酸化防止剤入りワインは危険?に関する記事

酸化防止剤無添加ワインと亜硫酸塩・酸化防止剤は危険?

酸化防止剤無添加ワインと亜硫酸塩・酸化防止剤は危険?

酸化防止剤としてワインに含まれる亜硫酸塩って安全?お酒として飲むだけでなく煮込み料理などお料理にも使うワインについて解説!

マーミーTOP  >  ライフスタイル  >  酸化防止剤無添加ワインと亜硫酸塩・酸化防止剤は危険?

酸化防止剤入りのワインは安全?酸化防止剤を添加する理由

かつてはワインと言うと高級品というイメージがありましたが、今ではコンビニやスーパーで気軽に手に入る食品の1つになりました。お酒として愉しむのも良いですが、価格の安い紙パックやペットボトルに入ったものも多く販売されていますので、煮込み料理やお菓子作りだけでなく、下味をつけるために大量に使用する方も多いのではないでしょうか?

生産量の極めて少ない高級ワインでも、工場において大量生産されるワインでも、ほとんどの輸入ワインには酸化防止剤が添加されています。普段のお料理にも出番の多いワインですから、食品添加物として含まれる酸化防止剤ってちょっと気になる存在ですよね。酸化防止剤をワインに添加する意味と安全性について見ていきましょう。

酸化防止剤とは?ワインの製造工程と酸化防止剤の役割

ワインを醸造しているフランスのワイナリー

ワインはぶどう果汁からできていますので、そのまま放置しておくのでは単純に酸化が進むだけで、おいしく熟成することができません。そのため発酵する前の段階に酸化防止剤の一度目の添加を行い、瓶中に含まれる空気やコルクを通して入りこむ酸素から酸化を防ぐために瓶詰の前に二度目の添加を行います。

一般的にワインの酸化防止剤には『亜硫酸塩』が使用されますが、ワイン大国でもあるフランスでは、ワインを醸造するときに亜硫酸塩を添加することは当然のことと認知されているので、原材料を示す表示に酸化防止剤(亜硫酸塩)を添加したかどうかを記載する義務はありません。ですからフランスで販売されているワインのラベルには酸化防止剤の記載はありませんが、輸入されたワインには日本の基準に合わせて『亜硫酸塩』が入っていることを表記しています。

日本で貼られたワインのラベルに『酸化防止剤』と書かれているので、「日本で酸化防止剤を添加したのか?」と考える方もいらっしゃいますが、決してそうではなく、「日本の基準に合わせて表記を加えただけで、添加物を加えたわけではない」のです。

また、フランスに限らずほとんどのワインにおいて亜硫酸塩は使用されていますので、特殊な製法で作られたワインや発酵をあまり進めずに飲む家庭用ワイン以外は、亜硫酸塩が酸化防止剤として添加されていると認識してほぼ間違いないでしょう。

亜硫酸塩は安全?

ワインを飲み干してグラスを傾ける男性

酸化防止剤としてワインに使用されている亜硫酸塩ですが、亜硫酸塩というと『硫酸』の響きからか、「何か怖い」イメージがありますよね。しかし実際には、ワインは製造過程で自然に亜硫酸塩を発生するので、亜硫酸塩を人工的に加えなくても亜硫酸塩が含有された飲み物なのです。逆に言えば、亜硫酸塩を完全に除去するのは非常に難しいのがワインと言う嗜好品なのです。

食品衛生法ではワイン等の飲料に亜硫酸塩を使用する場合、二酸化硫黄として換算して1kgに0.35g以上を添加してはならないと記載されていますが、これはワインに換算すると約1,080本程度の量になります。もちろん1,000本を一気には飲むようなことはないので、少量ずつ亜硫酸塩は代謝されていきます。つまり、ワインに含まれる亜硫酸塩は害のある量にはなりにくいと言えるでしょう。

喘息の方は亜硫酸塩を避けるべき

デートに最適なスパークリングワイン

一般的には量的にほぼ無害とも言えるワインに含まれる亜硫酸塩ですが、喘息の方が摂取すると症状を悪化させる恐れがあります。また、特定の化学物質に対してアレルギーがある方も、亜硫酸塩を摂取すると頭痛などの拒否反応が起こることがあります。これらの方は、酸化防止剤無添加と記載されたワインも多数あるので、ワインを選ぶときは酸化防止剤無添加のワインを選択する方が良いかもしれませんね。

酸化防止剤無添加のワイン

数多くの種類を扱っているワインバー

世界中に流通しているほとんど全てのワインには、亜硫酸塩が添加されています。ですが、スーパーやコンビニで見かけるワインには、『酸化防止剤無添加』を謳ったワインも多くあります。これらの酸化防止剤無添加のワインは、通常のワインとは何が異なるのでしょうか?

加熱殺菌で酸化を防止

酸化防止の為に栓として使われるコルク

ワインが果汁を使って作るものである以上、空気に触れることで酸化してしまうことは避けられません。ですが、酸化してしまうと味も安全性も損なわれてしまいますので、酸化防止剤無添加のワインは加熱処理を行うことで酸化を防止しているのです。

また、発酵過程でも酸化は進みますので、発酵を人工的に止めるためにフィルターで酵母を取り除き、発酵によって生じるはずの甘みや酸味なども人工的に添加します。製造過程が通常のワインとは全く異なりますので、海外では『果実酒』扱いとなり『ワイン』とは呼びません。

酸化防止剤無添加ワインの味

通常のワインは工業的な加工を施しませんので、農場と保管所だけで作られる農産物です。ですが、酸化防止剤無添加ワインは、一般的には濃縮還元果汁を用いて工場で加工して作られる加工食品です。料理に入れる場合にはあまり大きな違いは感じにくいですが、そのまま飲む場合には全くの別物と感じる方もいらっしゃるでしょう。

酸化防止剤無添加ワインの安全性

酸化による腐敗を防止するために加熱処理が施してありますので、安全性は高い飲み物と言えます。また、喘息の方や亜硫酸塩アレルギーのある方にも適しています。ですが、酸化防止剤を添加しない代わりに甘味料などを添加していますので、必ずしも食品添加物が全くの『無添加』の飲み物というわけではないということは心に留めておきましょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木村さくら

木村さくら

自称「健康オタクで美容オタク」。最近自家栽培にハマってます。