インフルエンザ予防接種したのにに関する記事

インフルエンザ予防接種したのに感染…ワクチンの効果と目的

インフルエンザ予防接種したのに感染…ワクチンの効果と目的

インフルエンザの予防接種をしたのにかかってしまうのは接種時期に問題があるかも?効果的な接種時期や生活の注意についてご紹介。

マーミーTOP  >  ライフスタイル  >  インフルエンザ予防接種したのに感染…ワクチンの効果と目的

インフルエンザの予防接種をしたのに感染することもある

冬になると毎年のようにインフルエンザが流行しますよね。子供が感染すると本人がつらいのはもちろんですが看病など親の負担も増大します。まして兄弟そろって全滅なんてことになったら本当に大変!看病しているパパやママにうつってしまうと家事にも仕事にも影響がでてしまいます。

そこでインフルエンザに感染しないように予防接種を受ける人も多いですが、せっかく予防接種したのに感染してしまったという話を聞くことがあります。予防接種を受ける意味ってなんなのか疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

ここではインフルエンザの予防接種をしたのにかかる理由や、効果的な接種時期などについてお伝えします。

インフルエンザ予防接種の本当の目的

インフルエンザ予防のマスクと体温計

インフルエンザ予防接種の主な目的は重症化を防ぐことです。
実は予防接種にはインフルエンザウイルスの感染を防ぐ効果はありません。感染した後に体の中に侵入したウイルスが増えて発病するのを防いだり、発病した時に熱やのどの痛みなどを軽減したりする効果があります。そのため予防接種を受けておくと、発病したとしても軽く済むことが多いのです。

また、インフルエンザを発病したことによる合併症を防ぐ効果も期待できます。
インフルエンザに感染した時、一番怖いのが肺炎やインフルエンザ脳症などの合併症です。抵抗力の弱い子供やお年寄り、持病があって免疫力が落ちている方などが重症化しやすいと言われています。発病リスクの高い人が予防接種を受けることにより合併症を予防できます。

このように、インフルエンザにかからなくするというよりも重症化や命にかかわる合併症を予防するというのがインフルエンザワクチンの目的なのです。

予防接種をしてもインフルエンザにかかる理由

予防接種の効果について考える女性

先ほどご紹介したように、インフルエンザのワクチンには感染そのものを防ぐ効果はありません。ただしワクチンを打ったおかげで発病しない人もいますし、残念ながら発病してしまう人もいます。この差はどうして起こるのでしょうか。予防接種をしてもインフルエンザにかかる主な理由をご紹介します。

体調不良の時に打ち十分な免疫がつかなかった

インフルエンザワクチンを打つ時、体調不良だと免疫がうまくつかないことがあります
例えば軽く風邪気味で免疫力が落ちているときにワクチンを打ってもインフルエンザに対する抗体がうまく作られない場合も。「予防接種が予約制で延期すると受けられない」などの理由から多少の体調不良があっても相談せずに受ける方も多いと思われます。インフルエンザウイルスに対する充分な免疫が得られずせっかくの予防接種が意味をなさない可能性もあるのです。

特に子供は2回接種ですし、寒さが増す時期の予防接種ですから鼻風邪を引いていることも多いです。しかも体調不良をうまく訴えられない幼児だったら親も気づかないうちに予防接種をしてしまう可能性も考えられますね。

熱が37.5度以上ある、のどの痛みがあるなど明らかな風邪症状なら受けられませんが、鼻水程度なら迷いますよね。しっかり免疫をつけるためにも体調について医師に相談して決めるのが良いでしょう。

インフルエンザの予防接種を行う時期が遅すぎた

せっかくインフルエンザの予防接種をしたのに、予防接種を受けたタイミングが遅かったために抗体ができる前に感染する可能性があります。
インフルエンザワクチンを受けてから免疫がつくまでは大体2週間ほどかかると言われています。そのため流行時期の直前にワクチンを受けるのでは遅く、充分な予防効果が期待できないこともあるのです。

例年インフルエンザの流行は12月から始まり、1月から3月に流行のピークを迎えます。そのため12月までにはワクチン接種を終えておくのが良いでしょう。

インフルエンザワクチンの効果期間が過ぎた

インフルエンザワクチンの効果が切れるあたりに感染することもあります。ワクチンの効果は5ヵ月ほど続くと言われています。そのため春先に流行した場合に免疫力が切れインフルエンザにかかってしまうことも考えられるのです。

感染を防ぐインフルエンザの予防接種の受け方

インフルエンザの予防接種の効果を最大限に発揮するには予防接種の受け方、接種後の過ごし方も大事です。注意したいポイントをまとめました。

12月中旬までに予防接種を行う

インフルエンザの予防接種ワクチンに使われそうな注射器

インフルエンザの予防接種を行うなら12月中旬までに済ませておきましょう。インフルエンザは12月頃から流行が始まり、翌年の1月から3月までにピークを迎えます。流行のピークに備えてしっかり免疫をつけるためには12月中ごろまでには接種を終えるようスケジュールを立てるのがおすすめです。

子供は体調を崩しがちなので、延期しても大丈夫なように接種スケジュールを考え早めに予約をしておくと良いでしょう。

予防接種を受ける前に体調を整える

日頃から健康に気をつけて白湯を飲む女性

インフルエンザの予防接種に備えて体調を整えておきましょう。予防接種を受ける11月から12月は寒さも増してきて風邪を引きやすい時期です。37.5度の熱、明らかな風邪症状がある場合は受けることができません。体調が悪いとキャンセルすることになり、流行前に免疫が得られない可能性も。そうならないためにも生活リズムを整えて体調を万全にしておきましょう。

「鼻水だけ出る」など受けていいのか判断に迷う場合は医師に相談しましょう。

手洗い・うがいなどで感染を予防する

インフルエンザ予防でしっかりと手を洗う女性

インフルエンザワクチンを打ったから安心と思わず手洗いやうがいといった予防はしっかり行いましょう。先ほどご紹介したようにインフルエンザの予防接種はウイルスの感染を防ぐことはできません。ウイルス感染を防ぐには基本的な予防はしっかり行うことが大事なのです。

流行時期は人ごみを避ける、部屋を加湿するなどの対策も有効です。

予防接種&感染対策でインフルエンザを予防しよう

インフルエンザの予防接種をしたのに発症してしまうとどこかやりきれないですよね。しかし、予防接種は重症化を防ぐのが目的なので、発病を完全に防げるわけではありません。予防接種をした上で手洗いうがいなどの対策をすることが大事です。流行時期に感染対策をすることでインフルエンザワクチンの効果を最大限に発揮できます。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木村さくら

木村さくら

自称「健康オタクで美容オタク」。最近自家栽培にハマってます。