更年期障害とは?に関する記事

更年期障害とは?中高年女性だけでなく男性も要注意の症状

更年期障害とは?中高年女性だけでなく男性も要注意の症状

更年期障害とは、誰でもかかるリスクのある病気です!30代から気をつけたい症状や間違えられやすい病気などを解説します。

マーミーTOP  >  ライフスタイル  >  更年期障害とは?中高年女性だけでなく男性も要注意の症状

更年期障害とは中高年女性だけの病気じゃない!夫の症状にも注意

女性にとって年齢を自覚する何よりも恐ろしい症状が更年期障害ですが、女性だけでなく男性もかかることがあるってご存知でしたか?若い頃には感じたことがない体の不調やイライラなどのつらい症状が、夫婦の幸せな生活に水を差すこともありますので、注意をしていきたいですね。

年齢を重ねて老いることは、自分1人だけの問題ではありません。特に年の差婚の場合、あなたが体力気力ともに満ち溢れる若い女性でも、一緒に暮らす夫に更年期障害がふりかかっているかもしれませんよ。さまざまな更年期障害の原因や症状を正しく理解しておきましょう。

誰でもかかる!更年期障害を患う性別と年齢

更年期障害で気持ちが落ち込んでる女性

あなたは更年期障害を、40代後半から50代前半の女性特有の病気だと勘違いしていませんか?

確かに更年期障害の症状を訴える人の大部分は女性で、発症のメカニズムに閉経か関係していますので、閉経とは全く無縁の若い女性や、ましてや男性の更年期障害なんて思いもよらないかもしれません。けれど実際は、閉経以外にも条件さえそろえば、若い女性も男性も更年期障害の症状に苦しむ可能性があるのです。

若い女性に急増中!若年性更年期障害

一般的に女性の更年期障害は、加齢によって体内のホルモンバランスが乱れる40代後半から50代前半に現れますが、更年期障害と同じ症状は、ストレスや生活習慣の乱れなどでも起こります。そのため、最近20~30代の若い女性にも、生理が不規則になる、顔がほてるなどの更年期障害と同様の症状を訴える人が増えていて、このような症状は若年性更年期障害、もしくはプチ更年期プレ更年期とも呼ばれています。

40代以上のパパは要注意!男性更年期障害

男性は、40歳を過ぎると急激に男性ホルモンの量が低下します。そのため、顔のほてりや無気力などの更年期障害の症状が起きることがあり、これは男性更年期障害とは呼ばれます。男性更年期障害はまだまだ認知度が低いのですが、本来一番気力が充実する働き盛りに起きる不調であることから本人や周りへの影響も大きく、女性よりも深刻だといわれています。

更年期障害になる原因は加齢だけじゃない!?

更年期障害を引き起こす大きな原因は、加齢による私たちの身体の機能をさまざまに制御するホルモン分泌の乱れ、身体的な要因によるものですが、こういったホルモンの分泌異常は加齢による機能の衰えだけでなくだけでなく、本人が置かれている環境などの要因でも引き起こされますので、更年期障害の原因は一つだけではありません。

幾つもの原因が複雑に影響しあって更年期障害を引き起こしていますので、原因を正しく理解して、できるだけ取り除くようにしていくことが大切です。

女性の更年期障害の原因はエストロゲン

女性の身体に更年期障害が起こる原因は、女性ホルモンの一つである「エストロゲン」の分泌量が低下することです。初潮を迎えると、脳の視床下部は卵巣にエストロゲンを分泌するように指令を出します。すると、卵巣はエストロゲンを作り、「作ったよ~」と視床下部に報告をします。

ところが、加齢などの原因により卵巣機能が低下してしまうと、卵巣はエストロゲンを充分に作れなくなり、視床下部への報告も減ってしまいます。すると、視床下部は「ちゃんとエストロゲンを作って!」とさらに要求し、子宮からの方向と視床下部からの指令のバランスがとれなくなって、脳の視床下部が一時的なパニックを起こし、自律神経の働きが乱れてさまざまな体の不調が起こってしまうのです。

卵巣機能の低下は、強いストレスや生活習慣の乱れなどでも起こりますので、若い女性であっても若年性更年期障害になってしまうのです。

女性らしさを作るエストロゲンと自律神経は密接に連動して影響を与えていて、どちらかが乱れると更年期障害の症状が現れやすくなります!

男性の更年期障害の原因はテストステロン!

仕事の電話でストレスを感じてる男性

男性の身体に起きる更年期障害の原因は、男性ホルモンの一つであるテストステロンの分泌量が低下することです。テストステロンは睾丸と副腎から分泌され、たくましい体つきやバイタリティなどの男らしさをサポート!やる気をアップさせるドーパミンの生産を促す働きがあることから、働き盛りの男性の心身を維持するためになくてはならないホルモンなのです。

ところが、テストステロンもエストロゲンと同様に30歳ごろから次第に分泌量が低下し始めます。そうしてホルモンのバランスが乱れると、自律神経の働きが乱れて更年期障害の症状が起こります。テストステロンの分泌も、ストレスの影響も受けやすいので、さまざまなトラブルによりストレスを募らせると、更年期障害を悪化させてしまいます。

30~40代男性のストレスになりがちな要因

  • 仕事での問題
  • 上司や部下との交友関係
  • 自宅などの大きな買い物
  • 昇進や仕事での失敗
  • 親しい人との別れ
  • 子供の反抗

男性の更年期障害は、女性の閉経のように開始目安となるものがなく症状にも個人差が大きいため、相談場所がないことでさらにストレスを溜めてしまうという悪循環に陥りやすいのです。気になる症状が見られるときは、早めに専門医を受診させてあげましょう。

更年期障害の女性と男性の症状

一般的に更年期の症状には、体に現れるものと心に現れるものがあります。更年期の症状を自覚しても何の問題もなく過ごせる人もいれば、重い症状で病院に通わなくては生活がなりたない人もいるなど個人差が非常に大きいです。他人と比べる必要はありませんので、症状があるうちは自分が良くなることを考えてリラックスして過ごしましょう。

女性に起こりがちな更年期の症状

女性の身体にあらわれ更年期の症状として代表的な症状は、次のようなものです。

  • やたらと顔がほてり、汗が出る(ホットフラッシュ)
  • 胸が痛むほどの動悸や、脈の変動がある
  • 突然のめまいやふらつき、耳鳴りがある
  • 体がだるく、疲れやすくて気力がでない
  • 太りやすくなった/急激に痩せた
  • 手足や顔がむくむ
  • 頻繁に頭痛に悩まされる・頭が重い
  • 手足が冷える・指がしびれる
  • 便秘や下痢、胸やけなどの胃腸症状がある
  • 頻尿や尿もれ
  • 体中の皮膚や爪の張りや潤いがなくなった
  • 抜け毛や薄毛・髪の毛のハリやコシがなくなる
  • 肩や腰、骨や手足の関節が痛む
  • 原因がないのにイライラする
  • 不安で仕方がない
  • 眠れない・グッスリ眠ったかんじがしない
  • やる気が出ない・疲れがとれない
  • 物忘れが多くなった

これらの症状は多くの場合、幾つも重なって現れる傾向があります。

男性に起こりがちな更年期障害の症状

男性の身体に現れる更年期障害の症状は、ほとんどが女性のものと同じです。ところが、男性ホルモンのテストステロンは、女性ホルモンのエストロゲンより心に対する強い影響力をもっているため、男性更年期障害は精神的な症状がより強く表れる傾向があります。

  • 原因もなくイライラする
  • しきりに攻撃的になったと思ったら急に不安になる
  • 笑わなくなった
  • 集中して新聞を読めなくなった
  • 熟睡できない
  • やる気が起こらない
  • 暑がりになった
  • やたらと汗をかくようになった
  • スッキリと目覚められない
  • 通院する程ではないが、体調が悪い
  • 頭がもやもやする

中高年男性の6人に1人は隠れ更年期障害」と考える専門医もいるほど、男性更年期障害は認知度が低く、原因が分からずに苦しんでいる人は多いのです。この年代の男性は、社会的に仕事をするうえで期待されている反面、多くのストレスを抱え込みやすく、更年期障害の症状を苦にしてさらにストレスを深める傾向もあり、自律神経失調症やうつ病などへの進行も多いと考えられています

振れ幅の大きいメンタルや、更年期障害の諸症状のために自信喪失に陥りやすく将来を悲観しやすいため、本人が病気を意識するだけでなく、家族や周りがサポートするように心掛けることが大切ですね。

更年期障害と間違われやすい病気10

更年期障害の症状はとてもバリエーションが多く、「病気のデパート」と呼ばれることもありますが、症状の多様さをみるとうなずけます。その反面、重大な病気であるのに更年期障害だと思い込んでしまい、治療が遅れるというケースもありますので、充分に注意をしておきましょう。

重大な病気を見逃さないためには、軽くても症状を甘く見ず病院でしっかりと検査を受けることを心掛け、更年期障害の症状と間違えやすい病気について正しい知識をもっておくことが大切です。こちらでは、更年期障害と間違えられやすい病気をご紹介します。

自律神経失調症

更年期障害と間違えやすい病気といったら、真っ先に挙げられるのが自律神経失調症です。そもそも更年期障害自体が自律神経系の乱れが引き起こしているので、更年期に起こりやすいイライラや倦怠感、動悸などの症状は自律神経失調症と同じ!ところが自律神経失調症の場合、女性ホルモンを治療で補っても改善することはできません。症状を引き起こしている原因を特定しながら、病気に応じた対処を心掛けましょう。

うつ病

うつでテーブルに突っ伏してる中年女性

「気分が晴れない」「いつも何かを不安に思っている」という心の変化は、更年期障害にも自律神経失調症にもみられる症状ですので間違えやすいのですが、うつ病は精神的なストレスの蓄積、甲状腺機能低下症などの病気、ステロイドなどの薬が原因で引き起こされたりもする怖い病気で、一歩間違えれば自分の命を縮めてしまうリスクもあります。

のぼせや発汗などの身体的な症状よりも精神的な症状の方が多かったり重かったりする場合には、うつ病の可能性も否定できませんので、症状が重くならないうちに心療内科やメンタルクリニックを受診するよう心掛けましょう。

メニエール病

突然の耳鳴りやひっきりなしのめまいも更年期障害に起こりがちな症状ですが、ひどい場合にはメニエール病を疑った方が良いかもしれません。メニエール病は内耳性のめまいの一種ですが、原因が特定されていないので薬でしっかりと直しておく必要があります。

メニエール病はストレスが強い真面目な人や主婦に多い傾向があり、30代から急増し60代で最も多くなります。そのため、更年期と重なり症状だけでは見分けにくいのですが、耳鳴りやめまいに加えて吐き気がある場合にはメニエール病の可能性が高いので、一度耳鼻科を受診することをおすすめします。

夫源病や妻源病

頭痛や胃の痛み、めまいなども更年期障害の起こりがちな症状ですが、その症状がいつも現れるものではなく、パートナーである夫が帰宅する時間が近づいてくるにつれひどくなる、妻からのメールを見た途端症状が現れるなどの方よりアある場合には、配偶者の言動が強いストレスとなって引き起こされる夫源病や妻源病と呼ばれる神経症状かもしれません。

このような症状の場合、ホルモンを補う治療をしていても治ることはありませんので、心療内科などに相談をして症状を緩和させながら、パートナーとの関係修復を考えていきましょう。

甲状腺機能亢進症/甲状腺機能低下症

突然の動悸や頻脈、のぼせる、手足の末端がやたらと冷えるという更年期障害の症状は、バセドウ病やプランマー病などが原因で甲状腺ホルモンを過剰に分泌してしまう甲状腺機能亢進症、あるいは海藻の食べ過ぎや慢性甲状腺炎などにより甲状腺ホルモンの分泌量が低下してしまう甲状腺機能低下症でも起こります。

甲状腺ホルモンはエネルギー代謝にかかわるホルモンで、分泌が過剰になったり低下したりするとさまざまな不快な症状が引き起こされます。この病気は薬で治療ができますので、心的症状よりも身体的な不調が多い場合には内科を受診して相談をするといいでしょう。

高血圧症

ほてりや肩こり、頭痛や耳鳴りなどの更年期にありがちな症状は、高血圧症でも見られます。更年期は血中コレステロールを上昇させやすく、ホルモンバランスの乱れが高血圧を招きやすい時期でもありますので、専業主婦やパートで検診がない人も、定期的に健診を受けるようにしましょう。病院で治療を受けるだけでなく塩分の多いもの、油っぽい料理を控えるなど食生活の改善にも気を配ることが大切です

糖尿病

のどの渇きがある、尿量が増える、疲労感が取れないなどの症状は、更年期障害だけでなく糖尿病にも良く見られます。糖尿病は血液中のブドウ糖をエネルギーとして使えず、血糖値が上昇してしまう病気ですが、更年期は糖尿病のリスクが高い時期で、更年期障害と間違えていると命にかかわることもあります。

糖尿病は検査をすれば診断ができますので、病気の治療と共に食生活の改善や運動習慣をつけるなど、生活改善もあわせて行いましょう。

婦人系の疾患

女性の場合は更年期の一番の症状は不正出血生理の周期の乱れ閉経などですが、これらの症状は次のような婦人科系疾患でもみられます。

  • 子宮がん
  • 子宮頸がん
  • 卵巣がん
  • 子宮内膜症
  • 子宮筋腫

これらの婦人科系疾患は、更年期障害を引き起こしている卵巣機能とも関係が深い病気ですが、「更年期だから仕方がない」と見逃されやすく、大変リスクの高い病気です。更年期障害で受診した場合に病院側でもチェックはしますが、軽い出血やおりものの変化などで早めに医師に相談できるとよいですね。

脳の疾患

更年期障害で良く見られる傷病に頭痛やめまい、吐き気や手足のしびれなどがあります。これらは、次のような脳にかかわる病気の特徴でもあります。

  • くも膜下出血
  • 脳腫瘍
  • 脳梗塞

40代後半になると、症状が軽い場合や慢性的ではない場合は「歳のせい」「更年期障害」「片頭痛」と、軽く考えて片付けてしまいがちなのですが、見逃してしまうと命の危険や将来にわたってトラブルを作ってしまいますので、些細な症状でも病気を疑って、脳神経外科などの専門医を一度受診しておくことをおすすめします。

10膠原病やリウマチ

更年期障害の症状の中には関節の節々が痛むなどの症状がありますが、これは膠原病やリウマチでもよく見られる症状です。膠原病やリウマチは、免疫システムに問題があって関節に炎症が起こり強い痛みを伴う疾患ですので、心的な症状や他の身体的な症状が見られないのに関節の痛みが続く場合には、内科医やリウマチの専門科を受診すると安心です。

更年期障害の検査方法

病院での採血

男女を問わず更年期障害は、特定のホルモンの分泌低下が原因で引き起こされますから、問診で生活環境のチェックをするとともに、血液中のホルモン量の検査をすれば診断できます

女性であれば生理の周期を確認や、婦人科での内診による卵巣機能のチェック、病院によっては骨粗しょう症の検査などもあるため、「更年期障害の検査は面倒」と感じるかもしれませんが、これからの健康を守るために大事なことですので、休暇を兼ねて時間を作り、しっかりと検査を受けておきましょう。

更年期障害の治療と薬

更年期障害は年齢によるもので、治療ができないと思っている人は多いのですが、きちんと検査をして原因を特定すれば、治療も改善も可能です。更年期障害の症状を引き起こす原因は一つではなく、症状も多岐にわたるため、治療法も一つという訳にはいきませんし、さまざまな薬剤を使うこともあります。

時に副作用をもたらす薬もありますが、治療は患者本人の意思を尊重して進められていきますので、お医者さんの説明をよく聞きながら、自分にとって一番良い治療方法を選んでいきましょう。

  • ホルモン補充療法
  • 漢方を含む薬物療法
  • カウンセリング
  • 食事・運動療法

更年期障害とサプリメント

更年期障害の治療のなかに食事療法があるように、食生活の改善は体の中で作り出すホルモン量を増やし、身体の回復をスムーズに行うためにも大切なことです。一番良いのはさまざまな食材から多くの栄養をバランスよく摂取することなのですが、仕事などで忙しい場合やお付き合いなどで外食が多い場合は、なかなか難しいかもしれませんね。そんな時にはサプリメントを利用するのも良い手です。

<症状緩和が期待できるサプリメント>

  • サポニン
  • イソフラボン
  • プラセンタ
  • マカ
  • プエラリア
  • ローヤルゼリー
  • ギャバ
  • レッドクローバー
  • アルギニン
  • ポリフェノール
  • デセン酸 など

医師からの処方された薬を飲んでいる場合、必ずサプリメントを飲んでいいか医師に相談し、許可を受けてから利用しましょう

サプリメントはあくまでも健康補助食品で、通常の食事の補助として利用するのが原則です。サプリメントの良い成分も過剰に使えば内臓に負担をかけてしまいますし、既に薬を服用している場合は飲み合わせにも注意が必要!サプリメントを購入する時は、成分表示を確認して用法、用量を守って使うことも大切です。

更年期障害と注意すべき食品

更年期障害の改善のために良い栄養、良い食べ物もあれば、食事の内容によっては代謝を下げ、逆に症状を悪化させるリスクのある食べ物もあります。良い食事を意識するのとともに、次のような注意すべき食べ物も意識して、普段の食生活を見直していきましょう。

アルコール

グラスにワインを注いでる

嫌なことがあったりクヨクヨしたりすると、アルコールで気分を高めたくなる人も多いですよね。ところが更年期障害の人にとっては要注意!アルコールが症状を悪化させて、悪循環に陥ってしまうこともあるのです。

更年期障害の人に多い症状として、不眠があります。「アルコールは寝つきをよくする」と言われていることから寝酒の習慣がある人もいますが、アルコールを毎日飲むことで体には次第に耐性がついてきますので、日増しにアルコールの摂取量が増えて、アルコール依存症になる恐れがあります

また、アルコールで早く寝つけたとしても、睡眠中に体内で分解されたアルコールがアセトアルデヒドとなり、睡眠を邪魔してしまうため「夜中や早朝に目が覚めてしまう」など、睡眠の質が低下してしまいます。このように、更年期障害の症状が見られる人はアルコール摂取に気をつけないと「朝、スッキリ起きられない」など症状を悪化させてしまうのです。

コーヒー

コーヒーに含まれるカフェインには、体内から水分を奪う作用があります。更年期障害になると、ほてりや大量の発汗などで体内の水分が不足しがちになりますので、コーヒーを飲むことで増々水分不足が加速します

また、カフェインは胃腸障害を引き起こしやすいため、更年期障害の症状として胃腸症状がある人は、コーヒーを飲むことで症状をさらに悪化させてしまいます。摂り過ぎには注意して、必要以上濃く入れないように心掛けましょうね。

スイーツやスナック菓子

マーガリンやショートニングを多く使ったケーキやクッキーなどのスイーツや、スナック菓子に含まれるトランス脂肪酸には、ホルモンのバランスを乱す作用があります。

また、スイーツに使われている砂糖がエネルギーに変換されるときに使われるビタミンB1には、疲労を回復し、気持ちを安定させる働きがあります。必要以上に糖質を摂り過ぎることでビタミンB1欠乏症になると、イライラする、集中力がなくなるなどの症状がでてきますので、更年期障害の症状をさらに悪化させてしまいます。

糖質とは、砂糖だけではありません!ご飯やパン、麺なども糖質ですので、白米が大好きな人は雑穀にするなど、日頃から主食の質や食べ過ぎにも十分に気をつけましょうね。

エストロゲン分泌量の低下で起こりやすくなる病気

更年期障害はさまざまな不快症状を引き起こしますが、加齢やストレスで卵巣機能が低下するとエストロゲンの分泌量が減り、次のような病気にもかかり易くなります。なかには自覚症状に乏しい病気もありますので、油断せず、定期的な健康診断を受けて健康を守っていきましょう。

高脂血症

エストロゲンには、悪玉コレステロールの代謝を促す作用があります。ところが、エストロゲンの分泌量が減ってくると血液中の悪玉コレステロール(LDLコレステロール)や中性脂肪が代謝されにくくなるため、脂質異常症になりやすくなります。

高脂血症の基準値

  • LDLコレステロール…140mg/dL以上
  • 中性脂肪…150mg/dL以上

特に、閉経してしまうと高脂血症のリスク高くなり、心筋梗塞や脳梗塞などの重大な病気にもつながりやすいので要注意!更年期障害の症状が見られたら、食生活や運動習慣も見直すように心掛けましょう。

動脈硬化

胸に圧迫感を感じておさえてる女性

エストロゲン分泌量の低下によって悪玉コレステロールの代謝が悪くなると、血管の内部に悪玉コレステロールが付着して血管は次第に分厚く硬くなるため、動脈硬化のリスクが高くなります。特に更年期以降の女性はリスクが高まってきますので、胸の圧迫感や息切れなどの症状に注意して、早いうちからコレステロールを過剰に蓄えない食生活を心掛けましょう。

骨粗しょう症

エストロゲンが減少すると骨密度が低下し、骨粗鬆症になりやすくなります。エストロゲンには、新しい骨を作り、古くなった骨を壊して吸収する働きがありますが、更年期になりエストロゲンが減少することで、こうした骨の形成、破壊、吸収が上手く行われなくなり、骨粗しょう症になりやすくなるのです。

女性の骨密度は18歳がピーク!その後更年期にさしかかる45歳頃までは維持し続けますが、40代半ばから50代半ばまでに急速に減少してしまいますので、若い頃からカルシウムの吸収率が高いゴマペーストなどの摂取を心掛けておくことが大切です。骨粗鬆症の初期は自覚症状がありませんが、進行してくると背中や腰に慢性的な痛みを感じるようになりますので注意しましょう。

更年期障害の症状を我慢せず老後に備えましょう

身体にさまざまな不調が現れて、「老い」がより現実的になってきたことを実感する更年期障害ですが、悲観的に考える必要はありません。体の不調は「ちょっと自分を大事にしなさい!」という体からのメッセージと受け止めて、前向きに改善を目指していきましょう。

更年期障害がおこる時期は老後のために備える、準備をする期間です。症状を重くしないことが、老後の健康につながりますので、更年期からといわず食生活や生活リズムを整えて、しっかり老後の健康な生活に沿えましょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
はたこ

はたこ

第一子から15年間保育園に通い続け、まだまだ記録更新中です!