オリーブオイル&トランス脂肪酸に関する記事

オリーブオイルのトランス脂肪酸含有量…健康への影響は?

オリーブオイルのトランス脂肪酸含有量…健康への影響は?

オリーブオイルは健康に本当によいのか、オリーブオイルにはトランス脂肪酸がどの程度含まれるのかなどを解説します!

マーミーTOP  >  ライフスタイル  >  オリーブオイルのトランス脂肪酸含有量…健康への影響は?

オリーブオイルにも!?トランス脂肪酸の弊害とは?

健康によい食物性の油と言えば、真っ先に名前のあがる「オリーブオイル」。育ち盛りの子どもがいるご家庭や健康への意識の高いご家庭では、普段からなじみのあるオイルの1つではないでしょうか。
ですが、オリーブオイルにも、「トランス脂肪酸」と呼ばれる脂肪酸が含まれていることが分かっています。トランス脂肪酸とは何なのでしょうか?また、体にどのような影響を与えるのでしょうか?

トランス脂肪酸とは何?

食パンに塗られたトランス脂肪酸を含むマーガリン

脂肪酸には炭素の2重結合がある不飽和脂肪酸と、炭素の2重結合が無い飽和脂肪酸があります。このうちの不飽和脂肪酸は、「トランス脂肪酸」と「シス脂肪酸」のさらに2つの種類に分けることができます。

トランスと言うのは「対角線上の」という意味で、脂肪酸を構成する炭素の2重結合をはさんで水素が対角線上についているものを指します。一方、シスは「片側に」もしくは「同じ側に」という意味を持ちますので、脂肪酸を構成する炭素の2重結合をはさんで、水素が同方向についているものを指しています。

天然の食品中には、トランス型の不飽和脂肪酸はほとんど存在しません。ですが、羊や牛のように食べ物を何度も咀嚼する動物の肉や乳には、胃の中に存在する微生物の働きによってトランス型の不飽和脂肪酸が生じやすくなります。

トランス脂肪酸はどのような影響を与えるのでしょうか?

トランス脂肪酸の健康への影響を知った女性

脂肪自体は、人間が生きていく上で欠かすことができない栄養素の1つです。ですが、大量に摂取すると肥満や肥満による生活習慣病、高血圧や動脈硬化などの病気の原因になります。

トランス脂肪酸も同様です。トランス脂肪酸自体に問題はなくても、トランス脂肪酸を大量に摂取してしまうと血液の流れを滞らせる悪玉コレステロールが増え、健康な体には必要な善玉コレステロールを減らしてしまうのです!

動物性の食品を多く摂取する欧米では、以前からトランス脂肪酸の弊害について研究がされてきました。世界保健機構(WHO)の専門家会合でも、トランス脂肪酸から摂取するエネルギーは総エネルギー数の1%未満に抑えるべきという提言がされています。

トランス脂肪酸はどのような食品に含まれていますか?

お菓子を作る時に使用される大量のマーガリン

牛肉や羊肉、乳製品には天然のトランス脂肪酸が微量のみ含まれていますが、これらは本当に微量ですので、敢えて神経質になる必要はないと農林水産省のホームページでも言及しています。避けるべきトランス脂肪酸は、食品製造過程において生じるものです。人工的に製造した食品に含まれるトランス脂肪酸は、天然の食品の含有量と比較すると多量であることが多く、積極的に体に害をなすこともあります。

水素添加で生じるトランス脂肪酸

トランス脂肪酸が発生する理由を勉強中の女性

常温では液体の油脂を、扱いやすいように固形にする加工技術を「水素添加」と呼んでいます。例えば食物油は常温では液体ですが、食物油から製造されるマーガリンは水素添加技術を用いて加工されていますので固体です。このように水素添加を行う際に、多量のトランス脂肪酸が含まれてしまうのです。

水素添加技術が使用されている食品

マーガリン、ショートニング、スプレッド、またこれらを使って調理した食品である揚げ物、洋菓子、パンなど

高温処理を行った食物油

動物性の油であるラードや牛脂などは体に良くないイメージがありますが、実は食物油も精製法によってはトランス脂肪酸を多量に含む健康的ではない食品になるおそれがあるのです。

食物油を精製する過程で、食品としては好ましくないにおいが発生することがありますが、このにおいを消すために高温処理を行うと、食物油に含まれているシス型不飽和脂肪酸がトランス型不飽和脂肪酸に変化してしまうのです。

高温処理されている食物油

サラダ油などの精製した食物油、それぞれの油の精製法を確認したときに加工されていないことが明記されていない食物油

しかし、精製の際に生じるトランス型不飽和脂肪酸は、水素添加の際に生じるトランス型不飽和脂肪酸と比較するとごく少量です。お子さまがいるご家庭でも、特に神経質になる必要はないと言えるでしょう。

オリーブオイルにはトランス型不飽和脂肪酸は入っている?

ごく少量のトランス脂肪酸が入ったオリーブオイル

オリーブオイルは、精製方法によっていくつかの種類があります。純粋に絞っただけの「エクストラバージンオイル」や高温処理をした「精製オリーブオイル」、エクストラバージンオイルと精製オリーブオイルをブレンドさせた「ピュアオリーブオイル」などが一般的ですが、呼び方や分類法はメーカーによっても異なることもあります。

オリーブオイルにも微量にトランス脂肪酸が入っている!

オリーブオイルはオメガ9に分類されるオレイン酸を多く含む、健康面でもおすすめの食用油です。とても使いやすく体にも良い成分を多く含むのですが、高温高圧で精製している場合、トランス脂肪酸を含んでしまうことになります。
しかし、オレイン酸は酸化に強く加熱調理向けの油。変質しにくいという面でも、普段の調理にはおすすめの食用オイルと言えるでしょう。

エクストラバージンオイルとの表記が許されたオリーブオイルには、精製する際に加圧・加熱処理を行っていないのでトランス脂肪酸はほぼ入っていないものもあります。ですが、エクストラバージンオイルと表記されていないオリーブオイルは、精製時に高温処理されていることが多く、少量のトランス脂肪酸が作られます。もちろん、水素添加加工と比較するとごく少量ですので、特に神経質になる必要はありません。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木村さくら

木村さくら

自称「健康オタクで美容オタク」。最近自家栽培にハマってます。