子供の鼻づまりの原因と対策に関する記事

子供の鼻づまりの原因とは?眠れない時におすすめの解消法

子供の鼻づまりの原因とは?眠れない時におすすめの解消法

子供の鼻づまりについて、原因や合併症、医療機関での治療法と家で手軽にできる処置やおすすめ対処グッズをみていきましょう。

マーミーTOP  >  子育て  >  子供の鼻づまりの原因とは?眠れない時におすすめの解消法

子供の鼻づまりの原因は?鼻づまりで眠れない時の解消法

大人でもつらい鼻づまりの症状、特に子供は上手に洟をかめないので、すぐに鼻水がつまった状態になってしまいます。鼻づまりの原因はさまざまで、合併症を引き起こすこともあり、長引く時には、その原因に応じた治療も必要になってくるので、鼻づまりを放置していいのか、すぐに医療機関を受診した方がいいのか、見極めも必要になってきます。

ここでは、鼻づまりの原因と合併症、医療機関での治療法や、家で簡単にできる対処法と対策グッズについて解説します。鼻づまりによって眠れなかったり、集中力が低下したりして、子供の生活に悪影響を及ぼすこともあるので、ママが知識を得ることで、子供の鼻づまりに正しく対処できるといいですね。

子供の鼻づまりの原因

通常の鼻の中は、鼻の穴から中へ向かっていく鼻腔に、空気がすんなり通っているのですが、何らかの原因で鼻の粘膜が腫れたり、元々の鼻の骨の形によって空気が通りにくくなっていたりして、鼻づまりになることがあります。子供の鼻づまりの原因について詳しくみていきましょう。

風邪などの感染症

鼻水が流れている赤ちゃん

鼻やのどから入ってきたウイルスや細菌によって、炎症を起こした鼻の粘膜が腫れることで、鼻づまりが起こることがあります。風邪の場合、透明な水っぽい鼻水から、徐々に粘り気のある黄色っぽい鼻水に変化するので、鼻水の色に注意すると見分けることができますよ。

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎によって、鼻の粘膜が腫れることがあるのですが、これは、スギ・ヒノキ・イネ科植物などの花粉や、ダニの死骸・猫の毛などのハウスダスト、カビなどのアレルゲンによって引き起こされます。さらっとした透明な鼻水が特徴で、鼻づまりのほか、連続した突発的なくしゃみなどの症状があるのも特徴です。

アデノイド肥大(咽頭扁桃)

アデノイド肥大とは、鼻と喉をつなぐ部分にあるアデノイドと呼ばれるリンパ組織が、通常よりも大きくなっていることです。アデノイドが大きくなると、呼吸の際に空気の通り道を塞いでしまうため、鼻づまりが起こるようになります。子供の鼻づまりの原因としては、このアデノイド肥大が最も多いケースとなっています。

副鼻腔炎(蓄膿症)

風邪を引いている赤ちゃんのイラスト

風邪などのウイルスや細菌感染が、目や鼻の周囲にある「副鼻腔」という空洞部分まで広がって、炎症を起こすことを副鼻腔炎といいます。炎症による腫れで、鼻と副鼻腔をつなぐ細い出入り口が塞がってしまうと、副鼻腔に膿がたまるため、鼻づまりが起こるのです。しかも、慢性化しやすいので注意が必要ですよ。

鼻茸(はなたけ)

副鼻腔炎による粘膜の炎症によって、副鼻腔に鼻茸と呼ばれるポリープができると、鼻づまりを起こします。きのこのような形をしているため、「鼻茸」と呼ばれており、慢性的な副鼻腔炎などで粘膜の腫れが長く続いたり、繰り返して起こったりして、腫れがひかずに元に戻らない状態です。

鼻中隔弯曲症

鼻中隔弯曲症は、鼻を左右に隔てる鼻中隔という壁が、何かにぶつかったり、成長の過程に大きく曲がってしまうことをいいます。鼻中隔が曲がってしまうと、空気の通りが悪くなり、鼻づまりが起こるのです。鼻水が出ない慢性的な鼻づまりが特徴であり、治療するには外科手術を必要とします。

鼻づまりが引き起こす合併症

熱もないし機嫌もいいからといって、鼻づまりを放置しておくと、合併症状を引き起こすこともあり、子供の睡眠や普段の生活に支障をきたすことも。たかが鼻づまりと侮るなかれ、鼻づまりが引き起こす合併症を知り、気になることがあれば医療機関を受診し、鼻づまりを長引かせないようにしましょう。

夜眠れない

口呼吸をしている赤ちゃんのイラスト

赤ちゃんが鼻づまりで、睡眠不足症候群を発症する場合があります。これは、鼻がつまって寝つきが悪くなることはもちろんですが、鼻づまりによって、寝ている間も口呼吸になることで、あごの関節や舌がリラックスできずに緊張状態になり、眠りが浅くなってしまうためです。

いびき

鼻がつまると、寝ている時に口呼吸になるので、いびきをすることがあります。子供のいびきは、一過性のものなら心配ありませんが、長引くと睡眠の質に影響します。子供の頃の睡眠は、成長と健康のためにとても大切なので、鼻づまりを長引かせないようにして、いびきを改善していきたいですね。

口臭

抱っこしている赤ちゃんの口臭を気にしているお母さんのイラスト

鼻づまりと口臭、一見関係ないような気もしますが、鼻づまりが原因の口臭は、2種類あるのです。1つは副鼻腔炎が引き起こす口臭、もう1つは、鼻づまりによる口呼吸により、口の中が乾燥しやすくなって、細菌が増えて口臭が強くなることです。子供なのに口臭がキツくなるなんてショックですが、鼻づまりを改善すると治ることがあるので、安心してくださいね。

集中力の低下

鼻がつまると、鼻呼吸ではなく口呼吸になり、呼吸が浅くなるので、脳に充分な酸素が行き渡らなくなってしまいます。脳が酸欠状態になると、思考の働きが鈍くなったり、集中力が低下したりしてしまうのです。集中力が低下した子供は、落ち着きがなく、何かを成し遂げるのにも時間がかかってしまいます。

中耳炎

風邪をひくたびに中耳炎になる子も多いと思いますが、これは、鼻水に含まれる風邪の細菌が、鼻から耳に入って炎症を起こすからなのです。鼻がつまった状態だと、それだけ細菌が鼻の中にいるということであり、さらに子供は、大人よりも耳管が太くて短いため、菌が侵入しやすいと言われています。

鼻づまりの治療方法

長引く鼻づまりを放置するのはいけないことだということが分かりましたが、では、医療機関を受診すると、鼻づまりに対してどのような治療をおこなうのでしょうか。その症状によって治療法もさまざまですが、一般的には次のような治療法がありますので、詳しくみていきましょう。

鼻水の吸引

鼻腔や副鼻腔に、鼻水がたまって鼻づまりがひどくなっていることもあるし、鼻の中に薬を吸入して治療するにしても、鼻水がたまった状態では治療ができません。なので、まずは鼻水の吸引をおこない、必要なら鼻の洗浄や、薬を霧状にして吸入させるネブライザー療法をおこなうことがあります。

点鼻薬

点鼻薬

アレルギー性鼻炎で鼻づまりがひどい場合は、経口薬だけでなく、鼻の中に噴射する点鼻薬が処方されます。点鼻薬には次のような種類のものがありますが、鼻づまりの重症度に合わせて、使い分けたり併用したりしますので、必ず医師の指示に従うようにしましょう。

  • ステロイド点鼻薬
  • 抗トロンボキサン薬
  • 抗ロイコトリエン薬

鼻粘膜のレーザー照射

アレルギー性鼻炎は、鼻粘膜にアレルゲンが付着して起こる症状であるので、鼻粘膜をなくせばアレルギーは起こらないという発想から、レーザー光線を使って鼻粘膜を焼灼する治療もあります。これは元々、腫れている鼻粘膜をレーザーで除去することで、鼻の通りを良くして、鼻づまりを解消するための治療でした。

外科手術

手術をしている医師たちのイラスト

アデノイド肥大や副鼻腔炎、鼻茸の場合、手術による除去が必要なことがあります。軽度の鼻茸は、30分程度の簡単な手術で、ポリープを取り除くことができるので心配ありませんし、最近では、内視鏡を使った手術をおこなうことで、外科手術よりも患者の負担を減らしてくれています。

簡単!鼻づまりの解消法

大人でも鼻がつまって寝苦しい時があるように、鼻がつまると、子供もなかなか寝付けません。そんな時に、家で手軽にできる鼻づまり解消法があれば、試してみたいと思いませんか。そこで、簡単にできる鼻づまり解消法と、鼻づまりを改善するおすすめグッズをみていきましょう。

鼻腔をあたためる

血流がアップすると、鼻づまりが改善されるため、お風呂に入って体全体を温めるのが効果的です。ただし、お風呂に入ると体力を消耗するので、熱が高い時や体調がすぐれない時など入浴が難しい場合は無理をせず、蒸しタオルで、鼻の上をあたためるだけでも十分効果がありますよ。

生理食塩水を点鼻する

食塩と食塩水のイラスト

清潔なスポイトやガーゼを使って、生理食塩水を直接鼻に垂らしてあげると、鼻づまりが緩和されます。生理食塩水とは、濃度が0.9%の食塩水のことで、500mlの水に5gの食塩を混ぜて作ります。500mlのペットボトルを使うと、簡単に作れますよ。鼻水の粘り気が強い場合は、さらに、重曹を2.5g混ぜると効果的です。

鼻腔を広げる

子供は、大人よりも鼻腔が狭いので、鼻水がつまりやすくなっています。そのうえ、子供は上手に洟をかめないので、鼻の不快感は募るばかり。そこで、鼻腔を広げてあげると、鼻の通りが良くなり随分と楽になるのです。鼻腔を広げると聞くと、難しい処置を想像しますが、次のようなテープを使うと簡単にできますよ。

ブリーズライト キッズ
ブリーズライト キッズ

GSK グラクソ・スミスクライン株式会社

648円 + 税

鼻の上に張るだけで鼻腔を広げ、鼻づまりを解消してくれる鼻腔拡張テープです。薬剤は一切使用していないので、他の薬との兼ね合いを考える必要もないし、眠くなるなどの副作用もなく、安心して使用できます。5歳未満の子供には使用できませんが、5歳以上から使えるキッズサイズもあるのが嬉しいですね。

http://breatheright.jp/

電動吸引器で鼻水をとる

つまった鼻水をこまめに吸ってあげるようにすると、鼻の通りも良くなります。大人が子供の鼻水を口で吸って吸引するタイプの鼻水吸引器は、パパやママが子供の鼻水を吸うことで、二次感染する恐れがあるため、次のような電動の吸引器の方がおすすめです。

ネーザルアスピレーターSooSoo(すーすー)
ネーザルアスピレーターSooSoo

株式会社TRアンドK

オープン価格

メカが苦手なママでも安心!片手でもできる簡単操作で、分解も簡単なのでいつでも洗浄できて清潔に保てます。機器に変顔シールを貼ったり、12種類のメロディが流れたりと、子供が嫌がる鼻水吸引を楽しくできる工夫が随所に感じられます。

http://www.trandk.co.jp/

メルシーポット S-502
メルシーポット

シースター株式会社

14630円 + 税

「第9回キッズデザイン賞」の商品で、吸引物が見えにくく、リビングなど目につく場所に置いても気にならないデザインになっています。吸引力を3段階に調整できたり、ノズルがシリコン製になっていたりするなど、赤ちゃんに優しい吸引器です。ノズルは低価格で買い替えできるのも良い点ですね。

http://www.seastar.co.jp/

電動鼻吸い取り器 ベビースマイル(S-302)
電動鼻吸い取り器 ベビースマイル

ベビーザらス

4629円 + 税

ボタン一つの操作なので、慌てず赤ちゃんの鼻水を吸引できます。水洗いも可能なので、水につけてスイッチを押すだけでポンプ内の洗浄もでき、衛生的です。予備のパッキンやシリコンノズルがセットになっているのに、お値段がお手頃なのも嬉しいですね。

http://www.toysrus.co.jp/

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪