小麦アレルギーの症状・治療に関する記事

小麦アレルギーは治る?除去の注意点・食事作りのコツ

小麦アレルギーは治る?除去の注意点・食事作りのコツ

小麦アレルギーは、乳幼児の3大アレルゲンの一つ。赤ちゃんの離乳食で症状が出て、判明するケースも多いでしょう。年齢が上がると食べられるようになることも多いので、焦らずに食餌療法を続けましょう。小麦アレルギーの子の生活の注意点をまとめました。

マーミーTOP  >  子育て  >  小麦アレルギーは治る?除去の注意点・食事作りのコツ

小麦アレルギーの症状/検査/治療/原因~食事のポイントは?

乳幼児の食物アレルギーは、ママとって悩ましい問題のひとつです。もし、お子さんに食物アレルギーが出たとしても、妊娠中や授乳中のママの食生活と、アレルギーは関係はないとされていますので、ご自分を責める必要はありません。

小麦アレルギーのお子さんだと、「食べられない物が多すぎる」と思われがちですが、工夫ひとつで食べられるメニューも増えます。年齢があがれば、アレルギー反応も弱まり、小麦アレルギーは改善に向かうケースも多いので、今は焦らずに、食生活を見直していきましょう。

お子さんが小麦アレルギーだと判明したママに向けて、小麦アレルギーの症状や検査・治療、生活上の注意点、小麦粉の代用食品を使ったレシピをご紹介します。

小麦粉は3大アレルゲン!牛乳や鶏卵アレルギーとの併発も多い

アレルギー物質の牛乳と卵とパン

小麦は、鶏卵・牛乳とともに、食物アレルギーを引き起こす人が多く、これら3つをまとめて3大アレルゲンとも呼びます。平成21年度の3歳児の食物アレルギーの診断内訳をみると、鶏卵が83.9%と最も高く、続いて牛乳が36.3%、小麦粉が12.9%と続きます。
ただ、残念ながら、小麦アレルギーの場合、卵アレルギーと牛乳アレルギーなど、複数のアレルギーを併発するケースも多いのが特徴です。

小麦アレルギーの症状

小麦アレルギーの症状は、最初は皮膚に出ることが多いです。離乳食を初めて、赤ちゃんにパン粥やうどんなどを食べさせた時に、おおよそ2時間以内に、蕁麻疹や湿疹などが出たり、唇が腫れるなどの症状があれば、小麦アレルギーの可能性があります。下痢な度も要注意です。疑わしい症状が出たときは、念のため小児科を受診しましょう。

小麦アレルギーは、強く反応する子は、呼吸器系に影響を及ぼし、咳をしたり、呼吸困難に陥る危険があります。デパートのパン屋さんの前を通るだけで症状がでる子もいますので、早期の適切な診断と対処が必要です。
はじめて食べる食材は、病院が開いている時間に、1日1種類、小さじ1から始めることを守ってください。一緒に調理すると、原因物質がわからなくなってしまいます。

小麦アレルギーの検査・治療

赤ちゃんやお子さんに小麦アレルギーの疑いがある場合、まずは、かかりつけの小児科かアレルギー専門医を受診しましょう。その際に、なにを、どのくらい食べたら、どのような反応が出たのか、詳しく説明してください。
アレルギー症状が軽度で、前日や当日の体調や食事内容によっては、1度では確定診断に至らない場合もあり、その場合は、食事日誌をつけることを勧められたり、食品除去試験や負荷試験を行う場合もあります。
最終的には、血液検査か皮膚テストによって、アレルギーかどうかの診断がなされます。

医師に相談する親子のイラスト

一般的に、赤ちゃんや乳幼児の場合、消化機能や免疫機能が整う時期まで、アレルギーを引き起こす食物を食べない「除去」という食餌療法が取られることが多いです。ただし、除去する程度や範囲は、子供のアレルギー症状の重慶度によって異なります。
これは必ず医師の診断・指導の下、行いましょう。ママの自己判断で行うと、子供にとって必要な栄養が摂取できない事態になりかねません。

消化器官や免疫機能が未熟な赤ちゃんや幼児期のアレルギーは、成長とともに軽くなっていくことが多く、小麦粉は、3歳までに5割、6歳を過ぎると8割の子が食べられるようになるともいわれています。

小麦アレルギーの原因

人間の体は、外部から異物が入ってくると、排除しようとする働きをします。その排除しようとする働きが、必要以上に強く出てしまうのがアレルギー反応です。食物アレルギーの原因になるのは、多くはタンパク質です。食物アレルギーにはたくさんの種類がありますが、やはり多くの人がアレルギー反応を起こしやすいタンパク質構造を持つ食品があり、小麦粉はその代表的なものといえるでしょう。

小麦アレルギーの子の注意点

先生と話をしているママのイラスト

お子さんが小麦アレルギーだった場合、親が気を付けてあげないといけないことが多数あります。小麦粉は、食品に関して必ず原材料表示する必要がある「特定原材料」です。そのため、家庭での買い出しの際は、必ず商品パッケージ裏を確認しましょう。

一方で、外食時やお友達のお宅へ及ばれするときなどは、そうした成分表示を確認できないケースも多くなります。外食時には、スタッフへ確認を取ったり、お友達のお宅へ行くときは、小麦アレルギーであるということを伝え、できるだけおやつ等は持参した方が良いでしょう。ある程度、親の話がわかるようになったら、本人への教育も必要になってきます。

米粉製品の中に、小麦が混ざっていることも!

米粉パン

小麦粉アレルギーの子にとって、パンはなかな食べられない食品の一つ。それなら、米粉パンをと思って購入する場合も、成分表示には気を付けてください。市販の米粉パンのほとんどは、健康志向や米粉の風味を好む消費者向けに作られた商品であって、小麦アレルギーに対応している商品ではありません。米粉と小麦粉を両方使っているケースも多いのが実情です。

個人のパン屋さんなどは、成分表示が徹底されていないことも多いので、直接聞くことをおすすめします。ただし、症状が重度な場合、パン屋さんでは、常に小麦粉が舞っている状態でしょうから、製造過程で、小麦粉が少量混ざってしまっている可能性もありえます。

小麦粉製品と米粉製品を製造する場所を、完全に分けているお店や工場など、アレルギーの子でも安心して食べられるパンもありますので確認しましょう。お家にホームベーカリーがあるなら、簡単に米粉パンを作ってあげることができますね。

小麦粉粘土などのおもちゃにも注意

食べ物に注意していても忘れがちなのが、子供のおもちゃとして代表的な小麦粉粘土。小麦アレルギーの子の中には、触れただけでも、皮膚が赤くなったり、かゆくなったりする症状が出るお子さんがいます。幼稚園や保育園、児童館、お友達のお家など、小麦粉アレルギーの子が知らず識らずに触れてしまわないように気を付けましょう。

小麦アレルギーの子向けに、米粉粘土や寒天粘土、蜜蝋粘土などが販売していますので、粘土遊びをするときは、こうした製品を利用しましょう。

カレールーやレトルト食品にも含まれている

レトルト食品のパック

小麦粉は市販のカレールーはもちろん、ホワイトソースや○○の素などにもかなりの確率で含まれています。冷凍食品のおかずなど、意外なものに小麦粉が使われていることがあります。

カレーはアレルギー用のルーや、カレー粉と片栗粉で代用すると良いでしょう。片栗粉はとろみをつけることができますので、スープやソースなど工夫して使うとお料理の幅が広がります。

醤油は除去しなくてOK!?麦茶は?

実は、大豆原料の醤油にも、小麦粉は含まれています。ただし、醤油の原材料の小麦は、小麦のタンパク質が分解された状態なので、基本的には除去しなくてOKな場合が多いです。
麦茶もよほど重度でない限り大丈夫と言われていますが、念のため、どちらも、検査をした病院の主治医に確認すると安心です。

小麦アレルギーがある子の食事作り、小麦粉の代用品は?

笑顔の女の子

「小麦アレルギーだとあれも、これも食べられない、可哀相!」と思う方がいますが、代用品でおいしい料理を作ることができます。子供には食べる事の楽しみや喜びを感じてもらいたいですよね。何でも食べられるお子さんのママより少しご苦労をされますが、元気に大きく育つ我が子を夢見て、しっかり食事を摂る子供になるよう工夫をしてあげましょう。

うどんの代わりに、フォーや春雨など米粉・デン粉の麺類

春雨

子供はうどんなどの麺類が好きですし、ママにとっても簡単で嬉しいメニューです。小麦アレルギーの子の場合、麺料理は、フォーやビーフンなど、米を原材料とした麺で代用すると良いでしょう。春雨は緑豆や、ジャガイモ、サツマイモのでん粉を原材料とした麺なのでOKです。つなぎに小麦粉を使っていないことを確認して使いましょう。

「うどんがダメなら蕎麦!」と思う方もいますが、十割蕎麦以外の蕎麦には小麦粉が混ざっているのが一般的ですし、打ち粉に小麦を使っている場合も多いです。特にチェーン店などの安価な蕎麦屋やスーパーなどで販売されているそばは、小麦粉の割合も高いので、食品表示をみて確認してください。小麦粉製品を使用している工場内でおそばを製造していることも表記されています。

お菓子類(パンやケーキ)は米粉に白玉粉、片栗粉をミックス

お菓子類は、小麦粉の代用品として、米粉を使うとうまくいく場合が多いです。白玉粉や片栗粉を混ぜ合わせると、焼き上がり具合も調整できます。そば粉のクレープ(ガレット)などもヘルシーで美味しいおやつになりますよ!

揚げ物はタピオカ粉や片栗粉

タピオカ粉で唐揚げを作るとサクサクして美味しく仕上がります。「タピオカ粉ってどこに売ってるの!?」と思われた方は、ショッピングモールの中にある輸入食品専門店や製菓材料専門店などを除いてみましょう。インターネットでお取り寄せをするのも手軽で良いですね。なかなか手に入らない時は、もちろん片栗粉で唐揚げを作っても大丈夫です。

餃子にライスペーパー

焼き餃子

市販の餃子の皮は小麦粉を使っている物が多いですが、最近は小麦アレルギー対応の米粉で作った餃子皮が販売されています。どうしても手に入らなかったら、ライスペーパーを使うことをおすすめします。ライスペーパーでお店の様な棒状の餃子を作るのも楽しいですよ。餃子と餃子がくっつかないように、フライパンに入れるのが上手に焼くコツです。

小麦粉で作られた餃子の皮で作った餃子を焼く時のように、フライパンにお水を入れるのはNGです。ライスペーパーが溶けてしまいます。

ピザにライスペーパー

ピザもライスペーパーで作ることができます。一枚ずつ水につけて、三枚重ねてフライパンへ敷き、お好みでチーズやトマトソース、ベーコンなどをのせて、蓋をして焼いてください。ライスペーパーのふちがパリパリしてきたら出来上がりです。朝食やおやつとして、思いついたらすぐに作れて、小麦アレルギーの子以外にも、喜ばれるメニューですよ!

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木下みずき

木下みずき

ウォーキング始めました!運動と食事で5kg減を目指すダイエッターです!