子育てへの後悔に関する記事

子育ての後悔トップ10!先輩ママだからわかる失敗への対処

子育ての後悔トップ10!先輩ママだからわかる失敗への対処

子育てを後悔したくないアナタ、後悔する先輩ママと同じ轍を踏まないように、こちらでご紹介するありがちな後悔TOP10や後悔した時にすべき対応などを知っておきましょう。乳幼児の共働きのワーママも専業主婦のママも必見ですよ。

マーミーTOP  >  子育て  >  子育ての後悔トップ10!先輩ママだからわかる失敗への対処

子育ては後悔ばかり…失敗しない育児を望むママへのアドバイス

子育てでは「私失敗しないので!」というママほど、問題があることが多く、後悔するママほどいいママだといわれますが、今子育て真っ盛りのママにとっては、できるだけ後悔しない子育てがしたいもの。そして、もし後悔した時にはどうすればいいのか、失敗をリカバリーする方法も気になるところ…。

そこで今回は、先輩ママが後悔したことTOP10、子育てを後悔するママの割合、共働きへの後悔、後悔した時の対処法などを今日、たった今からすぐに役立つ情報や先輩ママのアドバイスをご紹介します。

子育てで後悔していること~トップ10

多くの先輩ママ達が後悔している子育ての失敗とは、一体どのようなものが多いのでしょう?子供がまだ小さい時には分からないけれど、子供の成長を目の当たりにした先輩ママだからこそわかる、親の子育ての仕方による子供への影響。その中から、先輩ママのお悩みに繋がった「アレが原因よね…」という子育ての後悔トップ10を覗いてみましょう。

厳しく叱り過ぎた

子供を叱るママ

子育てを振り返ったときに、多くの先輩ママが後悔している圧倒的な理由が、なんといっても子供を厳しく叱り過ぎたことです。小さな子供は大人の都合などは考えてくれないので、なかなか言うことを聞いてもらえず、ついつい厳しい口調で子供を叱りつけてしまいがちになりますが、それが災いして成長と共に親と話さなくなったり思春期に荒れたりすることも…。

子育て中の今、あなたも子供の委縮した顔をみて後悔していませんか?

口を出し過ぎた

経験の足りない子供を育てていくためには、ある程度のアドバイスは必要ですが、子供のやる事なすことに大人が先回りして口を出してしまうことが良くないことも、よく知られている通りです。親からの過干渉を受けた子供は、常に緊張を強いられたり、自分を否定された気持ちになったりして、自尊感情が持てずに苦労することも…。

今でも、神経質になった子供の姿をみて、自分の態度を後悔することはありませんか?

感情的になってしまった

子育て中は、子供が騒いだり親の言うことをきかなかったりすると、イライラしてつい感情的になってしまうことも多いですよね。子供にとって親は、一番身近にいて信頼を寄せる相手なのですが、そういった相手に感情をぶつけられると、子供は怯えたり強い不快感を抱いたりします。いずれその態度を、成長した子供からそっくりそのまま返されて、涙を流す親も…。

ショックを受けた子供の姿を見て、自分のしたことにショックをうけることはありませんか?

甘やかしすぎた

我が子はとても可愛くて、ついつい甘やかしてわがままを受け入れたり、欲しがるものを買い与えたりしてしまう親は意外と多いもの。子供は一度甘やかされると味を占めてしまい、要求を深めて次々に要求してくることも…。成長してから注意しても、「今さら何言ってんの?うざい!」などと反抗され、過去をやり直したくなることも…。

あなたも今、天使のような我が子の顔にずるがしこい一面を見つけ、「しまった!」と後悔していませんか?

愛情を示し足りなかった

ソファで寝る親子

子供は言葉だけでは愛情を実感しにくいため、スキンシップが重要であることはよく知られていますよね。けれど、忙しさや体調不良などで親に余裕がないと、イライラしてスキンシップどころではなくなることがあります。また、自分の育った環境によっても、「スキンシップなんてなかったから、私の子供にも不要」と思ったり、躾優先で愛情を示すことが不十分になったり…。そのため、子供が荒れた時に初めて愛情不足を後悔することも…。

また、「愛情を示すにはスキンシップさえすればいい」と勘違いし、子供の意思を否定して自分の思い通りにしようとしたり、子供の話を聞かなかったり、兄弟や他人と比較したり、無神経にからかって子供心を傷つけることなどでも、子供は愛情不足を感じますので、大人になった子供に毒親と思われ、疎遠にされてしまうこともあります。

子供の態度を見て、「もしかして愛情不足?」と不安になっていませんか?

褒めなかった

「子供は褒めて育てるもの」とよく言われますが、実際に子供を育てている最中は、いろいろとお小言をいってしまうことが多く、褒めることが疎かになりがち。子供にとって身近な両親が褒めてくれることは、やる気をおこす何よりの原動力となりますので、将来何をしてもうまくいかずに「僕(私)なんて…」と自信がない人間に育ち、グリットの低さに苦しむ我が子の様子を見て、「どうしてこんなことに…」と後悔するママも…。

子供がまだ幼い今でも、すぐに物事を投げ出して諦めてしまう姿を見て将来を心配していませんか?

勉強しろと言い過ぎた

私達大人は、テストの点数や通知表の数字で子供を評価してしまいがちですが、子供にとっては頑張っている姿ではなく、結果だけを重視され「勉強しろ」といわれることは切ないもの。それぞれ才能を発揮する分野は違いますので、勉強以外に夢中になっていることがある子なら、親に理解されず尚更ツライでしょう。

そのため、親の言葉に拗ねて勉強への意欲だけでなく、何もかもにやる気を失い、夢中になれることがない我が子の姿を見て「何でもいいから夢中になって取り組めることを応援すればよかった」と子供の将来を悲観し、自分の子育てを後悔してしまうことも…。

宿題をしない子供を叱り、子供がふてくされて部屋に籠ったことで「言い過ぎたかな?」と後悔していませんか?

期待を押しつけ過ぎた

親であれば子供の将来に期待をし、勉強も習い事もとアレコレ押し付けてしまいがちですが、子供にとっては大きなプレッシャー。楽しんで積極的にやっているように見える子供でも、無理することでストレスになり心身のバランスを崩して子供の鬱病いい子症候群になってしまうことも…。「私が期待し過ぎたことが不登校の原因になったのかも…」と深く悩んでいるママも…。

また、親は期待するからこそ良かれと思って励ましの言葉ご褒美で子供の心を動かそうとしがちですが、そうした押しつけによって何故か子供のやる気をくじいてしまうことがあります。この不思議な現象をアンダーマイニング効果と言い、親は励ましの言葉やご褒美には十分注意しなければならないのですが、知らずに裏目に出てしまい「あの時ご褒美をあげたから…」と、子供のやる気を潰したことをひどく後悔することも…。

最近元気がなくなった我が子を見て、「これまで期待を押しつけ過ぎたかなぁ?」と不安になっていませんか?

なんでもフォローしすぎた

困っているお母さん

小さな子供はできないことが多く、失敗を恐れるあまりに親はつい先走って子供の手助けをしてしまいがち。この親のフォローが子供の成長に裏目に出て、ママを後悔させることが多いんです。子供にとって失敗は成長に欠かせない大切な経験。失敗から世の中を知り、どうすれば生き易くなるかを学び、リカバリーすることで困難に打ち勝った自分に自信をつけていくのですが…。

なんでも親にフォローされた子供は、自主性が育たず、なかなか自律できず、大きくなっても親離れも自立もできずに親に依存してしまいがち。そんな我が子の姿に、「こんなはずでは…」と後悔する親が多いのです。

あなたは子供の失敗を自分で解決させていますか?

10悪いトコロばかりを指摘してしまった

大好きなパパやママから悪いトコロばかりを指摘されれば、自分自身にも人生にも希望を持つことができなくなってしまいます。大人は子供を指導しようと、ついつい厳しい視点で指導しがちなのですが、指摘ばかりでは自信がない子に育ち、やる気も削がれてしまいますよ。

親からは一生懸命に見えなくても、子供は子供なりに一生懸命やっているのです。素直だった我が子が、「いい加減になる→ふざける→言うことを聞かない」と何事にも希望を持てない姿に変化していく姿を見て、初めて自分の子育ての悪かった面に気づき、「もっと良い面を見て才能を伸ばしてあげればよかった」と後悔してしまう母親も…。

あなたは一日何回子供を注意し、何回褒めていますか?

子育て中に後悔するママの割合

子育て中に不安になって周りを見渡すと、どのママ達も自信をもって楽しく子育てしているように見え、さらに不安が募ることがありますよね。

ですが、厚生労働相による2015年度の調査によると、子育てに不安や負担を感じる15歳未満の子供を持つ親の割合はなんと72.4%。男性が7割弱、女性は8割弱という結果となり、子育て支援の重要性が浮き彫りになったのです。

また、2011年に小学生以上の保護者を対象に行われたベネッセの調査結果では、8割以上の母親が「子育てで後悔していることがある」と答えていて、およそ3割の母親は「後悔していることがたくさんある」「乳幼児期に戻って子育てしたい」と考えていることがわかりました。乳幼児期の子育ての大切さが、先輩ママの子育ての後悔から伝わってきますね。

共働きは子育てを後悔するもとになる?

母親と一緒にエコバッグを持つ女の子

共働きのワーママの口から「この子は小さい頃から保育園で苦労してるから」「寂しい思いをさせてる気がして」という言葉をよく聞きますが、専業主婦と共働きママでは、子育てへの後悔の仕方がどうやら違うようです。

専業主婦よりも共働きママの方が、社会に出ているぶん広い視点をもって子供に向き合うことができるというメリットがありますが、日本の社会ではまだまだ「母親が仕事をしていると、子供が可愛そう」と言われる風潮が根強く残っていて、子育ての壁にぶつかると、共働きママは「私が側で見守れないから…」と、自分の至らなさを深く後悔する傾向があります。

ですが、専業主婦だって「四六時中一緒にいたのに…」と、共働きママと同じように、自分の至らなさを深く後悔するんですよ。子供がトラブルを抱えれば、母親は後悔がつきもの。専業主婦でも共働きの主婦でも、子育てに後悔して自信がないために悩んだり、苦労したりするのは一緒。専業主婦であること、共働きママであることに拘らず、自分なりのスタンスで子育てに向き合っていきましょう。

子育てへの後悔と母親の自信

母親は自信がないまま子育てをスタートするものです。次第に自信をつけて行っても、子供が成長するに従い様々な子供の問題が浮上してくることで、母親としての自信を失い自らの子育てを後悔することも…。自分がこの世に生み出し、人格形成に大きく関与した責任の大きさは、時として母親を精神的に追い詰め、心の病に繋がってしまうこともあるほど。

子供のことで学校から呼び出しを受けたり、将来に希望を持てなかったり、不登校になったり、家庭内で荒れたり…と、親になると赤ちゃんを育てている時には想定外の問題に見舞われることもあります。「うちの子に限って…」という事態に、子育てへの自信を一気に失う母親は決して少なくありません。

けれど、そうした結果や子供の姿を「悪い」と思うのは、いかがなものでしょう?子供の行動が自分の価値観や常識の範囲内に収まらないからといって、子供も自分の子育ても否定してよいものなのでしょうか?

子供は失敗から多くを学びます。休むこと、他人や自らを傷つけること、やる気を失うこと…。これらは、未来への通過点。そうした時期を経て、人として成長しようともがいたり、エネルギーを蓄えたり、子供は子供なりに未来へと自分のペースで歩んでいるのです。

落ち込むお母さんを励ます娘

ですから、母親は子育ての自信を失っている場合ではありません。「私なりに一生懸命育ててきた。誤りも至らない点もあったかもしれないけど、それはこれから改善すればいい。私なりにも一生懸命育てたこの子は、いつか必ず何かを掴みとって立ち上がるはず」と、あなたが自分の子育てへの努力を評価して子供を信じなければ、あなたより人生経験の乏しい子供が自信を持てるハズがありません。

子供にとって「唯一無二のお母さん」であることを自覚し、後悔した時ほどマイナス感情に流されっぱなしにならず、まずは自分が立ち上がりましょう。子供は親の背を見て育ちます。あなたの変化が少しずつ子供に浸透しますので、焦らず自分の努力をまずは評価できるようになりましょう。そして結果に後悔するのではなく、子供の心を理解する努力を惜しまず、頑張りに目を向けて喜びを増やしましょうね。

失敗させない過干渉な子育てによる後悔

日本ではいま少子高齢化が進み、女性が生涯に産む子供の数も減っています。子供は親にとっても社会にとっても貴重な存在。そのため、とても大事にする傾向が強まっていますので、最近は子供に必要以上に干渉してしまったり、失敗して嫌な思いをさせないようにしたりする、過保護なパパやママが増えています。

しかし、こういった過干渉や過保護な子育ては、失敗から学ぶという子供の貴重なチャンスを奪ってしまい、自立を妨げるというデメリットが指摘されています。親にとっても遠くない将来、子育てを後悔するリスクが高いので、過干渉や過保護にならないよう、自分の子育てを見直していきましょうね。

子育てを後悔した時にしたい対応

子育て中のママは、時に悩み自分の子育てに後悔して凹んでしまうこともありますが、子供は日々成長を続け、子育ては休みなく続いていきます。後悔したからといって、あなたの子育てが失敗というわけではありません。後悔した場合は、一度しっかり心を休め、自分の子育てを見直していきましょう。

失敗したと思ったら謝る

子供が間違ったことをした時、親は素直に謝罪するように求めますよね。それであれば、ママだって子供に対して誠意をもって当たらなくてはいけません。後悔や失敗は次回の成功や改善に向けてのチャンス。子供を傷付けてしまった場合は真摯に向き合い、自分の悪いところを治す意思を子供に示して安心させてあげましょう。

子育てへの後悔について見直す

自分の子育てに失望して後悔する理由は人それぞれで違いますが、「これでは子供にとってよくない」と判断した場合には、躊躇なく改善する姿勢を示すことが必要です。積極的に自分の子育てを見直し、良くなかった点や間違った部分を前向きに改善していきましょう。

育児にイライラしていないか考える

子供に対して好ましくない対応をして後悔するケースのほとんどは、イライラしているなどの追い詰められた状況に大人が陥っている時に起こります。イライラや感情的になることは間違いや後悔のもと。心に余裕をもてるように、子育て中はイライラを上手にコントロールする方法を積極的に探していきましょうね。

子供の気持ちを考える

子育てを後悔しないために一番大切なことは、親が子供の幸せを願い、子供の気持ちを尊重することです。ママは子供の身近にいすぎて子供を自分と同一だと勘違いしてしまいがち。ですが、子供の人生は子供のもの。子供の人権や子供の気持ち、意思を尊重するように、自分自身の意識を変えていきましょうね。

子育ての後悔と向き合うのは素敵なこと

海辺で遊ぶ親子

自分の子育てに疑問を持つことも自信を持つことも、どちらも親にとってはとても難しい面がありますね。そのため、親になると子育てを後悔しがちになりますが、自分の子育てを後悔することは、決して悪いことばかりではありません。むしろ、これからの子育てを改善し、子供と一緒に親も人として成長するための大事なステップになる素敵なことですよ。

自分の子育てを振り返って、素直に反省したり、良い所を認めたり、様々な面を感情的にならず客観的に見ることはとても大切。どんな失敗をしても、そこから学び、改め、自分を信じて前を向いて子育てを続ける親の姿は、少なからず子供に良い影響を与え、親の人格に磨きをかけてくれます。

思い通りにいかず、努力の結果もなかなか出ないために後悔しがちな子育てですが、自分や子供を責める姿を見せるのではなく、許したり待ったりする懐の大きな愛を見せることで、子供の心にじんわりと沁みていくはず。先輩ママが子育てで後悔したのと同じ道をたどることがないよう、乱れる心を鎮めて子育てを通して子供に愛情を伝えていきましょうね。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
はたこ

はたこ

第一子から15年間保育園に通い続け、まだまだ記録更新中です!