マスクをつける効果とはに関する記事

マスク予防効果を知ろう~他の人にうつさない咳エチケット

マスク予防効果を知ろう~他の人にうつさない咳エチケット

マスクはウイルスをカットできないので効果がないという意見があります。しかし、マスクの効果はそれだけではありません。意外と知られていないマスクの使い方をご紹介します。マスクを上手に使ってインフルエンザ予防や花粉症対策の効果を高めましょう。

マーミーTOP  >  ライフスタイル  >  マスク予防効果を知ろう~他の人にうつさない咳エチケット

マスクは予防に効果的!風邪や花粉症の広がりを抑えるマスク効果

花粉が飛び始める時期やインフルエンザなど風邪がはやる季節になると、電車や町の中の人のほとんどがマスクをつけていますね。少し異様な光景にも見えますが、マスクはエチケットになりつつあります。一方、実は、「マスクには風邪を予防する力はない」という声も上がっています。

実際はどうなのでしょうか。もしマスクにウイルスを防ぐ力がないとしたら、なぜみんなマスクを付けているのでしょうか。風邪だけでなく花粉症にはマスクの効果は期待できるのでしょうか。今まで何気なくつけていたマスクについてご紹介します。

マスクをする目的

マスクをした人々

マスクにウイルスを防ぐ力がないという人がいる反面、ほとんどの人が人込みに行く際マスクをつけています。いったいなぜなのでしょうか。やっぱりマスクには風邪を予防する力があるのでしょうか。今まで深く考えずマスクを付けていた人は、マスクの意味について考えてみましょう。

マスクでウイルスの侵入は防ぐ?

マスクには99%ウイルスカットなどと書かれた商品が多く見られますが、実際のところどうなのでしょうか。冬になると毎年大流行する「インフルエンザ」でいうと、一般的なマスクの目よりもインフルエンザウイルスの方が断然小さいので、マスクでウイルスの侵入を防ぐというのは難しいです。ウイルスのほかにも、ほこりや花粉も同じ事が言え、完全に防ぐ事はできません。

自分のウイルスをまき散らさない

マスクをしている女性

ウイルスを完全に防ぐ事ができなくても、マスクをすることで自分の咳やくしゃみを周りに飛び散らさない効果はあります。家族や周りの人にウイルスを移さない効果が期待できるので、自分が風邪をひいてしまった時は、エチケットとしてマスクをするとよいでしょう。しかし、これも完全に防ぐという訳ではなくあくまで「抑える」という事が目的になります。

マスクをしましょう

マスクの有効性は公的には照明されていません。しかし、咳やくしゃみがある時はマスクをするよう厚生労働省が推奨しています。周りの人にうつさないように「咳エチケット」を心がけることはとても大切なことです。ただ、子供はマスクの着用を嫌がるかもしれません。無理にさせるわけにはいかないと思いますが、できるだけ着用した方がいいでしょう。

マスクをすることで期待できる効果

マスクしてもウイルスをカットする事ができないのなら、つける意味ないじゃない!と思った方もいるかもしれません。しかし、ウイルスをカットするだけがマスクの役割ではありません。いろいろな役割ができるマスクのポテンシャルをもう一度信じてみましょう。

風邪になりにくい

風邪などのウイルスは冷たい空気と乾燥を好みます。しかし、マスクをする事で口や鼻周りの乾燥を抑える事ができます。乾燥を防いで、口回りが潤っているとウイルスも繁殖しにくいので、結果、風邪をひきにくくなります。

接触感染を抑える

マスクを持っていなかったら、くしゃみや咳をする際はたいていの人が口元を手で覆いますよね。しかし、手にもウイルスがたくさんついています。マスクをする事によって、自分の手で口や鼻の周りを直接触る機会が減る事からウイルスの侵入を減らせます。また、手洗いうがいと合わせて行うと効果が倍増します。

お肌が保湿される

風邪予防とは直接関係ないかもしれませんが、マスクをする事でお肌が保湿されます。これは、マスクをする事で口や鼻の周りのお肌が自分の息で保湿されるからです。冬のやっかいな乾燥対策にマスクは役立ちますね。

寒さを軽減できる

マスクをしていると、顔に直接冷たい冷気が当たらないので寒さを軽減できます。また、自分の吐く息は温かいので、温かい空気で顔が覆われる事になりますね。寒い時期は防寒の一種としてもマスクを活用する人も多いです。

マスクの効果を引き出すつけ方

ウイルスはカットできなくても、風邪の予防には効果が期待できるマスクですが、間違った付け方をしていてはもともこもありません。せっかくのマスクの効果を最大限に活かすマスクの付け方をマスターしましょう。

眼の下から顎までを覆う

マスクをしている子供

眼の下から顎までしっかりと覆うというのは基本中の基本です。たまに、息苦しいからと鼻を出した状態でつけている人を見かけますが、これではマスクの意味がありません。通常、人は鼻呼吸なので、鼻からウイルスが入りやすいにも関わらず、鼻を出していてはマスクの力を発揮できませんね。

つけているときはマスクを触らない

マスクをつけている時に、上げたり下げたり、やたらとマスクに触る人がいますが、これはやめた方がよいでしょう。マスクにはたくさんのウイルスがついているにも関わらず、それを手で触って他の物に触ると、どんどんウイルスを広げてしまいます。一度つけたらなるべくマスクは触らないようにしましょう。

適宜交換する

いろんな種類のマスクがありますが、どのタイプにしろ、マスクは適宜交換しましょう。特に外で使用したマスクにはウイルスやほこりなどがたくさんついていますので、使いまわさないようにしましょう。

外から帰ったら捨てる

外で使用していたマスクにはウイルスや花粉、ほこりなどがたくさんついています。付着したウイルスや花粉を部屋にまき散らさないためにも、外から帰ってきたらマスクはすぐに捨てるようにしましょう。

マスクは毎日交換する

使いすてマスクを「今日はあまり使ってないから明日も使っちゃおう!」という人もいるかもしれませんが、これはタブー中のタブーです。短時間しか使っていないのに捨てるのはもったいないかもしれませんが、不衛生なのでマスクは毎日交換するようにしましょう。

マスクの選び方

ホワイトボードのイラスト

マスクにもいろいろな種類がありますよね。ガーゼタイプは何度も使えるのが魅力的だし、不織布タイプは手軽に試せるし衛生的だし、いったいどんなマスクが一番いいのでしょうか。マスクを選ぶ際のポイントをご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

使い捨てマスク

ガーゼでできた、洗って繰り返し使えるタイプの方が経済的に感じますが、使い捨てタイプの方が目が細かく、ウイルスや花粉の侵入を防ぎやすくできています。使い捨てタイプも50枚入りなどたくさん入っているものを選べば、そこまで値段も高くありませんし、家族みんなで気軽に使えるのもいいところですね。

顔の形に沿っている

マスクは顔の形に沿った、できるだけ隙間のないものを選ぶようにしましょう。鼻の部分はたいてい針金が入っており、折り曲げて使うと顔にフィットするようになっていますので活用しましょう。また、顔のサイズに合っていないものを選んでしまうと、隙間ができてしまうので購入の際は注意しましょう。

息がしやすい

息がしやすいのもマスク選びにとって、重要なポイントになりますよね。息がしづらいマスクは、長時間つけておくのがつらくなってしまいます。業務用や医療用でない限りそこまで目が細かいものは少ないですが、初めて使うものは少量を購入して試してみるのもよいでしょう。

耳が痛くない

マスクをしていると耳が痛くなるという人は意外と多いですよね。ゴムがきついというだけでなく、皮膚と擦れてしまい痛くなるという場合もあります。なるべく柔らかい素材のものを選ぶようにして、自分の肌に合わない場合は、無理をせず他のマスクを試すようにしましょう。

効果が期待できるマスクおすすめ3選

マスクは、実際に使ってみないと自分に合っているかどうか分かりません。でも、ドラッグストアにずら~っと並んでいる中から選ぶのにいつも迷ってしまうなら、これからご紹介するマスクを試してみてはいかがでしょうか。自分に合うものが見つかるまで、いろいろ買い替えてみるのもいいですよ。

シルキータッチモア

シルキータッチモア

玉川衛材株式会社

500円+税

なんといっても肌さわりのより質感が特徴。耳かけも柔らかい素材で痛くなりにくいのも女性にうれしいポイント。他にも顔のラインになじむ作りは隙間を作らず、三層構造フィルターでウイルスや花粉をしっかりカットしてくれます。

https://www.tamagawa-eizai.co.jp

超快適®マスク 香るアロマ®

ユニチャーム超快適®マスク 香るアロマ®

ユニ・チャーム

369円+税

マスクの内側に香りのカプセルがついているマスク。マスクをつけているだけで気分もリフレッシュできるのはうれしいですね。香りは3種類から選べます。本物シルク配合のシルクタッチフィルタや、やわらか耳かけ、息がしやすい構造になっているのもポイント高いですね。

http://www.unicharm.co.jp

はじめてのマスク

ピジョンのはじめてのマスク

ピジョン

460円+税

1歳半から使えるマスク。マスクを嫌がる子供でもつけやすい立体構造だから、顔に張り付かず快適に過ごせます。もちろん針金も使っておらず赤ちゃんにやさしい肌触りと痛くならない耳かけを採用。真ん中についているくまちゃんのイラストで、子供もきっとマスクをしてみたくなるはず。

http://products.pigeon.co.jpl

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ