スーパー食材!納豆の健康効果に関する記事

ダイエット&美肌にGood!納豆の健康効果と上手な食べ方

ダイエット&美肌にGood!納豆の健康効果と上手な食べ方

便秘がツライ…お肌ガサガサ…最近太っちゃって…そんな女性の悩みを解決する、スーパー食材納豆とその効果的な食べ方を紹介!

マーミーTOP  >  ライフスタイル  >  ダイエット&美肌にGood!納豆の健康効果と上手な食べ方

美容と健康の強~い味方!驚きの納豆パワーで女子力アップ♪

ご飯のお供に手軽に食べることができる納豆には、ビタミン、ミネラル、カルシウム、鉄に脂質…と栄養素がぎっしり詰まっています。
そのため運動不足で健康に不安のある人や、太り気味でダイエット中の人、寝不足で肌荒れが気になる人、子育て中のママなどにうれしい健康効果がいっぱい♪

ネバネバや臭いが苦手な人も、優れた健康効果を知ったらきっと毎日食べたくなりますよ^^

美肌・便秘・ダイエットまだまだ沢山!女性に嬉しい健康効果

いつまでも健康でいたい、若々しくいたいという希望を叶えてくれる♪納豆にはそんなパワーがあるのです。

血液サラサラ効果

頭の血管図

「納豆を食べて血液サラサラに!」「納豆が脳卒中や動脈硬化を予防する」って、よくテレビでもやっていますよね。この健康効果は、納豆にしか含まれないナットウキナーゼという酵素の働きによるものなんです。

ナットウキナーゼには、血栓(血液のかたまり)を溶かす働きがあります。
血液がサラサラになると血流もよくなり、基礎代謝がアップし、痩せやすい体作りができます。
また、脳卒中や動脈硬化などの生活習慣病の予防につながります。

便秘解消&イライラ抑制効果

お腹を押さえる女性

納豆に含まれる納豆菌や食物繊維には腸内環境を整える働きがあり、ぽっこりお腹の元である便秘もすっきり解消できます!

納豆菌は腸内の善玉コレステロールの増殖を助け、生活習慣病や全身の体調不良を引き起こす悪玉コレステロールを減らす働きがあります。

納豆は食物繊維が豊富な食材ですが、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維のバランスもよく、効果的に便秘を解消してくれます。

ダイエットに不足しがちな栄養補給

ダイエット中はたんぱく質やカルシウムが不足しがちですが、納豆には大豆タンパクという肉や魚と比べ、良質なたんぱく質が含まれていています。

ダイエット中はカロリーや脂質が気になるところですが、納豆ならば安心して摂取できるでしょう。
カルシウムも多く含まれているため、ダイエット中のイライラを抑えてくれる効果もあります。

アンチエイジング効果

頬を押さえる女性

納豆には大豆イソフラボンが豊富に含まれていています。イソフラボンは、エストロゲンという女性ホルモンに似ている構造をしているため、女性ホルモンの分泌が低下すると、エストロゲンのように働いてくれるとされています。
そのため、不規則な生理周期の改善、閉経後の更年期障害の強い味方となってくれるのです。

また、イソフラボンによるシワや肌の乾燥を予防する効果が期待できるほか、納豆にはターンオーバーを正常にしてくれるビタミンB2が大豆の約2倍も含まれていて、アンチエイジング効果が期待できます。
さらに、若さをキープするといわれる、ポリアミドという成分も入っています。

イソフラボンの過剰摂取を心配する人も少なくないと思いますが、納豆などの食品から摂取する分には、それほど心配要らないでしょう。サプリメントで摂取する場合には、摂取量に注意が必要でしょう。

骨粗しょう症の予防効果

納豆にはカルシウム、ビタミンK、イソフラボンが含まれていますが、これらは妊娠中や閉経後の女性に心配される骨の健康にも大きな役割を果たします

カルシウムはご存知の方も多いように骨自体の成分ですし、ビタミンKはカルシウムをくっつけるノリのような役割をします。さらにイソフラボンには、カルシウムが体外に排出されるのを防ぐ効果があります。

免疫力アップ効果

免疫が細菌を攻撃

納豆菌には腸内環境を整える働きや、病原性大腸菌O-157などの病原菌の働きを抑制する効果があります

腸は「第二の脳」と言われ、全身の健康状態を左右する様々のホルモンを作り出しています。
そのため腸内環境の悪化は全身への影響も大きく、健康を維持するためには、腸内環境を整えることがとても大切です。

納豆に含まれる「ジピコリン酸」や「リゾチーム」には抗菌作用が、「サポニン」には、ナチュラルキラー細胞(ガン細胞や細菌などの外的を殺す働きをする細胞)を活性化する作用があるとされ、免疫力UP効果が得られるようです。

効果的な食べ方とは?

より納豆を効果的に取り入れたい人に、次のような食べ方がおすすめです。

  • 納豆を食べるなら夜

血栓ができやすいのは寝ている時!夜食べて血栓予防しましょう。

  • 火は通さない

納豆はそのまま食べるのがおすすめです。ナットウキナーゼは熱に弱く壊れやすいので、そのまま食べて効果を100%吸収しましょう

  • 賞味期限ギリギリがよい?!

パックの中でも発酵は進んでいます!ビタミンKやポリアミンが増えるのでさらに効果的に♪

  • 食べる前に冷蔵庫から出しておく

常温で発酵が進むとビタミンKが増えますし、柔らかくて美味しく食べられますよ

納豆は1か月程度、冷凍可能です。冷凍しても納豆菌は生きています。パックのままラップに包み、保存袋に入れて冷凍しましょう。冷凍すると休眠状態になりますが、解凍するとまた発酵を始めます。安い時にお得にストックすれば、家計にも◎

オススメの食べ合わせは?

納豆ねぎの小鉢

元々の栄養価が高い納豆ですが、食べ合わせることで、栄養バランスもおいしさもさらにアップ!
手をかけず、簡単にできるのも魅力的です。いいとこどりしちゃいましょう♪

  • 納豆+ネギ

血液サラサラ効果に◎

  • 納豆+キムチ+玉ねぎ

美肌効果バツグン

  • 納豆+

栄養満点♪

  • 納豆+ちりめんじゃこ

じゃこのカルシウムがプラスされて骨太に!

  • 納豆+ドレッシング

納豆に含まれるビタミンKは油に溶けると吸収率がアップします

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木村さくら

木村さくら

自称「健康オタクで美容オタク」。最近自家栽培にハマってます。