育児ノイローゼのチェックに関する記事

【育児ノイローゼチェック】もしかして!?要注意な10の症状/8つのタイプ

【育児ノイローゼチェック】もしかして!?要注意な10の症状/8つのタイプ

「最近いつもイライラしている気がする。これって育児ノイローゼなのかな?」と不安なアナタ!セルフチェックしてみませんか?

マーミーTOP  >  子育て  >  【育児ノイローゼチェック】もしかして!?要注意な10の症状/8つのタイプ

「育児ノイローゼ!?」と思ったらまずチェック!症状&なりやすいタイプ

赤ちゃんを抱く母親

大変な妊婦の時期をへてようやく会えた我が子!なのに「あれ?なんで?可愛いはずなのに、何故かイライラ」なんてことはありませんか?
妊娠出産を経て、初めての育児に毎日孤軍奮闘しているうちに、知らず知らずにストレスを溜めて、やる気を失ったり、四六時中イライラしたり、元気がなくなってしまうママも多いようです。

育児ノイローゼが気になったなら、まずはセルフチェック!次の10項目のうち、YESの数はいくつか数えてみましょう。

いくつ当てはまる?育児ノイローゼの症状をチェック

あなたのYesの数は0個です。

看護師がプラカードを持っている

YESの数が0個の場合

育児ノイローゼといっても人それぞれ症状が違いますし、子供の成長に伴って不安が生まれることもあります。今は症状がなくても、何か不安なことがおきたときに、相談できる人や場所を作るようにしましょう。

また子供の成長に応じて、情報が収集できるママ友を作るのもおすすめです。ただし、ママ友が育児ノイローゼの原因になることもありますので、慌てて仲良くなろうとせず、ゆっくりと自分に合う友達をみつけるようにしましょう。

YESの数が1~2個の場合

環境を変えたり、育児や家事などの独りで抱えている負担を減らしたりすることで、ストレスが軽減することもあります。赤ちゃんの夜泣きがひどくて眠れないなど、育児や家事で辛い時は、パパに協力を頼む、実家やファミリーサポート、家事代行サービス、一時保育などを利用するなどして、負担を減らすようにしましょう。

家にこもりがちな場合は、子育てサロンなどに参加したり、ファミリーサポートを利用して美容院やショッピングに出かけたり、友人とのランチなどで話す機会を作りましょう。
また愚痴を言ったり、相談したりできる場所を作るようにし、日ごろからストレスを溜め込まないように心がけましょう。

YESの数が3個以上の場合

頭に手を当てて顔をしかめる女性

要注意です!
育児ノイローゼは自分で自分をコントロールできなくなり、子供や自分を傷つけてしまうなど、放って置くことで重症化してしまうこともあります。また、大声で怒鳴ることが増えたり、夫婦喧嘩になったりすることで、子供が情緒不安定になり、 産後クライシスや離婚に繋がるなどの二次被害も心配されますので、注意が必要です。

家族や友人、地域の保健師さんに相談したり、たくさん話を聞いてもらったりするようにしましょう
それでも症状が改善しない場合は、YESの数が多い場合へ。

YESの数が多い場合
女医と看護師

既に自己コントロールが利かなくなっている、不安を抱え精神的に苦しんでいるなどの場合は、早めに心療内科を受診したり、カウンセリングを受けたりするようにしましょう

また、ここでは主な症状を紹介しましたが、これに該当しなくても子育てに負担感を抱いている場合には、カウンセリングなど適切な対処が必要になるでしょう。子供と離れる時間を作ることも有効です。

育児ノイローゼになりやすいのはどんなタイプの人?

これを知っているということだけでも、あなたの中の予防策になるかもしれませんので、育児ノイローゼになりやすい人のタイプもチェックしておきましょう。

  • 旦那様が忙しく、親も近くに住んでいない人
  • 子供と2人の時間が長い人
  • 弱さを人に見せられない人
  • 真面目で手を抜けない人
  • 上手に息抜きが出来ない人
  • 子育てや家事を完璧にこなしたいと考えている人
  • 周りにママ友がいない人
  • 育児以外にもストレスがある人

あなたに当てはまりましたか?

「まずいかも…」と思ったときはどうするの?

育児ノイローゼは、誰でもなりうる可能性があります。もしチェック項目にあてはまるものがあったのなら、家族とよく話しをして、たまにはストレスを発散させてあげましょう。
また一日に30分でいいので、一人になれる時間を作れるように、ご主人に相談してみましょう。
一人時間は心の健康にとても大切です。

それでも悩みが解決しない時は、市町村や民間の電話相談や専門家へ相談したり、ファミリーサポートセンターや認定こども園などの一時保育を利用したりするのも良いかもしれません。1人で抱えずに、もしも、「私はもしかしたら育児ノイローゼなのかも」と感じたら、迷わず誰かに相談しましょう

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪

この記事に関連した特集ページ