血行促進に効果的な方法5つに関する記事

今すぐできて簡単!冷え症改善に役立つ血行促進効果の高い5つの方法

今すぐできて簡単!冷え症改善に役立つ血行促進効果の高い5つの方法

冷え性を改善する方法として、血行促進させることが挙げられます。ここでは、日常生活で手軽にできる血行促進の方法を紹介します。

マーミーTOP  >  ライフスタイル  >  今すぐできて簡単!冷え症改善に役立つ血行促進効果の高い5つの方法

冷え性・美肌・ダイエットに効く!5つの血行促進法で毎日元気に過ごそう

血行とは血液の流れのことです。私たちの全身は常に血液が流れ循環しています。そして、血液から酸素や栄養素を身体に取り入れ、余分な老廃物などを外に排出しています。

つまり、血液の流れが悪くなると、余分なもの、すなわち老廃物などの毒素が身体に溜まったままになるのです。
毒素が体内に溜まると、血液はドロドロで代謝も悪くなり、冷え性や肩こり、頭痛、腰痛、肌荒れ、肥満などに悩まされるようになってしまいます。

血行促進は女性に多い冷え性の改善以外にも、美容と健康・ダイエットにも効果的です。今日からさっそく5つの方法を試してみませんか?

血行促進に効果を発揮する5つの方法

特に指先などの毛細血管は、元々血管が細いため血流が鈍くなりやすいので、体内の血行が悪くなると、真っ先に冷え性の症状が出てしまいます。
そうならないためにも、普段から下記のような方法で血行を促進するよう心がけましょう。

お風呂でリラックス

入浴中の女性

強いストレスを受けると、交感神経が緊張した状態が続き、血管が収縮してしまいます。そのため、リラックスして副交感神経を優位にすることが大切です。
手足の冷えの原因にストレスがあるのは、冷えが末端から始まるからであり、夏場でも足が冷たいと感じる人は、冷え性になりかかっている可能性が高くなります。
毎日の生活の中で、手っ取り早くリラックスできる方法として「入浴」があります。できれば半身浴が良いですが、30分以上浸からないと効果はないので、全身浴を15分でもOKです。

お湯は、身体が熱いと感じ過ぎない40℃くらいが一番リラックスできる適温です。リラックスして副交感神経が優位になると、血管を拡張し新陳代謝を高めてくれます。
また、入浴剤にもリラックス効果があり、炭酸ガス入りの入浴剤は血管を拡張する効果を強めてくれるのでおすすめです。

血流が多いところを温める

ひざ掛けをする女性

血流が多いところは、筋肉が多いところのことです。筋肉が多い部位は、日常でよく動かすところであり、太ももや、お腹、腰まわりなど、おもに下半身です。

そのため、普段から衣類は下半身を一枚多めに着たり、デスクワークの際にひざ掛けを使用したりして、筋肉の多い部位を温めるよう心がけましょう。

もちろん、厚着をしすぎて締付けてしまうのは良くありませんので、発熱する素材を使った肌着を着用するなど、上手に温めることも必要でしょう。

ふくらはぎのケア

ふくらはぎを揉む女性

心臓は、血液を全身に送り出すポンプのような役割をしています。そうして足の先まで送り出された血液は、ふくらはぎの筋肉の力によって押し上げられ、心臓に戻ってきます。
そのため、ふくらはぎが疲労したり、ふくらはぎの筋力が低下してしまうと、血液を心臓に戻す力が弱くなり、血行が悪くなってしまいます。ふくらはぎは、「第二の心臓」とも呼ばれているほど、血液の循環に大切な役割をしているのです。

そこで、ふくらはぎにたまった血液をほぐすように、くるぶしから膝の下までゆっくり親指で押していくというマッサージをすることをおススメします。
また、足枕で足を高くして寝ることも、血液が心臓に戻りやすくなるので良いでしょう。

血行促進に効果的な食品を食べる

かぼちゃ、秋刀魚、赤ピーマン

食品の中には、血行促進に大切なビタミンE、ビタミンC、DHAが多く含まれるものや、全身の血行促進に重要な血液サラサラ効果の高いものがあります。
これらの栄養素は、普段からバランスの良い食事を心がけていると自然と摂取できるのですが、血行不良の人の中には食生活が乱れている人も多く、意識的に栄養を摂取することをおすすめします。

ビタミンEとビタミンCは、抗酸化作用があることから、「抗酸化ビタミン」とも呼ばれています。
抗酸化作用とは、血液中に有害な過酸化脂質を作り出す活性酸素の活動を抑える作用のことです。
活性酸素は、老化や動脈硬化、癌などの病気の原因ともなるため抗酸化作用を持つ栄養素の摂取は、アンチエイジングにも健康にも効果的だと言えるでしょう。

また、DHAも積極的に摂って欲しい栄養素です。DHAには中性脂肪や悪玉コレステロールを減らす働きがあるので、血流が良くなります。

血行促進に効果的な食品

  • ビタミンE…かぼちゃ、うなぎ、アーモンド、大根の葉、ひまわり油など
  • ビタミンC…赤ピーマン、ゆず、アセロラ、パセリ、レモンなど
  • DHA…サバ、イワシ、サンマなどの青魚
  • その他のおすすめ…玉ねぎ、納豆、黒酢、白湯、生姜

5ウォーキング

血行を良くするためには、身体を動かすことが最も効果的です。日頃からスポーツに励むのが一番良いですが、忙しくて時間を作るのが難しい、元々身体を動かすのが苦手という人も少なくないと思います。
そこでおすすめしたいのがウォーキングです!手軽に取り入れやすく、続けやすいですし、家事や子育てのすき間時間を利用して行うことも可能です。

一日の中でウォーキングタイムを作るのが難しい場合は、買い物などちょっとしたお出かけのときに極力歩くように心がけたり、今までより歩幅を広くとって少し速く歩いたり、デパートなどではエレベーターより階段を使うようにするなど、少しの工夫で効果が大きく違ってきます。
最近ではスマホアプリに万歩計もありますので、まずは楽しく毎日の歩数を増やしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木村さくら

木村さくら

自称「健康オタクで美容オタク」。最近自家栽培にハマってます。