頭皮の日焼け対策とケアに関する記事

頭皮の日焼けによる抜け毛/かゆみ/痛みのケアと紫外線対策

頭皮の日焼けによる抜け毛/かゆみ/痛みのケアと紫外線対策

紫外線による老化は皮膚より頭皮の方が実はずっと深刻で衝撃的!早めのケアでまさかのトラブルを防ぎましょう。

マーミーTOP  >  ライフスタイル  >  頭皮の日焼けによる抜け毛/かゆみ/痛みのケアと紫外線対策

紫外線が及ぼす頭皮へのダメージと予防法!日焼け後のケア4つ

戸外で陽射しを浴びる女性

夏は女性にとって紫外線ケアが欠かせない季節です。日焼け予防には、『露出を控えてUVカット!』が基本ですが、意外と頭皮のケアは忘れられがち!頭皮も肌と同様、日焼けのダメージはかなり大きく、近年増加しているトラブルの要因にもなっています。

健康な頭皮と髪を維持するためにも、頭皮の日焼け防止策も忘れないようにしましょう。もし、頭皮が日焼けをしてしまったらきちんとケアすることも大切ですよ。こちらでは、頭皮の日焼けダメージと予防法、日焼け後のケア、シャンプーについて解説します。

頭皮の日焼け、実はこんなにダメージが大きい!

ちょっとの日差しでも紫外線はふりそそいでいます。ゴミ出し、洗濯物の取り込みなどのちょっとの時間なら…という油断が、実はあなたの頭皮に相当なダメージを与えてしまうのです。

頭皮の日焼けダメージは肌の3倍!

帽子で陽射しをさえぎる女性

なんと頭皮は肌の3倍もの日焼けダメージを受けてしまうそうです。夏に屋外で過ごしたとき、頭皮にヒリヒリ痛みを感じたり、地肌が赤くなったりしたときはありませんか?

もしあなたが、日焼けによる頭皮の異変に気づくことができていれば幸いです。今後の予防対策ができますね。
反対に、頭皮の日焼けに気付かないまま紫外線ダメージを受け続けると、対策が遅れて取り返しのつかないダメージを受けてしまう恐れもありますので厄介です。

光老化

頭皮に紫外線を浴び続けていると、徐々に頭皮の細胞を破壊していきます。顔であればシミやシワを発生させ、実年齢よりも老けて見られる要因でもありますよね。

頭皮や髪も紫外線をうけることで光老化という老化現象を起こしやすくなります。ところが、気分的に髪の毛で守られているせいか、みなさん頭皮の紫外線予防は怠ってしまうことが多いようです。そのため目に見えるダメージを受けて、初めて衝撃を受ける方も少なくありません。頭皮の老化はシミ・シワだけではなく、髪の毛に影響するので恐いですね。

脱色・枝毛・切れ毛

髪の毛を摘んで驚く女性

紫外線がメラニンを分解することで、毛髪を赤茶色に変色させてしまいます。「ただで茶髪になれるなら…」と思う方もいるかもしれませんが、実は変色が大きいと白っぽく白髪のように見えることもあるのです。

また、髪を保護するキューティクルがはがれやすくなり、ツヤのないパサついた髪になってしまいます。さらに、紫外線は毛髪を作る栄養素にも影響し、枝毛や切れ毛も増加させる原因となってしまいます

フケ・かゆみ・抜け毛・薄毛・白髪

夏は皮脂が増えるぶん、日焼けをしやすい状態になります。そのため紫外線による頭皮への影響は、髪よりも深刻。肌が弱い人は頭皮に痛みやかゆみが起こり、フケみたいに皮がポロポロむけることもあります。

また、毛髪の土台である頭皮が痛んでしまうということは、とても大変なことなのです。ダメージに気付かないでいると徐々に頭皮の細胞が破壊されていきます。そして、髪の毛の色を作ることも、髪の毛そのものを作ることさえもできなくなる可能性があるのです。放置すると抜け毛や薄毛、白髪のリスクも…女性にとって深刻な被害の原因、紫外線を甘く見てはいけません。

頭皮の日焼けを予防するには?

不健康な頭皮や髪の毛は、老けて見られてしまう原因にもなります。頭皮を紫外線から守るための予防法をご紹介します。

1頭皮・毛髪用日焼け止め

頭皮や毛髪用の日焼け止め&スプレーを使用しましょう。頭皮&毛髪用の日焼け止めは、ドラッグストアなどで購入できます。

UVプロテクトスプレー100 SPF50+PA++++

UVプロテクトスプレー100    SPF50+PA++++

ドクターシーラボ(Dr.Ci:Labo)

SPF50だと気になるのが乾燥ですが、こちらの商品はうるおい&ダメージケア成分が配合されていて、さらに汗や皮脂もケアしてくれます。落とす時はボディーソープやシャンプーでOK!髪はもちろん、顔や全身、ストッキングの上からでも使えます。

帽子

通気性が良く、色が薄め、つばの広い帽子をかぶりましょう。折りたためるものなら、鞄にしまえるので邪魔になりにくくおすすめです。

屋内の紫外線にも注意

油断しがちな屋内でも、夏場は紫外線量がかなりアップします。ガラスは紫外線を通すので窓際を避け、UVカットフィルムやUVカットのすだれなどをつけて紫外線対策をしましょう。

UVカットの日傘

日傘をさす女性の背中

髪型の崩れが気になる人は、UVカット仕様の日傘を使用しましょう。日傘選びでベストな色は外側が白で、内側が黒の日傘です。外側の白が上からの紫外線を反射し、アスファルトからの照り返しの紫外線を内側の黒が吸収してくれるため、2重ガードで頭皮を守ってくれます。

但し、最近のUV素材は色に関係なく紫外線カットしてくれるものが多いので、色よりもUVカットの素材を選ぶ方が自分好みの日傘でオシャレができて、紫外線対策もできるのでおすすめです。

紫外線の強い時間帯の外出を控える

6月~9月の紫外線は一年間で最も強く、特に午前10時~午後2時の紫外線はかなりの量ですので、できるだけこの時間帯の外出は控えるとよいでしょう。夏場はサマータイムを実施しているスーパーもありますし、この時期だけネットスーパーを利用するのもおすすめです。

曇りの日も油断大敵!

日傘をさす浴衣女性

曇りの日でも、晴れの日の8割は紫外線が降り注いでいるので油断禁物。庭の手入れや子供の散歩はもちろん、洗濯物を干したり取り込んだり、ゴミを出したりするほんの数分でも侮れない紫外線量ですので、日焼け止めで予防しましょう。

頭皮が日焼けをしてしまったときのケアは?

うっかり帽子や日焼け止め対策を忘れたり、日傘がさせない状況だったりで、日焼けをしてしまうこともありますね。もし、頭皮が日焼けをしてしまったら、あきらめず傷んだ皮膚に適切なケアをすることが大切です。
日焼け後に関わらず、女性にも頭皮ケアは必要です!つい薄毛のイメージから男性の方が、頭皮ケアの重要性を感じてしまいますが、年齢を重ねるごとに髪の張りや艶は失われてきますから、女性でも若いうちから日々の頭皮ケアが必要となります。

頭皮を冷やす

肌の日焼け同様に頭皮の日焼けは赤くなったり、かゆみがでたりします。そのような症状がでたら冷やすことが大切です。日焼けは軽いやけどのようなものですから、まずは患部の温度を下げて皮膚を休めてあげましょう。冷たいタオルで頭を包む、温度の低いシャワーを頭皮にかけたるなどの処置でOKです。

保湿する

髪をかき上げる女性

頭皮を冷やしたあとは保湿のケアをしましょう。日焼け後の頭皮は乾燥状態なので、抜け毛や薄毛を発症、増加させてしまう恐れがあります。頭皮に痛みやかゆみがなければ、顔のケアと同じように化粧水を塗布すればOKです。
また、頭皮に痛みやかゆみが残っている場合は、抗炎症成分配合のローションをおすすめします

ひどい炎症には皮膚科を受診

頭皮のケアをしてもなかなか痛みやかゆみがおさまらない場合は、皮膚科を受診しましょう。日焼けがひどい場合は膿やかさぶたとなることがあり、かゆみが増し、抜け毛や薄毛、脱毛症を引き起こすこともあります。

日焼けした頭皮を食事で回復

体の内側からケアすることも大切です。日焼け後は、頭皮を回復させるために食事の栄養バランスにも気を配りましょう。
特に、ビタミンE、ビタミンA、ビタミンB群を積極的に食事に摂り入れてください。血行改善や新陳代謝を促し、皮膚の生成には不可欠な栄養素です。

日焼けした頭皮はシャンプーにも注意!

日焼け後の頭皮はとても過敏になっていますので、ちょっとした刺激にも気をつける必要があります。本来、薬以外のものを塗布することは避けた方がいいのですが、髪の毛を洗わないわけにはいきませんね。その場合、泡立てネットなどを使ってシャンプーをよく泡立てることがポイントです。

決して頭皮に直にシャンプー液をつけることはしないで下さいね。よく泡立てることで泡切れも良くなり、すすぎ残しも防げます。さらに、日焼け後はコンディショナーやリンスを使うのは避けましょう

頭皮に痛みがあるなどのひどい症状の場合は、シャンプーは使用せずにシャワーのみで軽く流す程度にしておきましょう。もちろん、ヘアケアの際の整髪料も控えるべきでしょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木村さくら

木村さくら

自称「健康オタクで美容オタク」。最近自家栽培にハマってます。