小児救急電話相談に関する記事

小児救急電話相談とは?子供の病気/ケガの救急医療相談

小児救急電話相談とは?子供の病気/ケガの救急医療相談

小児救急電話相談は、夜間や休日でも急な子供のけがや病気について電話で相談ができる窓口です。小児救急電話相談のシステムについて知り、電話相談の電話のかけ方、救急な相談を利用する際に注意すべきことをみていきましょう。

マーミーTOP  >  子育て  >  小児救急電話相談とは?子供の病気/ケガの救急医療相談

小児救急電話相談とは?知っていると便利な子供の医療相談

赤ちゃんの初めての発熱や、いつもと様子が違って気になる時、診療時間外だけど病院を受診すべきか迷った時など、自分では判断しかねることを、的確にアドバイスしてくれるシステムがあれば安心ですよね。特に大事な子供のこととなると、ママには冷静に判断できないこともあり、小児救急電話相談は、そんなママたちの強い味方です。

でも、いざ小児救急電話相談を利用しようとしても、「どんな人につながるの?」「こんなことを相談してもいいのかな?」など不安もあると思います。そこで、実際に小児救急相談を利用するときにスムーズにできるように、電話のかけ方や手順などをみていきましょう。

小児救急電話相談(#8000)って何?

小児救急電話をかけるお母さんのイラスト

小児救急電話相談(#8000)とは、厚生労働省が所管となって実施している事業のことです。夜間や休日に起こる急な子供の病気やケガなどの際、短縮番号#8000に電話をかけることで、専任の看護師・保健師・医師から適切なアドバイスが受けることができるシステムになっています。

#8000は全国共通の番号で、お住まいの地域の窓口に転送されますが、地域によっては回線が少ないこともあり、なかなか電話がつながらないことがあります。病院に行く可能性が高い場合は、出かける支度を先にしておいたり、相談する内容をメモなどに整理したりするなどして、焦らずに時間を置いてからかけ直すようにしましょう。

どんなことを相談できるの?

困っているママとパパのイラスト

小児救急電話相談は、夜間や休日に子供が急に病気になったりケガをしたりした際に、どのように対処したらよいか分からない場合や、病院に連れて行くべきか迷った場合などの相談に対応してくれます。例えば、休日の少年野球の試合中で顔面に打球が当たって流血した場合、病院に連れていくべきか、だとすれば何科を受診すべきか迷いますよね。

そんな時に、受診する病院を紹介してくれたり、応急処置の仕方を教えてくれたりするのです。それにまだ症状を訴えられない赤ちゃんの様子がいつもと違って不安な時も、専門家のアドバイスがあれば安心ですよね。しかし、あくまでも相談のみで、病気の診断や治療は行っていないので注意しましょう。相談する例としては他に次のようなケースがあります。

小児救急に相談する例

  • 急な発熱
  • 腹痛
  • 嘔吐や下痢
  • 激しい咳
  • 誤飲

#8000で相談できないこと

大人の救急電話を掛けるお母さんのイラスト

#8000はあくまで救急の電話相談であるので、普段の子育てに関する悩みなどの育児相談は受け付けていません。また、小児以上の年齢である高校生や大学生、成人の病気やケガに関する電話相談も#8000の対象外となりますので、間違えないようにしましょう。

さらに、「呼吸していない」「大けがをした」等の緊急性の高い重症の場合は、電話相談するのではなく、すみやかに119番に電話した方が良いでしょう。

#8000にかけられる電話・かけられない電話

短縮番号#8000は、全ての電話からかけられるというわけではないので注意しましょう。家庭の固定電話を使用する際は、回線の種類を前もって知っておくといいですね。また、電話の通話料は、相談者の負担となることも理解したうえで利用するようにしてください。

#8000にかけられる電話

固定電話、スマホと携帯電話のイラスト
  • プッシュ回線の固定電話
  • スマートフォン
  • 携帯電話

#8000は、上記のような電話からかけることができます。自宅の固定電話からかけることが多いと思いますが、普段、自分の家の固定電話が何の回線なのかなんて、気にも留めていないですよね。簡単に見分ける方法としては、受話器を上げてダイヤルした時に、プッシュ回線なら「ピポパ」、ダイヤル回線ならプツプツと音が聞こえます。

#8000にかけられない電話

  • ダイヤル回線の固定電話
  • IP電話
  • ひかり電話
  • 公衆電話
  • PHS

短縮番号#8000にかけられないこれら5つの電話からは、都道府県ごとに次の電話番号からの相談が可能となっています。各都道府県によって相談時間が異なるため、表からお住まいの自治体のホームページにアクセスして確認してから、電話をかけるようにしましょう。

1 北海道 011-232-1599
2 青森 017-722-1152
3 岩手 019-605-9000
4 宮城 022-212-9390
5 秋田 018-895-9900
6 山形 023-633-0799
7 福島 024-521-3790
8 茨城 029-254-9900
9 栃木 028-600-0099
10 群馬 03-5524-8135
11 埼玉 048-833-7911
12 千葉 043-242-9939
13 東京 03-5285-8898
14 神奈川 045-722-8000
15 新潟 025-288-2525
16 富山 076-444-1099
17 石川 076-238-0099
18 福井 0776-25-9955
19 山梨 055-226-3369
20 長野 0263-34-8000
21 岐阜 058-240-4199
22 静岡 054-247-9910
23 愛知 052-962-9900
24 三重 059-232-9955
25 滋賀 077-524-7856
26 京都 075-661-5596
27 大阪 06-6765-3650
28 兵庫 078-304-8899
29 奈良 0742-20-8119
30 和歌山 073-431-8000
31 鳥取 03-5276-9137
32 島根 03-3478-1060
33 岡山 086-251-6608
34 広島 082-505-1399
35 山口 083-921-2755
36 徳島 088-621-2365
37 香川 087-823-1588
38 愛媛 089-913-2777
39 高知 088-873-3090
40 福岡 093-662-6700(北九州)
092-661-0771(福岡)
0942-37-6116(筑後)
0948-23-8270(筑豊)
41 佐賀 0952-24-2200
42 長崎 095-822-3308
43 熊本 096-364-9999
44 大分 097-503-8822
45 宮崎 0985-35-8855
46 鹿児島 099-254-1186
47 沖縄 098-888-5230

小児救急電話相談へのかけ方を教えて

さて、実際に小児救急電話相談を利用するとき、どのような手順ですすめていけばいいのでしょうか。子供が病気やケガの時は、気が急いたり冷静でなかったりすることがあるので、前もって小児電話相談を利用する時のことをイメージできているといいですよね。そこで、小児救急電話相談へのかけ方についてみていきましょう。

1メモと筆記用具を用意する

メモ用紙とペン

子供の急な病気やケガの時は、自分が思っているよりも気が動転してしまっているものです。せっかく相談しているのですから、細かな指示を聞き逃してしまわないよう、メモと筆記用具を用意しておいて、アドバイスなどはメモを取るようにすると安心ですよ。

2小児救急電話相談の実施時間内かどうかを確認する

自治体によっては深夜に対応していない場合もあるので、電話をかける前に相談を実施している時間帯かどうかを、ホームページで確認するようにしましょう。実施していないようであれば、相談時間帯になるまで待つか、その他の対処を考えましょう。

3短縮番号#8000に電話をかけましょう

短縮番号#8000をダイヤルします。固定電話からかける時は、プッシュ回線かどうかを確認し、プッシュ回線・スマホ・携帯電話以外から電話をする場合は、都道府県ごとの連絡先に電話するようにしましょう。電話番号は、上記の表から前もって調べておくといいですね。

4住んでいる市町村名と名前を伝える

焦って電話するお母さんのイラスト

電話をかけるときの第一声は迷うかもしれませんが、「○○市に住んでいる△△と申します」と、簡単に住んでいる地域と名前を知らせるといいですよ。一呼吸おくことで、焦っていた気持ちが落ち着くこともありますし、住んでいる地域を知らせておくと、最寄りの病院を教えてもらうときにスムーズにいきます。

5子供の年齢・性別・具体的な症状を伝える

まずは子供の年齢と性別、それから、「いつから」「どのような」など、具体的な症状を伝えるようにします。電話なので姿が見えない分、的確に説明することで、アドバイスもより正確になります。症状や訊きたい事などを前もって書き出しておくといいですよ。

6アドバイスを冷静に聞く

電話をかけながらメモをしているママのイラスト

慌ててしまう気持ちも分かりますが、なるべく冷静に、聞き逃しのないようにアドバイスを聞くことが大切です。正確に聞いていても忘れてしまうこともあるので、対処の仕方や、病院を受診する必要があるかどうかなど、アドバイスをメモしておくとさらに安心ですね。

知っておきたいその他の救急相談

子供の夜間や休日の病気やケガの対処法に迷ったら、小児救急電話相談以外にも、次のような救急相談があります。そのシステムや利用の仕方など詳しくみていきましょう。小児救急電話相談の対応時間外である時や、電話がつながらない時などに知っておくと安心ですね。

こどもの救急

こどもの救急(ONLINE-QQ)とは、日本小児科学会が運営しているウェブサイトで、夜間や休日の病気やケガの際、病院を受診すべきかどうか迷った時の判断の目安を紹介しています。#8000の回線が混み合ってつながらない時などに便利ですよ。子供の対象年齢は、生後1ヶ月から6歳までとなっています。

利用の仕方としては、こどもの救急(ONLINE-QQ)のウェブサイトにリンクして、トップページの左側にある「気になる症状」の中から子供の状態に近い症状をクリックします。さらに具体的な症状をチェックしていき、「結果をみる」ボタンをクリックすると、対処法が表示される仕組みになっています。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪