女性の加齢臭!原因&対策に関する記事

女性の加齢臭の原因と30代から始めるべき予防法5つ/香水選び

女性の加齢臭の原因と30代から始めるべき予防法5つ/香水選び

女性の加齢臭について、「なぜ臭うの?」「今から実践できる予防法って?」「香水は有効?」などの疑問にお答えします。

マーミーTOP  >  ライフスタイル  >  女性の加齢臭の原因と30代から始めるべき予防法5つ/香水選び

女性の方がピンチ!?加齢臭の原因/対策/香水選びまで徹底解説

中高年男性の代名詞とも言える「加齢臭」。近年、生活習慣の変化により、女性にも加齢臭がある人が増えてきているのです!しかも女性特有の体質から、加齢臭を発しやすいことも部屋でソファに座り足を伸ばす女性わかってきています。年齢を重ねるほど、女性の方がピンチなのです!

口臭を気にする女性は多いのですが、加齢臭は男性だけと思いこんでいる人も少なくありません。ここでは、女性の加齢臭の原因や対策、香水選びのコツなどをご紹介します。

そもそも加齢臭とは?

加齢臭の原因

別名「おやじ臭」とも言われる加齢臭。その臭いの原因になるのが、「ノネナール」という物質です。これは、皮脂腺(皮膚の中で皮脂を作り出す部分)の中にある、「過酸化脂質(酸化した皮脂)」と「パルミトオレイン酸」という脂肪酸が反応することによってできる物質です。

体臭とは違う!

体臭は、汗腺から発生し、汗と皮膚についた細菌が臭いのもとになっていますが、加齢臭は皮脂腺から発生する臭いです。特にパルミトオレイン酸は若いころには分泌されず、中高年特有の物質であるため、加齢と共に加齢臭もきつくなってきます。

どんな臭い?

加齢臭は、前述したように皮脂が酸に反応して起こるものなので、脂が酸化した臭いを発します。人によって臭いの感じ方も違いますが、ローソクの臭い、古本の臭い、チーズの臭い、古くなった化粧品の臭いなどとも言われています。

男性よりも気をつけなければいけないのはなぜ?

男性の場合は、60代を過ぎる頃には皮脂の分泌が減少し、加齢臭がなくなってきますが、女性の場合は閉経後に女性ホルモンがなくなると、より一層加齢臭が強くなるのです。

女性の加齢臭は何歳から?

顔に化粧水を両手でつける女性

加齢臭のもとになるノネナールは、もちろん女性にもありますが、女性ホルモンによって酸化と皮脂の分泌量を抑制されているので、男性ほど臭いがきつくならないのです。したがって、女性ホルモンが減少する30代後半に、加齢臭を感じる人が多いでしょう。

また、皮脂の量は20代から増え始め、最も多くなるのが30代です。皮脂の分泌量は加齢臭に大きく影響するので、女性ホルモンの減少と合わせて、女性は30代から加齢臭に注意する必要があるのです。

皮脂とは?

皮膚の乾燥を予防し、保湿を維持する重要な役割を果たしています!歳とともに皮脂量が増えるのは、老化し乾燥しやすくなる肌を守ろうとしているのからです

臭いが出やすい部位は?

「パパの枕が臭い!」と思うことありますよね?それもそのはず、30代以上に感じられる加齢臭が最も出やすい部位は、頭皮や耳の後ろという枕に接している部位だからなのです。その他、首、小鼻、胸元、背中など皮脂腺が多い部位が臭いが出やすいです。

加齢臭を予防する5つの方法

入浴中と入浴後のケア

風呂に浸かる女性

「忙しいからシャワーだけ」というのはNG!きちんと湯船に浸かりましょう。汗をかくことで汗腺機能が正常化し、加齢臭の予防に繋がります。また、入浴のときに注意したいのが洗髪。泡を立てて髪の毛を洗うよりも、指の腹で頭皮をマッサージするように汚れを落とし、しっかりすすぐように心がけましょう。また、洗髪後はドライヤーできちんと乾かしましょう

アミノ酸シャンプーがおススメ!

肌や髪の毛の主成分はタンパク質であり、すなわちアミノ酸です!同じ成分のシャンプーを使うことで、低刺激でしっかりと汚れを落とすことができます

Re:>>> リ:シリーズ
Re:>>> リ:シリーズ

アジュバン(ADJUVANT)

髪や頭皮の状態に合わせて、5つのタイプがあり、パーマやカラーで痛みがちな髪に適した髪にも地肌にも優しい、アミノ酸系のシャンプーです!加齢臭対策だけでなく、髪の質感や櫛通りもよくなるおすすめシャンプーです

体を洗う時は、柿渋石鹸や抗菌石鹸・加齢臭用のボディーソープなども酸化した皮脂を取り除く効果は期待できますが、強い成分のものもあるため、お肌にあったものを使うようにしましょうね。

また、入浴後はボディーローションなどで保湿ケアをしっかりとおこなうことも大切です。せっかく臭いや汚れを落とすために体を洗っても、保湿ケアが充分でなければ皮膚のバリア機能を守ろうとして、皮脂量が増えてしまいます。

野菜中心の食生活

野菜サラダ

現代人の食生活は欧米化がすすみ、脂物が多く野菜が少ない食事に変化してきています。これによってミネラルやビタミンが不足し、体内で脂を充分に分解することができずに、加齢臭の原因となってしまうことがあります。

また、多くの野菜に含まれるビタミンEやビタミンCには、活性酸素を抑える抗酸化作用があり、酸化を防げるので加齢臭対策には有効なのです。

加齢臭予防に摂り入れたい野菜

  • ビタミンE

落花生、モロヘイヤ、赤ピーマン、パセリ、大根葉、ニラなど

  • ビタミンC

ピーマン、ブロッコリー、芽キャベツ、ほうれん草、カリフラワー、ジャガイモ、さつまいもなど

ストレスを溜めない

ストレッチする女性

ストレスを溜めると体内で酸化が起こりやすいと言われています。睡眠を充分にとり、適度に運動をすることがストレスを溜めないためには効果的です。

また、適度に運動することで、さらに体内の酸化を防ぐことができます。特に有酸素運動が効果的なので、ウォーキングやジョギングなど無理なく続けられる運動をしてみると良いでしょう。

ホルモンバランスを整える

ホルモンバランスが乱れると、体内で酸化が起こりやすくなってしまいます。まずは、生理開始日と生理終了日をチェックすることで自分の生理周期を把握しましょう。そうすることで、ホルモンバランスを整えようと意識することができます。また、太り過ぎや痩せ過ぎの人もホルモンバランスが乱れやすいので、暴飲暴食や無理なダイエットは控えるようにしましょう。

生活習慣の見直し

喫煙や飲酒も加齢臭の大敵です。まず、喫煙によって活性酸素の量が増え、体内で酸化が起こりやすくなってしまい、加齢臭を引き起こしてしまいます。それでなくてもタバコの臭いは身体に染みついてしまうので控えたいですね。

また、飲酒によってアルコールが体内に入ると肝臓で分解される際にアセトアルデヒドという物質が発生します。このアセトアルデヒドの臭いが加齢臭のもとのノネナールの臭いとよく似ているため、不快臭となるのです。他人に不快臭を与えたくないならば、禁煙・禁酒を心がけましょう。

香水による加齢臭対策

香水は加齢臭をカバーできるの?

女性首筋に指で触る

「香水と加齢臭が混ざり合って、余計に不快臭になるんじゃないの?」と心配している人も多いでしょう。でも大丈夫!肌を清潔に保った上で香水を使用するなら、大抵の場合は加齢臭をカバーすることができます。また、香水を使用することで、自分の臭いを気にしないで過ごせるならばストレスも軽減できるので、加齢臭対策には効果的なのです。

ただし、加齢臭と似た系統の香りは逆効果!加齢臭を余計に強調させてしまうと言われています。ムスクやシラカバの香りは避けましょう。

どんな匂いの香水がおススメ?

柑橘系の香りが加齢臭には有効的と言われています。オレンジやレモン、グレープフルーツなどのさっぱりした匂いのことで、これらの柑橘類は洗剤に使用されることもあるくらい臭い消しの効果があるのです。ただ、柑橘系の香りは持続時間が短いのでこまめに付け足すようにしましょう。

その他、ラベンダーや木の香り、ローズマリーなどのさわやかな香りも有効と言われています。これらは柑橘系よりも香りが長持ちすると言われていますのでおすすめです。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
れんプー

れんプー

趣味は野球観戦!カープ女子がライバルのアラフォー腐女子です。