赤ちゃんの鼻水の対処法に関する記事

赤ちゃんの鼻水対処法まとめ!吸引/病院/外出の可否など

赤ちゃんの鼻水対処法まとめ!吸引/病院/外出の可否など

「病院に行く必要はある?」「赤ちゃんが鼻づまりで苦しそう。対処法は?」など赤ちゃんの鼻水について解説します。

マーミーTOP  >  マーミーまとめ  >  赤ちゃんの鼻水対処法まとめ!吸引/病院/外出の可否など

赤ちゃんが鼻水で苦しそう・・・原因/対処/病院へ行く必要は?

鼻水が出ているかでていないかを、赤ちゃんの健康を調べるためのバロメーターにしているママも多いかもしれませんね。でも、鼻水の原因はさまざまで、「鼻水=何らかの病気」とは必ずしも結びつかないのです。ここでは、赤ちゃんの鼻水の原因はもちろん、その対処法や病院受診が必要かどうかまで詳しくみていきましょう。

赤ちゃんの鼻水の原因

外からの刺激

赤ちゃんの鼻の粘膜は、大人よりも未熟なため、ほんの少しの刺激でも腫れてしまい、鼻水や鼻づまりを引き起こします。次のようなものから刺激を受けることが多いようです。

  • ほこり
  • 空気の乾燥
  • 気温の変化

特に、「気温の変化」は、大人でも冬場に外から暖房の効いた室内に入ると鼻水が出るので納得ですね!

風邪のひき始め

鼻水を垂らした赤ちゃん

鼻水は、ウイルスを外に出そうとする防衛本能の表れでもあります。ですから、ウイルスを吸いこんだばかりの風邪のひき始めから、まだ発熱していなくても鼻水は出ます。カゼのひき始めの症状には、他にくしゃみや咳といった症状があります。このような症状がみられるならば、初期の風邪を疑って良いと言えるでしょう。
この場合、いずれ発熱や他の症状がでることもあるので、注意してみてあげることが必要です。

アレルゲン(アレルギーの原因物質)による刺激

アレルゲンが身体の中に入ると、その拒絶反応みたいなもので、鼻水が出ることがあります。これをアレルギー性鼻炎といい、アレルゲンとなる主な物質は、花粉・ハウスダスト・動物の毛・フケ・カビ・ダニです。これらの物質が身近にある場合は、アレルギー性鼻炎を疑ってみましょう。

鼻水の色の違いは何の違い?

鼻水提灯をつくる赤ちゃん

鼻水の種類には大きく分けて、無色透明でさらさらした鼻水と、黄色や緑色のドロッとした鼻水の2つがあります。実は、この鼻水の色で、病気なのかどうかがわかることもあるのです。鼻水の色で、病院を受診する目安にしても良いかもしれませんね。

無色透明のさらさらした鼻水の場合、気温の変化や空気の乾燥などの刺激を受けているか、アレルギー性鼻炎のことが多いです。あまり心配ない鼻水ですが、さらさらしている分鼻から垂れやすいので、肌が荒れないようにこまめに拭き取ってあげましょう。

鼻水に色が付いている場合は、ウイルスや細菌に感染している可能性があります。これは、鼻水が黄色や緑色なのは、ウイルスや細菌と白血球が戦った残骸が色を付けているのであり、つまりは膿の色ということなのです。あまり鼻水が長引くようなら病院を受診した方が良いでしょう。

自宅でできる赤ちゃんの鼻水対処法

上半身を高くして寝かせる

鼻水が出てつらいのは鼻づまりですよね。鼻がつまると寝苦しく、なかなか寝つけない赤ちゃんも多いと思います。上半身を高くして寝かせると、鼻水が鼻の奥に入るのを防ぐので赤ちゃんも楽になりますよ。この要領で、起きているときもなるべく縦抱きにしてあげると良いでしょう。

室内を加湿する

加湿器が置かれた部屋

室内を加湿することで、空気の乾燥やほこりが舞うのを防ぎ、鼻水や鼻づまりを緩和できます。また、湿度を高くすることでウイルス撃退にも効果があり、風邪予防にもなります。逆に室内が乾燥していると、鼻水が乾きやすくなり固まってしまうので肌荒れの原因になったり、鼻の奥でつまってしまいます。バスタオルを室内に干すだけでも加湿効果があるので、試してみましょう。

眉間と鼻の付け根あたりをあたためる

蒸しタオルを使って、眉間と鼻の付け根あたりをあたためてあげましょう。この部分をあたためることで、鼻の奥にへばりついているドロっとした鼻水を鼻粘膜からはがれやすくするので、鼻づまりが緩和されます。

鼻水を吸ってあげる

赤ちゃんの鼻に吸い取り器を当てる母親

赤ちゃんは自分で鼻をかむことはできません。でも、鼻水を放っておくと、赤ちゃんの小さい鼻はすぐにつまって息苦しくなってしまいます。そこで、吸引器を使って赤ちゃんの鼻水を吸ってあげると、赤ちゃんも楽になりますよ。さらさらの鼻水なら綿棒を使っても良いでしょう。

母乳を点鼻する

母乳には栄養があると昔から言われますが、飲むだけではなく点鼻することでも効果があるとされています。母乳には抗炎症作用があり、点鼻することで鼻の通りが良くなるなどの効果があるようです。搾ったばかりの母乳を1、2滴鼻の中に垂らしてあげましょう。たとえ飲み込んでしまうようなことがあっても、母乳なので安全だという点も魅力でしょう。

水分補給も忘れずに

鼻がつまっていると、母乳やミルクが吸いにくく、水分が不足しがちになっています。また鼻水が外に出ていることで水分も失われているのです。鼻水ばかりに気を取られず、こまめに水分を摂らせるようにこころがけましょう。

苦しそうな鼻づまりを解消できる3つの記事

病院で診てもらうなら小児科?耳鼻科?

耳鼻科を受診した方が良い場合

鼻水症状だけなら、放っておいたり、「風邪かな?」と思って小児科に連れて行ったりしますよね。でも、小児科を受診した後も鼻水症状が長引くと、赤ちゃんは中耳炎や副鼻腔炎になりやすいのです。鼻水症状の他に、激しい咳や嘔吐、下痢などの症状がなければ、小児科よりも耳鼻科を受診した方が良いと思います。

また、次のような症状がある場合は早めに耳鼻科を受診しましょう。

  • 耳を痛がる。
  • 耳だれが出ている。
  • 黄色や緑色の鼻水が長引いている。

耳鼻科ではどのような治療をしてもらえるの?

耳鼻科では、鼻水や痰を吸引してもらえたり、耳のチェックをしたりしてもらえます。特に鼻水の吸引を自宅でおこなうのには限界があります。鼻づまり症状が和らげば、ミルクや母乳の飲みも良くなり、ぐっすり眠ることができるので、赤ちゃんの病気を治す力を助けます。

耳鼻科でおこなう治療

  • 耳のチェック(中耳炎かどうか)
  • 鼻水や痰を吸引する
  • その他、副鼻腔炎などの鼻に関する病気の治療

鼻水のときのお風呂や外出、みんなどうしてる?

鼻水が出ているときには、お風呂に入っても良い?外出は?子供の様子を見ながらママ自身で判断しなくてはいけないこと、他のママたちはどうしているのでしょうか。

みーこ
32歳

Aマナーは守って欲しい

10ヶ月の男の子と2歳の女の子のママです。上の子と同じ2歳の女の子が先日家に遊びに来ました。その女の子が家に来たときからずっと鼻水が出ていて・・・。ウチは下の子はまだ10ヶ月だし、風邪だったらうつりそうで嫌だったのですが、そのママは子どもに鼻水が出ていてもまったく気にしていない様子。せめて、家に来る前に「ウチの子、風邪気味だけどお邪魔しても良い?」と断りを入れるのがマナーだと思います。

まゆまゆ
30歳

A元気があれば外出します

2歳の男の子のママです。ウチの子、元気があり余っていて、家の中で遊ぶのにも限界があります。なので、鼻水症状だけで元気があれば、支援センターや児童館などに遊びに行きます。子供が保育園に通っているママの話だと、「鼻水が出ていても熱がなければみんな登園しているよ」とのことだったので、そんなに気にしなくてもいいかなぁと思って。でもやっぱり人の目も気になって、鼻水が出てたらさっと拭いていますけどね(笑)

ななピー
28歳

A熱がなければお風呂も入ります

11か月の女の子のママです。実家の母の考えでは、「風邪のときにお風呂はダメ!」なのですが、風邪が完全に治るのを待っていては、ずーっとお風呂に入れませんよね。お医者さんに訊いたところ、「熱がなければお風呂もOK」だったので、ウチは入れています。やっぱり身体を清潔に保ちたいので。ただ、湯冷めするといけないと思って、冬場なら昼間にお風呂に入れるようにしていますよ。

ふくまる
29歳

A入浴で鼻づまりも緩和できる!

しょっちゅう鼻風邪をひく1歳3ヶ月の息子。鼻がつまって息苦しそうなとき、熱がなければお風呂に入れています。浴室のいい具合に加湿された空間が、鼻づまりには効くようで、入浴後ほど我が子の機嫌もよくなるのです。就寝前にお風呂に入れればぐっすり寝てもらえるし、熱がなければお風呂に入る方が良いんじゃないかな?ただ、長湯で疲れさせないようにするのと、入浴後の水分補給は気をつけています。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
佐々木花子

佐々木花子

雑貨屋さんやインテリアショップが大好きなアラフォーです♡