筋トレで身長を伸ばす方法に関する記事

筋トレで子供の身長が縮むの!?2つの誤解や正しい方法

筋トレで子供の身長が縮むの!?2つの誤解や正しい方法

筋トレで子供の身長が伸びなくなるという噂は本当なのでしょうか?ウソなのでしょうか?子供が少年団や部活を頑張るご家庭では、親子で筋トレへの正しい知識を持ちましょう。身長を伸ばすのに役立つ正しい筋トレもご紹介します。

マーミーTOP  >  子育て  >  筋トレで子供の身長が縮むの!?2つの誤解や正しい方法

筋トレで子供の身長は伸びなくなる?スポーツと背を伸ばすやり方

バレーやバスケなど、身長が高い方が有利なスポーツ少年団や部活に所属している子供のママにとって、心配なことの一つが「筋トレが原因で身長が伸びなくなったり縮んだりする」という噂。背が低い子供のママは特に心配ですよね。本当のところはどうなのでしょう?

今回は、子供の身長と筋トレとの関係について解説します。子供の筋トレについては誤った情報を信じている指導者や保護者もいて、中には自主トレで子供の身長が伸びなくなる筋トレをさせるパパも…。親子で正しい筋トレの方法身長が伸びる筋トレの方法を身につけましょう。

筋トレで子供の身長が伸びなくなる!噂の真相

身長測定をしている子供のイラスト

「筋トレをすると身長が伸びなくなる」という話を聞いたことがある方は多いでしょう。皆さんの中にも、「筋トレをしていそうなオリンピック選手=身長が低い」というイメージが出来上がっていませんか?
確かに、体操やレスリング、重量挙げなどの種目の有名選手は背が低い人が多いですよね。しかし、これらのスポーツは、背が低い人の方が有利なことが多いためで、筋トレしていたから背が伸びなかった訳ではありません。

また、子供が本格的に筋トレを始めるのが、子供の成長期の終わりの時期と近いことも筋トレすると身長が伸びないという誤解を生んでいます。子供が本格的に筋トレを始めることが多い時期は、中学生~高校生の頃。男子の成長期は18歳頃まで、女子の成長期は16歳頃までなので、筋トレをし始める頃と重なりますよね。そのため、身長が伸びなくなったという印象を与えてしまうのです。

筋トレと子供の身長への2つの誤解

「筋トレ=子供の身長が伸びない」というのは、科学的な裏付けのない全くの誤解です。ただし、筋トレの内容やトレーニング量によっては、子供の身長の伸びに悪影響を及ぼすこともあります。
まずは、筋トレと子供の身長の関係についての世の中の誤解を解いていきましょう。

筋トレしても身長は伸びる

自分の身長をチェックする少年

筋トレは体を動かす運動の一つですので、成長ホルモンの働きを活発にしてくれる効果があります。なので、適度な量で正しい筋トレをしている場合には、子供の身長など成長に良い影響を及ぼすと言えます。

半信半疑なママのために、実際に筋トレをしていても身長が伸びたお子さんを持つママの体験談をご紹介しましょう。

くりじゃむ
45歳

キーパーは身長が大事!

小学1年生からサッカー教室に通い始めた息子。背が高かったので高学年の頃からキーパーを任されるようになりました。サッカー教室では練習に筋トレを取り入れているのですが、筋トレすると身長が伸びなくなると聞いていたので、「息子キーパーだから背が伸びなかったら困るな」と心配していました。

しかし、息子は中学生になっても身長は順調に伸び続け、今でのキーパーで頑張っています。きちんとしたトレーニング内容なら筋トレも成長に良い影響を及ぼしてくれるようです。

ひろきマム
47歳

筋トレよりスマホに注意!

幼稚園の頃から空手少年だった息子は、腹筋背筋腕立てジャンピングスクワットを毎日100回行っていました。しっかり筋トレしているのに、身長はムクムク伸びて両親の身長は低いのに、背の順は常にクラスの後方で中2になる頃には167cmになりました。

ところが中高一貫校に入学したため、「通学が大変だし、勉強も忙しいから」と空手を辞めてしまいました。中2になりスマホを持たせると、気づけば夜更かししている日が多く、急に身長があまり伸びなくなってしまいました。筋トレしても身長は伸びるけど、寝不足はさすがにダメですね。

過度の筋トレが身長を縮めることもある

重いダンベルを持つ男の子

子供は一つのことを始めると、夢中になって打ち込んでしまう傾向がありますよね。お子さんが筋トレに夢中になるあまりに、すごく重いダンベルを持ち上げているようでしたら少し心配です。

誤ったやり方の筋トレや過度な筋トレは、骨の軟骨部分を損傷してしまうなど、子供の身長を伸ばすのを阻害してしまう結果になることがあります。子供が過度な筋トレをしないように注意してあげましょうね。

リラックス
40代

筋トレにハマった結果…

息子が中学の時にサッカー部の部活で筋トレが大流行。みんなで競い合うように重いダンベルを持ち上げるなど、負荷の強すぎる筋トレをしていました。その結果か、高2の今でもまだ成長期が来ていません。このまま、身長が低いままなのかと心配です。ちなみに息子の身長は162cmです。

パパっ子
38歳

パパ曰く、筋トレのせいらしいです

うちのパパは身長が低く、165cmしかありません。パパ曰く「筋トレが悪かったな」とのこと。昔野球をしていたパパは、アニメの影響で小学校高学年から、足に重いダンベルをぶら下げ、リュックに砂袋を入れて走ったりうさぎ跳びをしたり、階段の上り下りをする筋トレをしていたそうです。

結局、膝を壊して部活は続けられず、身長も低くなったとぼやいていましたが、パパの実家の親も身長が低いので微妙です。でも、膝を壊すほどの筋トレはさすがに子供にさせたくありませんね。

子供の身長が伸びる要素

「子供には、身長が高くなって欲しい」と願う親は多いですよね。子供の身長を伸ばしてくれる要素とは、一体何なのでしょう?遺伝は仕方がないですが、その他の要素はママと子供の頑張り次第で、良い結果が出る可能性がありますよ。

遺伝

遺伝のイラスト

「親の身長が低いから子供も伸びないかも」と諦めているママ、実は遺伝が子供の身長に与える影響は約25%なんですよ。それ以外の約75%は、後天的な要素で決まります。ですから、親の背が低いからといって、子供も身長が伸びないと諦めたりせず、子供の成長を促すようなアプローチを親子で行いましょうね。

また、子供の身長が伸びるスピードには個人差がありますので、親の背が高いのに子供の身長の伸びが遅いからといって、あまり心配し過ぎる必要はありませんよ。

ホルモン

子供の身長の伸びは、成長ホルモンの分泌と深く関係しています。成長ホルモンの分泌が盛んなほど、子供の身長は伸びます。成長ホルモンの分泌は、子供の生活習慣や食事内容により増やすことができますので、子供の成長を伸ばしたいなら、成長ホルモンの分泌を活発にするような取り組みをしていきましょう。

成長ホルモンの分泌を促すために必要なこと

  • 質の良い睡眠
  • バランスの良い食事
  • 適度な運動
  • 早寝早起き
  • ストレス解消

ただし、母子手帳の成長曲線をかなり下回る低身長症の子供の場合、病気が原因だと家庭での対応だけでは不十分ですので、一度小児科に相談してみましょう。

子供の身長が縮むのは筋トレのせい?

身長が縮んでいた子供のイラスト

大人になると、毎年の健康診断で少しずつ身長が縮んできているという人もいますよね。ところが、身長が伸び続けるはずの10代の子供でも、身長が縮んでしまうことがあるのです。それって、筋トレが原因なのでしょうか?
答えは、NO!では、何が原因でまだ10代なのに身長が縮んでしまうのでしょう?

10代の子供の中には、ゲームやスマホを眺めている時間が長い子がいますよね。ゲームやスマホを長時間眺めていると、いつの間にか前傾姿勢になり猫背ストレートネックになっていることがあります。猫背になると腹筋や背筋の筋力が低下し、骨盤が歪み身長が縮んでしまう恐れも…。子供の姿勢が悪いなと感じたら、早めに改善させてくださいね。

小学生の筋トレと身長への影響

子供の身長は成長期が終わるまで伸び続けますが、身長の伸び率は年齢により異なります。伸び率が高いのは、赤ちゃん~小学校入学までと小学校高学年~中学校まで。ですから、小学生の頃は一番身長の伸びが緩やかな時期になりますので、小学生の時期に身長が伸びる筋トレを行っても、子供の身長が著しく伸びることは稀です。

逆に、筋肉に高い負荷がかかるウエイトトレーニングやうさぎ跳びなどの筋トレで、オスグッド病というヒザが痛くなる病気になる恐れがありますので、注意しましょうね。

10代の小学生~高校生が筋トレで身長を伸ばせる方法

子供がせっかく筋トレを行うなら、身長を伸ばしてくれるような効果的な筋トレをしてもらいたいですよね。10代の子供にやってもらいたい、身長を伸ばせる筋トレのやり方をご紹介します。ただし、10~15歳の成長期に夢中になって筋トレを行うと、オスグット病を引き起こす恐れがありますので、やり過ぎに注意し、万が一痛みを感じたらすぐに休むようにしょうね。

ゴムやダンベルを使わない

ダンベルを持つ子供

子供に過度な筋トレはNGと説明しましたが、ゴムやダンベルを使って筋トレをしていると、ついつい重いものを持ち上げてしまうなど負荷を上げて行ってしまうことがあります。

子供が筋トレをする時には、オーバートレーニングにならないように気をつける必要がありますよ。子供の自主トレには親が付き添うなどして、負荷をかけ過ぎないように気をつけてあげましょうね。

疲れたら休む

ライバルに勝ちたい!強くなりたい!という気持ちが強いあまりに、子供がストイックに筋トレをしているようでしたら少し休むように声かけをしましょう。

人間の筋肉は使いすぎると疲れてしまいますので、一度お休みをして筋肉の疲労を回復させてあげる必要があります。きちんと筋肉を回復させて方が、筋力がつきやすくなりますので、子供が休みたがらないようでしたらそのことをきちんと教えてあげましょうね。

ストレッチをする

ストレッチをしている女の子

筋トレ前後にストレッチをすることで、身長が伸びやすくなり筋トレの効果も高めてくれます。筋トレ前後のストレッチは、骨を刺激して成長ホルモンの分泌を促してくれます。

また、筋トレの後でストレッチをすることで、筋肉を休ませてあげることもできますね。ストレッチを十分に行わないと、思わぬ怪我をすることもありますので、入念に行ってくださいね。

無酸素運動の筋トレをとりいれる

腕立てをしている男の子

無酸素運動とは、短い時間で体に強い負荷をかける運動のことを言います。無酸素運動をすることで、体の中に乳酸が発生します。この乳酸が、体内の成長ホルモンの分泌を促してくれます

ただし、過剰な無酸素運動による筋トレは、筋肉痛やオスグッド病にも繋がりますので、運動前後のストレッチは欠かさずに行い、無理のない範囲で行いましょう。

10代の子供におススメの無酸素運動

  • 腕立て
  • 腹筋
  • 背筋
  • ジャンピングスクワット

バランスよく鍛える筋トレを取り入れる

子供の身長を伸ばすためには、体の一部の筋肉に強負荷を与える筋トレは逆効果です。軟骨を損傷する恐れもありますよ。10代の頃は、体全体をバランスよく鍛えることができるような筋トレを行うようにしましょう。

腹筋背筋などの一般的な筋トレだけでなく、子供が小さい頃からよく行っている縄跳びも、体全体の筋肉を使い縦方法の動きもあるので、身長を伸ばすのに効果的な筋トレですよ。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪