口腔アレルギーの原因と症状に関する記事

口腔アレルギーとは?果物や生野菜で起こるアレルギー症状

口腔アレルギーとは?果物や生野菜で起こるアレルギー症状

口腔アレルギーは食物アレルギーの1つですが、新しいタイプのアレルギーのため、症状や対策についてあまり知らないというママも。アレルゲンとなる食品は加熱によって症状を抑えられることから、ここで紹介する煮リンゴやキウイジャムのレシピをぜひ参考に。

マーミーTOP  >  子育て  >  口腔アレルギーとは?果物や生野菜で起こるアレルギー症状

口腔アレルギーの症状は?知っておくべき植物との交差反応について

特定の食べ物を摂取することで、その食べ物に含まれるタンパク質に反応してアレルギー症状が現れる「食物アレルギー」の一つに口腔アレルギーがあります。

食物アレルギーといえば、じんましんや咳、吐き気などの症状がよく知られていますが、最近では、口腔アレルギーや食物依存性運動誘発性アレルギーのような、新しいタイプのアレルギーが知られるようになってきました。

その中でも口腔アレルギーは、食べる食品の種類が増え始める幼児期から起こりやすいので、小さな子供を持つママは注意が必要なアレルギーだといえます。

そこで、今回は口腔アレルギーについて詳しく知るために、原因や症状、対策などを詳しくみていきましょう。

口腔アレルギーとは

野菜

正式には「口腔アレルギー症候群(OAS:Oral Allergy Syndrome)」といって、原因となる処理していない生の果物や生野菜、ナッツ類などを食べることによって、口やのどの粘膜を中心に症状が現れる食物アレルギーの一種です。

幼児期や学童期から大人まで、幅広い年齢層で発症するのが特徴で、果物を食べると症状があわれるため、果物アレルギーとも呼ばれています。

口腔アレルギーのアレルゲンは、果物や野菜に含まれるタンパク質で、さまざまな果物で口腔アレルギーを発症している人の中には、実はアレルゲンが1種類のタンパク質という人もいるのです。

口腔アレルギーのアレルゲンとしては、次のようなタンパク質があげられます。

  • プロフィリン
  • PR-10タンパク質
  • LTP(Lipid Transfer Protein)

口腔アレルギーが起こる原因

食事をしている女の子

それでは、口腔アレルギーの原因とは何なのでしょう。口腔アレルギーは、食物アレルギーの中でも新しいタイプのアレルギーのため、私たちがよく知っているアレルギーとはメカニズムが少し違ってきます。

食物アレルギーは、大きく分けてクラス1とクラス2に分類されます。

クラス1食物アレルギーに分類される一般的な食物アレルギーは、以前にその食品を食べたことによって、消化器官を介してIgE抗体が作られることで起こります。

それに対して、ここで紹介している口腔アレルギーは、クラス2食物アレルギーに分類され、植物の花粉を吸い込んだことによって、鼻の粘膜などでIgE抗体が作られることで起こります。

花粉と交差反応が確認されている果物や野菜は次の通りです。

花粉 果物・野菜
ブタクサ ウリ科(メロン・スイカ・きゅうり)
バショウ科(バナナ)
ヨモギ セリ科(ニンジン・セロリ)
ウルシ科(マンゴー)
スギ科 ナス科(トマト)
イネ科 ウリ科(メロン・スイカ)
ナス科(じゃがいも・トマト)
ミカン科(オレンジ)
マタタビカ(キウイフルーツ)
カバノキ科
(ハンノキ・シラカバ)
バラ科(りんご・桃・洋ナシ・いちご・サクランボ・びわ)
セリ科(ニンジン・セロリ)
ナス科(じゃがいも・トマト)
マタタビ科(キウイフルーツ)
ウルシ科(マンゴー)

さらに、口腔アレルギーは花粉症と合併する場合が多く、その場合は、花粉関連食物アレルギー症候群(PFS)と診断されます。

花粉以外の口腔アレルギーの原因

熱帯地方の果物

口腔アレルギーは花粉だけでなく、次のようなアレルギーを持つ場合にも起こる可能性があります。

  • 即時型食物アレルギー
  • ラテックス(ゴム)アレルギー
  • 薬剤アレルギー
  • 気管支喘息

さらに、口腔アレルギーとラテックスアレルギーを合併する場合は、ラテックス・フルーツ症候群(LFS)と呼ばれます。

ラテックスアレルギーの人は、バナナやアボガド、マンゴー、パパイアなどの熱帯地方の果物や野菜で、口腔アレルギーを起こすことが多いため、具体的な症状が出ていなくても、一度にたくさん食べないように気をつけましょう。

口腔アレルギーの主な症状

食物アレルギーの症状といえば、蕁麻疹などの皮膚症状や、嘔吐や下痢などの消化器官の症状が知られていますが、口腔アレルギーの場合、食物アレルギーの中でも症状が特殊なので、正しい知識を身につけておくことが大切です。

そこで、次に口腔アレルギーの主な症状についてみていきましょう。

口腔内のかゆみ

口の中い違和感を感じ舌を出している女の子

アレルギーの原因となる果物や野菜を食べた後で、口の中やのど、唇、耳の奥などがかゆくなるという症状が現れます。また、かゆみ以外でも、口の中の違和感や痛み、ピリピリと痺れるような感覚が起こります。

子供の場合は、「苦い」「辛い」「チクチクする」などという言葉で表現することもあるかもしれません。

腫れやむくみ

アレルギー反応が起こると、口の粘膜、舌、唇が腫れるほか、顔全体がむくむこともあります。口腔内に症状の場合は、食べ物と関連付けやすいのですが、顔全体のむくみについては、食品が原因と気づきにくい場合があります。

さらに症状が進むと、のどが詰まったような感覚や、息苦しさを感じることもあるので注意しましょう。

アナフィラキシー

アレルギーが重症化した場合、アナフィラキシーのショック症状が起こることもあります。呼吸困難や血圧低下による意識消失など、重篤な全身症状が起こる恐れがあるため注意しなければなりません。

アナフィラキシーが起こったら、すぐに医療機関を受診する必要があります。

口腔アレルギーの治療と対策

吸入器を使っている男の子

花粉症の症状については、耳鼻咽喉科で治療を受ける必要があります。また、口腔アレルギーは口腔内だけでなくさまざまな症状があるため、何科を受診すべきか迷った場合は、アレルギーの専門医を受診するといいでしょう。

受診の際は、血液検査のほか、食物除去試験や食物負荷試験を行うことによって、アレルギー症状を引き起こしている食べ物を特定されます。

口腔アレルギーには根本的な治療方法や薬はないため、アレルギーを起こす果物や野菜を除去や、症状を和らげるための対症療法によって症状が改善されます。

対症療法では、アレルギーの症状や炎症を抑える抗ヒスタミン剤や経口ステロイド、呼吸を楽にする気管支拡張・吸入薬などの薬物治療を行います。

口腔アレルギーを防ぐおすすめレシピ

医師のイラスト

アレルギーを起こす食品を特定できたら、アレルギー症状が起こらないように、その食品の除去を行います。ただし、アレルゲンとなる食品の除去にばかりに気をとられて、栄養バランスが偏らないように気をつけなければなりません。

実際に、食品の除去を行う際は、医師から栄養指導を受けながら除去食を進めていくといいですね。

また、完全に除去をしなくても、アレルゲンとなるタンパク質は熱を加えると分解されるため、温野菜や、ジャム、コンポートのように火を通すことで、アレルギー症状が現れないこともあります。

ここでは、アレルゲンをおいしく食べるための簡単な調理法をご紹介します。

煮リンゴの作り方

りんご

食後のデザートやお弁当にも欠かせないリンゴは、アップルパイや焼きリンゴなど、さまざまな調理法がありますが、その中でも最も簡単なのが煮リンゴです。

そのまま食べてもよし、アイスクリームやパンケーキにのせてもよし。これなら、アレルギー症状を気にせずに、リンゴの簡単に食べることができます。材料は次の通りです。

  • リンゴ・・・1個
  • はちみつまたは砂糖・・・大さじ1~2
  • レモン汁・・・少々
  • 水・・・少々

煮リンゴの作り方

  1. リンゴを4等分にして、芯を取って皮をむき、さらに半分に切る
  2. リンゴを鍋に入れ、蜂蜜(または砂糖)・レモン汁・水を上からかける
  3. 混ぜずに弱火で火にかけ、リンゴの色が変わるまで10~15分ほど煮る
  4. リンゴが柔らかくなったら火を止めて、軽く混ぜてそのまま冷やす

キウイジャムの作り方

キウイ

ジャムといえば、イチゴジャムやブルーベリージャムが定番ですが、キウイのジャムは意外と珍しいのではないでしょうか。

甘みを加えるので、キウイアレルギーの人のほか、キウイの酸っぱさが苦手な人でも食べられるはず。パンに塗ってもヨーグルトにかけても美味しく食べられます。材料は次の通りです。

  • キウイフルーツ・・・約5個
  • 砂糖・・・100g
  • レモン汁・・・2分の1個分

キウイジャムの作り方

  1. りんごなどを剥くときより、少し厚めに皮を剥く
  2. 一口大に切って、フードプロセッサーにかけてペースト状にする
  3. 鍋にキウイ、レモン汁、砂糖を入れる
  4. 鍋に焦げ付かないように、弱火でじっくり煮込む
  5. ジャムっぽくとろりとなるまで、かき混ぜながら煮ると出来上がり

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
れんプー

れんプー

趣味は野球観戦!カープ女子がライバルのアラフォー腐女子です。