手足口病の初期症状に関する記事

手足口病の初期症状から子供と大人の症状の違い

手足口病の初期症状から子供と大人の症状の違い

手足口病の初期症状や子供と大人別に感染した場合の症状の違いをチェック。子供特有の夏風邪のイメージが強いですが油断大敵です。

マーミーTOP  >  子育て  >  手足口病の初期症状から子供と大人の症状の違い

かかったかも?手足口病の初期症状ってどんな感じ?

夏になると流行する手足口病。幼稚園や保育園など、普段子どもが過ごしている場所で手足口病にかかってしまった子がでてくると、「うちの子は大丈夫かしら?」と不安に思うママも多いのではないでしょうか?
手足口病はどのような初期症状が出るのでしょうか?手足口病の主な症状についてまとめてみたのでお子さんの様子と比べてみてくださいね。

鼻水やくしゃみが出る

原因を探ろうと必死の赤ちゃん

手足口病にかかると鼻水や咳、くしゃみといった風邪症状が出るといった症状が多く見られます。
発疹が出る病気という印象が強い手足口病ですが、実は夏風邪の一種。ヘルパンギーナやプール熱と一緒に、赤ちゃんや幼児から小学校低学年の子供がかかりやすい3大夏風邪と言われることもあります。要は風邪なので、水ぶくれから感染するだけではなく、インフルエンザや風邪と同様にくしゃみからでも感染します。

38度以下の熱が出ることも

手足口病では発疹が出るというイメージが強いですが、発疹は熱の症状と共に(もしくは熱が出て2、3日経過してから)出ることが多くあります。しかし、微熱や37度台の熱で済む場合も多く、初期の段階では「ちょっと風邪っぽいかも」と勘違いする場合も。

発熱後の発疹は手足口病特有の症状

熱に続いて口や手足に発疹が出てきたら手足口病の可能性が高い!周りで手足口病が流行っている時期の熱は、発疹が出てくるかどうかもチェックしましょう。

体をかゆがる

手足口病の初期症状では子どもが「なんかかゆい」と訴えるケースが多くあります。そのときは、子供がかゆがる場所を見ても何も出ていなくても、数日たつと発疹が出てきて「もしかして前触れだったの?」と気づくママもいます。

口が痛いと訴える

病名を知り謎が深まりハイハイする赤ちゃん

手足口病の発疹は、皮膚よりも口の中に早く出ることが多いそうです。
口の中にたくさんの発疹ができると子どもは結構痛がります。痛みのために飲んだり食べたりするのもできなくなることもあります。熱や風邪症状の前触れがないことも多いため、流行時期に子どもが「口の中が痛い」と訴えたら手足口病の可能性を考え口の中をよく観察してみましょう。

手、足に水ぶくれ状の発疹が出始める

子供に発疹が見られると「手足口病か水ぼうそうかな?」と思うケースが多いでしょう。
特に手足口病の発疹は、手や足、口の中にできやすいとされます。しかし、最近ではおしりやひざ、ひじのあたりに発疹ができる子も増えてきているのだとか。手足口病の発疹は、水ぼうそうのように体幹部分にはあまり出ないとされているので、病院に行けばすぐに判別できるでしょう。

手足口病に大人がかかった場合の初期症状

手足口病にかかるのは9割が5歳以下の子どもですが、抵抗力が弱まっていれば大人でも感染する可能性があります。初期症状などは子どもの場合と同じですが、大人が感染すると子どもよりもひどい症状が出ると言われています。
以下では、大人が手足口病にかかった場合の症状について詳しくご紹介します。

子どもと同じような風邪症状が出る

病名や診断方法をパソコンで調べる赤ちゃん

大人の場合でも子どもと同じような風邪症状が出ます。ただし、大人の場合は冬の風邪でも起こるようなスタンダードな風邪症状であるケースが多く、初期の段階では手足口病だと気づかないこともあります。手足口病の初期症状で風邪に似た症状をまとめました。

  • くしゃみや咳、鼻水が出る
  • 熱が出る
  • 寒気がする
  • 筋肉痛や関節痛が起こる

熱が40度近くまで上がることも

子どもが感染しても38度以下の発熱であることが多いですが、大人の場合は40度近くの高熱が出る場合もあります。夏場に高熱が出ると大変苦しく、この時点では「タチの悪い夏風邪引いちゃったかな」と思うかもしれませんね。

指先に違和感が出る

熱が下がって「風邪が治ったかな?」という時期に、手足の先にピリピリとしたしびれが残ることもあるようです。大人で手足口病にかかった人が同じように訴えることが多いので、指に発疹が出る前触れだと考えられます。

発疹に痛みやかゆみを伴う

スマホで調べ物を検索中の赤ちゃん

手や足、口に出た発疹に強い痛みを感じるのも大人が手足口病にかかった場合の特徴です。
5歳以下の幼児がかかった場合、口の中の水泡には痛みを訴えても、手や足など皮膚に出た発疹は痛がらない場合も多いのですが、少し大きくなってから感染すると「皮膚がちくちくする」と感じる子が増えてきて、さらに大人になってからかかると手や足に強い痛みを感じる人も多くなります。

手足口病の発疹が足の裏に出ると歩くのも大変ですし、手の平に出ると物を触るのも痛くて日常生活に支障が出ます。水ぶくれ状の発疹は一週間程度で治りますが、もし発病したら治るまでは水泡の痛みに苦しむことになりそうです。

子どもの看病で感染しないよう気を付けよう!

子どもが手足口病にかかるのもかわいそうですが大人が感染したらさらに大変です。子どもがかかってないか手足口病の初期症状を確認するのも重要ですが、ママが倒れないようにするのも大事です。子どもから感染しないように気を付けなければいけません。

感染経路はくしゃみを通しての飛沫感染、ウイルスがついたものを触ることによる接触感染など様々あります。手足口病には特効薬がないので、もし感染してしまったら自然治癒を待つしかありません。
看病する時は、マスクや手袋を着用する、手洗いうがいをしっかりするなどしてしっかり予防するよう気を付けましょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪