夏バテの原因と対策に関する記事

夏バテの原因から自律神経・胃腸・睡眠の質を整える対策

夏バテの原因から自律神経・胃腸・睡眠の質を整える対策

夏バテの原因は、暑さによる自律神経の乱れにあった!だるい、食欲がわかない、頭痛やめまいがする方は食事や運動、入浴、睡眠などのやり方次第で不調をなくすことができます!夏バテに似ているクーラー病の特徴も解説します。

マーミーTOP  >  ライフスタイル  >  夏バテの原因から自律神経・胃腸・睡眠の質を整える対策

夏バテの原因って何だろう?クーラー病との違いや予防法も紹介

今年も、うだるように暑い夏がやってきました。日本らしいジメジメとした暑さが続いていますが、体調など崩していらっしゃいませんか?

このコラムにたどり着いたということは、もしかしてもう「夏バテ」の兆候が現れているのかもしれませんね。もしくは、お子さんやパパさんが体調を崩していて、何か対策を立てねば…!と探されているのかもしれません。

敵を制すは、まず敵をよく知ることから!夏バテの対策には、まず夏バテの原因を知るところから始めましょう!意外と知らない方も多い夏の不調の代表格「クーラー病」との違いも解説します。

夏バテの「自律神経の乱れ」「胃腸の乱れ」などの主な原因を紹介

夏バテで寝ている子供

何となくだるい、暑くて食欲がない…毎年夏になるとこういった症状が出てしまう人にとっては、暑い夏場は憂鬱な気分となってしまいます。どうにかして夏の暑さにつられ活動的にもなって、快適に夏場を過ごしたいものですよね。そもそもなぜ、夏バテになってしまうのでしょうか?

夏バテは、高い外気温や湿度に体がうまく対応できずに、体力を消耗し、体がバテてしまっていることを言います。「暑さ負け」とも呼ばれたりもします。

しかし、いくら暑い夏でも、夏バテになる人とならない人がいます。また、毎年同じ夏であるの、今年に限って珍しく夏バテになってしまうということもあります。なぜ、この違いが起こるのでしょうか。何が夏バテを引きおこしているのでしょうか?

夏の日々の暮らしの中で自律神経が乱れてしまった

人間の体には、常にホメオスタシスという機能が働いています。この機能によって、私たちは体温を一定に保つことができたり、体内の水分量が減ったときに喉の渇きを覚えたりすることができます。

このように、身体の中をいつも調整してくれているのが「自律神経」です。身体が暑いと感じれば、汗をかいて身体を冷やし、反対に身体が寒いと感じれば、身体をブルブルと震わせて、体温を上げようとしてくれます。私たちは無意識のうちに、自律神経の働きに支配されています。自律神経の調整機能のおかげで、意識しなくても体のメンテナンスが行われ、毎日変わりなく過ごすことができています。

夏に自律神経が乱れやすい原因
クーラーの効いている部屋のイラスト

しかし、この自律神経も、外的な要因やストレスなどが加わり続けてしまうと「修正能力が衰えたり」「正常値が狂ったり」して乱れてしまいます。暑い夏場は、熱中症を避けるためにも冷房を使いますよね。うだるように暑い外出先からクーラーの効いた部屋に入ると、汗がスッと引いていくような感覚を覚えます。瞬間的にはとても気持ちが良いのですが、少し経つと寒く感じてきませんか?

夏場の外気温と、クーラーの効いた室温とでは、気温の差がありすぎます。夏場は外に出るだけで、たくさんの汗をかきます。すると身体は、体温を下げようとして、懸命に汗を出して熱を放出しています。今度は急に、涼しい室内に入ります。今度は、身体が冷えてきて、変化に対し自律神経が反応して、体温を一定に保とうというメカニズムが働きます。夏場は、暑い外と涼しい室内との行き来が多く、身体はそれに合わせることに大忙しです。そういった無理がかかってしまう体温調整を何度も繰り返すうちに、自律神経がだんだんと乱れてしまいます。

自律神経が乱れると、気温の高い外にいるにもかかわらず、体温調整がうまくいかずに、汗をかけないということが起こります。そうすると、身体は熱が発散できず、暑さがこもったままの状態になります。これこそが、夏バテの大きな原因なのです。

体から水分やカリウムが不足してしまっていること

人は汗をかくことで、体内にこもった熱を放出させます。汗をかくこと自体はとても良いことなのですが、汗は身体に必要な、カリウムなどのミネラル分も一緒に流してしまいます。このミネラルが体外に出てしまうと、脱水症状になりやすくなってしまいます。

水を飲んでいる女性

夏場はこまめに水分補給やミネラル補給を行わないと、身体から失われた水分とミネラルを補うことができず、軽度の脱水状態になります。この軽い脱水状態が続くことで、身体に熱がこもり、だるさを感じたり、食欲が落ちたりといった夏バテの症状と重なります。

ちなみに、ミネラルと水分を効率的に補給できる飲み物が、麦茶です。身体を冷やす効果も期待できるので、オススメですよ。

胃腸の働きが悪くなりエネルギー補給ができない

冷やしそうめん

夏はどうしても食欲が落ちる人が多くなります。その原因は暑さのせいで、胃腸の働きが弱くなり、消化機能が悪くなってしまいます。食事の量が減ると、必要なエネルギーを補給できなくなりますので、だるさやしんどさが抜けません。人の体にとっての大切な栄養素も不足しますから、夏バテがさらに悪化する悪循環となりがちです。

夏バテだからといって、口当たりの良い冷たい食べ物ばかりを食べていませんか?真夏には、冷やしそうめんやお蕎麦などの軽い食事をつい選びがちですが、夏バテ対策の観点からすると、あまり良いこととは言えません。炭水化物のみの食事だけでは済まさずに、ミネラルを補給できる夏野菜や栄養価の高いタンパク質も一緒に摂ることもお忘れなく!

夏の暑さで睡眠の質が低下してしまっているから

熱い部屋で寝れない子供のイラスト

私たちは、眠ることで日々疲れた身体を回復させています。ぐっすりよく寝た日には、翌朝スッキリと起きることができますね。夏の夜は、蒸し暑さで眠りにくくありませんか?眠りが浅い日が続いて、疲労感が残っている方もたくさんいらっしゃいます。質の良い睡眠がとれない日が続くと、その分の疲労が蓄積されて、夏バテへと発展していきます。夏場の睡眠不足も、夏バテの十分すぎる理由の一つです。

夏バテの症状やクーラー病との違いについて

夏バテと並ぶ夏場の体調不良の代表格として「クーラー病(冷房病)」があります。
夏バテとはどのように違うのでしょうか?夏バテの症状を確認しながら、比較してみましょう。

夏バテの症状

だるい、疲れが溜まっている

体に熱がこもると、脳がオーバヒート気味になりだるさを感じ、体が熱いと体内のエネルギーがいつもよりも消費されるため、倦怠感や疲労感が抜けにくくなります。

食欲不振、消化不良
食欲がない子供達のイラスト

体の疲労や自律神経の乱れによって、胃腸の働きが弱まり、消化機能が悪くなり食事をしてもうまく栄養素を体内に吸収できなくなってしまいます。消化機能の衰えは、脳内の食欲を司る部分にも、フィードバック機能が働き、食欲不振となってしまいます。

立ちくらみ、めまい、頭痛

自律神経の乱れから、血圧の変化、血管の急な収縮などにより、脳内への血流量などが変化してしまって起こる症状です。症状の表れ方には個人差があります。

イライラする、無気力

自律神経が乱れることで、体の不調が間接的に精神的にも影響を与えてしまったり。直接的に影響を受けてしまう事もあります。暑さに対するぶつけどころのない怒りからイライラしたり、疲れやめまいによって無気力となるなど、様々な要因があります。

夏バテとクーラー病の違いは?

クーラー病とは冷房病とも言われ、夏場の蒸し暑い屋外とクーラーのガンガン利いた室内とを、行き来を繰り返すことによって体内の体温調整機能がうまく働かなくなることを言います。夏バテと同じように、自律神経の働きが悪くなることで起こる体調不良です。

クーラー病の女性のイラスト

クーラー病の主な症状は、夏バテと同じく、倦怠感や食欲不振として表れます。また、微熱が続いたり、頭痛やめまいが出たりする人もいます。クーラー病と夏バテは、原因も症状もとても似ていて、基本的な対策の考え方も同じなので、厳密に区別する必要はないかもしれません。

しかし、あえて分けるとすれば、クーラー病では、夏場の暑い時期であるにもかかわらず、手足の冷えが症状の一つにあります。夏バテには、手足の冷えはありません!

クーラーを日常的に浴びすぎることによって、身体が冷えた状態になっていると言えるのかもしれません。熱中症にならないためにクーラーは非常に有効な家電ですが、利かせすぎには要注意です。

夏バテの対策!悪化させないための予防法

夏バテに負けない丈夫な身体を作るには、自律神経を整え対策することが大切です。そして、その自律神経を整えるには、規則正しく、身体に無理をさせない生活習慣を送ることが一番です。夏バテを予防して、夏を思いっきり楽しみましょう!

日々の食事には気をつける

梅干し

夏バテに利く食べ物は、いろいろありますが、特に必要な栄養素は、エネルギー代謝を良くするビタミンB1と、疲労回復効果の高いクエン酸です。

ビタミンB1を含む食品といえば豚肉です。夏の風物詩のうなぎにも多く含まれていますので、土用の丑の日に食べてみては?玄米もビタミンB1もたっぷりですので、夏場は玄米でパワーアップするのもよいですね。
そして、クエン酸といえば酸っぱい食べ物です。レモン、グレープフルーツなどの柑橘系の果物が料理に入れたり、デザートとして食べたりしやすいですね。梅干しもクエン酸の宝庫ですから、お子さんや旦那さんのお弁当の中に、取り入れてみましょう!

エアコンを利用する時には、ずっと低い温度設定にはしない

夏バテやクーラー病を含めた夏の不調の大半は、外気温と室内の気温が違いすぎることに大きな原因があります。室内の冷やし始めには低い温度設定でも構いませんが、十分に部屋が冷えてきたら、室温は28℃程度に設定しましょう。目安は「外気温」と「室温」の差が5度くらいです。暑いなと感じる時には、扇風機やサーキュレーターで空気を循環させると涼しくなり、電気代も節約できますよ。

眠りにつけるように工夫する

体力を消耗しやすい夏場には、どれだけ疲労を回復させる事ができるのかが一つの鍵となります。出来るだけ、安眠できるための対策を講じましょう。特にお子さんや男性は新陳代謝が女性よりも活発ですので、汗っかきで、暑いと眠れない人が多くいます

暑さで寝苦しいのなら、氷枕や冷感シーツを使ってみましょう。最近の商品は、比較的安価でとても優秀です。冷感のかけ布団は、かぶっても涼しさをキープしてくれるので、寝ている間にお腹を冷やしてしまうのを防ぐことができます。

また、エアコンのおやすみタイマーをかけていても、冷房が切れると起きてしまうという人は、一晩中かけておくのも一つの方策です。小さなお子さんがいるご家庭は、夜間の熱中症対策をしているお家もたくさんあります。そのかわり、夜間は風量と温度を抑えて使いましょうね。

適度な運動をする

ヨガをしている女性のイラスト

夏場の適度な運動は、血行を良くし、自律神経の働きを整えてくれます。暑さにやられてしまうほどの運動量は必要ないので、室内でできるヨガやストレッチ、体操などで、気持ちの良い汗を流しましょう。運動前後は、もちろん水分補給をお忘れなく!

シャワーだけで済ませずに、湯船にもつかる日をつくる

湯船に入っている女性のイラスト

真夏の暑い時期には、湯船にじっくり浸かるよりも、シャワーでサッと済ませたいのが本音ですよね。けれど、夏バテ知らずの体を作るためには、湯船に浸かることも必要です。毎日ではなくてもいいので、ゆっくりお風呂に入る日を作りましょう。平日はママが楽をする意味でもシャワーで済ませ、パパのいる休日には、家族団欒のお風呂タイムにすると良いのではないでしょうか。ぬるめのお湯に浸かることで、自律神経が整います。また、リラックス効果も高いので、寝苦しい夜にも入眠しやすくなります。

ストレスを発散させる対策をとる

お子さんが夏休みで、家にいることが多くなってくると「お昼には何を作ろうかなぁ~」と献立を考える事も、面倒となってしまいますよね。そんな気持ちも吹き飛ばすために、夏に各地が行われているイベントに参加してみましょう。

ブールや海にご家族で行って涼んだ後には、夜に花火をしたり、子供にとっても良い思い出になりますよ!夏祭りの縁日に行って、金魚すくいをしたり、かき氷を食べたりと、夏は暑い季節ですが、イベントも多い季節です。そういった、イベントに参加しストレスが発散されると、楽しい思い出がいっぱい出来て、夏バテのことなんて忘れちゃうかもしれませんよ!

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木下みずき

木下みずき

ウォーキング始めました!運動と食事で5kg減を目指すダイエッターです!