育児ノイローゼの原因と対処に関する記事

【育児ノイローゼ】主な原因5つとパパがすべき対処法/ママができる対策

【育児ノイローゼ】主な原因5つとパパがすべき対処法/ママができる対策

育児ノイローゼには産後ならではの原因と対処法があります。この時期のパパの助けとママの勇気が今後の幸せ家族の基となるのです!完璧な母親になろうとしていませんか?ママが健康じゃないと、子供はもちろん家庭が暗くなっちゃいますよ。

マーミーTOP  >  子育て  >  【育児ノイローゼ】主な原因5つとパパがすべき対処法/ママができる対策

産後ママは背中合わせ!?育児ノイローゼの原因&対処法

つらい育児ノイローゼ!自分を見失い、幸せを見失い、やる気を失い、頑張りたくても空回りする自分に腹が立ち、可愛い子供の顔をみると涙があふれてくる…。その苦しみは、いつかかるかわからない風邪のように、産後ママの身近に潜んでいます。

そんな育児ノイローゼの5つの原因とパパができる対処法&ママができる対策をご紹介します。

産後は誰もがなる!?育児ノイローゼの原因5つ

育児ノイローゼの原因には、産後ママの体の生理学的な原因を始め、育児をする環境やママ自身の性格などがあります。

この原因をしっかりと把握することが、育児ノイローゼになったときの対処はもちろん、育児ノイローゼの予防にも繋がります。

 ホルモンバランスと自律神経の乱れ

肩に手をのせて辛そうな女性

出産すると女性の体はホルモンのバランスが乱れます。妊娠継続を助けていた女性ホルモンの量が急激に変化し、妊娠前の状態に戻ろうとします。
また、赤ちゃんのお世話で昼夜なく睡眠時間もぶつ切れなママの体は、慢性的な寝不足になり、自律神経は乱れや、睡眠障害を起こしやすいそうです。
ホルモンバランスの乱れは他にも、 脱毛 肌荒れ 生理不順などが症状として現れる場合があります。

このような状態になると何でも悲観的に考えてしまい、平常心でいられなくなることがあると言われています。
これを「マタニティブルー」と言い、精神の乱れはホルモンのバランスの乱れによるものだと、生理学的に証明されているのです。

 密室育児

部屋に一人いる女性

赤ちゃんが生後間もない場合や風邪を引いてしまった場合など、ママは外出もできずに下手をすれば一日中誰とも話さず、家の中で赤ちゃんと2人きりで過ごしています。

また結婚で住み慣れた土地から離れたママや、自分で抱え込んでしまう性格のママ、 ママ友がいなく悩みを相談する相手もいなく寂しいと、自分をどんどん追い込んでしまうと言われています。

 パパの理解と協力が得られない

頭を掻くパパと腕組みするママ

パパが育児に対しての理解がなかったり、仕事が忙しくて家に帰ってこない場合、ママは家事も子供が生まれる前と同じようにしなくてはならなかったり、一人で育児をしなければならなかったり…とオーバーワークになります。

こうしてママが苦労しているのに、人生のパートナーであるはずのパパが、「君を一生守る」と言ったはずのパパが!! 赤ちゃん返りしちゃうパパが逆にママの仕事を増やしてしまうこともありますし、2人の子供なのにママ一人にばかり子育てを押し付けることもあるでしょう。
こんなパパの場合、ママは追い詰められてしまうと言われています。

 真面目で責任感の強いママの性格

頭に手を当てて悩む母親

子育て中は自分や子供が失敗すると、「こんなはずじゃなかった」と落ち込むことってありますよね。
真面目なママほど子供の失敗を自分のせいにして責めてしまうと言われています。そして子供を育てる自信がなくなってしまうのです

また、育児が自分の理想通りにできないと、自己嫌悪に陥ってしまうママもいるそうです。完璧主義にこだわり、たとえ必要がなくても、体が悲鳴をあげても、家事や育児に手を抜けなくなってしまうと言われています。

 核家族化

テーブルにコーヒーカップが二つ並んでいる

核家族化が進んだことで、昔なら同居しているおばあちゃんに子供を見てもらえたり、子育てのアドバイスをもらえたり、悩みを聞いてもらえたのに、今のママ達は自分ひとりで子育てをしなければなりません。

特に結婚で実家から離れた場所に住むママは、「密室育児」になることはもちろん、昔からの近所付き合いもないので、何かあったときに頼る人もいない環境になっています。
「頼る人がいない」というのは、ママにとっては相当なプレッシャーだと言われています。何でも「私がしなければ」と追い詰められてしまうのでしょうね。

ママをサポートしたい!というパパのための イクメンになる方法

何をどうすればいいのかわからない…
自分なりに助けているのに空回りして、返ってママを怒らせてしまった…

というパパも少なくないと思います。ママの本心が見えずに愛情がすれ違っているような気持ちになってしまうパパもいるかもしれません。

パパも無理せず、上手に子育てを協力していきましょう。イクメンを目指すパパは、次のことから取り入れてみてはいかがでしょうか。

イクメンになるためには?

  • 産後の女性のホルモンバランスの乱れについて、知識を得ましょう。
  • 自分のことは自分でしましょう。脱いだ衣類を床にポーンなんてダメ!
  • 育児を「手伝う」という発想をなくす。自分の仕事だと思いましょう。
  • 子供をお風呂にいれましょう。平日はムリでも週末は自分が入れて、ママをお風呂にゆっくり入らせてあげましょう。
  • うんちのおむつ替えをしましょう。おしっこだけなら小学生にもできます!
  • 赤ちゃんが夜泣きしたら、おむつ替えをしましょう。
  • ママの話や愚痴を、目を見てしっかり聞きましょう。
  • ママの気持ちに寄り添い、感謝や労いの言葉をかける。
  • 休日はママに一人きりになれる時間を作ってあげましょう。

ママができる育児ノイローゼ対策

パパに協力してもらうことはもちろんですが、ママ自身も、環境や育児に対する考え方を少し変えるだけでもラクになります。

 開放的な育児をしましょう

ママ友に相談している主婦

電話でも良いので、普段から誰かと話をするよう心がけましょう。話すということは、自分の現状や悩みを客観的に受け止めるということに繋がります。

また自分のことを文章に書くと客観的に捉えられるので、この機会にブログやSNSなどに自分や赤ちゃんの近況を投稿するのもおススメです
その投稿に返信があれば、他者とコミュニケーションも取れるので効果絶大です。

また、厚生労働相管轄のもと、市町村では様々な核家族ママの子育て支援を実施しています。電話相談や子育てサロン一時保育などのサービスを利用して、パパ以外の大人と話したり、相談できる場所を積極的に作りましょう。

 自分を責めず、褒めてあげましょう

人は責められるより褒められる方がやる気になるものです。たまには、「自分へのご褒美」として好きなスイーツを買ったり、服を買ったりして自分をねぎらってあげましょう

大人になると人から褒められる機会って減ります。そればかりか子供に何かあったら、自分が責めてしまいます。しかし、頑張っているのに責められたら、誰でもやる気を無くしてしまいますよね!?
だから元気なママには、自分で自分を褒めるママが多いのです!体がボロボロになっても子育てしている自分を、褒めてねぎらいましょう!

 失敗しても大丈夫と思いましょう

夫婦で並んでいる

誰にでも失敗はあります。ましてや初めての育児だとなおさらです。育児はパパとママの共同作業。失敗してもママだけが悪いのではありません。
失敗しないように育てるのではなく、「失敗したからたくましく育つ」というふうに発想の転換をしてみましょう。

子供はママの姿を見て成長しますので、ぜひ良いお手本となってください。子供が失敗する度に落ち込んでしまうより、次からどうすればいいかを考え、失敗のお蔭でよいやり方を習得できた!と考える子に育って欲しいですよね。
このような考え方ができる子供は自己肯定感が高くなり、将来自分も周囲の人間も大切にできる大人に成長しますよ。

 積極的に息抜きをしましょう

パパには仕事が休みの日がありますよね。だから、ママが育児を休む日があっても良いのです。パパに子供を預けるなどして、気分転換にショッピングや美容院などに行ってみましょう。

パパに頼めない場合は、厚生労働相の子育て支援や保健所、市町村の支援を利用しましょう。
ファミリーサポートや一時保育では、ママがリフレッシュタイムを作れるように、有料ですが子供を預かってくれます。

 100点ではなく60点を目指しましょう

試験などでも6割から7割正解なら合格ラインですよね!育児で合格を目指すとしても、100点を取る必要はないのです。
だから、少しくらい手を抜いて適当にしても大丈夫。「完璧ママ」じゃなくて「合格ママ」で良いのです。

ママが完璧主義だと子供も失敗を避けるようになり、「自己肯定感」が低くなる場合があります。子供の自己肯定感が低くなると、やる気がなくなり無気力になったり、人の顔色を伺うように育ってしまったりするので、完璧が良いとは言い切れないのです。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪

この記事に関連した特集ページ