美肌に効果大の食べ物30に関する記事

美肌食べ物の秘訣30!ニキビ・シミ・肌荒れ改善で美白ママに!

美肌食べ物の秘訣30!ニキビ・シミ・肌荒れ改善で美白ママに!

美肌に効果的な食べ物30!「美白になりたいなど」の自分の美肌目標にあったモノを食生活にとり入れていきましょう。

マーミーTOP  >  ライフスタイル  >  美肌食べ物の秘訣30!ニキビ・シミ・肌荒れ改善で美白ママに!

美肌食べ物30で「シミ肌」・「荒れシワ」を改善!食でアンチエイジング

子育て・家事・お仕事が忙しく自分のお肌のケアに時間とお金をかけられないママさん。毎日の食生活を少し変えるだけでも、時間もお金もあまりかけないで美肌ケアができます。
今回は、美肌効果がある食べ物をシミや肌荒れなどお肌の悩み別にご紹介します。美肌に効果のある食べ物を取り入れて、旦那さんやお子さんが「ママの肌キレイ!」と驚くほどの美肌ママに変身しましょう!

シミに効く美肌食べ物5

トマトを食べている女性

自分の顔を鏡で見て、新しいシミを見つけると落ち込んでしまいますね。シミに効果的な食べ物を5つ紹介します。シミ対策は、紫外線が強い春・夏だけでなく、紫外線の弱い冬にも忘れずに行うことが大切です。また、日常生活でも口に入れることの多い白砂糖は、体の中に住んでいる微生物の好物でもあって、微生物が増殖してしまいます、その増えすぎている微生物に、免疫機能が働いてしまって、活性酸素が発生し、その活性酸素の働きにより、シミの原因である老化色素が、脂肪分から生成されます。

発芽玄米

シミに効く食品と言えば、ビタミンCを思い浮かべる人が多いのですが、実はビタミンC以外にもシミに効果のある食品はあります。例えば、活性酸素を除去する作用がある発芽玄米は、シミに効果の高い食べ物です。発芽玄米にはシミの元となるメラニンの生成を抑える働きもありますので、毎日の白米を発芽玄米に変えることで、シミができにくいお肌へと変化していきますよ。

漬物

最近、スローフードとしてその価値が再評価されている漬物。漬物は、アミノ酸や色々なビタミンを含みメラニンの生成を抑制する働きがあるため、シミ対策に有効な食べ物です。
ご飯との相性抜群の漬物。朝食がパン派の人は、ご飯と漬物に変えるだけで、簡単にシミ対策ができますね。季節により色々な野菜の漬物を食べると、その味わいも変わっていき漬物にハマってしまうかもしれませんよ。

トマト

トマトに豊富に含まれるリコピンは、抗酸化パワーが強力でメラニンが生成されるのを抑えてくれる役割を果たします。リコピンは、多量に摂取したとしても健康に悪影響を与えないので、安心して毎日食べることができます。紫外線が強い季節には、トマトを食べることを習慣づけて大切な肌をシミから守ってあげましょう。

リコピンは、脂溶性の性質があるので、生で食べるならドレッシングをかけて、加熱するならトマトと相性が良いオリーブオイルを使ったお料理がお勧めです。

しじみ

しじみは、内臓機能の低下や異常が原因となって、肌にシミが出てしまうことを抑える効果のある食べ物です。シジミに含まれているオルニチンは、肝機能を強化する働きを持っています。しじみというと、二日酔いに効くともいわれ、お酒好きの旦那さん向けの食べ物という印象がありますが、実は、シミに悩む女性にも積極的にとって欲しい食べ物だったのですね。

また、しじみに多く含まれるビタミンB12の働きには、自律神経を安定に働かせる作用があります。自律神経が乱れる、腸内環境が乱れ、肌も荒れてしまうこともあります。自律神経の乱れによるシミは、口の周りにできることが多いですので、口の周りに気になるシミを見つけたら、自律神経も安定化させるためにも、お味噌汁の具材にしじみを入れて普段よりも多く食べるようにしましょう。

納豆

様々な原因でホルモンバランスが乱れることがあります。ホルモンバランスの乱れも、シミができてしまう原因の一つです。女性ホルモンの働きが弱まると、子宮に異常が起こったりし、シミができやすくなります。ホルモンバランスの乱れは、シミだけでなく体に様々な悪影響を及ぼしますので、納豆など豆製品を食べてホルモンバランスを整えましょう。納豆は、調理が不要ですのでやることが多くて忙しい時なんかは便利な食品で、美肌の効果までも望めます。納豆の味に飽きてきたら、納豆に入れる調味料や、大粒や小粒、ひき割り納豆など、豆の種類も変えてみましょう。

ニキビや吹き出物に効く美肌食べ物5

鏡で頬にできたニキビを確認している若い女性

ニキビや吹き出物が出来ると若い証拠かな?なんて冗談で言っていられるのは20代前半まで。アラサー世代になってしまうとニキビや吹き出物なんかが顔に出てしまうと…気になってしまいます。「ニキビや吹き出物が出来るのは体質とあきらめていませんか?」脂質の代謝を活発化させたり、肌の新陳代謝を促す食べ物でニキビを予防したり、治したりすることができます。

ニキビだけでなく美肌をキープするためには脂質や糖分の多いスナック菓子は控えましょう。また、アルコール類も糖分が多いので飲みすぎには注意してくださいね。

パプリカ

体によい食べ物の代名詞でもあるビタミンCを豊富に含む緑黄色野菜。そんな緑黄色野菜の中でも特に優秀なのは、熱に強いビタミンCが豊富に含まれるパプリカです。ビタミンCの効果により過剰な皮脂が分泌されない、サラサラのお肌を目指しましょう。熱に強いので炒め物からサラダまで、色々な料理にパプリカを加えてみましょう。彩りもバッチリ、いつものお料理が一気に美味しく見えますね。

ビタミンB2を豊富に含む卵も、ニキビや吹き出物を予防するには積極的に体にとり入れたい食品です。ビタミンB2には、皮脂の分泌を抑えるとともに脂質の代謝を促してくれる働きがあります。健康上の理由で卵の摂取量が制限されている方や卵アレルギーをお持ちの方は、他の食べ物からビタミンB2を摂取しましょう。乳製品・レバー・海藻・うなぎなどにも同じような働きがあります。

まぐろ

まぐろには、脂質の代謝を助けるビタミンB6が豊富に含まれています。また、ビタミンB6には、ビタミンB2と同じく皮脂の分泌を抑える働きもあります。
まぐろだけでなく、かつお・いわし・鮭にもビタミンB6が多く含まれています。そのどれもが近所のスーパーでも売られているので、家庭でも食べる機会が多い魚です。ニキビや吹き出物が出始めてきたら、食べる回数を増やしてみましょう。

手羽先

お肌をプルプルにしてくれるコラーゲンをたっぷり含んでいるのが手羽先。手羽先に含まれるコラーゲンには、肌の新陳代謝を活発にして、老廃物を体の外に排出する働きがあります。手羽先を食べる時には、コラーゲンの生成を促すビタミンCを多く含む食材と組み合わせることにより効果が高まります。手羽先のから揚げにレモンを絞って食べると効果が期待できそうですね。

牡蠣

すでに出来てしまったニキビや吹き出物を治すには、亜鉛などミネラルを多く含む食品を食べるようにしましょう。牡蠣は、亜鉛を含む代表的な食べ物です。旬な時期に美味しい牡蠣を食べて、ニキビや吹き出物を撃退しきれいな肌を取り戻しましょう。牡蠣に含まれる亜鉛が体の中で効果的に働いてくれるためには、ビタミンCを一緒にとると、亜鉛の吸収率がアップし、その効果も高まります。旬な時期の牡蠣に、ビタミンCが豊富なレモンの果汁をかけて食べみると、
グルメなママも大満足できて、美肌効果まで望めます。

乾燥に効く美肌食べ物5

緑茶

乾燥はお肌の大敵ですね。乾燥に効く美肌食べ物を食べて、お肌を乾燥から守りましょう。乾燥しやすい冬だけでなく暑い季節にもエアコンなどによりお肌が乾燥することがあります。1年を通して乾燥対策を万全にしてくださいね。

食品添加物を含む食べ物は、乾燥肌の大敵です。現代の食生活において添加物を完全に排除することは難しいですが、乾燥肌克服のためにはできる限り控える努力をしたいですね。

アボカド

女性に人気のある食べ物の代表格・アボカドは、お肌への効果も抜群です。アボカドに豊富に含まれる脂質が、肌の角質が乾燥するのを防ぐ役割を果たしてくれます。また、アボカドは、ビタミンAやビタミンCなどのビタミン類が豊富で、肌荒れや乾燥から肌を守ってくれます。栄養豊富で、脂質もいっぱい含まれているアボカドの特徴は、ヘタがきれいで緑色をしていて、持った時に重みがあるものですので、買い物のご参考にしてください!

レバー

レバーには、肌の粘膜を正常に保つ働きがあるビタミンAと、肌のターンオーバー(表皮の新陳代謝や生まれ変わり)の働きを正常に保つ働きがあるビタミンBが豊富に含まれています。レバーは、生の状態から調理すると少し手間がかかる食材ですので、たまにはスーパーやデパ地下などでレバーのお総菜を買ってきて食べるのもよいですね。

アーモンド

小さな一粒に体に良い栄養素がぎっしり詰まったアーモンドには、お肌が乾燥することを防ぐ効果もあります。血行をよくして肌の新陳代謝を促す働きがある、ビタミンEを多く含むアーモンドで手軽に乾燥肌対策をしましょうアーモンドは、カロリーが高い食べ物でもありますので、1度に沢山食べるのではなく、少量を毎日継続して食べるようにしていきましょう。

こんにゃく

ダイエット食材として利用されることの多いこんにゃくは、「実は」肌にも良い食べ物です。こんにゃくに含まれるセラミドは、肌の角質を外からの刺激から守り、角質層の水分を正常にたもつ役割を果たしてくれます。
より高い効果を期待するなら、生芋こんにゃくがおすすめです。特に11月~1月の生芋こんにゃくから出来たこんにゃくには、多くのセラミドが含まれています。

緑茶

手軽に乾燥肌対策をしたいなら緑茶を積極的に飲みましょう。緑茶には、皮膚や皮膚の粘膜を正常に保つビタミンAが豊富に含まれています。コーヒー好きの人は、1日数回のコーヒータイムの1回を緑茶に変えてみるとよいかもしれませんね。また、緑茶の葉(でがらしでもOK)を、入浴剤代わりにお風呂に入れて美肌対策をする人もいます。緑茶には、水道水に含まれる塩素を無害化する働きもあって、何だかお得感がありますよね!

毛穴の開きに効く美肌食べ物5

キウイフルーツの入ったヨーグルト

ママ達の肌の悩みの代表的なもののひとつが毛穴の開きですね。毛穴が開いてしまう原因は、皮脂の過剰な分泌・肌の酸化・肌の乾燥など、人により様々です。原因別に効果のある食べ物をご紹介します。
毛穴の開きやテカリは、必ずしも油分の過剰摂取が原因ではありません。油分にだけ注意するよりもバランスの良い食事をとることの方が大切です。

豚もも肉

毛穴が開く最大の原因である、皮脂の過剰分泌を正常に戻してくれる働きをするのが、ビタミンB群を含む食べ物です。豚もも肉は、ビタミンB1を豊富に含んでいるので、毛穴が気になる方にはお勧めの食べ物になります。豚もも肉を調理する時は、揚げ物などではなく野菜と一緒に蒸し料理にしたり、しゃぶしゃぶなどのお鍋にしたりすると野菜も沢山たべることができ、より効果が上がるでしょう。

かぼちゃ

健康なお肌の為には緑黄色野菜を沢山食べることが大切です。かぼちゃには、皮脂の正常な分泌を促すビタミンB群のほかに、肌の健康を維持するβ-カロテンも豊富に含まれているので、お肌のトラブルが気になる方は、積極的に食べるとよいでしょう。かぼちゃは、食べやすい大きさに切ってレンジで加熱するだけで手軽に美味しく食べることができます。

キュウイフルーツ

肌が酸化してしまい毛穴が開いてしまった人には、ビタミンやポリフェノールを豊富に含む食べ物が効果的です。抗酸化作用が働き、お肌を酸化から守ってくれます。キュウイフルーツは、ビタミンCやポリフェノールを初めお肌の健康に役立つ栄養素の含まれている量が果物の中でもトップクラスです。キュウイフルーツは1年中スーパーで売られている果物なので、「最近化粧のノリが悪くなってきて、毛穴が開いてきたかなぁ~と」感じたら食後のデザートとして、キュウイフルーツを沢山食べましょう。

ほうれん草

肌の乾燥は毛穴が開くもとになります。エアコンがかかった室内にいることが多い方は要注意です。また、洗顔しすぎると逆に肌が乾燥してしまうので気を付けましょう。乾燥肌の人には、肌の細胞の代謝が進み、きめ細やかな肌にする働きがあるカリウムを多く含む食べ物がおすすめです。

ほうれん草には、カリウムだけでなくビタミンCも豊富に含まれているので、乾燥だけでなく酸化による毛穴の開きにも効果があってお勧めですよ。

ヨーグルト

ヨーグルトは、手軽に食べる事の出来る乾燥肌対策に効果がある食べ物です。ヨーグルトには、乳酸菌・ビタミンB群・カルシウム・リンなどお肌の健康を保つために必要な栄養素が豊富に含まれています
ヨーグルトは、商品の種類により含まれる菌がことなりますが、乾燥肌対策にはLB81乳酸菌が効果大。LB81乳酸菌には、肌の保湿を高め乾燥から守るだけでなく、キメ細やかな肌にする・弾力性を改善してくれる効果まで報告されています。

毛穴が開き気味かもと思ったら、ヨーグルトの成分表示を見てLB81乳酸菌が含まれている商品を購入しましょう。

シワに効く美肌食べ物5

コーヒーを飲んでいる女性

シワってどんなに小さなものでも女性は気になるものです。でも、まだ小さい子どもを育てているママには、パックをしたりエステに行ったりする時間は、ほとんどありませんよね。ですから「家に居ながら・食べるだけで」シワ対策ができてしまうお勧め食材を紹介します。ママの日々の努力がシワ対策には欠かせないので、頑張ってくださいね。

アルコール類・過剰な糖質・脂肪分の高い食べ物・インスタント食品などを食べ続けると、お肌のハリがなくなり、シワが出やすくなってしまいますので、食べすぎには注意しましょう。

アセロラ

肌の張りに欠かせないのがコラーゲンですが、コラーゲンが働くにはビタミンCによって合成と分解を促してもらう必要があります。コラーゲンを含む食べ物と共に欠かせないのがビタミンCを含む食べ物です。アセロラは、ビタミンCを豊富に含む食べ物です。ビタミンCは水溶性で水に溶けやすく、体の外に水分と一緒にでていきやすく、体内に蓄積させることができませんので、毎日継続的に摂り続ける必要があります。アセロラは、国内では沖縄県でしか、栽培されていなく、輸入量も限られていて、生のアセロラは中々手に入らないので、ジュースやゼリーなので摂ることをおすすめします。

バナナ

シワが出来る最大の原因は紫外線を浴びて肌が酸化することです。肌の酸化を防ぐには抗酸化作用の強い食べ物を食べるようにしたいですね。バナナは、抗酸化力が強くビタミンB2・B6も豊富に含む美肌食品です。価格をあまり気にせず、1年中食べることのできるバナナに美肌効果まであるとは主婦にとっては嬉しい果物ですよね。特に熟したバナナには抗酸化成分が多量に含まれていて、大きな効果が期待できます。美容のためには、バナナは熟して食べましょう!
けれど、その効果を期待して熟させすぎるとイケませんよ味が…。

うなぎ

コラーゲンを含む食べ物には肉類が多いですが、うなぎにも豊富に含まれています。豚足や鶏皮が苦手という方は、うなぎからコラーゲンを摂るようにしましょう。ただ、最近は国内産のうなぎの価格が高くなっていますので、頻繁には手がでにくい食べ物ですよね。肉類が苦手な方で、コラーゲンの美肌効果も味わいたい方は、うなぎよりも安いあなごを買いましょうあなごは、うなぎと含まれる成分が似ていますので、同じようなシワ予防の効果が期待できます。

土用の丑の日だけは、日頃の頑張っている自分へのご褒美としてうなぎを食べて、肌にも沢山栄養を与えてあげましょう。

乾燥海苔

コラーゲン・ビタミンCと共にシワ対策に欠かせない栄養素が鉄分です。鉄分は、コラーゲンの合成に不可欠なアミノ酸を作り出すという重要な役割を果たしています。鉄分を手軽に摂りたいなら乾燥海苔がお勧めです!海苔は海の野菜とも言われ、栄養たっぷりの食べ物です。おにぎりに巻いたり、麺類や汁物の風味づけに散らしたりと乾燥海苔を出来るだけ食べるようにしましょう。

コーヒー

コーヒーには、ポリフェノールの一種のクロロゲン酸という成分が豊富に含まれています。クロロゲン酸には抗酸化作用があり、シミを予防する働きをしいてくれます。ただ、ポリフェノールは体内に長く蓄積されませんので、効果を上げるためには、毎日2杯以上飲むようにしましょう。朝と午後の子供とのおやつタイムに合わせて、ママはコーヒーを飲むだけでいいなんて、気分転換も出来てとても簡単なシワ対策なのでうれしくなりますね。

美白に効く美肌食べ物5

鏡で自分の顔を見て笑顔の女性

白く透き通るような肌は、多くの女性の憧れですね。美白には、高価な化粧水などが必要というイメージがありますが、毎日の食べ物を少し変えるだけで、憧れの色白の美しい肌に近づくことができるかもしれません。そんな美白に効果のある食べ物を5つご紹介します。

白い肌を目指すなら注意したい物質がきゅうりやレモンなどに含まれる「ソラレン」。ソラレンは紫外線を吸収しやすくする性質があるので、ソラレンを多く含む食べ物を食べた直後には、日光を浴びるのを控えるようにしましょう。

ミカン

美白の為には、やはりビタミンCが欠かせません。ミカンなど柑橘類にはビタミンCが豊富に含まれています。ただ、ミカン・オレンジ・レモンなど柑橘類には、ソラレンが多く含まれているので、食べる時間には注意してください。柑橘系のフルーツは、朝食後ではなく紫外線を浴びにくい夕食後に食べるようにすると良いでしょう。そうすると柑橘類のメリットだけが体に影響します。

はちみつ

はちみつには、美白効果のあるビタミンC以外にも、アミノ酸・ポリフェノールなど美肌効果の高い栄養素が含まれています。また、はちみつは砂糖に比べてカロリーが低いのも女性にとっては嬉しいですね。
はちみつは保湿力が高いため、洗顔や化粧品に混ぜて使用する人もいます。はちみつにも含まれている糖分は、脳のエネルギーでもあり、脳を活性化させる働きもあります。パンにのせたり、ヨーグルトの中に入れたりして毎朝継続的に摂ることにより、美白ママを目指しましょう!

ブロッコリー

ブロッコリーには、美白効果のあるビタミンCがレモンの約3倍も含まれています。ブロッコリーに含まれるビタミンCは、水に溶けやすい性質を持つので、鍋でゆでるよりも電子レンジで加熱する方がビタミンCの損失が少なくなります。ブロッコリーをレンジで加熱してドレッシングやマヨネーズをかけて食べる方が、時間と手間をかけて、ゆでて食べるよりも美白効果があるなんて、毎日が忙しいママにとっては嬉しいことですよね。


鮭に含まれるアスタキサンチンという物質には、高い抗酸化効果とメラニンの生成を抑制する効果があります。
鮭に含まれている美肌に繋がる成分を最大限に得るためには、コラーゲンの豊富な皮ごと食べることが大切です。また、焼きすぎるとアスタキサンチンが損失してしまうため注意が必要です美白効果につながりやすい鮭の調理法は、野菜と一緒にホイル焼きにしたり、電子レンジで加熱してフードプロセッサーなどで皮ごとフレークにしておにぎりに混ぜて食べたりするのもよいでしょう。

豆乳

美白効果のあるビタミンCは、タンパク質と一緒に摂ることにより効果が高まります。豆乳は、良質なたんぱく質を含む食品で、低カロリーのため女性に人気の食べ物です。豆乳には、ビタミン群も豊富に含まれているので抗酸化作用も期待できます。

豆乳飲料もいいですが、豆乳鍋にしてビタミンCを豊富に含む野菜と一緒に食べると、美白以外の美肌効果も期待できます。また、善玉菌が豊富な甘酒と混ぜて飲むと腸内細菌のバランスが整い、腸内環境の乱れから肌荒れしてしまうことの防止効果も得られますよ。

美肌に即効性のある飲み物レシピ

美肌を手に入れるためには、毎日のお手入れや食事が大切だとはわかっているけど、時間に余裕がないというママも多いですね。そんな頑張っているママを助けてくれるのが即効性のある「美肌飲み物」です。友人の結婚式などを控えていて、急いで美肌効果を期待したい時に、役立つ飲み物のレシピを2つご紹介します。

グリーンスムージー

グリーンスムージーは、アメリカのスローフード研究家が考えた飲み物です。野菜や果物に含まれるカロテノイドが肌を明るく健康的に見せてくれます。肌の色が明るくなるだけで顔の印象が随分変わり、若々しくなりますね。

グリーンスムージーの美肌効果を最大限に得るためには、食事とは時間を分けて飲む事、スムージを飲んだら40分以上は他の飲み物は飲まない。また、冬場は冷たいものを飲むと、内臓が冷える原因になりますので、白湯と一緒に飲んだり、体の温まっている昼に飲んだりするなどして冷えを予防しましょう。

作り方はとっても簡単です。早速チャレンジしてみてくださいね。

グリーンスムージーのレシピ

材料: 野菜とフルーツ(飲みやすい比率は 野菜4:果物6)、水
作り方

  1. お好みの野菜とフルーツの皮をむき適当な大きさに切る
  2. 適当な大きさに切った野菜とフルーツと水をミキサーで滑らかになるまで混ぜる

※根菜・牛乳・ヨーグルト・氷などは混ぜない

白湯(さゆ)

「白湯ってただのお湯じゃないの?」と思っている方もいるかもしれませんが、白湯は美容効果の高い飲み物です。
白湯を飲むことで胃腸がゆっくりと温まり、体の血液やリンパの流れがよくなります。それにより、新陳代謝が活発になり、お肌の「ターンオーバー」が促されます。
白湯を飲むタイミングは、朝起きた時と寝る前がお勧め。朝晩の白湯で美肌を手に入れましょう。

美肌になるために~改善したい食べ物を中心にバランスよく食べましょう

「肌にシミがあったり」「肌にニキビが目立ってきた」「シワが目立ってきた」「美白になりたい」などなど、美肌を目指そうと思う理由や事情は、きっと人それぞれですよね。その事情や理由が違ってくれば、食べるだけで美肌効果を発揮してくれる、食べ物も変わってきます。自分の肌の悩みを改善してこんな美肌になりたいという目標にあった、食べ物を体にとり入れていきましょう。

例えば、美白になりたいなら、ミカンやはちみつやブロッコリーを食生活に積極的にとり入れていきましょう。けれど、その効果を期待して、それらばかりの中心の食生活にしてしまうと、健康状態が悪くなってしまう恐れがあります。お肌の健康は、体の健康とも大いに関わっているので、自分の肌状態を改善してくれる食べ物を中心にしながらもバランスのよい食生活を心掛けていきましょう!また、なかなか食べ物だけでは、美肌に効く栄養分をとり入れることが出来ない時には、美肌に効くと口こみで広がっている美肌サプリも試してみましょう。

もちろん、毎日の食べ物の改善だけではなく、生活習慣を改善することで美肌になることもできるので、毎日の生活サイクルのなかで、肌に良いことを取り入れて「ながら美肌」ができるようにしてみてはいかがでしょうか。

そうしていけば、近い日に「パパ」も「子ども」も「ママ友」もホメてくれる美肌ママさんになれます。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木村さくら

木村さくら

自称「健康オタクで美容オタク」。最近自家栽培にハマってます。