子供用眼鏡のおすすめに関する記事

子供の眼鏡を選ぶポイント!おすすめ人気ブランド・メガネ

子供の眼鏡を選ぶポイント!おすすめ人気ブランド・メガネ

子供用眼鏡を選ぶ際にはどのようなことを考えるべきなのでしょうか?視力の正しい測り方、お得な助成金などの制度、子供がかけ続けてくれる工夫など、知らないと損する情報が盛り沢山!またおすすめの眼鏡店や眼鏡もあわせてご紹介いたします。

マーミーTOP  >  子育て  >  子供の眼鏡を選ぶポイント!おすすめ人気ブランド・メガネ

子供眼鏡の選び方~

子供の視力低下は今や深刻な社会現象となっています。小学校に上がる前から眼鏡をかけ始める子も少なくありません。眼鏡を選ぶ際には、視力補正の機能を担っているかはもちろん、かけた時のフィット感や見た目のオシャレさなども重要なポイントになります。今回はそんな子供眼鏡の選び方や賢い購入方法などをご紹介いたします。

まずは眼科で正しい診断!「眼鏡をかけると視力が落ちる」は嘘

眼科で検査を受ける女の子

学校の視力検査や、日常生活などで視力の低下を感じたら、眼鏡を作る前にまずは眼科へ行く必要があります。視力検査で視力の低下を感じても、眼科で正しい視力を診察してもらうことが大切です。眼科で視力検査をする時には点眼薬をさし、目の調整機能を一時的に麻痺させることで、正確な視力を測ることができ、近視や遠視、乱視なども確認できます。

また、眼鏡をかけると視力が落ちると言われていますが、ちゃんと視力にあった眼鏡をしていれば、視力が落ちることはありません。逆に、ピントが合わない状態で、目に負担をかけることや、見えないことによって集中力が落ちるほうがデメリットになるので、視力の低下を感じたら自分に合った眼鏡の購入を検討しましょう。
ちなみにコンタクトは、一般的に中学生からと言われていますので、お医者さんとも相談して、お子さんには眼鏡を勧めると良いでしょう。

はじめての眼鏡選びのポイント【レンズ編】

眼鏡を選ぶ際のポイントは「自分に合っているかどうか」です。目からレンズまでの距離、目と目の間の幅、左右のバランスなど。これらをひとつひとつご自分に合わせて調節していくことで、自分にピッタリのレンズを選ぶことができます。

はじめての眼鏡選びのポイント【フレーム編】

子供用のメガネ

フレームには、メタルフレームやセルフレーム、ナイロールフレームやツーポイントなど、さまざまな種類があります。また形も異なりますが、例えば小学生以下のお子さんには「丸みが合って上下幅が広い」フレームを選ぶと良いでしょう。身長が低いお子さんは上を見上げることが多いため、上下に幅がある方が見やすくなるのです。このようにお子さんの身長や行動に合わせてフレームを選ぶこともできますよ。

スポーツ時の眼鏡はどうしたらいい?

運動や激しいスポーツをする子供の場合、眼鏡はどうするのが良いのでしょうか?普通の眼鏡でスポーツに対応できそうなものを選ぶか、スポーツ眼鏡(ゴーグルタイプ)を選ぶかのどちらか多いようです。少年団や習い事教室の方針、もちろんスポーツの種類にもよりますが、普通の眼鏡では接触などにより、眼鏡によって目を傷つけてしまう可能性がある場合には、コンタクトやスポーツメガネを検討してあげましょう。

子供用眼鏡の価格・買い替え頻度は?

眼鏡は高いのがいい?安くても大丈夫?

壊れたメガネ

眼鏡は高くて良いものを買えば良いということはありません。お子さんによってはよく動いてすぐに壊してしまう子もいるでしょう。安い眼鏡を複数買って、予備を用意しておくという手もあります。視力が合っているかはもちろん、丈夫さやお子さんの好みに合った見た目かどうかなども、重要なポイントです。

1年に1度の買い替えは覚悟しておこう

子供の眼鏡は、1年に1度以上の頻度で買い換えることを覚悟しておきましょう。成長の早い子供は眼鏡のサイズもすぐに変わっていきます。視力も変化すればレンズを交換する必要もあります。またやんちゃなお子さんの場合、すぐに壊してしまう可能性もあります。念のために、補償がついている眼鏡の購入をおすすめします。

子供の眼鏡は健康保険の対象!自己負担ゼロもありえる!?

子供用と言えど、眼鏡代は意外と高額で家計の負担になってしまいます。かといって度が合っていない眼鏡を我慢して付けさせていると、どんどん目が悪くなってしまいます。
しかし、今ある制度を使えば、その負担を抑えることができるかもしれません。その条件にはどのようなものがあるのでしょうか?ご紹介していきます。

子供の弱視・治療用眼鏡には助成金が存在

女の子の視力検査する眼科医師

子供の弱視・治療用眼鏡には助成金が存在します。対象となるのは「9歳未満の子どもが使用する」、「弱視、斜視、先天性白内障術後」等の治療に必要だと医師が判断し、処方した眼鏡およびコンタクトレンズを購入する、という条件を満たしている時です。制度を利用したいママさんは、眼科を受診して、医師の診断書とともに申請書類を提出しましょう。すると、自分で購入した眼鏡の代金を、後から助成金として受け取ることができます。

乳幼児医療費助成の対象になれば自己負担はゼロに!

「乳幼児医療費助成」とは、乳幼児が医療機関で受けた治療費、および治療のための代金を負担してくれる制度のことをいいます。負担額・補助金などは自治体によって違いますので必ず確認するようにしましょう。自己負担がゼロになることもあるので申請して損はないですよ。

眼鏡を嫌がる子への対処法

メガネを掛けている子供のイラスト

付けている時の違和感などから、眼鏡を嫌がるお子さんも少なくありません。見た目に気を使う年頃のお子さんであれば、おしゃれでスタイリッシュな眼鏡を勧めてあげましょう。以下で人気の眼鏡を紹介しているので是非ご参考くださいね。また子供向けにキャラクターの眼鏡なども販売されているので、お子さんとフレームを選ぶなどして、楽しく眼鏡がかけられるようにしてあげてください。

人気チェーンのおすすめオシャレ眼鏡!メガネっ子デビューを成功させよう

眼鏡は長く付き合っていくものなので、どこで買うかというのは重要な問題です。もしママやパパの行きつけがあるのならば子供をそこに連れて行ってみるのも良いでしょう。子供用眼鏡は大人用に比べて数が少ないので、種類やカラーが豊富に揃っているお店を探すという手もあります。そこで、子供眼鏡に力を入れているお店と、人気の子供用眼鏡を5つご紹介いたします。

眼鏡市場

眼鏡市場は業界最王手の眼鏡チェーン店です。レンズ付き眼鏡の一式価格を定額にしているのが特徴です。

ニコラコラボスクールメガネ レンズ付 眼鏡一式
ニコラコラボスクールメガネレンズ付眼鏡一式

眼鏡市場

16,200円

小・中学生の女の子に大人気の雑誌「ニコラ」とコラボした眼鏡市場オリジナルのレンズ付き眼鏡です。フレームの内側に、さくらんぼやスイーツなどの可愛らしい柄が!外側のワンポイントも可愛い!女の子が絶対喜ぶ眼鏡です。

http://www.meganeichiba.jp

アンファン

アンファンは子供眼鏡の専門店です。お子さんにも安心して使っていただける高品質な眼鏡を提供しています。

J.F.Rey  HOLLY
アンファのJ.F.Rey HOLLY

アンファ(小倉眼鏡店)

23,000円(税別)

フランスのブランド「ジェイ・エフ・レイ」のキッズシリーズ。リボンのようなフォルムが斬新なオシャレさを醸し出しています。グレデーションしているカラーも他にはない個性的な色合いです。大人っぽいデザインかつポップな感じは、大人も欲しくなっちゃうデザインです。

http://www.ogura-megane.co.jp

Zoff(ゾフ)

Zoffは品質保証とサービスが充実しており、フレームの1年保証や無料の度数交換など新しい制度を作り上げてきました。

Zoff KIDS オーバル
Zoff KIDSオーバル

Zoff(ゾフ)

5,000円(税別)

誰にでも似合いそうで、目元を優しくしてくれるオーバルシェイプの子供用眼鏡。女の子に人気のチェック柄やドット柄が、可愛らしい雰囲気を演出しています。お子さんが違和感なく付けられるように、掛け心地の良さも追求しています。鼻パッドが自分で調節できるのも嬉しいですね。

http://www.zoff.co.jp

和真

和真は、お客様一人一人に合わせた眼鏡をお届けします。眼鏡の使い方、普段の生活スタイルなどをカウンセリングで把握し、最適な眼鏡を診断してくれます。

FOREST JPAN FR2035J
和真のFOREST JPAN FR2035J

和真

15,120円

WOPフォレストのシンンプルなメンズ眼鏡です。シンプルながらもスタイリッシュさを感じるデザインで、永くお使いいただけます。ネジを一切使わないので重量を減らしつつ、緩みにくく、スムーズな開閉ができ、かけてる時の負担が少なくオススメです。

https://www.washin-optical.co.jp

JINS(ジンズ)

JINSはレンズもケースも無料で、フレームをお選びいただくというスタイルが特徴です。返品保証などアフターサービスも充実しています。

デコレート エアフレーム&メタル(Junior)
デコレート エアフレーム&メタル

JINS(ジンズ)

6,372円

デコレート エアフレーム&メタルは、女の子らしい色を選べるキッズ眼鏡です。ピンクとパープルのフレームに、星柄がさりげなく刻まれています。サイドにあしらわれたリボンがチャームポイント!低価格なので、万が一壊しても安心なのはが嬉しいです。

http://www.jins.com

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木下みずき

木下みずき

ウォーキング始めました!運動と食事で5kg減を目指すダイエッターです!