水疱瘡の予防接種料金に関する記事

水疱瘡の予防接種料金は無料?子供の対象年齢や大人の相場

水疱瘡の予防接種料金は無料?子供の対象年齢や大人の相場

水疱瘡の予防接種の料金は、定期接種の対象期間を逃すと高額に!早めの接種を心がけましょう。

マーミーTOP  >  子育て  >  水疱瘡の予防接種料金は無料?子供の対象年齢や大人の相場

水疱瘡(水ぼうそう)予防接種料金/子供や大人の任意接種の相場

2014年10月に水疱瘡の予防接種が任意接種から定期接種に変更され、家庭で負担する料金も変更になりました。ただし、定期接種の場合は時期を外してしまうと料金の自己負担額が変わるため、スケジューリングをしっかりと行い早めの接種を心がけることが大切です。そのため、1回の接種料金だけでなく、対象年齢、接種回数、接種間隔などきちんと理解しておく必要があります。

今回は、定期接種の対象年齢・自費接種の場合の接種費用の相場・大人が接種する際の接種費用を中心に、水疱瘡の予防接種についての基本情報をご紹介します。

水疱瘡の予防接種料金は無料!?

これまで任意接種のため料金を家庭で自己負担していた水疱瘡の予防接種ですが、2014年より定期接種となったことで、費用負担が大幅に変わりました。

定期接種の対象年齢

水疱瘡の定期接種は市町村が実施するため、費用は市町村により異なります。ただし、ほとんどの市町村は対象年齢であれば無料で接種できますので、市役所や区役所、市の保健所センターなどに問い合わせたり、市町村から届くお便りを確認したりしましょう。

水疱瘡の予防接種料金が無料または減額の期間

生後12ヶ月から生後36ヶ月に至までの間(1歳の誕生日の前日から3歳の誕生日の前日まで)

保健所の前に立つ女性

自治体によっては、接種の際に接種券やシールが必要で、接種券やシールが無いと無料接種ができないことがあります。また、医療機関が指定されている場合もあり、指定医療機関以外での予防接種は有料になることもあります。

指定医療機関が記されたお便りや接種券、シールなどは、対象年齢前に自治体より郵送されてくることが多いのですが、転居直後などで郵送が遅れる場合もあります。予防接種に関するお便りが届いていない場合は、市役所や区役所、保健センターに問い合わせましょう。

また、長期療養で水疱瘡の定期接種を期間内に受けられなかった場合、審査の結果によっては期間を過ぎてから定期接種を受けられる場合があります。市役所や区役所に問い合わせてみましょう。

接種回数

水疱瘡の予防接種は、1回だと重症化が防げ、2回行うと軽い水疱瘡も予防できると考えられています。そのため定期接種では、対象年齢内(1歳の誕生日の前日から3歳の誕生日の前日まで)に2回の接種を行うこととなっています。

ところが、1回目の接種と2回目の接種は最低でも3ヶ月間隔を空ける必要があるため、1回目の接種が遅れ、2回目が定期接種の対象年齢を超えてしまった場合は、1回しか無料で摂取できなくなってしまいます。そのため、2回目は有料で摂取することとなりますので、水疱瘡の予防接種は早めに行うように心掛けましょう。

2回目の接種料金が有料になるケース

  • 子供が体調を崩して、予定通りに摂取できなかった
  • スケジューリングを行わず、気づいたら接種期間を過ぎていた
  • 任意で2回接種していたが、間隔が3ヶ月空いていなかったため、もう1回接種すべきであることに気づかなかった
母子健康手帳

水疱瘡の予防接種は、任意接種で3ヶ月間隔を空けずに2回接種しても1回とみなされます。そのような場合は、定期接種期間内であれば2回目を定期接種で受けられますので、任意接種を行った子供の場合は、1回目と2回目の接種間隔を母子手帳で確認しましょう。

ただし、既に水疱瘡にかかった子供の場合、免疫を獲得しているとみなされるため、基本的には水痘の定期接種の対象外となり、接種の必要はありません。

水疱瘡の予防接種の特例措置

1度も水疱瘡の予防接種を行っていない3歳の誕生日当日~5歳の誕生日の前日まで子供の場合、特例措置として1回のみ定期接種を受けられます(3歳の誕生日当日~5歳の誕生日の前日までの子供は、2回目を定期接種で行うことはできません)

対象とならない年齢ではお金がかかる?

対象年齢を過ぎてしまったお子さんが、水疱瘡の予防接を受ける場合が、従来通りの任意接種となります。料金は自由診療となるため、基本的には全額負担となります。

ただし、市町村によっては対象年齢を超えたお子さんに対して接種費用の補助が出ることもありますので、お住いの市役所や区役所、かかりつけの小児科などに確認してみましょう。

水疱瘡の予防接種料金の相場は?

赤ちゃんを抱く母親

自由診療による水疱瘡の予防接種料金の相場は、地域により若干の違いがあります。自由診療になるので、病院が独自に費用を決めることができ、同じ市町村の近隣病院であっても料金に差があります。
水疱瘡の予防接種料金の相場は、5,000円~10,000円です。予約の際に、接種費用についても確認しておきましょう。

自由診療とは?

医療機関で受ける風邪や病気などの通常の診療は、健康保険が適用されますよね。これを保険診療と言います。通常、保険診療での患者の負担額は3割、子供の場合は女性がある市町村が多く、無料、1割負担、2割負担などとなります。

一方、自由診療とは健康保険が適用されない診療のことです。予防接種、厚生労働省が承認していない薬や治療などが自由診療となります。自由診療では、医療費を病院側が自由に決めることができます。

水疱瘡の予防接種を大人が受ける場合の費用は?

大人になるまでに水疱瘡に感染したことがなく、予防接種も行っていない場合、子供から感染してしまうことがあります。特に妊娠すると胎児への影響が心配ですので、予防接種を行っておきたいですよね。

大人が水疱瘡に感染したら・・・

診察を受ける妊婦

水疱瘡は、感染力が非常に強い病気です。大人が感染した場合は、子供よりも重症化しやすいと言われています。そのため、無菌性髄膜炎・水痘脳炎・水痘肺炎などの合併症を引き起こす可能性も、子供より高くなっており注意が必要です。もちろん、会社を一定期間休むことになり、お仕事への影響も心配ですね。

また、妊娠中に水疱瘡に感染した場合、お腹の赤ちゃんもウィルスに感染して新生児水痘を発症する恐れがあります。この新生児水痘は非常に恐ろしく、重症化したり命に危険を及ぼしたりする可能性が高いため、妊娠中は特に注意が必要です。これから妊娠を希望し水疱瘡の免疫を持っていない場合は、早めの予防接種をおすすめします。

子供の頃に水疱瘡にかかっていない場合は、お子さんと同時に予防接種を受けることをお勧めします。水疱瘡にかかっていなくても予防接種を受けているか、一度ご自分の母子手帳を確認してみるとよいでしょう。

大人が水疱瘡の予防接種を受ける場合の費用は?

大人が水疱瘡の予防接種を受ける場合は、子供の対象年齢外の接種と同じく自由診療となります。大人の水疱瘡ワクチンをかかりつけの病院で摂取できるか、事前に電話で確認しましょう。
また、大人の場合は水疱瘡の予防接種を受けた後、2ヶ月間は妊娠することができませんので、ご注意ください。

<大人の水疱瘡の予防接種>

  • 接種費用の相場

5,000円~10,000円

  • 接種回数

2回(※2回目は1回目から3ヶ月以上の接種間隔をあける)

水疱瘡の予防接種料金はいくらだった?

水疱瘡の予防接種料金に関する体験を、先輩ママに教えてもらいました。

アマガッパ
29歳

A接種タイミングを逃して・・・

子供の予防接種は接種する種類がふえた分、無料接種に変更されたものあって負担は少なくなっていますよね。我が家の長男が1歳の頃「水疱瘡がそろそろ定期接種に変更されるのでは?」という情報があり、一人目の子供だし保育園に預ける予定もなかったので、とりあえず様子を見ようかなと思って予防接種をしませんでした。

その後、幼稚園入園後も水疱瘡の予防接種のことをすっかり忘れていたら、いつの間にか定期接種になっていました。しかも、5歳までが無料で接種できる特例措置の期限も2ヶ月過ぎてしまっていました。
ただ、未接種に気づいてしまうと子供の為にも打ってあげたい気持ちがあり、仕方なく自費で接種しました。横浜市内の病院では1回8,000円。高いですが、子供の事を思うと必要経費です。

バイオリン
31歳

A親子で仲良く接種

主人に来週に娘の水疱瘡の予防接種に行くという話しをしていると、主人が「水疱瘡にかかったことない」と言い出しました。念のため、義母から預かっていた主人の母子手帳を確認すると、予防接種をした形跡もなし。義母に確認すると、「そういえば、水疱瘡かからなかったね」とのことでした。
娘のかかりつけの名古屋市内の病院が小児科と内科両方ある病院だったので、電話で確認すると、大人の水疱瘡の予防接種も可能で、接種費用は、6,000円とのことでした。大人が水疱瘡にかかると重症化する可能性が高いと聞いたことがあったので、主人にも予防接種を受けてもらいました。
接種当日は、娘と主人で仲良く病院へ。主人も一緒だったせいか、注射嫌いの娘をいつもより泣かなかったそうです。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪