マイコプラズマ肺炎の大人の症状に関する記事

マイコプラズマ肺炎は大人も感染!子供との違い/出勤目安

マイコプラズマ肺炎は大人も感染!子供との違い/出勤目安

マイコプラズマ肺炎は、大人も感染する病気です。子供とは違う症状を見極め、早期発見で重症化しないようにしましょう。

マーミーTOP  >  ライフスタイル  >  マイコプラズマ肺炎は大人も感染!子供との違い/出勤目安

【マイコプラズマ肺炎】大人と子供で違う!症状/治療/出勤停止

マイコプラズマ肺炎に感染するのは、14歳以下の子供が8割であるため、「子供の病気」として認識されがちになっています。しかし、大人にも感染する可能性は充分にあるのです。特にママは子供の看病をするときに密接に関わることになるため、感染しやすいといえるでしょう。

さらに、子供と大人では症状が多少違うため、なかなか気づかないこともあるようです。ママはただでさえ子供のことを一番に考えて自分のことは後回しになってしまいがちなので、大人の症状について詳しく知っておきましょう。また、大人が感染した場合の治療や出勤停止についてなども知っておくと安心ですね。

マイコプラズマ肺炎は大人にもうつる⁉

マスクをした女性

肺炎とは、ウィルスや細菌などが体内に侵入して、肺に炎症を起こす病気のことです。肺炎は、日本人が亡くなる理由で3番目に多い病気ですので、油断できませんね。高齢者が年齢と共に体力が落ちてかかってしまう肺炎と違い、マイコプラズマ肺炎はピンピンして体力のある大人にもうつる細菌性の肺炎です。

マイコプラズマ肺炎は、「マイコプラズ マニューモニエ」という病原体が、気管支や肺などに感染して炎症を起こす肺炎です。そのため、病原体の体内への侵入によって、体力のある大人でも感染する可能性があるのです。インフルエンザや肺炎球菌などでも肺炎になることがありますが、予防接種があるため重症化を防ぐことができます。ところが、マイコプラズマ肺炎に効果のあるワクチンは開発されていないため、予防接種は行えません。

また、一度マイコプラズマ肺炎に感染しても、その免疫は持続するものではないため、何度も感染する可能性があります。ですから、大人でも「子供の頃に感染しているから安心」「大人になって感染したから大丈夫」というわけではなく、再感染する可能性は充分にあるため、子供など周囲の人が感染した場合には注意する必要があるのです。

マイコプラズマ肺炎に大人が感染する経路

子供と顔を突き合わせて世話する母親

一般に、マイコプラズマ肺炎は、感染者の咳や痰、くしゃみなどの飛沫感染や、マイコプラズマ病原体を触った手で自分の口を触ることによる接触感染などによってうつることがあります。感染力はあまり高くないのですが、閉鎖的な環境の中で感染者と濃厚接触することによってうつることが多いのです。

また、潜伏期間が長いため、学校や幼稚園などの集団生活の場で流行することが多く、子供が感染すると、その親も看病している間に感染してしまうことがあります。つまり、家庭内でのお子さんとの添い寝などは、何の予防もしなければうつる可能性大!大人が感染する場合は、このように家庭の中で二次感染することが多いようです。

マイコプラズマ肺炎の大人の主な症状は熱なし?

マイコプラズマ肺炎は、子供が感染すると、看病する大人にも二次感染する可能性があるのですが、大人のマイコプラズマ肺炎には子供の症例にはない特徴もあるようです。そのため自分が感染していることに気づかない大人も多いようなので、その症状を詳しく知っておきましょう。

乾いた咳よりも湿った咳

咳をするマスクをした女性

乳幼児のマイコプラズマ肺炎は、乾いた咳症状が代名詞というくらい、最も特徴的な症状です。ところが、大人の場合は、乾いた咳から徐々に湿った咳に変わることがあります。これは、長引く咳により気道が炎症を起こし、分泌物が増したことで湿った咳になりやすいからなのです。

熱なしのケースもあり

マイコプラズマ肺炎に大人が感染するとその症状は、熱なし頭痛なしで、倦怠感や食欲不振の症状だけでのこともあります。また、38度から39度の高熱が出たとしても、一日中その高熱が続くわけではなく、決まった時間に下がって微熱になったり、しばらくしてまた39度まで上がったりという「弛張熱という現象が見られることもあります。

重症化しやすい

熱が出ずに軽い症状で済む大人が多い一方で、子供に比べて重症化しやすいというリスクがあります。40度の高熱がおよそ1週間続く、咳喘息を併発するなど、日常生活が行えなくなることもあり、特に喘息患者の場合は、早期発見早期治療を行わないと、重度の喘息症状を引き起こす恐れもあります。咳や熱がひどく夜眠れない子供の看病をしてフラフラのママは、体力が低下しているため注意しましょうね。

また、3世代同居や、祖父母と会う機会が多いご家庭では、特に注意が必要!高齢者に感染すると重症化しやすく、胸に水がたまったり(胸水貯留)、呼吸不全を起こしたりすることもあり、命の危険に晒されてしまいます。

マイコプラズマ肺炎の出勤停止期間

医者の診察を受ける女性

マイコプラズマ肺炎は、感染症の中でも、比較的感染力が弱いとも言われているため、インフルエンザのように明確な出勤停止期間が提示されているわけではありません。しかし弱いとはいえ感染症であるなら、周囲の人にうつさないようにすることもマナーの一つです。

マイコプラズマ肺炎に大人が感染した場合、一般的には医師の許可が出てから出勤します。医師の許可は、発熱やひどい咳症状が治まってから出されることが多いようです。薬が効けば2~3日で完治する人もいますが、通常は咳が1ヶ月程度続くと言われ、特にひどく咳込み夜も眠れないほどの辛い状態では、感染力が強くなっていますので出席しないことが望ましいでしょう。

総務部や人事部などに相談し、熱がないからといって自己判断をせず、医師の許可が出るまでは出勤や外出を控えるようにしましょう。また、咳が残ったまま外出/出勤する場合は、きちんとマスクを着用しましょう。

マイコプラズマ肺炎の治療法

マイコプラズマ肺炎の治療について

薬

マイコプラズマ肺炎の治療では、基本的に大人も子供もマクロライド系の抗菌薬(抗生物質)と、症状を緩和する薬を服用します。ところが近年では、このマクロライド系抗菌薬が効かない「マクロライド系耐性菌」が増えています。

マクロライド系抗菌薬を服用しても効果が表れず、症状が悪化する場合は、病院を再受診しましょう。マイコプラズマに効果がある、テトラサイクロン系抗生剤やニューキノロン系抗生剤が代わりに処方されます。医師の判断に委ねましょう。

咳がひどい場合には咳止めだけに頼らず、マスクをしたり、室内を加湿したりと咳を和らげる工夫や、水分をたくさん摂ることも心がけるようにし、体力の消耗を防ぐようにしましょう。

自然治癒もできる⁉

本人の体力や免疫力が高く症状も軽い人の場合、自宅で安静にしているという条件が整えば、「マイコプラズマ肺炎は自然治癒もできる」と言われています。抗生物質による治療は、体内の有用な菌まで排除してしまう可能性があり、逆に免疫力が低下してしまうとも言われており、自力で治せるものなら薬を使わないで治した方が、身体には良いと考える人も少なくありません。

その一方、マイコプラズマ肺炎は大人の場合重症化しやすいため、抗菌剤を飲まずに自然治癒をおこなう場合は医師と相談の上か、悪化するようであれば、すぐに受診できるような環境を作っておくことが大切です。自然治癒できるとはいっても重症化してしまっては本末転倒ですからね。

マイコプラズマ肺炎はいつまでに完治する?

子供よりも大人の方が、体力があるとはいえ、その完治までの日数には個人差があります。「治療を開始して2,3日で完治する人もいれば、1ヶ月以上かかる人もいる」と言われています。潜伏期間も長いため、かなりの期間菌を持っていることになります。特に咳は長引くことが多いようですし、周囲の人にうつさないように配慮することも大切ですね。

マイコプラズマ肺炎に子供から感染…大人の体験

マイコプラズマ肺炎にかかった子供から、看病している大人に感染することは、やはりよくあることのようです。しかし、環境や体質などによっても、その症状はさまざま。どんな症状なのか、どのようにして乗り越えたのか、大人たちの体験談をみていきましょう。

みやび
26歳

A子供の感染後の体調不良はうつってるかも!?

マイコプラズマ肺炎って子供しかうつらない病気だと思っていたけど、大人もうつるんですね。自分の子が幼稚園で感染してきても、それほど気にしていませんでした。でも、やっと子供の看病生活から解放されたと思っていたら、微熱が2日ほど続き、咳も出るようになって…。

咳の様子が子供とは違ったのですが、普段ほとんど病気しない私は、「もしかしてマイコプラズマ肺炎がうつった⁉」とピンときました。とにかく咳がひどく、病院を受診すると、やっぱりドンピシャ。感染していました!

でもその前に子供が感染していたから自分の病気にも気づけたけど、普段だったらふつうの風邪と見過ごすくらいの症状でした。子供がかかる病気になるのは、やっぱり幼稚園の中でも若いママだからかなぁ(笑)

ななみママ
32歳

A転職したばかりなのに…

子供が保育園でマイコプラズマ肺炎に感染しましたが、それほど熱も咳もなく1週間ほどで完治しました。しかし出席停止期間もあり、3日間看病のために仕事を休みました。それなのに、今度は自分が感染してしまって…。

スーツ姿の女性がマスクをしている

しかも、私の方が咳がひどく、抗生物質を飲んでも咳のせいで夜も眠れないし、ごはんもろくに食べられないしで体力が低下。それでも転職したばかりで仕事を覚えなくてはいけないし、昼間は熱がなかったので、無理して出勤することにしました。

しかし、職場は密室空間のため、「咳がひどいとみんなに迷惑がかかるから、一週間休みをとるように」ということを上司にやんわりと言われました。転職早々こんなに休むことになるとは、トホホでした。

ららら先生
31歳

A自然治癒⁉

年中児を受け持っている保育士です。勤務している保育所でマイコプラズマ肺炎が流行しました。何かの病気が流行るのは保育所では珍しくないこと。マスク着用と手洗いを徹底することでの予防と自己管理は、保育士歴8年もすれば慣れたものでした。

しかし、数日間、何か身体がだるい感じがしたり、食欲がなかったりという日が続きました。「もう歳かな、疲れがたまっているのかな。」と思い、思いきって金曜日に休んで、土日と合わせて3連休を取って、自宅でだらだら過ごしていました。

月曜日出勤したときには、すっかり元気になっていましたが、あとからマイコプラズマ肺炎の自然治癒の存在を知って、もしかして、「私も気づかないうちに自然治癒したのかも」と思いました。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木村さくら

木村さくら

自称「健康オタクで美容オタク」。最近自家栽培にハマってます。

この記事に関連した特集ページ