メイク崩れしない方法に関する記事

【メイク崩れしない方法】たった5つのポイントで朝の化粧をキープ!

【メイク崩れしない方法】たった5つのポイントで朝の化粧をキープ!

夕方鏡を見て「あっ!」と思ったことありませんか?忙しくてメイク直しの時間もない女性に、毎日の洗顔の仕方、保湿する時の一工夫、ベースメイクとファンデーションの使い方など、ちょっとしたコツでメイク崩れしない方法をご紹介します。

マーミーTOP  >  ライフスタイル  >  【メイク崩れしない方法】たった5つのポイントで朝の化粧をキープ!

化粧直ししなくてもメイクをキープ!メイク崩れしない方法5つ

夕方のヨレたメイクをみて、「ヤバイ!」と思った経験はありませんか? 朝のバッチリメイクから一転、夕方にはメイクが崩れてしまっていることもあるでしょう。しかし、多くの女性は、育児や子育て、仕事に…と何かと忙しく、メイク直しにまで気を遣っていられないと思います。

しかし、メイクが崩れた状態ではかなり損をしています!メイク直しができないならば、崩れないメイクを目指しましょう。

メイク崩れを防ぐためのメイク術

1洗顔後のプラスワンで変わる!メイク崩れをしっかり防ぐ

顔をタオルで冷やす女性

メイク崩れを防ぐためには、ほんのひと手間プラスするだけで変わるんです。いつも通りに洗顔したら、水で冷やしたタオルを顔にあてましょう☆ このひと手間で、肌を冷やして毛穴がキュッと引き締まります。毛穴を引き締めることで、メイク崩れをしっかり予防できるのです。

2夜寝る前の保湿でメイク崩れしない肌に!

保湿クリームと女性

メイク崩れの大きな原因は乾燥です。乾燥を防ぐためにも、お肌に十分な保湿をしてあげることが大切です。

特に保湿をしっかり行わなければいけないのは、夜寝る前です。寝ている間にお肌が水分を補給してくれるので、朝には肌がしっとり♪化粧崩れしないお肌になっています。

乳液は面倒だからと省く人がいますが、化粧水だけでは不十分です。忙しい昼間の手間を省くためには、夜のしっかりお手入れが必要なのです。

3ベースメイク前にしっかりと産毛のお手入れ

お化粧が楽とつぶやく女性

メイク崩れを防ぐには、産毛の処理が大切です。産毛をしっかり処理していれば、肌の透明感も違ってきますから、一石二鳥です! 産毛を処理することで、肌がなめらかになってメイクがヨレたりしなくなります。

4化粧下地の塗り過ぎはNG!

お化粧道具

保湿が大事だからと、化粧下地を厚塗りする人がいます。しかし、これは逆効果!反対に、化粧崩れの原因になってしまいます。

化粧下地は適度に均一に塗ることを意識しましょう。時に、「下地を出し過ぎちゃった」ということもあると思います。しかし、もったいないからと全てぬりたくってしまっては、化粧の持ちを悪くすることにつながってしまいます。

5ファンデーションは薄くつける

お化粧の下地をつけすぎてしまった女性

メイク崩れしない方法として、ファンデーションは薄くつけることをおススメします。そして、叩くようにして塗るのがコツです。 叩くようにすることで、ファンデーションが薄く均一につきやすくなります。また、厚塗りは白浮きしてしまいますし、肌への負担を大きくするので要注意です。

せっかく化粧を直しても白浮きではNG!厚塗りを防ぐメイク直し方法 「メイク直しするとファンデが厚塗りになってしまう …という人も少なくないと思います。化粧崩れも良くありませんが、厚塗りメイクも良くありません。

ファンデーションの塗り直しは厚塗りになりやすいですが、次のような方法ならば朝のメイクに近い状態を作れます。

  • ミストを使って保湿してからファンデーション(パウダー)を乗せる
  • メイクが崩れた部分にだけコンシーラーを使用し、指でなじませる
  • プレストパウダーをブラシでつける(ブラシを使うことで厚塗りを防ぎます)

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木村さくら

木村さくら

自称「健康オタクで美容オタク」。最近自家栽培にハマってます。