二の腕ブツブツの原因とケアに関する記事

二の腕ブツブツの原因は?薬は?毛孔性苔癬のホームケア

二の腕ブツブツの原因は?薬は?毛孔性苔癬のホームケア

二の腕のブツブツに悩む女性は多いですよね。原因は毛孔性苔癬かも?早期対処で、美しい二の腕を取り戻しましょう。

マーミーTOP  >  ライフスタイル  >  二の腕ブツブツの原因は?薬は?毛孔性苔癬のホームケア

二の腕ブツブツの原因は?毛孔性苔癬を皮膚科へ行かずに治す方法

二の腕のポツポツができてる女性のイラスト

女性を悩ます肌トラブルのひとつが、二の腕にできるブツブツ。「素肌を見せる自信がない…」と落ち込むのはもったいない!二の腕のブツブツが改善されると、自信をもってオシャレな袖なしスタイルに挑戦できますよ!
今回は、そんな二の腕ブツブツの原因、ホームケア、治療法などについて解説していきます。

二の腕ブツブツの原因のひとつ、「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」のセルフチェックもご紹介しましたので、なかなか治らない人は要チェック!該当する人には、皮膚科受診をおすすめします。

二の腕がブツブツになる原因

二の腕がブツブツになる主な原因は次の2つです。あなたの二の腕ブツブツがどちらの原因によるものかによって、治療法や対策が異なりますので、まず原因をつきとめておきましょう。

ニキビや色素沈着

鏡を見ながら顔のニキビを気にしている女性

二の腕ブツブツの一つ目の原因として、ニキビや色素沈着が挙げられます。ニキビは化膿すると皮膚の組織が破壊されてしまい、ブツブツとなって残ってしまうことがあります。
また色素沈着は、ムダ毛処理で肌に過度な刺激を与えることでも起こりますので注意しましょう。

ニキビは、生理前のホルモンバランスが狂った時期に悪化することが多いですよね。お風呂での洗い残しが原因となることもありますので、小さなお子さんがいるママもお昼寝時間に入浴したり、食事や生活習慣をできるだけ正したりして、古い角質が残らないようにしっかりとケアしていきたいですね。

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)

二の腕ブツブツの原因として一番に挙げられるのが「毛孔性苔癬」です。毛孔性苔癬は、皮膚疾患のひとつで10代の約50%の人が発症すると言われています。

ほとんどは二の腕に発症するのですが、中には背中や太もも、お尻などにも症状がみられる人もいて、症状が長期化しやすいため、若い女性を中心に悩み続ける患者さんが多い疾患です。セルフチェックで確認してみましょう。

二の腕のブツブツは毛孔性苔癬?セルフチェック

あなたの二の腕ブツブツが、毛孔性苔癬なのかをセルフチェックしてみましょう。次に挙げた質問事項に当てはまるYESの数でチェックを行います。あなたはいくつ当てはまりますか?

毛孔性苔癬のセルフチェック

  • 父または母が毛孔性苔癬になったことがある(または現在も症状がある)
  • 症状が見られるようになったのが10代~30代の間である
  • 色々な肌トラブルの治療を試みたが症状が良くならない
  • 痒みや痛みを感じることがほとんどない
  • ブツブツの出来る位置が左右対称になっている

YESの数が3個以上の場合は、毛孔性苔癬の可能性が高いです。ホームケアを試しても改善されない場合は、医師による処置が必要ですので皮膚科を受診しましょう。
2個以下の場合は、ニキビや色素沈着によるブツブツの可能性が高いので、症状に合ったケアをしましょうね。

二の腕がブツブツになる毛孔性苔癬の原因は不明!?

思春期の女性のイラスト

毛孔性苔癬は、「毛孔角化症(もうこうかくかしょう)」「さめ肌」などとも呼ばれており、皮膚のターンオーバー機能が正常に働かず、古い角質が毛穴を防いでしまうために皮膚がブツブツになってしまう疾患です。

遺伝する可能性があると言われていて、他にも思春期やアトピー体質の人に多く発症するため、ホルモンバランスや体質と関係しているとも考えられていますが、毛孔性苔癬は原因も含めてまだはっきりと解明されていないことが多い疾病です。

毛孔性苔癬の特徴は、ニキビとは異なり痒みや痛みを伴わないことです。色は、ニキビのように赤くなる場合や色素沈着のように黒くなる場合など様々ですが、ニキビや色素沈着と違い左右両方にできますし、人によっては腕だけでなくひじの下まで広がっていることもあります。

二の腕のブツブツを自宅で治す方法

二の腕のブツブツは薄着になる季節には特に気になりますが、できれば自宅でのセルフケアで改善したいですよね。そこでこちらでは、二の腕ブツブツを自宅で改善できるホームケアの方法を6つご紹介します。効果を高めるためには、全ての方法を試してみることをおすすめします!

ただし、1ヶ月間全ての方法を実践しても症状が改善されない場合は、毛孔性苔癬の可能性が高いので皮膚科を受診して治療してもらいましょう。

紫外線対策をする

紫外線が強い室外

紫外線はお肌の大敵!紫外線を浴びるとお肌が乾燥してしまいますが、乾燥肌は毛孔性苔癬ができる要因になったり、症状を悪化させたりする可能性があります。紫外線対策は顔が中心になりがちですので、二の腕を忘れてしまいがちという方は、お肌を乾燥させないためにも二の腕の紫外線対策もきちっと行いましょうね。

腕を露出する季節には日焼け止めを使用したり、アームカバーをしたりして紫外線から二の腕を守ることが大切です。2~3時間をめどに日焼け止めの塗り直しを行い、運転中の紫外線にも子をつけましょう。

市販薬を使う

二の腕のブツブツが毛孔性苔癬の可能性が高い場合、まずは市販薬を試してみてはいかがですか?病院へ行く時間が無い方も、薬局で手に入る市販薬で症状が改善されたら嬉しいですよね。こちらでは、皮膚科で処方することが多い尿素を配合した市販の塗り薬を2種類ご紹介します。

ただし、どちらも即効性のある薬ではありませんので、肌表面の角質層が代謝改善するまで使用を続けないと、効果を実感できません。角質層のターンオーバーの周期である2週間は、説明書通りに継続して塗り続けましょうね。それでも改善しない場合は、市販薬の使用をやめて皮膚科を受診することをおすすめします。

ニノキュア
ニノキュア

小林製薬

1,200円 + 税

尿素の配合率が20%と高く、角質を柔らかくするだけでなく除去してくれる効果があります。血行をよくし、肌のターンオーバーを整えてくれる効果と併せて、二の腕をブツブツからスベスベ肌に戻してくれる効果が期待できます。
ステロイドも配合されていませんし、クリームタイプで塗りやすいので毎日のケアも苦になりませんよ。

http://www.kobayashi.co.jp/brand/

ザラプロ
ザラプロ

ロート製薬

1,200円 + 税

毛孔性苔癬の原因となる角質や血行不良、炎症に直接作用する成分を配合しえたさらりとしたクリームです。使用を続けることでザラザラした肌の軟化し柔らかい肌へと変化してきます。皮膚の薄い二の腕への刺激の強さを考慮して、尿素は10%となっています。ほのかに香るフローラルの香りも、女性にはうれしいですね。

http://jp.rohto.com/zalapro/

保湿する

肌が乾燥しているとブツブツができやすくなりますので、二の腕のブツブツ対策として保湿をこまめに行うことが大切です。「お風呂上りに顔の保湿ケアは頑張ってしているけど、体はケア不足…」という方は、二の腕の保湿ケアも充分に行う習慣をつけましょう。特に、風呂上りに保湿することが大切ですよ。

保湿に使用するクリームは、特に高価なものを使用する必要はありませんが、自分の肌にあったものを使用してください。有名な「ニベアクリーム」でブツブツが治るという情報もありますが、ニベアは保湿効果の高いクリームで肌のターンオーバーを整えるのには有効ですが、毛孔性苔癬の治療薬ではありませんので劇的な効果は期待できません。

敏感肌の人は、ニベアでヒリヒリすることもありますので注意してくださいね。

ビタミン豊富な食事を摂る

ジャガイモ、緑黄色野菜など

肌のターンオーバーを促進して、ブツブツ肌からスベスベ肌にお肌を生まれ変わらせるには、必要な栄養素を食事から摂ることを心がけましょう。ビタミンAやβカロテン、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、亜鉛、セラミドを豊富に含む食材を、積極的に食べるようにしてくださいね。

ただし、ビタミンAの過剰摂取は副作用があるため、体内でビタミンAに変換されるβカロテンを多く摂取するようにしましょう。また、ばっかり食べは美肌や健康の敵!どの食材も過剰摂取しないように、バランスよく食べるようにしましょうね。

肌のターンオーバーを促進する食べ物

  • 緑黄色野菜
  • 果物
  • 肉や魚
  • 米油
  • じゃがいもやこんにゃく など

夜10時には寝る

肌のターンオーバーがきちんと行われるようにするためには、睡眠がとても大切です。肌のターンオーバーは、夜の10時~夜中の2時の間に特に活発に行われます。成長ホルモンがMAXで分泌されるまでに2時間かかりますので、夜8時に寝るのがベスト!とはいえ、それは無理だと思いますので、できるだけ夜10時までには寝るようにしましょう。

ただし、仕事などの都合で夜10時までに寝ることができない方も多いですよね。そのような方は、良質な睡眠を摂ることを心がけましょう。深く良質な睡眠を摂るためにカフェインやアルコールは控え、寝る直前までスマホやテレビを見ることも止めましょうね。ぬるめのお風呂でゆっくりと体を温めると、体が冷え始めた頃に睡魔が訪れてくれますよ。

刺激を減らす

女性用カミソリ

肌を刺激すると角質が詰まりブツブツができやすくなります。除毛剤の使用やカミソリでの脱毛は、肌を刺激してしまいますのでできるだけ行わないようにしましょう。また、入浴時にナイロンタオルで体をゴシゴシ洗うことも肌にはNGです。

お肌が炎症を起こしている時や敏感肌の方は、お肌への刺激を少なくするためにたっぷりのフワフワホイップ泡を手の平にのせて、やさしく洗うのがおすすめ!

毛孔性苔癬の皮膚科での治療法

自宅でのケアで毛孔性苔癬の症状が改善されない場合には、一度皮膚科を受診してみてはいかがでしょうか。皮膚科での毛孔性苔癬の主な治療法は、薬・レーザー治療・ケミカルピーリングの3種類です。
毛孔性苔癬の治療は、保険のきかない自費診療になることが多いので、治療を受ける前に診療費用について確認しておきましょうね。

軟膏薬のイラスト

角質除去と皮膚を柔らかくする作用のある軟膏を処方されます。塗り薬での治療は、効果があらわれるまでに日数がかかり、一度改善されてもまた再発する可能性があります。

また、毎日自宅で継続して薬を塗る必要があるため、子育て中のママなど忙しい人や面倒なことが苦手な人は、薬を塗る時間がなくて忘れてしまいがちですので、効果があらわれにくいこともあります。

レーザー治療

レーザー治療では毛穴を根本的に治療するために、皮膚の深い部分までレーザーを届かせ、お肌のターンオーバーを活性化し、ブツブツがないスベスベな皮膚の再生を促します。

数回の治療かつ短期間で症状が改善されるのが、レーザー治療のメリットになります。色素沈着がある場合、二の腕のブツブツと共に改善することができるレーザーもありますので、治療を受ける際は医師に相談してみましょう。「肌の露出が多くなる季節までに、急いで改善したい!」という方におススメの治療法です。

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングとは、古くなった角質をはがして新しい肌にする治療法のことで、古い角質を取り除くことでお肌のターンオーバーを促進することができます。

ケミカルピーリングでは、ドラッグストアなどで見かける市販のケミカルピーリング剤よりも強い薬剤を使用しています。施術後は一皮むけたような状態になり、肌が敏感になっていますので、十分な保湿と紫外線対策を行わないと、逆に色素沈着やシミの原因となってしまうことがあります。お肌を紫外線や乾燥からしっかり守るアフターケアが大切ですよ。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木村さくら

木村さくら

自称「健康オタクで美容オタク」。最近自家栽培にハマってます。