アレルギーの種類・検査項目に関する記事

アレルギーの種類とは?子供に多い食物アレルギーの種類5つ

アレルギーの種類とは?子供に多い食物アレルギーの種類5つ

アレルギーの種類は、発症メカニズムはアレルゲンによって異なるため、症状について知っておくと安心です。中にはアナフィラキシーのような重い症状が現れるものもあることから、原因や検査方法などを事前に知っておくと、もしもの時に冷静に対処できます。

マーミーTOP  >  子育て  >  アレルギーの種類とは?子供に多い食物アレルギーの種類5つ

アレルギーの種類を知ろう!アレルギーの原因から検査まで

一口でアレルギーと言っても、その種類はたくさんあります。原因となる物質「アレルゲン」によって分類すると、その種類はとてつもない数にのぼるのです。

しかし、アレルギー症状を起こさないようにするには、原因を突き止める必要があるので、アレルギーの種類について知っておくことが重要なのです。

そこで今回は、アレルギーの種類のほか、原因や症状、検査方法などについて詳しくみていきましょう。

アレルギーには重篤な症状を引き起こすものがあることから、日常生活からアレルゲンを除去していくためにも、アレルギーの種類を知り、早期発見につなげていきましょう。

アレルギーの発症メカニズムの種類

アレルギーは、一般的によく知っているアレルギーから、あまり聞き慣れないアレルギーまで、発症メカニズムからI型・II型・III型・IV型の4種類に分けられます。それぞれの種類に、どのような特徴があるのかみていきましょう。

I型アレルギー(即時型アレルギー)

鼻をかむ男の子

一般的なアレルギー反応のイメージに最も近い症状が現れるのが、I型アレルギーです。I型アレルギーは、体内に侵入したアレルギーの原因となるアレルゲンに対して、IgEという抗体が働いて起こります。

体内にIgE抗体が増えることで、細胞からヒスタミンなどの炎症性の物質が分泌されて、かゆみやくしゃみなどの症状を引き起こすのです。

I型アレルギーは、アレルゲンが体内に侵入してから、短時間で反応が起こることから「即時型アレルギー」とも呼ばれ、アレルゲンが侵入することで、鼻やのどなどの呼吸器官、皮膚、胃腸にさまざまな影響を及ぼします。

I型アレルギーの代表的な疾患としては、次のようなものがあります。

I型アレルギーの代表的な疾患

II型アレルギー(細胞傷害型アレルギー)

血液のイラスト

II型アレルギーは、アレルゲンに対してIgGやIgMという抗体が働いて起こります。

何らかの原因によって、自分の細胞の表面がアレルゲンとして認識されることで、IgGやIgMが細胞を攻撃することで、アレルギー反応を引き起こすため、別名「細胞傷害型アレルギー」と呼ばれています。

アレルギー反応によって、赤血球、白血球、血小板、リンパ球などの血液細胞が、攻撃の標的となって破壊されてしまうため、さまざまな器官に炎症や障害が現れます。

II型アレルギーの代表的な疾患としては、次のようなものがあります。

II型アレルギーの代表的な疾患

  • 特発性血小板減少性紫斑病
  • リウマチ熱
  • バセドウ病
  • 橋本病 など

III型アレルギー(アルサス型アレルギー)

時計

III型アレルギーは、II型と同様にIgGやIgMがという抗体が働いて起こります。

体内に侵入したアレルゲンと抗体が結び付いた複合体によって、細胞が傷つけられるアルサス反応によって、体内で炎症反応が引き起こされることから、「アルサス型アレルギー」とも呼ばれています。

アレルギー反応が起こるまでに2~8時間ほどかかることから、即時型のI型アレルギーに比べて、アレルゲンの特定が難しいという特徴があります。

III型アレルギーの代表的な疾患としては、次のようなものが挙げられます。

III型アレルギーの代表的な疾患

  • シェーグレン症候群
  • アレルギー性血管炎
  • 関節リウマチ など

IV型アレルギー(遅延型アレルギー)

薬を塗っている女の子

IV型アレルギーは、アレルゲンに対して細胞の中にあるリンパ球(T細胞)が働いて起こります。

アレルゲンが体内に侵入することで、免疫細胞がT細胞を刺激し、炎症物質が分泌されることでさまざまな疾患が引き起こされるのです。

アレルギーの反応が起こるまでに、24~48時間かかることから遅延型アレルギーとも呼ばれます。

代表的な疾患は次の通りです。

IV型アレルギーの代表的な疾患

  • アトピー性皮膚炎
  • 接触性皮膚炎
  • 金属アレルギー など

I型アレルギーのアレルゲンの種類

子供に起こりやすいI型アレルギーの原因となるアレルゲンは、体内への侵入経路などから、以下の3つの種類に分類されます。

アレルギー症状を緩和させるためには、これらのアレルゲンを避けるようにすることが必要なため、どのようなアレルゲンが、どのようにして体内に侵入するのかを知っておくことが大切です。

1食品性アレルゲン

食物アレルギーの原因となる果物のイラスト

「食品性アレルゲン」とは、食物アレルギーの原因となるアレルゲンのことで、それを食べることでアレルギー症状が現れます。

牛乳・卵・小麦の三大アレルゲンは有名ですが、次の20品目は加工品などに使用される際には表示が推奨されているので、購入の際に表示を確認するようにしょう。

あわび、いか、いくら、オレンジ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン、ゴマ、カシューナッツ

2吸入性アレルゲン

花粉のイラスト

花粉やホコリのように、呼吸によって体内に侵入するアレルゲンのことを「吸入性アレルゲン」と言います。室内ではホコリのほかに、カビやダニの死骸、ペットの毛・フン・フケ、寝具に使われている綿や羽毛などが原因となっています。

屋外では、スギやヒノキなどの樹木の花粉や、ブタクサやヨモギ、ススキなどの雑草の花粉がアレルゲンとなります。

3薬物性アレルゲン

薬物など特定の物に触れることによって、アレルギー症状が起こるアレルゲンのことを「薬物性アレルゲン」と言います。化粧品、シャンプー、洗剤などの日用品のほか、風邪薬や食品添加物などでもアレルギーが起こることがあります。

金属やラテックス(ゴム)のように、薬物以外でも触れることでアレルギー症状が起こる物もあるので注意しましょう。

知っておきたい食物アレルギーの5つの種類

野菜と子供達

子供たちにとって最も身近なアレルギーといえば、毎日口にする食べ物が原因の食物アレルギーです。

食物アレルギーは、種類によってそれぞれ起こりやすい年齢や状況も異なるため、これらのアレルギーの種類を知っておくことが、アレルゲンを特定することにつながります。

食物アレルギーは、その症状から5つの種類に分類されます。

1即時型食物アレルギー

食べてから2時間以内に症状が出るアレルギーを即時型食物アレルギーと言います。赤ちゃんから大人まで幅広い世代に起こりますが、年齢とともに症状が軽くなっていく傾向にあります。

じんましんのように皮膚に症状が現れるケースが最も多く、さらに、咳・嘔吐・息苦しさなど、呼吸器官や消化器官にも症状が現れることがあります。

2新生児・乳児消化管アレルギー

寝ている新生児

新生児・乳児消化管アレルギーとは、ミルクを飲んだ赤ちゃんに起こるアレルギーです。ミルクを飲んでから24時間以内に、下痢、嘔吐、血便などの症状が現れます。

ミルクに含まれるタンパク質が原因のため、医師の指示のもとで、アレルギー用ミルクやペプチドミルクを飲ませることによって症状が改善されます。

3食物アレルギーが原因の乳児アトピー性皮膚炎

生後1ヶ月~3ヶ月の赤ちゃんにみられるアトピー性皮膚炎には、食物アレルギーが関連している場合があります。母乳育児の赤ちゃんが、ステロイド剤などの薬を付けても治らない場合は、ママの食事がアレルゲンとして疑われます。

その場合、ママがアレルゲンとして疑われる食べ物の除去や負荷の試験を受けて、赤ちゃんの状態を観察し、それぞれの試験結果によって、食物アレルギーとの関連性を確認するのです。

特に、赤ちゃんが離乳食を始める前に、何がアレルゲンなのか特定しておくと安心です。

4食物依存性運動誘発性アナフィラキシー

救急車

食物依存性運動誘発性アナフィラキシーとは、アレルギーの原因となる食べ物を食べた後で、数時間以内に運動をした場合にアナフィラキシーが起こることです。

学童期から見られる食物アレルギーで、進行が早いことから、呼吸困難や血圧低下などのショック症状が現れたら、すぐに救急車を呼ぶ必要があります。アレルギーの専門医を受診して、原因となる食べ物の特定が必要となります。

また、保育士さんやの学校の先生にも、原因となる食べ物や症状、具体的な対応方法を伝えておくことも大切です。

5口腔アレルギー症候群

口腔アレルギー症候群とは、果物や生野菜を食べることによって、口の中がかゆくなったり、腫れやむくみが起こったりする食物アレルギーです。

花粉症を発症している場合に、花粉と似たタンパク質を持つ果物や野菜を食べることで発症します。基本的に、アレルギーの原因となる果物や野菜を除去するか、加熱処理をすることで症状が改善します。

アレルギー検査の種類

アレルギー症状を緩和させるためには、日常生活でアレルゲンを体内に侵入する機会を減らすことが重要となります。そこで必要になるのが、何がアレルゲンなのかを知ることです。

アレルゲンを特定するためには、主に次のような検査方法があります。

血液検査

受付で保険証を出す女の子

血液中のIge抗体の量が、どのアレルゲンに対してどのくらいあるのかを、血液検査によって調べます。

アレルゲンにはさまざまな種類があり、保険適用範囲内でできるのは13種類までとなっているので、ある程度アレルゲンを特定して行うことが多くなっています。

皮膚テスト

皮膚テストでは、主にスクラッチテストが行われます。

皮膚に、アレルゲンの成分を含む液を少量たらして、専用のプリック針で小さな傷ができるように刺激し、その後、皮膚の赤みや腫れ症状から、アレルゲンを判定します。

そのほかには、アレルゲンを皮膚に2~3日貼り付けて観察するパッチテストもあります。

食物除去試験

食物除去試験では、アレルギーの原因であると考えられる食物を1~2週間除去して、湿疹や下痢などの症状が治まるかどうかを観察します。

特定の食物を除去することで症状が治まった場合は、その食べ物がアレルギーの原因であると疑われます。

食物負荷試験

食物負荷試験では、アレルギーの原因であると考えられている食物を食べることで、どのような症状がどのような間隔で現れるのかを判断します。

実際に症状が現れることから、重篤なアレルギー症状が出る危険性を考慮して、医師の監視下で行われます。

血液検査で分かるアレルゲンの種類

血液検査する医師のイラスト

血液検査によって、何に対してアレルギーがあるのかが分かりますが、陽性反応が出ても症状がでていないものや、検査で検出されないものがあるため、検査はあくまで参考程度となります。

検査は主に次のようなカテゴリに分けられ、さらに絞り込むと150を超える種類があります。

  • 食品
  • 花粉
  • 室内塵
  • 動物
  • 真菌・細菌
  • ダニ
  • 昆虫
  • 寄生虫
  • 職業性アレルゲン
  • 薬物

食品は、卵・牛乳・小麦の3大アレルゲンをはじめとする、食物アレルギーの原因となる食品の検査が可能です。アレルゲンとなる食品は、穀物、野菜、果物、肉、魚介、豆・ナッツ類・乳製品など、実に50種類に分類されます。

花粉は、花粉症の患者数が多いスギやヒノキなどの樹木花粉のほか、最近、広まりつつあるカモガヤなどのイネ科の植物、ブタクサやヨモギ、オオバコのような雑草の検査もできます。

どの植物の花粉なのかを特定することで、飛散ピーク時期に薬を服用するなどの対応ができます。

また、職業性アレルギーとは、職場の環境が原因で起こるアレルギー症状のことで、原因物質には、動物性の絹や、植物性の綿、天然ゴム成分であるラテックスのほか、金属、薬品、化学物質があります。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
れんプー

れんプー

趣味は野球観戦!カープ女子がライバルのアラフォー腐女子です。