肌が乾燥する原因に関する記事

肌の乾燥原因はやりがちな悪習慣!老け込む前に断ち切るべき5つのこと

肌の乾燥原因はやりがちな悪習慣!老け込む前に断ち切るべき5つのこと

シミやシワに、肌のくすみなど、年齢を重ねると誰もが悩む肌トラブル。肌に悪影響を与える1番の原因は、乾燥だって知ってましたか?肌が乾燥する原因は、乾燥した空気だけではありません!普段の悪習慣の中にも乾燥の原因は潜んでいるのです!

マーミーTOP  >  ライフスタイル  >  肌の乾燥原因はやりがちな悪習慣!老け込む前に断ち切るべき5つのこと

綺麗なママの大敵!お肌の“乾燥”5つの原因とは

「若くてキレイなママでいたいのに…」
ファッションや髪型をバッチリ決めても、肝心のお肌がカサカサでは魅力半減ですよね!

そこでママ達のお悩み、 お肌を“乾燥”させる原因を5つご紹介します!見の覚えのある人は、今日から改善して美肌を目指しましょう!

 睡眠不足

睡眠をとる女性

新しい細胞が生成されると、古い細胞は垢となって排出されます。この現象をターンオーバーと言い、このターンオーバーが正常に繰り返されないと、肌の保湿能力が低下し乾燥肌の原因になります。

ターンオーバーを正常に行うために不可欠なのが、成長ホルモンです。成長ホルモンは睡眠中に最も分泌されるので、睡眠時間が不足してしまうとターンオーバーが乱れてしまうのです。
睡眠不足はストレスの原因にもなり、肌に悪影響しかありません。美肌を目指すならば、十分な睡眠が欠かせないのです。

 不規則な食生活

必要な栄養素が摂れていないことが、肌の乾燥の原因となる場合があります。食生活の乱れは、即肌荒れに直結することは、皆さんも肌で感じていることでしょう。

食生活が不規則になると、摂りにくい栄養素は次のとおりです。

ビタミン類

「お肌に良い」=「ビタミン」というのは、周知の事実ですよね。

果物

  • ビタミンAは皮膚や粘膜を正常に保ち、保湿する効果があります。
  • ビタミンB2とB6は正常な肌のターンオーバーに大切な栄養素です。
  • ビタミンEは血行を促進します
  • ビタミンCはしわや乾燥を予防するコラーゲンを生成します

これらの栄養素は食事で摂取できますが、ビタミンB群はストレスや激しい運動によって消費されやすいので要注意です。

亜鉛

ナッツ類

亜鉛は美肌に重要な栄養素で、不足することにより、乾燥肌、皮膚炎、湿疹などを引き起こします。
普段の食生活では摂りにくいうえに、アルコールを分解する際に消費されます。お酒を飲む習慣がある人は要注意です。

タンパク質

私たちの身体の細胞は、タンパク質で合成されています。つまりタンパク質がないと肌のターンオーバーは正常に行われないのです。
そのため角質層内の細胞間脂質やNMF(天然保湿因子)の量が減り、肌の保湿力が低下して乾燥する原因となります。

 喫煙習慣

喫煙する女性の手元

たばこを吸うことは、女性ホルモンの分泌を抑制すると言われています。また、喫煙は美肌に役立つビタミンCを消費します。

ビタミンCは、コラーゲンの生成に必要な栄養素です。コラーゲンなくして乾燥を防ぐことはできないでしょう。
この2つは女性らしいうるおいのある肌に欠かせないものです。乾燥を防いで美肌になるために、たばこは大敵となるのです。

 紫外線対策不足

日差しを帽子で防ぐ女性

冬でも紫外線対策してますか?冬は空気が乾燥するので、お肌の加湿には気をつかっていると思いますが、紫外線については夏ほど気をつかいませんよね。
しかし、紫外線は乾燥肌を招く原因になります。紫外線がお肌の水分を蒸発させてしまうのです。

冬の寒い時期は、真夏ほどのUVケアは必要ないと言えますが、紫外線対策は必要です。UVの化粧下地を使用すると、手軽に取り入れられるでしょう。
また、紫外線の悪影響は、肌が乾燥しているほど受けやすくなりますから、悪循環に陥ることのないように、保湿とあわせて紫外線対策を行うことが大切です。

 間違ったスキンケア

乳液を塗っている女性の手

肌は、お手入れすればするほど良いと思っていませんか?メイク落としや毛穴パックで肌の汚れを取ることに必死になったり、化粧水や美容液を肌に染み込ませようと長時間パッティングしたり…。

しかし、お手入れのし過ぎこそ乾燥肌を招いてしまうのです。お肌の角質層は、少しの摩擦刺激でも傷がついてしまいます。角質層が傷つくと、肌の保湿能力は低下します。

元々の肌の保湿能力を生かし、補うべきところだけ補っていくようなスキンケアが大切でしょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木村さくら

木村さくら

自称「健康オタクで美容オタク」。最近自家栽培にハマってます。