むくみ解消の食べ飲み物に関する記事

むくみを解消できた食べ物飲み物おすすめ体験談

むくみを解消できた食べ物飲み物おすすめ体験談

むくみ解消に効果的な食べ物や飲み物を試した体験談。水分をたっぷり取ることやお茶や紅茶でむくみ解消の対策をしましょう。

マーミーTOP  >  ライフスタイル  >  むくみを解消できた食べ物飲み物おすすめ体験談

むくみ解消に効果的だった食べ物飲み物体験談

むくみ解消に効果的な食べ物や飲み物を試した効果的だった方法を体験談として15人に伺いました。水を沢山飲む方、麦茶やプーアール茶やルイボスティーなどお茶でむくみ改善する方もいるようです。健康的な自然派食品やヨーグルトなど妊娠中の方にも安全な食品でもむくみ解消に効果的です。

またサプリメントや減塩の食事を心がけることで即効効果もあるようなのでむくみ体質改善を目指している方は参考にして下さい。人により効果が異なるケースもありますが、顔や足のむくみに困り悩んでいる方に是非試して貰いたい効果的な方法15選です。

Qむくみ解消に効果的な食べ物飲み物はなに?

むくみに解消に効果的なサプリメント

すらっと
30代後半

Aサプリメントでむくみ体質が改善されました

出産を終えて30代に入った頃から顔がむくみやすくなった私。お酒が大好きで夜に晩酌をするのですが、ちょっと飲みすぎると翌朝の顔が腫れぼったくパンパンに膨らんでしまいそのまま出勤するのが憂鬱になっていました。そんな時に友人から紹介されたのが”しょうがでキュッと”というサプリメントです。私の場合一日3粒を寝る間際に白湯で飲むようにしました。

サプリメントを飲みだして2・3日した頃から朝のフェイスラインがすっきりしてきたように感じました。その後10日ほど経過した頃には周囲から”痩せた?”と聞かれるほど顔がほっそりと変化。それだけではなく、長年悩んでいた冷え性がいつのまにか改善されていつも体がポカポカと温かい感じで体調も良くなり風邪も引きにくくなりました。現在愛飲して8か月が経過しますが、むくみ知らずになり、その上若さや健康も取り戻せて大満足。今後も続けていこうと思っています。

まーむ
33歳

A水分と上手に付き合う

むくみ知らずだった私が妊娠をきっかけに、むくむようになりました。特に膝から下ですが、朝は顔も気になりました。妊娠中は薬やサプリメントも怖くて飲めなかったし、つわりで受け付けない食べ物も多かったので、試したのは、あっさりしているもの限定でした。

やたらと水分が欲しくなったので、水分でむくんでいるんだと思い、飲み物で改善を試みました。水道の水や買ったミネラルウォーターでは効果がありませんでしたが、コントレックスは効いたようです。また、お茶もたくさん試しましたが、杜仲茶と甘茶が良かったです。効果があったものの利尿作用が強すぎたルイボスティーと減肥茶は人によっては会うかもしれません。水分を味方につけると怖いものなしだなと思います。

えりえり
34歳

Aむくみ解消の食材

むくみ予防に毎朝ヨーグルトにくるみを入れて食べていました。ナッツには血液をサラサラにする作用があるそうです。食べ始めてから2カ月くらいしてから、朝起きた時の顔のむくみが治まってきました。一日の摂取量は5粒くらいで、摂りすぎには注意しなければいけません。

ヨーグルトにくるみはとても合うので飽きずに毎日続ける事ができました。砕いて入れるとより食べやすいです。私は朝忙しいので、これにバナナの輪切りを加えてそれを朝ごはんにしていました。血液の循環がよくなったおかげでむくみにも効果があったのだと思います。朝顔がすっきりしていると、気持ちも前向きになりました。むくみは体の中から改善する事が、大切だと思います。

顔や足のむくみ解消に即効性があるあずき茶

にゃんこ
20代後半

A自然の力でむくみ解消

妊娠中期ごろ急に手足がむくむようになりました。妊娠中は、むくみやすい体質になるようですし今まで日常生活で自転車に乗ったりウォーキングをしていたのに急に運動不足になった事も原因のひとつだと思います。私がむくみ予防として実践した方法はゆでたあずきのゆで汁(あずき茶)を飲む事です。あずきは、昔からむくみ解消に効果のある食材と言われているそうで自然派の食材なので妊娠中のママでも安心して取り入れることが出来ました。

あずきのゆで汁(あずき茶)の作り方は、鍋に大さじ3の小豆と3カップの水を入れて火にかけます。沸騰したら弱火にしてアクをとりながら30分ほど煮たら出来上がりです。私には、味にクセがあるように感じましたがむくみに効くことを考えて毎日飲み続けていくと3日目くらいから段々とむくみが解消されて行きました。少し苦手な味でしたが身体に負担をかけずにむくみが解消されたので良い方法だと思いました。

さんらいず
30代前半

A寝る前にはやめたほうがいいかも!

私がむくみを解消できるとおすすめする食材は、スイカです。二人目妊娠中の後期に、運動不足と、クーラーの生活のせいでむくみがひどくなりました。ちょうど夏でとても暑かったこともあり、スイカを食べました。するとトイレの回数がいつもより格段に多くなり、残尿感もありませんでした。

気になっていたむくみも解消されました。あとで調べてみると、スイカには利尿効果があるそうで、そのためにむくみがなくなったようです。でも、あるとき、お風呂上りにのどが渇いたのでスイカを食べて寝たのですが、夜中に何度もトイレに行くことになってしまい、なかなか眠れませんでした。ですので、スイカを食べるときは、寝る前は避けたほうが良いかもしれません。

ぱに
30代後半

Aカリウム・クエン酸・ビタミンEを意識して摂る

妊娠により足のむくみや手のむくみが気になり、食事の部分から気をつけてみました。一般的に言われている「むくみ」をとるといわれているものを、片っ端から試していました。むくみの原因は体内の水分。余計な水分が一箇所に集まりむくんでしまいます。立ちっぱなしだったり、同じ姿勢をとり続けていると、むくみやすいです。体内のナトリウムを排出させ利尿作用を高め、むくみを解消する効果があるカリウム。多く含む食材としては、アボカド、バナナですが、摂りやすいレタスや梨をサラダにしてたべていました。

クエン酸は体の老廃物を排出するだけでなく、新陳代謝を促し血行を良くしてくれるのでむくみを解消するだけでなく疲労回復や冷え性予防などにも効果的です。ダイエット効果もある、朝食にグレープフルーツや疲れたときの定番、梅干しを食べていました。半年ほど続けていましたが、効果はそこそこ。一番効果があったのはプルーンでした。むくみを解消する3成分をどれも多く含んでいるんですね。お通じにもいいし、鉄分も取れる、妊婦には最適でした。ソフトプルーンをそのまま食べていました。三ヶ月ほどで効果が現れました。

むくみ解消に役立つカフェイン入りのコーヒー

紅茶好き
20代後半

A健康志向の人ほど敬遠傾向にあるカフェイン飲料でむくみ解消。

私には三人の子供がいます。三人子供が居るという事は、三回の妊娠期間と授乳期間、コーヒー・紅茶などのカフェイン飲料は極力飲まない時期があるということ。妊娠中は切迫早産などを繰り返していたこともあり、家では絶対安静。おかげで子供たちは元気に生まれてくる事ができたのですが、問題なのは私の身体。妊娠中動かずにいたため、むくみ解消に必要なふくらはぎの筋肉は落ちてしまうわ、身体は赤ちゃんのために脂肪と水分を溜めこみやすい状態に。むくみに悩まされるように。そんな私も出産後、毎日の息抜きに、大好きな紅茶を一杯だけ飲むように。母乳育児だったので一日一杯だけ。

でもそれがむくみに効果テキメン。紅茶に含まれるカフェインには利尿作用があり、身体にたまった余分な水分を排泄してくれる効果が。カフェインが効きやすい体質なのか、紅茶と飲んだ日にはむくみに悩まされることはありませんでした。即効性があり、足を動かすのもおっくうな程むくんでいても、紅茶を飲んで30分後には大分楽に動かせる状態になりました。妊娠中はカフェインを摂れない事も、むくみ悪化に影響していたのかもしれません。今ではすっかりむくみ知らずの健康体です。

みるくる
33歳

AスポーツドリンクはNG

私は初めての妊娠で、スポーツドリンクを大量に摂取していました。やけにのどが渇いて、なぜかスポーツドリンクばかりが飲みたくてよく箱買いをしていました。しかし、手の指や足が次第にむくんでくるのがわかりました。特に、指輪がむくみで外れなくなった恐怖を覚えています。そこで、むくみに効く食材として、海藻類やイモ類、豆腐やカボチャ、ホウレンソウなどが上げられます。

そこで私が実践したレシピは、海藻類と豆腐のさっぱりサラダ。ワカメと豆腐がメインですが、レタスやパプリカ、トマトや水菜等お好きな食材を入れても美味しくさっぱりいただけます。あとはお好きなドレッシングをかけるだけ。また、味噌汁には具沢山の食材を取り入れるよう、けんちん汁や豚汁を作って食べました。豆腐にゴボウ、イモ類はむくみ解消に欠かせません!また、ホウレンソウと豚肉も効果ありで、ホウレンソウを茹で上げ豚肉もさっと湯がいて、ホウレンソウを豚肉で巻いてポン酢につけて食べるのも美味しくヘルシーにいただけます。スポーツドリンクをやめたこととこれらの食材を取り入れたことで、次第にむくみは改善されました。

夏そら
35歳

A即効性あり

毎日ディスクワークで座りっぱなし、運動もほとんどせず、おまけに冷え性。当然毎日脚はパンパンで、まるで別人のようになってしまう方も多いと思います。私もその一人です。仕事の合間を見計らってはマッサージをしたりツボを刺激したり、いろいろ試してはみるのですが、なかなか思うように改善されません。私の場合、特に足の冷えが深刻だったので、せめて飲み物から体を温める物に変えてみようと思い飲み始めたのがプーアール茶です。プーアール茶というと脂肪分解作用によるダイエット効果が有名ですが、そのほかにも腸内環境改善、むくみ解消、デトックス、アンチエイジング、二日酔い解消などそばらしい効果があるようです。

飲んですぐに感じたのは利尿作用です。トイレの回数が増えたことで体内の水分が排出され、むくみが明らかに軽減されました。味に癖はありますが、黒糖を入れたり豆乳で割ったりすると味のバリエーションも増えて飽きません。生姜も温め効果倍増でオススメです。ただし、飲みすぎるとお腹が緩くなったり、極端にトイレの回数が増えたりする場合もありますので、ぜひ自分に合った量でお試し下さい。

女性の悩みのむくみを解消してくれるお茶

みゆみ
30代後半

Aルイボスティーでむくみが解消しました!

妊娠中にむくみが酷かったので、ネットで見つけたルイボスティーを飲んでいました。色々な種類があるルイボスティーの中から、口コミを参考にして購入しました。ルイボスティーはノンカフェインのお茶で、アイスでもホットでも飲むことができます。少し苦味があって飲みにくいので、レモンを垂らしたりミルクを少し入れて飲んでいました。

食間に毎日1杯以上は必ず飲んでいたのですが、飲み始めて1ヶ月後位から体のむくみがなくなってスッキリしました。ホットで飲むと体がポカポカして冷え性にもとても効果があるようです。ノンカフェインなので、出産後の授乳中でも安心して飲み続けることができました。後から知ったのですが、ドラッグストアやスーパーでも購入することができました。

あーちゃん
30代半ば

A暖かい麦茶で効果が出ました

むくみがもともとひどく、一日中立ち仕事をしていると、朝はゆるかったパンツが夜にはパンパンになります。熱ももっていて、しゃがむと痛い時もあるくらいです。むくみに効く食べ物を調べたところカリウムの多く含まれる牛乳、さつまいもなどがありました。しかし、牛乳は苦手でさつまいもはなかなか毎日とれないので、飲みもので探したところ麦茶が良いとわかりました。

それから、毎日暖かい麦茶を一日に500mlから1リットルとるようにしています。麦茶には利尿作用もあるということでトイレも近くなりました。麦茶を毎日のみはじめてから、半年くらいたちますが、足のむくみは結構改善できたように感じます。一日立っていても、パンツがまえほどパンパンにならなくなりました。これからも続けていく予定です。

ちょこら
20代後半

A妊娠中のむくみ解消法

私は、妊娠後期の時仕事で座りっぱなしだったり、通勤時に少し歩いただけで足が象のようにむくんでしまうようになってしまいました。そんな時、見つけたのがティーライフのどくだみたんぽぽ茶です。ノンカロリー・ノンカフェインで妊娠中でも安心して飲むことが出来ました。どくだみ、たんぽぽ根、発酵ギンネム、黒豆のブレンド茶でスッキリした味で何杯でもごくごく飲むことが出来ました。

一日飲んだだけでどくだみの利尿作用によってむくみが少しむくんでいるぐらいにまでおさまりました。お湯で出してあたたかい状態で飲んでもおいしかったですし、冷たく冷やして飲むとより飲みやすく夏だったので私は冷やした状態で飲むことが多かったです。妊娠中はむくみやすくなるため二人目の時は妊娠発覚時から飲んでいたおかげなのかむくむ事なく出産まで過ごすことができました。

塩分が多い調味料の代表塩と醤油

ゆりり
30歳

Aカリウム摂取と減塩が効果的でした

仕事がら座っている時間が長く、夕方になるといつも足がパンパンになっていたので、食事の改善を行いました。塩分の取りすぎがむくみの原因になるとのことだったので料理は基本的に薄味にし、醤油も減塩のものに変えました。また外食したときもみそ汁は具だけ、ラーメンのスープは飲まないよう、とにかく塩分を取らないことを心がけました。

あとはカリウムを豊富に含むバナナとキウイを毎朝食べ、納豆も良く食べていました。意識して食事するようになってから1週間ほどでむくみは落ち着いてきました。妊娠中もひどいむくみに悩まされましたが、妊娠中でも飲める五苓散という漢方を処方してもらいました。こちらも効きが良くすぐに足がすっきりしました。

みどりんご
30代後半

A簡単おいしいデトックス

ズバリ、グレープフルーツです! 妊娠中に大変お世話になりました。妊娠中は酸っぱいものが食べたくなる、は定番ですが、私の場合は「お腹いっぱい食べたい!でも体重は増えたくない!」のただのワガママが動機でしたが、食べ始めてみてびっくり!体重が増えないどころか、脚のむくみも取れていきました。狭く感じていた靴もするりと履けるように。

グレープフルーツを食べなくなると、体重はキープできても、減ることはなかったので、即効性があったのだろうなぁ…と妊婦生活を振り返って感じました。体重増加もプラス8キロに抑え、元気な赤ちゃんに会えましたよ!個人差はあると思いますが、グレープフルーツの香りはシャキッとするし、キッチンに置いておくだけで癒されますし…ムクミも、日々の小さなストレスも、グレープフルーツでデトックス、お試しくださいませ。

なお
30代前半

Aナッツ類でむくみ対策しています。

わたしはむくみ対策としてアーモンドやカシューナッツなどのナッツ類を毎日食べることにしています。なぜならナッツ類を食べることで、むくみを抑えるために体内の水分代謝を整える効果のあるミネラル成分のカリウムを接種することができるからです。

また血液の循環や血流を改善といった効果があるビタミンEも同時に接種することができます。手に入れやすく簡単に食べられるのも良いところです。実際ナッツ類を毎日食べることで、むくみの症状が改善されてきました。立ち仕事のため、仕事中にむくみが辛く感じられることが多かったのですが軽く感じられるようになりました。毎日10粒程度で良いのでぜひナッツ類を食べることを試してみてください。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木村さくら

木村さくら

自称「健康オタクで美容オタク」。最近自家栽培にハマってます。