歯に動きがないうちは、まだ永久歯の準備ができていないと考えた方が良いでしょう。

実は、乳歯の抜ける時期が遅いほど、永久歯の歯並びが良くなると言われています。あごが小さいうちに永久歯が生えそろうと、スペースがないため歯並びが悪くなりがちですが、口の中が大きくなってから永久歯が生えた方が、スペースも広く確保できるためです。

ただし、乳歯の後に生えてくる永久歯が作られていない、「先天性欠損」の場合もあります。その場合は、乳歯を使えるだけ使って、大人になって乳歯が抜けたら、歯列矯正ですき間を埋めたり、インプラントで歯を補ったりする必要があります。

永久歯があるかどうかは、歯科でレントゲンを撮ればすぐに分かりますので、小学校入学前後に歯科に行って、レントゲンを撮ってみることをおすすめします。

Q2.乳歯が抜けたのに永久歯が生えてきません

乳歯が抜けてから、永久歯が生えるまでは個人差がありますので少し待ってみても良い場合もあります。でも、歯茎の中は見えないので、永久歯がいつ生えるのか心配ですよね。歯科に行って、永久歯の元になる歯が、歯茎の中でスタンバイしているかどうかを調べる必要があります。

Q3.乳歯が抜けていないのに永久歯が生えてきました

歯の治療道具を持っている歯医者

乳歯が抜けていないのに永久歯が生えたなら、歯科での処置が必要になる場合があります。上にある乳歯が邪魔になって、永久歯が曲がって生えてくることがあるためです。永久歯が曲がったままだと、歯並びにも影響する可能性があるので、邪魔な乳歯を抜き、永久歯がちゃんとした場所に生えてくるようにする必要があるのです。

乳歯がグラグラ動いている状態なら少し様子を見てもいいですが、あまり動かない場合や、グラグラしているのになかなか抜けない場合は、歯科で抜いてもらった方が良いでしょう。邪魔な乳歯がなくなれば、曲がって生えていた永久歯も、正しい位置に戻っていくことが多いです。

乳歯の生え変わり時期の注意点

乳歯から永久歯に生え変わる時のケアを怠ると、永久歯の歯並びが悪くなる可能性があります。どのようなことに気を付けたらよいのか、生え変わり時期の注意点を3つご紹介します。

歯医者の定期検診を受けましょう

乳歯が生え変わる時期には、歯医者での定期検診を受けるようにしましょう。生えたばかりの永久歯は未完成のため、正しいケアをしないと虫歯になりやすいです。また、乳歯と永久歯が混ざって生えている時期は歯の大きさもバラバラで、歯ブラシの使い方にも工夫が必要な時期。

上手に磨いていたつもりでも、磨き残しがあることも多いです。そのため、歯科での定期的なクリーニングや、ブラッシング指導を受けることが大事なのです。

乳歯の虫歯はきちんと治療しましょう

虫歯の子供のイラスト

「乳歯に虫歯ができたけれど抜けるから大丈夫」と思っていませんか。乳歯にできた虫歯を放置していると、永久歯にも影響が出るのできちんと治療しましょう。

乳歯は歯の質がやわらかいため、すぐに虫歯が進行します。神経まで到達すると歯の根に膿ができ、すぐ下にある永久歯にも影響を与えます。乳歯の虫歯を放置することで、永久歯の歯質が弱くなったり歯並びが悪くなったりしますから、仕上げ磨きをしながら、子供に虫歯がないかどうかチェックしましょう。

正しい歯の磨き方を身につけましょう

生え変わりの時期は虫歯になりやすいので、正しい歯磨き方をマスターしましょう。乳歯と永久歯が一緒に生えていると、歯の大きさもバラバラで段差ができるため、非常に磨きにくい状態となります。

それに、生えたばかりの永久歯はまだ完成していないので、虫歯リスクも高まる傾向が。一生使うことになる永久歯が、早くも虫歯になったら大変なので、子供自身が正しい歯の磨き方を覚えるのは大事なことなのです。「正しくみがけているな!」と納得できるまで、仕上げ磨きを続けてあげるようにしましょう。

磨き方のコツは、歯ブラシを色々な方向に向けて、歯を一本一本磨くこと。ヘッドが小さめの歯ブラシを使うと、隅々まで磨きやすくなりますよ。ちゃんと磨けているかどうかは、歯科医院でチェックしてもらいましょう。お口の状態はそれぞれ違いますから、自分に合ったブラッシング指導をしてもらうことで、正しい磨き方が身に付きます。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木下みずき

木下みずき

ウォーキング始めました!運動と食事で5kg減を目指すダイエッターです!