冬バテの原因・対策・解消法に関する記事

冬バテの原因は頑張り過ぎ?冬バテ解消法/元気が出る食事

冬バテの原因は頑張り過ぎ?冬バテ解消法/元気が出る食事

冬バテは、寒さや忙しさにより、興奮・緊張状態が続くことで起こります。仕事が忙しく、イベント事が続き、この時期は息をつく暇もないという方は要注意。対策には、意識して「緩める」過ごし方をすることが大事。冬バテ解消に効果的な食事も紹介します!

マーミーTOP  >  ライフスタイル  >  冬バテの原因は頑張り過ぎ?冬バテ解消法/元気が出る食事

冬バテの原因は寒さと忙しいさ?冬バテ解消は「緩める」がカギ!

冬は風邪やインフルエンザなどの感染症も流行し、体調に不安を抱える人も多いもの。でも、あまりにも何度も風邪にかかったり、常に体がだるいような場合、それは「冬バテ」かもしれませんよ?

忙しさのあまり、体を労わることを忘れて突っ走ってしまいがちな季節には、思わぬ落とし穴があるのです。冬バテとはどんな症状なのか、夏バテとの違いを説明しつつ、効果的な冬バテ対策や解消法、冬バテにピッタリな栄養が摂れる食事メニューを紹介します。

冬バテとは?冬バテ症状チェック!

寒さを我慢している女性

まずはあなたの体調をチェックしましょう。外が寒くなると、こんな症状に悩まされたりしませんか?原因はわからないけれど、冬になると毎年、調子が悪くなる。去年は何度も風邪をひいた。そのような方は特に要チェックです。意識して、冬バテに備えなくてはいけません!

  • 疲れやすい、いつもダルイ気がする
  • 風邪などの感染症に、何度もかかる
  • 理由もなく、イライラする
  • 胃腸の調子が悪い
  • 手足が冷えている
  • 気持ちが沈み、やる気が起きない
  • 寝つきが悪い、よく眠れない
  • 頭痛
  • 食欲がない
  • めまいがする

冬バテの原因は交感神経が働き過ぎ!夏バテとの違いは?

疲れが取れないお母さん

冬バテの原因は、一言でいうなら、交感神経の働き過ぎです。
本来、自律神経とは、興奮や集中するときに働く交感神経と、リラックスしている時に働く副交感神経が上手にバランスをとって、働いています。しかし、冬は寒さや多忙さによって、交感神経ばかりが働き、これが不調やイライラの原因となり、これが冬バテ症状として現れるのです。

例えば、1日のうちで夜は副交感神経が優位になる時間帯です。しかし、日中に交感神経を働かせすぎたり、寝る前も活発に動いていると、上手く副交感神経に切り替わりません。そうすると、寝つきが悪くなり、眠りも浅くなります。結果、疲れがとれません。また、胃腸は副交感神経が優位の時に働くので、副交感神経が上手く働いていないと、便秘や下痢を引き起こすリスクが高くなります。

冬バテと夏バテとの違いですが、夏バテは、外と中の温度差により、自律神経(交感神経と副交感神経)のバランスが崩れ、天秤が常に激しくゆらゆらするイメージです。どちらもコンロールできず、両方とも、弱ってしまい、ばててしまうのです。
対して、冬バテは、交感神経ばかりが働き過ぎて、天秤が極端に片側に傾く様子をイメージすると、わかりやすいでしょう。

冬バテの直接的な原因~冬に交感神経が働きすぎる理由

では、なぜ冬は交感神経ばかりが働いてしまうのでしょうか?冬バテを引き起こす原因を見ていきましょう。

寒いだけで、交感神経は緊張状態に!

現代人はあまり意識していませんが、暑さ、寒さというのはそれだけでも人にとって大きなストレスです。寒い=緊張状態なので、交感神経が優位に働きます。寒いと体温を逃がさないために、血管が収縮しますが、これも交感神経の働きによって成り立っています。

冬は家族みんなが忙しい!仕事もイベントも待ったなし!

クリスマス会をやる家族

12月が近づくと、仕事が忙しく、残業が多くなる方も多いでしょう。また、仕事をしていなくても、冬は全体を通してイベントが多く、家庭的にもとっても忙しい時期です。
子供のクリスマス会の準備や冬休み、お歳暮の手配、里帰りの準備、年末年始など、休む暇がありません。家族に受験生がいたら常に緊張モードになるでしょう。

もちろん楽しいことも多いのですが、これではリラックスできず、心身ともに常に興奮状態だとしても不思議はありません。また、忘年会、新年会、帰省など、飲酒の機会が多く、ただでさえ副交感神経が上手く働いていない時にアルコールを摂取すると、消化不良を起こし、下痢や便秘を引き起こしますので、要注意です。

お日様が恋しい!太陽の光には、ストレスを軽減する働きがある

自律神経を整えるには、太陽の光を浴びるのが有効です。生活リズムが乱れがちだったり、朝、起きるのがツライときは、朝、太陽の光を15分以上浴びることを習慣にすると、効果があるともいわれています。また、日光にあたると、セロトニンというストレス軽減物質も出ることが判明しており、お日様の光は、人間の体にとって、多くのメリットが期待できます。

しかし、残念ながら日本の冬は、お日様が恋しくなるような天気の日が続くことも少なくありません。冬季うつと呼ばれる病気もありますので、あまりにもやる気が起きない、集中できない人は、専門医を受診した方が良さそうです。お天気が良い日は、少しでも外に出で、散歩をすると良いでしょう。

運動不足で血流が悪くなると悪循環に!

ストレッチをしている女性

普段、ウォーキングやランニングの習慣がある人でさえ、冬はそうした運動をお休みがちになりますし、雪国では、あきらめざる得ないことも増えるでしょう。寒くて家から出ない生活が続くと、運動不足になり、血流が悪くなります。寒いとただでさえ、血管が収縮し、血流が悪くなり、筋肉が凝り固まるので、冬の運動不足は、悪循環に陥りがちです。

血流が悪いということは、体に必要な物質がいきわたらないということです。手足の冷えや体のコリを感じる人も増えるでしょう。室内でできるストレッチなどの運動を意識して行うことをおすすめします。

冬バテ対策!冬は意識して「緩める」過ごし方をしよう

冬は寒さや忙しさから、常に交感神経ばかりが動いています。対策としては、忙しい日常でも、意識して副交感神経を使う時間を増やすこと。もっと簡単にいうなら、張り詰めていた気持ちを、ふっと緩める時間が大切です。
そもそも動物にとって、寒さ厳しい冬は、本来は温存の時期なのです。しかし、現代人は仕事や家庭でそうも言っていられません。できる範囲で、季節にあった過ごし方をしていきましょう。

入浴でポッカポッカ~心と体の緊張を解いてあげよう

お風呂で体を温める主婦のイラスト

副交感神経を優位にするには、なによりも入浴が効果的です。ライフスタイルとして、シャワーだけという方も多いと思いますが、冬だけは可能な限り、湯船にのんびり浸かりましょう。熱過ぎるお湯は逆に交感神経を働かせますので、20~30分入っていられるくらいのぬるめのお湯が良いでしょう。湯船で体を温めることは、血流を抑止、手足の冷え防止や筋肉の凝りをほぐす効果も期待できます。寝つきもよくなり、睡眠の質もあがりますよ。

お風呂から出た後の眠る前の過ごし方も大切です。スマホやパソコン、テレビを見過ぎると、目や脳に負担がかかり、良質な睡眠の妨げになります。

室内運動~おすすめはヨガやストレッチ

ヨガをしているお母さん

冬は、思うように屋外運動できませんが、ストレス解消のためにも、室内で軽い運動をすることをおすすめします。おすすめは、ヨガやストレッチなど、動作がゆっくりで、深く呼吸をする必要がある運動です。こうした運動は自然と、副交感神経が優位になります。入浴後などに、体が温まった状態で行うとより効果的です。

ホッと一息の時間を持つ~効果的な小休止の方法

忙しなく流れていく日常ですが、意識をしてホッと一息の時間を持つことは健康のために大切ですし、結果的には能率のアップにもつながります。仕事や家事の合間に、15分程度の小休止をとりましょう。
外の空気を吸いながら日の光を浴びる。好きな音楽を聴く。軽く歩く。ゆっくり深呼吸をする。温かい飲み物を飲むなど、自分がリフレッシュできる方法を見つけてください。

休日はゆったりと過ごそう~なにもしない時間も必要

休日の度にどこかに出かけるのが好きな方もいるでしょう。自分の趣味のためや家族とのお出かけがなによりの楽しみで、出かけないなんてもったいない!という気持ちも分かります。自分の好きなことをして過ごすというのは、ストレス解消にとっても有効です。でも、休日明けに、やっぱりなんとなくだるさが残っているようなら、少し過ごし方を見直してみませんか?

冬はただでさえイベントごとも多く、寒くて外出も大変です。普段からアクティブな方でも、さすがに疲れがたまってきているのかもしれません。たまには、お出かけせずに、家の中でのんびりと過ごし、心身を休めましょう。子供と一緒に、ボードゲームや編み物など、冬ならではの過ごし方をしてみるのもおすすめです。

冬バテを解消・改善する食事!ほうれん草に含まれるALAの効果

ほうれん草

冬バテを解消・改善するために積極的に摂りたい栄養素や食材は、ズバリほうれん草です。
ほうれん草には、疲労回復に効果的なビタミンC、女性にとって必要不可欠な鉄分が豊富に含まれています。そして、ALA(アラ)という近年、注目の栄養素が、同じ緑黄色野菜の10倍以上含まれていることが最近の研究で分かってきました。
ALAとはアミノ酸の一種で、体にとって必要なエネルギーを生み出す働きがあります。ALAは加齢とともに不足し、ALAが不足すると、他の栄養を摂取しても、効率的にエネルギーに変換することができません。いつもダルイ、疲れ気味といった人は、このALAが不足しているのかもしれませんね。

ALAが豊富に含まれているその他の食材は、ピーマン、トマト、じゃがいも、バナナ、納豆、牛ひき肉などです。
他に、自律神経をコントロ―ルするビタミンEが含まれているのは、ごまやピーナッツ。疲労感に有効なビタミンB1は、玄米・豚肉・大豆に含まれています

冬バテには、こうした食材を効率的に食事に取り入れるのがおすすめです。朝・昼・晩の献立に、賢く取り入れていきましょう。色々な野菜をたっぷり入れた野菜スープや鍋、ミネストローネなどをいただくと、体もあたたまり冬バテの予防にもなりそうですね。小さなお子様には、ふわふわ卵のスープにほうれん草を入れたり、小さく刻んで卵焼きに入れたりすると食べやすくなりますよ。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木下みずき

木下みずき

ウォーキング始めました!運動と食事で5kg減を目指すダイエッターです!