手足の冷えの原因と改善策に関する記事

【手足の冷えの原因と改善法】手先/つま先が温まる5つの生活習慣改善策

【手足の冷えの原因と改善法】手先/つま先が温まる5つの生活習慣改善策

多くの女性が悩まされている手足の冷え。その原因を突き止め、改善する方法を紹介します。

マーミーTOP  >  ライフスタイル  >  【手足の冷えの原因と改善法】手先/つま先が温まる5つの生活習慣改善策

手足の冷えって治るの?体を温めても治らない冷えの原因&改善法

寒い季節、いくら身体をあたためても、手足は冷たいままという悩みを抱える女性は少なくありません。
さらに最近では寒い季節だけでなく、エアコン環境や現代特有の生活習慣により、夏も含めて一年中手足の冷えに悩まされている、という女性が増加しています。

夏場はエアコンによる冷えを感じやすくなりますが、冬場にも冷えを感じる人は、暖房で表面を温めるだけでは冷えを解消できなくなってしまいます。冷えは交感神経にも作用し冬バテの原因となり、疲れが取れなかったり、風邪をひきやすかったり、頭痛になりやすい等の症状が出る可能性があるので注意が必要です。

手足の冷えの4つの原因

私たちの身体は、汗をかいて熱を逃がしたり、血流を変化させたりすることで、一定の体温を保とうとしています。
ところが体を温めているのに、手足が常に冷えてしまうという女性は、この体温調節機能が正常に働いていない状態といえます。この末端冷え状態には、次のようなさまざまな原因が考えられます。

適温すぎる環境

社内で快適そうな女性

現代では、オフィスなどいたる所で、エアコンがきいて適温に保たれています。
とても心地よい環境かもしれませんが、実はそのせいで体温調節機能が麻痺してしまい、肝心なときに働かなくなることがあるんです。
体温を調節する機能が低下していることも、冷えの原因になります。

筋肉量が少ない

ウエストをメジャーで計る女性

定期的な運動を行っていない人は、筋肉量が徐々に減ってしまいます。筋肉が少ないと、運動による発熱や血流量が少なくなってしまいます。そのため、身体は冷えやすくなってしまいます。
男性より女性の方が冷えになりやすいのは、このためとも言われています。

身体を締めつける服装

補正下着や少しきつめの服を着ることはもちろん、何枚も重ねて着ることで身体が締めつけられ、血行を妨げてしまいます。血液の循環が悪くなると、冷えの原因になります。
また、きつい靴下などをはくと、指先を動かしにくくなりますが、そのことも血行を悪くする原因となってしまいます。

ストレス

辛そうに頭を押さえる女性

強いストレスは心身のバランスを崩してしまうことがあります。特に、自律神経に大きく影響し、正常に機能しなくなってしまいます。
この自律神経が、体温調節の命令を出しているので、きちんと機能しなければ、手足の冷えの原因になるのです。

つら~い手足の冷えとサヨナラするための5つの改善法

手足の冷えを改善させるためには、ただ厚着をしたり、暖房の温度を上げるのではなく、体温調節機能を回復させることが大切です。
そのためには自律神経を正しく機能させ、全身の血行をよくすることが大切!体の中から、冷え対策を行っていくと良いでしょう。

身体をあたためる食材を食べる

大根、生姜、南蛮

身体を温めるために、熱してあたたかいものを食べれば良いというものではありません。実は食べ物には、身体をあたためるものと冷やすものがあります。
一般的に、冬に収穫する野菜は身体をあたためるものが多く、夏に収穫される野菜には身体を冷やすものが多いです。そのため、ダイエット中にサラダばかり食べていると、体は冷えてしまいます。

また、生姜や唐辛子なども身体をあたためてくれます。これらの薬味と、大根やカブなどの根菜を組み合わせたメニューがおすすめです。

白湯を飲む

コップで白湯を飲む女性

朝食前や就寝前に白湯を飲むと、胃腸が温まって血行が促進されます。飲み過ぎは良くありませんが、一日800ml程度の白湯は冷えに効果的です。
50~60℃の白湯を10分くらいかけて、ゆっくりすするのが効果的です!

適度な運動

汗を拭く女性

筋力量をアップさせるためにも運動は欠かせません。また、少しの運動でも血行が良くなるので、身体もあたたまります。
一日30分程度のウォーキングだったら、気軽にできるので取り入れやすいですよね。

ぬるま湯に浸かる

ゆっくり長時間お風呂に入ったり、下半身を温める半身浴をすることで、リラックス効果がありストレス解消になります。
また、少しずつ身体を温めることで、身体の芯から指先まであたたまり、入浴後も冷えにくくなります。

良質な睡眠

睡眠に勝る良薬はありません。睡眠時間をきちんと確保することは、規則正しい生活をすることに繋がります。夜22:00~2:00はきちんと睡眠をとるようにしましょう
規則正しい生活をすることで、自律神経の働きは安定し、良質な睡眠はその日のストレスをリセットする効果があると言われています。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木村さくら

木村さくら

自称「健康オタクで美容オタク」。最近自家栽培にハマってます。