NO姑問題!賢い嫁の特徴に関する記事

NO姑問題!義理の母と上手くやっている良いお嫁さんの6つの特徴

NO姑問題!義理の母と上手くやっている良いお嫁さんの6つの特徴

姑の一挙一動に腹が立つ!それは嫁姑問題の芽が出た証拠です。あなたの心を軽くする、姑と上手に付き合う秘訣です。

マーミーTOP  >  ライフスタイル  >  NO姑問題!義理の母と上手くやっている良いお嫁さんの6つの特徴

姑問題は嫁次第!?程よい距離で義母に嫌われない嫁の特徴6つ

姑問題を解決するポイントは、まずあなたがアクションを起こすこと。アクションと言っても、あなたが無理をして、我慢をすることではありませんよ。
あなたが自分から、「姑に嫌われない自分」をアピールすればいいだけなのです。

姑問題を解決する一番の近道は、あなたが姑に嫌われず、姑からの信頼を得ること。
ただし、「嫌われたら困る」と自分を抑えるのは、姑との付き合い方のNG例。
賢いお嫁さんが実践している、姑を図に乗らせず、姑から嫌われない自分のアピールの仕方をご紹介します。

NO姑問題!義母の評価をアップさせる6つのポイント

人前で夫をたてる

エプロン着けた夫と、感謝する妻

まず、姑問題をなくすには、姑が大切にしていることを正しく理解して、自分もそれを大切にしていることをアピールすることが大切です。
姑に嫌われたくないのなら、まず姑が大事にしている夫を常に大切にしていることをアピールするといいでしょう。

たとえ夫とけんかをしていても。たとえ夫の態度に不満があっても、姑の前や姑の目の届くところではガマン、ガマン!

姑があなた達の生活に口を出してくる主な原因は、あなたが自分の息子を大事にしているかどうかがわからないから。不安だからこそなのです。
あなたが自分の息子を大切にしていることが分かれば、姑もきっと満足して、二人の生活に不安なところもなくなるはず。自然に口出ししてくることが減っていきますよ。

夫を立てる会話のポイント

・夫のやさしさをほめる
・夫の仕事の能力が高いことをほめる
・夫の家事能力が高いことをほめる

2実母と姑との付き合いを公平にする

嫁からメールを貰って喜ぶ夫妻

あなたが姑以上に自分の母親を尊敬し、慕うのは当然のことです。でも、女性という生き物は、自分が一番に愛されたいと思っているもの。姑もあなたにとって一番でいたいのかも!?
姑に嫌われたくないのなら、自分の母親と姑、両方との付き合い方が公平であることをアピールしましょう。

ここ一番という時こそ姑を頼り、「頼りにしています」とアピールすることは、姑の自尊心を満足させます。自分が相手にとって信頼されていることがわかれば、義母もあなたに嫌われるようなことは極力しなくなるはず。

あなたに気を使うようになり、あなたの嫌がることをあえてするような行動は少なくなって、あなたも少し楽になると思いますよ。

積極的に姑を頼ると良い場面

・婚葬祭などの際の親戚との付き合い方
・葬儀のしきたりや地区の行事などの作法
・お節などの家庭独自の料理方法

3親戚付き合いにはマメに顔を出す

実は婚家との親戚付き合いの仕方も、姑の評価を上げる重要なポイント。自分にとっては、不慣れな婚家でも、義母にとっては自分が長く生活をしている大事な親戚。自分の居場所となっている家柄には、愛着のあるものなのです。
面倒ではありますが、婚家の親戚の集まりの場には積極的に顔を出すように心がけましょう。

そして、そういった場では常に姑を頼りにし、相談をすることが大切です
そのほうが無駄な気を使わなくて済むので、自分も楽。姑も自分の自尊心が満足して、良い気分になることは間違いなしです!

あなたが自分の居場所や親戚を大切にしてくれることが分かれば、姑もよりあなたのことを大切にしてくれるようになりますよ。

出席したい親戚同士の集まり

・結婚式などの喜びの場
・葬儀や法事
・四季折々の季節の行事など、その家独自の習慣が守られている場

4控え目に振る舞う

笑顔で聞き役に回る嫁

社会において自慢ばかりしている女性が仲間内で嫌われるように、姑問題でも自己主張が激しいと、仲間の失笑を買います。姑に嫌われない自分を装うポイントは、「控え目な自分」をアピールすることです。

人間は褒められたいという願望を持っているものですが、職場や友達との集まり、自分の実家など、自分の優れたところをアピールする場は、姑の前以外のもたくさんあるはず。
姑の目の届くところでは自分自身を自慢するようなことは控えて、その代り夫の良さをアピールするよう心がけましょう。

控え目な性格をアピールする話術

・姑との会話は「聞き役」に徹する
・「でも」など、会話の流れを変える言葉は控える
・丁寧な、正しい日本語を使って会話する

5派手さを見せない

清楚な衣装の女性が指差す

メイクもファッションも、大人し目を心がけて「私はこの家にいること、妻でいることに満足しています」という部分をアピールするよう心がけましょう。姑にとって一番の感心ごとは、あなたたちの夫婦仲ですね。キレイなお嫁さんは姑にとっての自慢の種。でも、姑が好きなのは、ファッションもメイクも派手や華美でない、控え目で清楚な嫁なのです。

あまり派手なメイクやファッションで自分の美しさをアピールしていると、「この人はまだ女性として外に恋愛相手を求めているのかも」と姑は誤解してしまいます。
自分の子供を一番に考える姑は、離婚などのように、自分の子供の家庭を壊すようなことを徹底的に嫌います。

見た目の美しさよりも上品さの方が、姑の評価は高くなる傾向があります!落ち着いた外見のあなたを見ることで姑は安心し、あなたのメイクやファッションに対するチェックも緩やかに、細かいお小言も減ってくるのですよ。

姑が安心する上品さ

・派手なメイクよりはナチュラルメイク
・最新のファッションよりも、一般受けする女性らしい清楚なもの
・TPOをわきまえた服装

経済的な心配をかけない


姑にお金のことで心配をさせない、疑いを持たせないということは、姑問題と上手に付き合う上でとても大切なこと。自分の言動だけでなく、自分の身に着けているものにも気を配りましょう。

姑にしてみれば、あなた達夫婦のお金は大事な息子が働いて稼いだお金。息子の将来を支える大事なものだけに、一般的に家計を預かる嫁に対しては、突っ込まずにはいられないというのが正直なところではないでしょうか。

女性はファッションに敏感です。どんなに控え目にしていても、お金のかかるブランド品ばかりを身に着けていると「息子の稼いだ大事なお金を散在している!?」と疑いをもたれてしまいます。
逆に、質素すぎる格好をしていると「家計のやりくりに失敗している!?」と疑いをもたれてしまうので、ちょうど良いバランスを心掛けて下さいね。

姑の評価を下げないブランド品の使い方

・ブランド品を姑の前に身に着けるのは、冠婚葬祭などのとっておきの時だけにする
・身に着けるブランド品は小さ目なものを、一つだけにする
・すぐに値段のわかる人気モデルは避ける
・自分だけでなく夫とペアでもつ

ハート次第!嫁姑問題を解決するための心構え

嫁と姑が並んで笑顔

姑問題の面倒な点は、「家族」という甘えた意識にあります。
「家族だから仲良くしなきゃいけない」「家族だからもっと私のことを優先してほしい」などの甘えが、姑やあなた自身にありませんか?

「姑と嫁の関係は、なんでも話し合える、仲がいい親子のような関係が理想」なんて、あなたも姑も夢のようなことを考えていませんか?
けれど、根本的に姑と嫁の存在は相容れないもの。

「立場も生活環境も、年代さえも違う二人が、真に分かり合えるはずがない!」
そう考えて、素の自分を見せるよりも相手にとってありがたい自分を装う方が、きっと、ずっと楽に姑とお付き合いができるはずです。

姑との付き合いの仕方、実は自分と自分の母親とのお付き合いとそれほど差はありません
あなたとあなたのお母さんも、年代も立場も違う二人。結婚前は何かと衝突し、思春期の頃には「ウザい!!」と思ったり、我慢して悔しい思いをしたりしたことも多かったのでは?

自分のお母さんと姑の違いは、一緒に過ごしてきた時間の長さ。

お母さんからうるさく言われて、イラッときて喧嘩ムードになっても、なんだかんだ言いながら、どちらかが譲り遠慮をして、お互いにうまくやってこれているはず。

長く一緒に生活をしてきたら、なんとなくできるこの譲り合いも、家族になったばかりの嫁と姑では何もかもが手探り状態。初めてで失敗することや、かち合ってしまうことが多くて、お互いにイラッとした挙句に、姑問題が勃発してしまうのかもしれませんね。

結婚相手と同様に、長くお付き合いを重ねていかなくてはいけないのがお姑さんです。
どうぞ喧嘩腰になるのではなくて、あなたの方から歩み寄る気持ちの余裕を持ってあげて下さい。

もちろん、自分にちょっと余裕のない時は、距離を大目に空けてもOKです。お姑さんに絶大な愛情を持て、とは言いません。ただし、相手の立場を尊重して、理解する努力を続けるのは、人としてとても大切なこと。

戦争をなくすのは、心の垣根を壊して相手を理解することが第一歩であるように。
姑問題の解決も、あなたが心の垣根を崩して、お姑さんの立場を理解する努力をすることが必要です。

理解したい姑の心の内

・いつも母親として子供を指導したい
・母親として子供に一番に愛されたい
・子供の幸せと生活の安定を確認して安心したい

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木村さくら

木村さくら

自称「健康オタクで美容オタク」。最近自家栽培にハマってます。