水疱瘡の予防接種間隔や回数に関する記事

水疱瘡の予防接種間隔と定期接種/インフルエンザとの順番

水疱瘡の予防接種間隔と定期接種/インフルエンザとの順番

水疱瘡の予防接種が定期接種にかわり、正しい間隔を空けて摂取していない子供の場合、再接種が必要なケースもあり!要注意です。

マーミーTOP  >  子育て  >  水疱瘡の予防接種間隔と定期接種/インフルエンザとの順番

【水疱瘡の予防接種間隔】定期接種化とインフルエンザとの順番

水疱瘡の予防接種が、定期接種に変更されたことはご存知ですか?これまでは助成金が出ていた自治体もありましたが、2014年10月1日より定期接種に変更されました。この変更により赤ちゃん~4歳までの幼児、水疱瘡任意接種を既に行った子供の接種にどのような変更があるのか、ママがきちんと把握しておくことが大切です。

今回は、水疱瘡の予防接種の定期接種、3~4歳の接種回数、水疱瘡の予防接種の間隔、インフルエンザの予防接種との間隔、おたふくかぜの予防接種との間隔について解説します。

水疱瘡の予防接種はいつからできる?

一歳児

水疱瘡の定期接種の対象年齢は、生後12ヶ月~生後36ヶ月まで(1歳の誕生日の前日~3歳の誕生日の前日まで)となっています。

また、水疱瘡ワクチンの定期接種対象年齢で、長期間の療養が必要とされる病気にかかっていた場合は、対象年齢での摂取は行えないことがありますよね。この場合は医学的な判断の後に、特例措置として定期接種を認められることがありますので、お住まいの自治体に相談してみましょう。

対象年齢は広めに設定されていますが、子供は風邪などで接種が遅れていくこともありますので、1歳になったら出来だけ早めに受けるようにしましょう。

水疱瘡の予防接種の「定期接種」ってどういうこと?

これまでは「任意接種」とされてきた水疱瘡の予防接種ですが、2014年10月1日より「定期接種」となりました。一体どのような点が変更になったのでしょう。また、これまで任意接種を行った子供の場合、定期接種は行わなくてもよいのでしょうか?

水疱瘡の予防接種の定期接種への変更

水疱瘡の定期接種への変更により、家庭の料金負担は減少し接種率は向上しました。既に水疱瘡の予防接種を任意で済ませていたご家庭では、「うちには関係ないし…」と思われるかもしれませんが、既に任意接種を済ませていたお子さんへの追加接種が必要なケースもあります。

また、自治体によっては3~4歳の子供への1回目の接種の期日により、自治体からの2回目接種への補助金が受け取れないなどのルールもあるため、対象年齢の子供のママは自治体からのお便りをしっかりとチェックし、必要に応じて問い合わせをしましょう。

定期接種と任意接種の違い

予防接種には、定期接種と任意接種があります。

  • 定期接種

国が乳幼児への接種を強く勧めているワクチン。接種対象年齢内であれば、無料もしくは、安い費用で接種することができます。

  • 任意接種

接種するかの判断を保護者に任されているワクチン。接種費用は自己負担となります。ただし、自治体によっては助成金が出るところもあります。

任意接種だからと言って、医学的に重要度が低いワクチンということではありません。保育園への入園、接種せずに感染症にかかり重症化した場合のリスク、副作用などを考えて、接種するかどうかを判断しましょう。接種するか迷っている場合は、かかりつけの小児科に相談してみると良いでしょう。

水疱瘡予防接種の接種回数

水疱瘡にかかった子供

水疱瘡の予防接種は、1回接種すると重症の水疱瘡の100%を予防でき、2回接種すると軽症の水疱瘡の発症も予防できると考えられています。そのため、定期接種の対象年齢内のお子さんの場合は2回の接種を行います。

また、すでに水疱瘡に感染したことのある子供は、予防接種の必要はありません。水疱瘡の定期接種対象年齢内であっても、「感染により既に免疫を獲得した」と考えられていますので、対象外になります。

既に水疱瘡任意接種を行っている場合

定期接種の対象年齢内(生後12ヶ月~生後36ヶ月)の子供に、既に任意接種を行っている場合、2回接種を行い、2回の接種間隔が3ヶ月以上開いていれば、定期接種の必要はありません

ただし、定期接種の対象年齢内に2回接種を行っていても、接種間隔が3ヶ月以上空いていない場合は、子供の年齢が生後36ヶ月に至っていなければ2回目の接種を再度行う必要があります
この場合、任意摂取した2回目の予防接種の日から27以上の間隔を空けて、2回目の任意接種を行います。

水疱瘡の予防接種はどのくらい間隔を開けたら良い?

水疱瘡の予防接種の間隔は、1回目の接種から3ヶ月以上経過すると2回目の接種が可能となります。3ヶ月以上空けないと、2回目の接種は有効とみなされませんので気をつけましょう。

<標準的な水疱瘡予防接種の年齢>

  • 1回目

生後12ヶ月から生後15ヶ月までの間

  • 2回目

1回目接種後6ヶ月から12ヶ月まで経過した時期

3~4歳の水疱瘡予防接種の回数について

腕に刺さる注射針

生後12ヶ月~生後36ヶ月(1歳の誕生日の前日~3歳の誕生日の前日まで)の定期接種対象年齢では、2回接種となっている水疱瘡の予防接種ですが、任意接種となる3~4歳では、1回の接種でよいとされています。

水疱瘡の定期接種が行われることにより、今後水疱瘡感染の可能性が低くなることが予想されます。ところが、水疱瘡は万が一大人になってから罹ると、子供の頃よりも重症化する可能性が高く、全く接種を行っていない子供の場合はとても心配ですよね。そこで、特例措置として3~4歳(生後36月~生後60月)の子供への1回接種が定期接種となりました。

1回の接種で100%重症化は防げると言われていますが、2回目接種を行っていない子供の場合、万が一感染した場合を考えて任意接種で2回目を受けるとより安心でしょう。

インフルエンザと水疱瘡の予防接種の間隔

予防接種のワクチンには、「生ワクチン」と「不活化ワクチン」の2種類があり、ワクチンの種類により予防接種の間隔は変わります。ただし、同じワクチンを続けて接種する場合は、ワクチン毎に接種する間隔が異なりますので注意しましょう。

<生ワクチンと不活化ワクチンの接種間隔>

  • 生ワクチン

接種後4週間(中27日)以上間隔を空ける

  • 不活化ワクチン

接種後1週間(中6日)以上間隔を空ける

摂取する順番で間隔が違う!

水疱瘡の予防接種は「生ワクチン」、インフルエンザの予防接種は「不活化ワクチン」です!そのため、水疱瘡を先に接種した場合は4週間以上、インフルエンザを先に接種した場合は1週間以上の間隔を空ける必要があります

母親の膝の上に寝かされた赤ちゃん

ですから、水疱瘡の予防接種とインフルエンザの予防接種を同時期に検討している場合は、インフルエンザの予防接種を先に行った方が、予防接種を早く終わらせることができますね。そのため、水疱瘡の予防接種とインフルエンザの予防接種は同時期にスケジュールを組むことをおすすめします。

また、赤ちゃんが行う予防接種の回数は15回以上とも言われ、赤ちゃんの体調によっては毎回順調に摂取できるわけではありません。そのため、小児科によっては2つのワクチンの同時接種を行っている場合もあります。

同時摂取はスケジューリングも簡単になりますし、摂取忘れも減りますので、希望する場合は、かかりつけの小児科に相談してみましょう。

おたふく風邪の予防接種との間隔

おたふく風邪のワクチンは水疱瘡と同じ「生ワクチン」です。ですから、水疱瘡とおたふく風邪の予防接種は、どちらを先に行っても接種間隔は4週間となります。

どちらの予防接種を先に受けるかは、かかりつけの小児科で相談してみるとよいですね。また、同時接種をしている病院もありますので、相談してみると良いでしょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪