ステビア甘味料の有用性に関する記事

ステビアは安全な甘味料!食品添加物としての有用性&危険性

ステビアは安全な甘味料!食品添加物としての有用性&危険性

ステビアは安全な甘味料として証明され多くの加工食品に使用されています。ステビアの有用性と安全性について迫ります!

マーミーTOP  >  ライフスタイル  >  ステビアは安全な甘味料!食品添加物としての有用性&危険性

ステビアは天然甘味料?知っておきたいステビアの真実とは?

清涼飲料水やお菓子などの原材料に、「甘味料(ステビア)」と表記されていることがよくあります。実はこの「ステビア」は、アステルパームやサッカリンと同じように人工的に作られた甘み成分ではないのです。

ステビアは天然ハーブから作られる甘味料

ステビアの安全性について説明する女性

ステビアは、ステビアという天然ハーブから作られる甘味料です。ステビアの葉を乾燥させて甘み成分を抽出させたものを、「ステビア」「ステビア抽出物」と呼んでいます。ステビア抽出物には甘み成分が80%以上含まれますので、少量でも甘みを強く感じます。

ステビアのように天然ハーブ由来の甘味料として「キシリトール」があげられます。キシリトールも植物から精製された甘味料ですので、アステルパームのように化学的に作られた甘味料とは異なります。

ステビアのメリットとは?

天然甘味料のステビアが含まれているコーラ

数多くある人工甘味料や天然由来の甘味料の中で、「ステビア」を使うメリットとは何なのでしょうか。

ステビアのメリット1 カロリーが低い

一般的な砂糖と比べ、ステビアは甘みが非常に強いという特徴があります。重量で換算すると、3分の1~5分の1程度の量で、砂糖と同じ甘みを得ることができます。少量で充分な甘みを得ることができますので、使用量が少なくて済み、結果としてカロリーを抑えることができます。

ステビアのメリット2 味が自然

自然由来の甘味料ですので、化学物質だけを合成させて作る甘味料と比較すると味がとてもナチュラルです。食後、口の中に薬の味のような嫌な甘さが残らないのが、ステビアのメリットと言えるでしょう。

ステビアのメリット3 熱や酸に強い

ステビアは高い温度でも低い温度でも味がほとんど変わりません。また酸に触れても甘みが減少することもありません。アイスクリームやシャーベットなどの評価に混ぜても、ドーナツなどの揚げ菓子に使用しても、通常の量で充分な甘みを発揮するのです。

ステビアのメリット4 虫歯になりにくい

歯磨き粉に使われている虫歯になりにくいステビア

糖分は人間が生きていくには欠かせない栄養素ですが、砂糖は歯に付着することで虫歯を引き起こすこともあります。しかし、ステビアは歯に付着しても虫歯を引き起こしにくいので、ガムやキャンディーなど長時間歯に接触するお菓子や、歯磨き粉などの医薬品にも使用されます。

ステビアのメリット5 微生物の栄養分とならない

微生物は糖分を栄養として繁殖します。微生物が繁殖すると、食品の発酵が進み食品が腐ったりしてしまうことになります。ですがステビアは微生物の栄養分とはならないので、漬物やヨーグルトに使用しても、発酵を過度に進行させることがありません。食品を美味しい状態に保つためにも、ステビアは役立っているのです。

ステビアのメリット6 吸湿性が低い

砂糖は空気中の水分をすぐに含んでしまいますので、せんべいなどのお菓子をパリッと乾燥した状態に保つのは至難の業です。ですがステビアは吸湿性が低いので、放置しても空気中の水分を吸いこまず、美味しい状態に保つことができます。
あられやせんべい、ポップコーンなどのパリッと乾燥した状態が美味しいお菓子には、ステビアを使うことで食感を維持することができるのです。

ステビアは安全な食品?危険性はあるのでしょうか?

オシャレなハート型のマカロンの甘みにも使われるステビア

メリットが非常に多い甘味料ですので、ステビアは多くの甘味料の中でももっとも使用頻度が高い食品添加物となっています。現在、日本で販売されているお菓子や加工食品、清涼飲料水などの多くの商品には、ステビアが含まれているのです。

ですが、危険性については全くないと言えるのでしょうか?摂取する量によって問題が起こる可能性についてもチェックしてみましょう。

ステビアを摂取すると妊娠しにくくなる?

ステビアはマフィンの甘みにも使われている

「ステビア」と検索すると、「妊娠しにくくなる」「妊娠毒性がある」などの関連ワードが出てきます。実際に、妊娠にマイナスの影響を与える食品添加物として、ステビアを紹介しているサイトも多く見られます。

ステビアが妊娠によくない影響を与えると言われるようになったのは、1968年にウルグアイの研究について報道されたことが原因とされています。その研究とは、ラットにステビアエキスを連続投与したところ、妊娠率の低下がみられたという内容のものです。
ですが、同じ研究を何度繰り返しても同様の結果が得られず、信用度が非常に低い実験であることが証明されました。また、食品として使用されているステビアはエキス状のものでないことからも、例えステビアエキスを摂取すると妊娠しにくいという結果が得られたとしても、それを人間のステビア摂取に結びつけるのは無理があることも証明されています。

良質なステビアは安全な甘味料

現在、天然由来の甘味料の中で、ステビアはもっとも安全性が確認された食品添加物として認められています。ですが、甘みが強い食品ですので、過度に摂取すると味覚が鈍感になってしまいますので、適量を使用するように心がけましょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木村さくら

木村さくら

自称「健康オタクで美容オタク」。最近自家栽培にハマってます。